6/15(土)ばなな・ぶどう組の親子行事「親子ふれあいデイ」を開催しましたニコニコ

今年度も、毎週水曜日の体操教室で来ていただいている「子ども体育研究所」の先生を講師に、親子で触れ合いながら体を動かして遊びました。

 

 

ばなな組(3.4歳児)

 

  ばなな組は、準備体操として親子で手をつないでジャンプをしたり、“だっこじゃんけん”をしました!子ども達が大好きな「抱っこラブラブを取り入れた遊びは、勝つにつれて、抱っこの仕方がどんどん変わっていくので、最後の「お姫様抱っこ」を目指してじゃんけん勝負を楽しんでいました!

 後半は“短縄”を使った遊びを楽しみましたルンルン床に短縄でまるを作り、温泉に見立てて中に入ったり出たり、特に横へのジャンプ遊びはとって楽しくて、応援しながら見てくれている保護者の前で、何度も喜んで跳んでいました!

 他にも短縄での電車遊びや「ぐるぐる洗濯機」という縄にぶつからないようにジャンプする遊びにも挑戦して、たくさんの遊びを教えていただきました音譜

 

 

ぶどう組(4.5歳児)

 準備体操では保護者の脚の開閉に合わせて子どもがジャンプをしたり、ストレッチにもなる“背中押し”等ををして触れ合いました!保護者の方の大きな背中を笑顔でぎゅう~~と押す子ども達…5秒間カウントする体操の先生も、わざとゆっくりと数えるので、保護者の方は「ううっアセアセ」とちょっとつらそう・・・(笑)

 

 

 ぶどう組は“タオル”を使って体を動かす遊びを紹介してもらいました!親子でどちらがタオルを素早く取れるか競ったり、丸めたタオルをボールにしてキャッチして遊びました!自分に向かって飛んでくるタオルボールを見て、手を伸ばしてキャッチ!上手くキャッチできると喜んだり、保護者には取りにくいタオルボールを投げたりしながら、盛り上がっていましたルンルン

 また、最後は保護者チームと子どもチーム対抗の“風船運びリレー”に挑戦!タオルの上でふわふわと揺れ動く風船を落とさないように、保護者同士・子ども同士息を合わせて運び、優勝したのは……子どもチームでしたキラキラキラキラ

 

 

 

 翌週、子ども達からは「楽しかった!!」との声がたくさん聞かれましたおねがいまた、保護者の方からも「親子で一緒に体を動かす運動遊びは楽しいですね!」「お家でもタオルを使って遊んでみました」等など…感想をいただき、親子で触れ合いを楽しんだり、体を動かす面白さを感じ合えた機会となったことを嬉しく思いました。