自律神経は免疫力の主役でもある白血球もコントロールしているため、

過度のストレスにより自律神経のバランスが乱れると

それに連動して白血球のバランスも乱れてきます。

 

免疫機能の主役は血液中を流れる「白血球」です。

白血球はその95%を細胞などの大きな異物を処理する顆粒球

ウイルスなどの小さな異物を処理するリンパ球が占めています

 

昼間は体が活発な時はケガをして傷口からばい菌が入る可能性が

高いので、体は顆粒球を増やして守りにあたらせます。

夜になり活動から休息へと生活が切り替わるにしたがい

自律神経も副交感神経が優位になります。

 

体は回復モードへと切り替わりリンパ球の数がグッと増えてきて

ウイルスに対する免疫力が高くなります。

正常な人では40%くらいまで増えていきますが

ストレスが強かったりなんらかの病気を持つ人では20%くらいしか増えてきません

 

これは40人で敵に対して守っていたのが20人で守るため(ウイルスに対して)十分に防御

できなくなるということです。

 

特にリンパ球夜12時から4時にかけて数がグッと増えていますので

夜12時前に寝ることが大事です。

体の歪みをといて血液・リンパの流れをよくし

夜に十分な休息をとることが病気から体を守る第一歩です。

 

正常な人だと顆粒球の割合が54~60%

        リンパ球の割合が35~41%