Lens(レンズ)オーナー 伊藤正俊のカットセミナー カット講習 カットスクール

Lens (レンズ)代表 伊藤正俊
東京を拠点に全国、海外でカット講習会をしています。
元PEEK-A-BOO本店店長の経験を元になぜこう切るのか
全ての疑問にお答えする究極の理論&技術解説がご好評頂いております。
ヘアカットにお悩みの全ての方のお役に立てれば幸いです。


テーマ:
はじめに、

このブログは僕がpeek-a-boo時代から

今まで30年以上、

全国、海外でのカットセミナーを

させて頂いた中で

どうしたらもっと良く理解して頂けるか?

どうすれば上達する手助けになるのか?を

考え、ある答えが自分の中で見えてきたので

ヘアカットを愛するすべての皆様の

ご参考になればと思い書いています。

是非参考にしてみて下さい!!















フェイスブックもやっていますので

友達申請して下さい。

いろいろ情報交換をして行きましょう。













ぽちっと押してくれると励みになります!


にほんブログ村































いつもブログをお読み頂き感謝しています!





今日は8月14日〜18日まで行ってきた

中国でのカット講習で感じた事を書きます。


3年前うちのお店のYouTubeを見たと依頼が来て

今年はもう3回行って来ました。

来月、再来月も行く事になり

中国でのカット講習が凄く増えて来ました。

回数が増えて来ると

以前は感じなかった事が少し気になりました。

それは中国の美容師さんが求める

トレンドのヘアスタイルと

東京で感じているトレンドのヘアスタイルとの

ギャップです!


東京と地方のギャップもあれば

欧米と日本のギャップもあると思います。


確かにヘアファションが

進んでいるいないもありますが

同じ東京に住んでいても

今の時代は流行が細分化され

各個人個人が興味のあるスタイルが細分化され

その中で各個人個人のトレンドがあります。

それの事が国を超えることで

さらに大きくなってしまいます。


今、中国では日本のヘアファションに

憧れているところが凄くあるらしいです。

日本の少し前に流行っていたヘアスタイルが

実はウケていたりします。

そこにこれからはこれがトレンドですよって

新しいヘアスタイルを提案されても

中国の美容師さん達が引いている感が

ハンパなく感じてしまいます。


じゃあ少し前に流行っていたスタイルを

やればいいと思うでしょうが

自分が本当にいいと信じているスタイルには

思い入れがありますが

思い入れがないままのスタイルを提案しても

思い入れがないと人の心には伝わりません。

そのギャップを埋めるのが大変です。

自分自身も今中国で流行っている

トレンドのヘアスタイルを

もう一度感じて勉強し

そのスタイルを初めて作った時の

感動を呼び戻して提案しないといけないと

凄く感じました。


やはり人に何かを伝えるには

自分自身が本気で好きになったり

感動した気持ちがないと

相手には伝わらないと感じました。


中国語は話せないですが

その気持ちがあるヘアスタイルは

中国の美容師さんも感動してもらっていると

感じます。



次回、また感動してもらえるように

ギャップを埋める為にウイッグカットします。


{4FC57F65-1D53-4850-B4AC-DA665A6C40C5}

{1FF414C9-E3EB-4696-B65B-DA7FF94168E8}

{4044F90B-FADF-4015-8408-1EE6251E718E}

{D8646309-EBD3-4C19-A49F-6D148821421D}




一緒に学びましょう!






カット講習、カットセミナーにご興味のある方は

こちらにご連絡下さい。

TEL 03-5420-0421

MAIL info@lens.ne.jp

毎月第1、第4火曜日にお店にて

講習会を開催して居ります。

その他

臨店講習など地方での出張講習も承ります。

皆様の御参加、心よりお待ちして居ります。





Lens伊藤正俊

























AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
はじめに、

このブログは僕がpeek-a-boo時代から

今まで30年以上、

全国、海外でのカットセミナーを

させて頂いた中で

どうしたらもっと良く理解して頂けるか?

どうすれば上達する手助けになるのか?を

考え、ある答えが自分の中で見えてきたので

ヘアカットを愛するすべての皆様の

ご参考になればと思い書いています。

是非参考にしてみて下さい!!















フェイスブックもやっていますので

友達申請して下さい。

いろいろ情報交換をして行きましょう。













ぽちっと押してくれると励みになります!


にほんブログ村









Lens Hair Cut Academyの
ホームページが出来ました。
https://lenshair.amebaownd.com/






















いつもブログをお読み頂き感謝しています!





今回も前回の続きです。


同期の中で一番最初にスタイリストになり

相変わらず自惚れて

競争することしか考えいないまま

月日が経って行きました。

あっと言う間に

10年が経とうとしていた時期

その頃にはもう

4人しか残っていませんでした。

みんな

トップスタイリスト

ディレクターと駆け上がり

それぞれが各店の店長を務める迄に

なっていました。


この頃になっても

みんな自分が一番!

って考えは変わらずいました。




そんな時、同期の子から

ニューヨークに行きたい!

と打ち明けられました。


今まで退社することなど

考えた事もなかったのですが

初めて自分の将来の事を考えました。


そんな時にもう1人の子も

独立を考えてる事を聞きました。


なんか今迄は同期に負けないって

その事だけをみんなが考えていましたが

この頃やっと自分の進む道について

真剣に話し合えるように変化して行きました。


今迄は今月は同期の中で一番売り上げがある!

ヘアショーで一番いいスタイルが出来た!

講習が一番多い!

など

お互いに表面上の事での勝ち負けだけを

気にしていたのですが

そうやって初めて勝ち負けの事ではない話を

やっと話せるようになって行きました。


もう10年も一緒にいるのに

何を考えているのかを初めて理解出来て

お互いをやっと認め合えるようになりました。


凄く時間がかかったけど

最初から傷を舐め合う関係ではなく

人を蹴をとしても這い上がる気持ちで

みんな必死に頑張った

その先でやっとお互いを認め合える

仲になったんだと思います。



彼らがいたお陰で

売り上げ、技術、人間性。

全ての事を高められたと思います。


そして今でもお互いを尊敬できる

素晴らしい仲間に出会えた事に感謝しています。




やっぱり同期は最高です!






一緒に学びましょう!






カット講習、カットセミナーにご興味のある方は

こちらにご連絡下さい。

TEL 03-5420-0421

MAIL info@lens.ne.jp

毎月第1、第4火曜日にお店にて

講習会を開催して居ります。

その他

臨店講習など地方での出張講習も承ります。

皆様の御参加、心よりお待ちして居ります。

よろしくお願い致します。



Lens伊藤正俊


























AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
はじめに、

このブログは僕がpeek-a-boo時代から

今まで30年以上、

全国、海外でのカットセミナーを

させて頂いた中で

どうしたらもっと良く理解して頂けるか?

どうすれば上達する手助けになるのか?

を考え、ある答えが自分の中で見えてきたので

ヘアカットを愛するすべての皆様の

ご参考になればと思い書いています。

是非参考にしてみて下さい!!




フェイスブックもやっていますので

友達申請して下さい。

いろいろ情報交換をして行きましょう。




ぽちっと押してくれると励みになります!


にほんブログ村


いつもブログをお読み頂き感謝しています!




Lens Hair Cut Academyの
ホームページが出来ました。
https://lenshair.amebaownd.com/




今回は前回の続きです!





練習ではどんどん合格し

気づくとあっと言う間に

カットの練習に入っていました。


しかし 

営業では

後からパーマを合格した同期達が

どんどんパーマを決めていく、、、

もちろん同期のみんなも

パーマをかけるのは初めて!

でも合格するのに時間がかかる中

プライドなんて言ってられません。

どうしたら上手く巻けるのか?

合格した後も必死に勉強していました。



僕はと言うと

どんどん試験に合格した事で

プライドだけ高いくなり

今更そんなこと聞けないって

感じになっていました。

自分の成長よりも

ただ負けたくない、負けらないと

自分をどんどん追い込んでいました。



そんな時

同期の子が家庭の事情で

田舎に帰らなくてはいけなくなり

送別会する事になりました。


そこで初めて

彼と本音で話せました。


今まではお互いにプライドがあり

なかなかコミュケーションが

取れていなかったけど

その時は素直に話せました。

どうやら僕が一方的に敵視していただけで

向こうは何とも思ってなかったみたいでした。



その事でもっと素直になればよかった。

そうすればもっと楽しく仕事ができたのに。

その事を気づかせてもらい

少しづつですが同期の子に

聞くことができるようになりました。





そのお陰でパーマも上達して行きました。



しかし


まだ


本当の意味での





仲間の大切さを







その時は理解していませんでした。


、、、



つづく!














AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。