マスクDEタイガーの気まま列伝!

マスクDEタイガーの気まま列伝!

元理学療法士のボディコンディショニングエキスパート堀川浩之が、自分のヒーローであるタイガーマスクを被ったり被らなかったり、自由に気ままに自己成長を求める列伝である!

今年も気づけば後半戦スタートですね。

 

今月から8月には良い兆しです⭐︎

 

 

さて本題ですが

 

先月取材を受けました

 

よかったら見てください🐯

 

https://www.qualitas-web.com/bookpw4zb.html

ビジネス雑誌 Qualitas WBC institute一般社団法人 堀川浩之

『クオリタス プラス』

Qualitas Plusは、上質なヒト・モノ・コトを取り上げる格式高いメディア

 

めくってみるみたいです。

(難しく感じるのは僕だけでしょうか笑)

 

 

 

先日の浜名湖でのウエイクサーフィン

 

あなたが笑顔でありますように♪

一本と聞いたら勝手に平地かと思いきや

垰はあります。

しかも

 

なかなかの登りです。


くたびれました。


長く登れば

長く下れます♪


下りですれ違うロードライダーを

大変そうですねと横目で

TTポジションで全力走。

いっても50〜60km/hだけどね。

海岸線へ、太平洋が見えます♪

 

10時ドラックストアで

 

水とみたらし団子購入。

 

4本入りだからちょっと多い。

 

ぜんぶ糧にするからもちろん食べます。

 

さあもう少しだ。

でもう少し走って

12:40分

予定より2時間は押しています。</div>




走りはじめて14時間

ようやく高知市です。

路面電車が走っています。


芋ケンピ買いたいけど


市販品では南国製菓と渋谷がメジャーです。ついで横山が続きます。

(めっちゃ食べてた時があって、芋ケンピ屋はじめたいなとおもっていましたデレデレ


持てれないから

 

ヨダレで我慢。チーン

アンパンマン発見!

 

自転車とパチリ

 

 

(アンパンマンにはもたれかけさせてはいません)



名物食べたいなと思ったけど

コンビニで高知産のコーヒー牛乳で我慢。



松山に戻ってもフェリーないから

高松で電車でGOにしよう。

120kmちょい。

アベ20で行ったら6時間じゃん。

登りがありませんように...
(100%あります)

32号線だっけか

飛ばす人多いです。

登りがめちゃくちゃながーーーーいです。

 

坂です

 

坂です。

 

坂です!

 

坂です!!!
 

登坂車線が4回出てきました。


頂上は達成感ありありです。

こんな顔になります。チーン
(筋肉は問題なかったけど心臓はトクトク言っていましたハート



道中は元気なバイクも多かったね。自転車

旧車もオフロードも

スーパーバイクはちょっとかな

僕も昔バイク乗ってたからちょっとは気になります。

ブレーキ。

もっとコーナー奥でしょうが!

え、そのラインで行くの?なんて

まあ、みんな上手くないといけないわけじゃないからOKですね。
(今乗ったらビビリッター効きまくりのタイヤも使えないんだろうけど)

1人、馬鹿なジムニーがいましたね。

ギリギリ抜いて来て、危なかった。ムキー

ながーい緩やかな下り坂を
 

ホトトギスの声を聴きながら


進むと


本州では見かけない川の石が見えたり


絶景もありました。

 




最後はバイパス


自転車OKだったか分からないとこを走りました。


緊張で汗をかいたね。滝汗

わずかな登り基調のトンネルで

必殺の6km/hですから。

自動車専用の看板なかったよな?

この白線幅はOKといえばOKかと思いながら

緊張感持ってゆっくり進んでいました。

3本トンネルがあって

3本目が下り基調

舗装もキレイで

50km/hで走れました。

そのバイパスも終わり、



高松まで29km



目標としていた440kmも達成できそう。

残り時間70分。

アベ29km/h不可能ではないかー

なら1時間で達成。

LOOKだったら...
(前乗ってたカーボンバイクね)




練習してた頃だったら...

元気だったら...

23時間走った後じゃなかったら...

あちこち痛くなかったら...

眠くなかったら...


ユメの話です。


今日のアベは20km/h

無理だねー

ここから猛烈に睡魔が。

日も落ちてライトも点ける。

直線で路側帯も十分なんだけど

20km/hも出せない。

トランプ元大統領が

 

この道は

アベ30で走れるように作ってあるから頑張れ


さっき50km/hで走っただろ

できるぞと応援してくれました。</div>

(妄想?)

道横の街路樹が

人が何人も座っているように見えたり

黒い犬と小さい子が出て来そうになっては隠れたり、

睡魔の力すごいゲッソリ

残り4分

最後の力を振り絞って

おそらく40km/h前後

そしてタイムアップ20時20分。

高松駅まで14km

今の僕ならあと1時間...

長い...

もう頑張れません。先にご褒美を。

コンビニで甘いものを。

シュークリームかエクレアだな。

こんな時に限って

左側にコンビニがない。

右は2つはあったのに。

仕方なしに

ダイレックスという

ホームセンターとドラッグストアが合体したようなトコに入った。

シュークリーム売り切れてて

待望のエクレアを購入。

 

ヨダレが垂れそう酔っ払い

 

北海道って書いてあるだけで美味しそう♪


まあ、シュークリームより

 

チョコレートコーティング分お得な感じだよね♪

心で独り言言いながら、

ぱくっ




ま まずいゲロー

長時間走って味覚がいかれたのだと思う。

すごい残念。

最後の力を振り絞って

最後の登りを登って

トンネル全力疾走

車にクラクション鳴らされ
(邪魔よって軽くね)

信号待ちでその人に高松駅を聞いて

突き当りまでまっすぐとのこと。


ゴール近いなと思って

そろそろサライ流してもいいんじゃないのかな?

電柱にワンピースの女の子がいる。

通り過ぎた瞬間消えた。

バス停で中年2人が話しているので

駅を訊こうと近くに行った瞬間消えた...

疲れているから目測誤ったかなと思いきや

近くに人はいない...

幻覚です。脳みそ

バリバリ見えます。おばけくんおばけくんおばけくん

24h後に見たLINEは画面が踊っていました。バレエ

自転車を輪行バッグに収納しようと苦戦。

2回後ろに転びました。



足に耐久性ないので。

もたついて

広島行最終は21時43分乗り逃した...

えー

構内いたんですけどー


マリンライナーで瀬戸大橋渡ったのがいつなのかわからないぐらい

爆睡してました。

岡山駅で愛媛で飲めなかったポンジュースのスパークリング購入。



裏を見てみたら

ブラジル産のオレンジが沢山入ってると...

複雑な気分なまま

一気に飲んで

友人に倉敷まで迎えに来てもらいました。

ありがとうございました。

この倉敷駅でも

0時回ってるのに

女の子が待っていました。

この時間だから同じように迎えかなと思っていたら

近いづくとバス停でした。宇宙人くん

頭にハンドタオル載せてたから

変と言えば変だったけどね。

このあと道路の反射板のついた棒が

セサミストリート出てくるドラキュラに見えました。

 



幻覚ってすごいね。



〇獲得標高4600M


富士山以上登ってたのって驚きです。

 

〇24時間走行距離430㎞


一日500km目指すなら登っちゃダメだね。

 

〇平均時速

21㎞/h

 

 

 

コレは朝5時に起きてフェリー乗り場に行って

家に戻って出直して

夕方5時にフェリーに乗って

20時から1日走って翌日20時まで走った総距離




 おしまい

四国は

やたら登らされまして

追い越し車線が終わったから

もう下りかなと思いきや

継続

登りです。

多いとこで3回ありました。


上りきったら

下りですよ♪

アドレナリンが出ます。

休みません。

回し続けます。

いかんせん登りは6km/hですから

アベレージを上げなくてわ。

DHバー最高と思いながら楽しめた最初の100kmでした。


ポジションが出せていないのか、

 

このポジションで走り続けられません笑い泣き

(きつくなったらすぐブラケットもっちゃいます)


西予についたら

宇和島を目指す。



宇和島の看板見えてから

市街までなかなかつかない。

大きい交差点を右折。

ずっと直進だったので

新鮮。

おっ

しかもなんかよい

にほひ かもガーベラ

ちらっと目をやると

公衆トイレ...男性トイレ女性トイレ

芳香剤かよ。

自分ながら笑っちゃった。ニヤニヤ

垰のない道を進み

街に入り

はじめてのパトカー。パトカー

あまりにも出会わないけど

自粛してるのかな?

まあ、少なくていいんだけどね。

宇和島市内自転車じゃ
来るの初めてだな。



さあ、次目指すは高知市。

看板に出て来ないなー。

困ったことに

看板暗くて

 

下を照らすライトじゃ確認できません。

すると左側に縦の小さな看板が...

えっ

 

237kmって今書いてなかった?!


ここは行きたかったルートじゃないね。
(最短ルートではない)



ここだけは行かんとこ思ってたルートだな。
(そこを選択するとまたかなり登らされてたんだけどね)

その後、四万十しか出て来ないので

合ってるか不安になって
(地理は曖昧。携帯はアプリは起動中の為使わない)

コンビニで50代男性に道を訊く。

あったかそうな汁もの食べてる。

「どっちだったかな?」

えっ分からないの?地元の人ではないのか?

するとその方の友人の方が来ました。

元気に教えてくれました。

「遠いぞ。

こっちを真っ直ぐ。

ずっと直進。一本よ。」


真夜中3時過ぎ。

元気な方達だ。

あと130㎞。

10時半かー...太陽

長い旅だ。

高知市遠いぜよっ


 つづく