まさうさ4コマ漫画♥︎わたくしのすきなもの♥フランスうさぎ

まさうさ4コマ漫画♥︎わたくしのすきなもの♥フランスうさぎ

masausa フランス文化にふれる日常 4こまマンガ おフランス語っこ

masausaカレンダー2020 販売中→
まんが&デザイン教室 masausa美術→
はじめましての方はこちらから→

はじめましての方はこちらから→

 

 

元日からお届けしてきた

新年特別企画

 

masausaカレンダー

たのしいひとり遊び

中世写本書体特集

 

本日最終日

書体解説 その3

いってみましょう
 
masausa基本ポイントもよう
 
今や本といえば
電子書籍で1部数百円
 
個人のポケットの中のモバイルに
何百冊も簡単に所有できるし
0円のものもかなりある
 
紙の書籍でも
ほとんどのものが
図書館で無料で読めるけど
 
つい100年くらい前(近代)でも
ブルジョア階級の
相当なお金持ちでない限り
本なんて買えなかったし
 
500年前(中世後期)では
城内に図書室を設けれる
王様や有力貴族くらい
 
1000年前(中世前期)ともなると
図書室を作れるほどお金持っているのは
教会や修道院くらいで
その所有の仕方ときたら
図書室の鉄格子の扉に
ごっつい錠前がかかっているだけでなく
一冊ずつ本棚に鎖で繋がれて
表紙にも鍵がかかっている有様
 
どれだけ貴重で高価なモンかって
そりゃあ全ページ本革仕様で
表紙は金属加工
しかも宝石が埋め込まれているという
 
よくわからないけど
1冊100万円でもそんな端金と言われて
絶対に譲ってもらえそうにないわよ
 
そんな超高級貴重本で
しかも中はすべて
一流技を持った高僧による
手書き文字
 
そんな
恐れ多いもんが
すごくないワケがない!
 
masausa基本ポイントもよう
 
9月
Varsals
ヴァーサル
8世紀イタリア写本より
コレまたなかなか
ユニークなアレンジの
ヴァーサルですわ
 
masausa基本ポイントもよう
 
10月
Rotunda
ルタンダ
16世紀イタリア写本より
この書体は
7月の書体と一緒で
ゴシック体
 
でも比べて見たらよくわかるけど
横幅が結構あって
見た目丸っこいので
 
通称:ラウンドゴシック
(曲線的ゴート風文字)
と呼ばれています
 
ゴシック書体の特徴は
角ばっていること
 
Oですら四角で書くのが
お決まりなんだけど
 
この書体は
ちょっと角が
丸くなっているのですわ
 
こんなかんじ
 
 
 
上から
ゴシック体のOとC
ラウンドゴシック体のOとC
 
参考までに
ゴシック体ではない書体
アンシャル体のOとC
 
たいていの書体のOとCは
こんな風に
完全に丸いモン
 
 
masausa基本ポイントもよう
 
11月
Insular Semi-Uncial
インシュラー・セミアンシャル
9世紀イギリス写本より
名前からもわかるように
コレは8月のアンシャルと同じ仲間
 
パッと見た目
かなり違っているようで
コレがどうアンシャルと同じなのか
 
筆順を見たら
納得できると思いますわ
 
 
 
masausa基本ポイントもよう
 
12月
Lombardic
ロンバルディック
11世紀イギリス写本より
ロンバルディックとは
ロンゴバルド風文字という意味
 
中世初期に
ロンゴバルド王国という国があって
現在はイタリアの一部なんですけど
 
この書体は超人気で
中世の間長期にわたって
ヨーロッパ全土で大流行したため
イギリスでもモテモテ
 
まあ
かわいいですわよ
 
今回は
コレしか選ばなかったけど
装飾のしがいのある
たっぷりした
コンパウンド系
(構築文字)
 
コレも
筆順と画数を見てもらえば
ご納得いただけるはず
 
ヴァーサルと同じように
なんども筆を入れていますわ
 
 
 
 
masausa基本ポイントもよう
 
今回はどれも
ざっくりしたところの説明で
 
細かいところの
関係性がわかりにくい点も
多かったと思いますけど
 
一見まわりの装飾で
イメージが違って見える書体も
 
ベースになっている部分の
筆順と画数で
書体の系統や仲間が分かれていて
 
それを見ると
その文字が使われた
時代と場所が判明するという話
 
ご紹介した書体
おおざっぱだけど
 
わかりやすいところで
古い順に並べてみました
 
 
時代が下るにつれて
どんどん簡略化されて
画数が減っているのが
一目瞭然!
 
 
現代のデザイナー仕事は
昔の高僧や職人とは違って
 
何の技術も持たない
一般庶民の誰もができる
超簡単作業なんだけど
 
見た目の色や形のイメージの他に
こういった歴史背景から漂う
イメージも盛り込んで
 
パソコン文字を選んでいる
ということなのですわよ
 
何でも奥深いものよね
 
 
masausa基本ポイントもよう
 
最後に
すべてのイラストの
背景というか枠に
共通して使った装飾は
 
中世写本の装飾の定番
アイビー(蔦模様)
 
写本装飾には
幾何学模様
動物模様など
色々な模様がある中で
 
植物模様が多くて
その中でもこの蔦模様が
ダントツ多いと思うのは
 
わたくしの単なる好みで
コレばかりが
目についているだけなのかも
しれないけれど
 
masausa基本ポイントもよう
 
ランブール兄弟作
ベリー公の美しき時祷書より
 
 
masausa基本ポイントもよう
 
わたくしが
一生かけて好きなもの
 
masausa基本ポイントもよう
 

フランス好きなら