坐骨神経痛

テーマ:

坐骨神経痛 について

よく、「病院で坐骨神経痛と言われました」という患者さんが大勢いらっしゃいますが、 「坐骨神経痛」は症状名であり、病名ではありません。

坐骨神経は人間の神経の中でも最大の神経で、お尻から太ももの後ろを通り、下腿まで達しています。 坐骨神経痛とは、この坐骨神経に沿って痛みが出る症状の総称です。

下肢に痛みを伴う病気は、「腰部椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」「脊椎分離すべり症」「脊椎変性すべり症」などがあり、腰椎で神経の圧迫があって坐骨神経に沿った痛みが特徴です。骨盤や股関節が錆びた状態で歩かなくなることがもともとの原因となるのがほとんどです。

当院の対処法とアドバイス

骨盤の歪みによって坐骨神経を引っ張ったり捻じれたりの立ち姿勢になっていると、慢性的な坐骨神経を引き起こすことがよくあります。座る時間が多かったり、足を組ん だりあぐらをかく習慣の多い場合、坐骨神経痛の症状を強めてしまうこともあります。また、前屈したりなどのストレッチは逆効果になる場合があるので注意が必要です。

坐骨神経痛は骨盤に油をさして滑らかにしてあげて歩くことを続けていくと症状が改善されます。病院から背骨に変形があると言われた場合でも、関節トレーニングを行ったり、歩行や、姿勢の改善などを根気よく続けていくと痛みが改善していくことが多いので、決してあきらめないことです。