PCR法を確立し、ノーベル化学賞を授与した「キャリー・マリス」についてですが、この人はLFDやマリファナなどの薬物を使用していたことも分かっています。そして、昨年の8月7日に亡くなっていて、死因は謎だとも言われています。

 

 そして、マリスは遺言にPCRは感染症に使うなと言っていたとされていますが、本当なのでしょうか?私はこのPCRの古い装置を広島の放射線影響研究所でも見たことあり、当時(2015)、説明も聞かされてはいますが、そのようなことは聞いてはいなかったと思います。これについては後日にも詳しく記事にしたいと思います。

 下の写真が2015年の8月6日に広島の放射線影響研究所を訪れた時のものです。

 

 2020年10月22日

船橋市海神:弓場清孝