毎日新聞の昨日の記事ですが、私も実は汚染マグロが築地に埋められていたことは知らなかったのです。第五福竜丸は現在、夢の島公園に展示されてあり、私も数年前に見学に行きブログにも記事にしてあります。

  

 

 さて、築地市場に埋められたという「原爆マグロ」について毎日新聞はこのように報じています。

     

◇64年前の事件、伝えたい

 市場正門脇の白い壁には、マグロのイラストが入ったプレートがひっそりと掲げられている。「放射能汚染が判明した魚などは消費者の手に渡る前に市場内のこの一角に埋められ廃棄されました」

 第五福竜丸の魚は1954年3月16日、トラックで築地市場に持ち込まれた。検査で複数のマグロやサメが放射性物質に汚染されていると分かり、市場内の一角に埋められた。量は2トンともされる。

 「原爆マグロ」のあおりで、他の鮮魚の値段も暴落。都は放射線の検査を通過した魚に「合格印」を押し、卸や仲卸業者とともに宣伝カーやビラで安全性をアピールした。それでもパニックは収まらず、市場近くにある飲食店の売れ行きまで下がった。

 都は96年、地下鉄大江戸線の建設工事に併せ、マグロが埋められたとみられる正門付近を発掘。だが、マグロの骨などは見つからなかった。元乗組員の大石又七さん(84)が第五福竜丸事件を伝える講演活動を始めたのはこのころだ。差別や偏見を恐れたが、核廃絶への願いから沈黙を破った。有志と全国の講演先で子供たちから1人10円を募り、99年にプレートをつくった。

 本当は「マグロ塚」と名付けた石碑を市場内に置きたかった。だが、市場は当時、再整備問題に揺れており、都は都立夢の島公園(江東区)で保存・展示している第五福竜丸のそばに碑を仮置きし、プレートだけ市場に掲げるのを認めた。

 10月11日に開場する豊洲市場(江東区)への移転に伴い築地市場は解体され、跡地は2020年東京五輪・パラリンピック用の駐車場になる。都は解体工事の仮囲いなどにプレートを設置する方針だが、五輪後の再開発計画は未定でプレートの長期的な扱いは決まっていない。原爆マグロも所在不明のままだ。

 第五福竜丸の乗組員で最初に亡くなった無線長・久保山愛吉さん(当時40歳)の命日前日の22日、大石さんたちはマグロ塚の近くで慰霊の集会を開いた。約50人を前に大石さんは語気を強めた。「人間はいずれ言葉を失うが、石は何年先でも残り、平和の道しるべになる」。市場を襲った記録の保存と記憶の継承を求めた。【森健太郎、市川明代】

第五福竜丸事件

 1954年3月1日未明、米国が太平洋のマーシャル諸島ビキニ環礁で実施した水爆実験により、約160キロ先で操業中だった静岡県焼津市のマグロ漁船「第五福竜丸」の乗組員23人が放射性物質を含んだ「死の灰」を浴びて被ばくした。米国が日本に200万ドルの見舞金を支払うことで政治決着したが、原水爆禁止運動が広がるきっかけとなった。

      

---------------------------------------------------------------------

 まぁ、築地で埋められた場所の放射能汚染は現在どのていどかは分かりませんが2トンとなれば、埋められた土壌も多少なりとも現在も汚染されているかもしれませんね。

 豊洲の新市場の土壌もいろいろと汚染されていて問題になっていますね。こっちのほうが問題かもしれません・・

    「築地でええじゃないか」・・・うーん・・

   

   

 

北海道の少女の涙の訴え

テーマ:

 この「北海道の少女の涙の訴えという平井さんの記事は数年前に書いたのですが・・

----------------------------------------------------

 『今夜この会場に集まっている大人たちは、大ウソつきのええかっこしばっかりだ。
私はその顔を見に来たんだ。どんな顔をして来ているのかと。いまの大人たち、とくにここにいる大人たちは、農薬問題、ゴルフ場問題、原発問題、なにかと言えば子どもたちのためだと言って、運動するふりばかりしている。私は泊原発のすぐ近くの共和町に住んで、二十四時間被曝しつづけている。原子力発電所のあるイギリスのセラフィールドでは、白血病の子どもが生まれる確立が高いということは、本を読んで知っている。私も女の子です。年ごろになったら結婚もするでしょう。私、子どもを生んでも大丈夫なんですか?』

と、泣きながら三〇〇人の大人たちに聞いているのです。でも、だれも答えてあげられない。
『原発がそんなに大変なものなら、いまごろでなくて、なぜ最初につくるときに一生懸命反対してくれなかったのか。まして、ここに来ている大人たちは、二号機もつくらせたじゃないか。だから私はいままでの倍、放射能を浴びている。』と。ちょうど、泊原発の二号機が試運転に入ったときだったのです。
『なんで、いまになってこういう集会をしているのか、〔意味が〕わからない。もし私が大人で自分の子どもがいたら、命がけで体を張ってでも原発を止めている』と言う。
私が『そういう悩みをお母さんや先生に話したことがあるの』と聞きましたら『この会場には先生やお母さんも来ている。でも、話したことはない。』と言います。『女の子どうしではいつもその話をしている。結婚もできない。子どもも生めない』って。

 

 (略)
これは決して、原発から八キロとか一〇キロの話ではない。五〇キロ圏、一〇〇キロ圏でそいうことがいっぱい起きているのです。」
(日本はなぜ、〔基地〕と〔原発〕を止められないのか)よりここまで転載

--------------------------------------------------------

 これは、午前中に書かせていただいた平井憲夫氏の北海道講演の内容です。

平井さんはすでに亡くなられておられますが、ツイッターで平井氏のツイートがブートで毎日流されています。私は相互フォローをさせていただいています。

 

 

 

 

 2018/9/23

船橋市:弓場清孝

 

 

 

 

 昨日のマッタケの話しに釣られたのか、「通りすがり」という原発推進と思われる方から前記事の北海道のブラックアウトに関してコメントをいただきましたので、あなた様にはこの画像を送らせていただきます。2011年3月11日以降に流行った画像です。覚えていらっしゃいませんかえーあなた様は昨日私が載せた朝日新聞の記事も理解されておられないようでしたので、コメントは削除させていただきました。(=⌒▽⌒=)

   

 ところで、昨日の東京新聞に次の記事が載っていますので皆さまもぜひ目を通されてみて下さいませ。照れ

      

 これは、昨日、北海道の知人から届いたメールですが・・私が泊原発はこれから寒い冬に向けて必要ですか・・と質問をしてみたのです。この方とはもう10年以上くらい交流がある方で以前は釧路市に住まわれていた方で今は札幌にほど近い●●市に在住されている方です。応えは「今更のご質問ですか、稼動されてなくて良かったと思いますし、必要だなんて思ったことありません」と・・ニコニコ

  

 ところで、泊原発に関しては59歳でガンで亡くなられた元、原発技術者の平井憲夫氏が北海道で講演されていますが、動画が取り出せないので探してみてください。

 

2018/9/23

船橋市:弓場清孝

 

 

 

 

 

   

 今日、スーパーで980円の中国産の松茸を眺めて来ただけ。

  

 郷里で育った子どものころは今時期になれば、裏山で採れた。中国産だから嫌だとは思わないが、ようするに980円を出して松茸を買う勇気がないのだ。

 そこまで、貧乏だということでもあるのだ。国会議員なんぞは山本太郎氏以外、日本産の松茸を100万円くらい平気で出して食ってるんじゃないのか・・特にこの人らは・・

どーでもええけど、ろくな人たちじゃないことだけは確かだ。

   

2018/9/22

船橋市:弓場清孝

 この件に関しては私は防げなかったと思います。仮に「ブラックアウト」でなくても停電は多からず少なからずあったはずです。それが、今日の朝日新聞の記事が参考にもなるのです。

     

 しかも、泊原発は再稼働に経営資源を配分してきたために、新設している石狩湾新港発電所への投資も遅れており、今回のブラックアウトは投資判断の誤りの結果と考えることもできるという人もいます。

 さらに、”こういう脆弱な状況がずっと続いてきた恐れていた事態が遂に起こった発電所が一つ停止しただけで破綻する状況が異常だ泊が動いてればこういう事態にはならなかった。”という人もいますが・・・・・・発電所を乾電池と勘違いしています。実際には、三相交流の同期を厳密に維持せねばならず、泊発電所のような大出力で、出力追従が出来ず、出力調整には新たな適合性審査の必要な原子力発電所は現状の北海道電力の送電網の持つ脆弱性を更に大きくしてしまいます

 それに加え基本的に稼動は出来ないと私は考えているのです。この続きは後日にも書きます。ツイッターのアカウントをお持ちの方はこちらもお読み下さい。阿晴さんのアカウントです。

 

 

 

          ↓

 

この記事の続きは後日にも書きます。

2018/9/22

船橋市:弓場清孝

 昨晩の続きのような記事ですが今日の朝日新聞の経済面に載っている記事を紹介します。

 ●北海道で6日未明に起きた地震直後の大規模停電(ブラックアウト)は北海道電力の主力発電所の停止だけでなく、送電線の故障による水力発電の停止や一部地域を強制的に停電させる措置を使い切るなど、複合的な要因が重なって起きたとみられることがわかった。事故原因を調べるため、21日に東京都内で開かれた国の電力広域的運営推進機関(広域機関)の検証委員会の初会合が明らかになった・・・

   

●地震直後に道東を結ぶ主要3送電が故障し、その先にある水力発電43万キロワットが停止→故障がなければ、供給力に余裕も

●強制停電で減らせた需要は計140万キロワット(地震直前の需要の約半分)→「最後の命綱としての想定規模は十分だったか

●地震直前、苫東厚真火力発電所は高出力で運転する一方、他の火力は最低出力で運転が停止中→経済性を優先し、苫東厚真に過度に依存

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 では泊を再稼動させていたらどうなるかという事にも言及される人もおられるでしょうが、それはできないはずです。今夕にでもそのことを書きたいと思います。反論はコメントに書いていただいて結構ですが、その理由を最初に書いて下さい。先ほども書きましたが、「クマクマ」氏のようにご自身の考えも先に書かれず、私が書いた箇所を部分的に取り上げ、「無知」と書かれ、以前のコメントには「知的障害」と書かれました。これでは差別的な反論コメントで、要をなさないのです。そのようなコメントなら即削除させていただきます。

2018/9/22

船橋市:弓場清孝

 以前にも私のことを「知的障害」などど批判がきた「クマクマ」という方からコメントが寄せられましたが、今回は無知と言われましたので、「クマクマ」と言われる方のコメントは削除させていただきました。

この方がどれくらい北海道地震によるブラックアウト現象による停電の知識をどれくらい持ち合わせておられるか定かではありませんが、人に反論される場合は、あなたは「知的障害」とか「無能」という差別言葉を出される以上、お応えは差し控えさせていただきます。御貴殿のブログのURLを記載しても良いのですが、差し控えさせていただきます。わざわざ批判ありがとうございました。また、稚ブログ記事を読んでいただきお礼申し上げます。

 昨夜の記事の続きもできれば今日中に書きますので、良ければお読み下さい。「知的障害」と「無能」の船橋市在住の弓場からでした。

 尚、この記事は保存していますのでよろしくお願いいたします。

2018/9/22

船橋市:弓場清孝

 

 北海道胆振地方を震源とする地震が発生した直後、北海道全域が停電した。いわゆる「ブラックアウト」で、道内295万戸への電気供給が止まった。ブラックアウトの発生は、電力会社が9社の体制になって初めて。福島第1原子力発電所の事故を引き起こした東日本大震災の時でさえ、起きなかった現象である。

 北海道電力管内最大となる165万kWの発電量を誇る苫東厚真火力発電所(厚真町)が地震によって停止。電力需要に対し供給が極端に減ったことで、過剰な負荷から他の火力発電所の周波数が低下した。そこで、発電機自体の損傷や発電システムの異常を避けるため、自動的に電力の供給を遮断する仕組みが働いたのだという。結果、ドミノ倒しのように道内すべての火力発電所が停止した。

 北海道電力の泊原発(古宇郡泊村)は、原子力規制委員会による審査を受けるため停止中。そのため、“泊原発が動いていれば、ブラックアウトにはならなかった”と言いたいらしく、ネット上では改めて原発の必要性を説く主張も出ている。だが、これは無知な人間の世迷言に過ぎない。

 仮に泊原発が営業運転を行っていたとすれば、前述した苫東厚真火力発電所のケースと同じで、電力の需給バランスが崩れると原発にも想定外の負荷がかかる。発電した電気の行き場がないからだ。原子炉内で発生した異常に対応するためには、余分な電気が必要となるが、外部からの電源は一時的にせよ、無くなっている。非常用のディーゼル電源に切り替えても、不安定になることは確かだ。今回の地震で泊原発は9時間近くも外部電源喪失の事態となっていたことが分かっており、一歩間違えれば福島第一と同じような事態になっていた可能性がある。

 東日本大震災では福島第一原発で外部電源が喪失し、余震で東通原発(青森県下北郡)も外部電源を喪失した。電力がなければ大惨事になる状況は変わっておらず、原発の脆弱性は補強されていない。賢しらに“原発さえ動いていれば”という輩は、フクシマを知らないただのバカだ。

    

2018/9/21

船橋市:弓場清孝

 脳卒中も心疾患も両方とも体験しています。元、原発労働者です。

 

    

  

  

2018/9/21

船橋市:弓場清孝

正恩氏は非核化確約

テーマ:

 今日の東京新聞総合面に「正恩氏は非核化確約」とあり、平壌から帰国した韓国の文在寅大統領がソウルで記者会見をして「確固たる非核化の意思を確認した」と述べた。

          

 

[全訳] 9月平壌共同宣言(2018年9月19日)

 ところが日本は陸上イージスについて首相の地元から反対表明されているに関わらず菅官房長官は「政府としては弾道ミサイルの脅威から我が国を防護するために必要な装備品だと考えている」と・・・まるで、平壌共同宣言を無視した発言をしている。プンプン

           

 先日も載せたが「イージス迎撃可能」って・・・これでは韓国にも嫌われるのではないのか・・もちろん北朝鮮にも・・来週、三選を果たした安倍首相は訪米するらしいが・・ツイッター上ではトランプ大統領は「楽しみにしている・・」とツイートしているが、まったく何を考えているのだか・・ムキー

    

2018/9/21

船橋市:弓場清孝