久しぶりのロンドン

テーマ:
10年ぶりのロンドンでしたので、まず紙幣が新しくなっているとの事で、古い紙幣は使えなくなっていました。

10年前の紙幣1,000ポンド分があるから、今回は新たにポンドに換金せずにロンドンに来たので慌てました。

すぐにホテル近くの銀行に持っていきましたが換金してくれず、その銀行の人が教えてくれた換金所にて、少し手数料は取られましたが換金してくれました。

ふぅ。

今後は日本に戻ったらすぐに日本円に換金しておこうと思いました。


今回の旅行での第2の目的は、田中先生とアデール先生のレッスンでした。

10年前まではレンタカーの車での移動ばかりしていましたので、田中先生達がレッスンしているスターライトダンスセンターまで、行き着けるか心配でした。

しかし、ツアーでの旅行でしたので、ロンドン市内の大変便利なホテルに宿泊していたので、地下鉄とバスを乗り継ぎ簡単にたどり着くことが出来ました。

何よりも昔と違うのはグーグルマップがあることです。グーグルマップで行き先を検索すると、どの電車に乗るとか、どのバスに乗るとか全て書いてくれています。
簡単に到着。AZのロンドン地図で迷いまくった昔も今では良い思い出ですが、技術革新に感謝です。

それで、田中先生のレッスンを2日とアデール先生のレッスンを1日無事受ける事ができました。

次の日の競技会では、活かせませんでしたが、両先生から、今後のダンスの向上につながる素晴らしいヒントをもらいました。

市内の便利なホテルに泊まっていた事で、もう一つ良かったのは、何ヵ所か有名スポットを見学出来たことです。

ロンドンにはダンス留学で10数回来ていますが、今で言う妊活に入ると決めた時にロンドンアイに乗りに行ったくらいで、ほとんど観光はしていませんでした。

少しオーバーな話になりますが、その当時、私が勤めていたドイダンススクールでは「欲しがりません勝つまでは」といった雰囲気があり、観光したら罪悪感にさいなまれるので、観光は出来ませんでした。

そのお陰で今の自分がいるので、今では大変感謝しています。

今回も観光目的ではないので、たまたまでしたが、レッスンまでの移動の途中にあったバッキンガム宮殿の衛兵交代式を見学、マダムタッソーも見学できました。
オバマさんとツーショット。
ダイアナ妃とツーショット。
エリザベス女王とアフタヌーンティーをご一緒しました。
通りすぎただけですが、練習場の近くにあったピカデリーサーカスのエロスの像も見学できました。こちらのエロス像があのエロスラインというステップの元になっているらしいです。小さいけど、まん中にあるのがエロスの像。
バッキンガム宮殿
衛兵交代式のバッキンガム宮殿前は大混雑
地下鉄のタイルが素敵
ミー&マイガールに出てくるホテルリッツの前をたまたま通りすぎる。
宝塚作品に出てくるウォータールー駅
試合当日のブレントウッドへ向かうバスにて、ウェストミンスター寺院
ロンドン・アイ
ピカデリー・サーカスにある社交ダンス教室、こちらで練習。天井画があり素敵。
街自体が芸術です。



ロンドンインター出場

テーマ:
実に10年ぶりですが、ロンドンに来ました。

娘を私の両親に預けてですので、ほんの1週間の短いダンス留学となりましたが、レッスンを受けたり、競技会に出たりと充実の旅に出来ました。


さて、今回の旅の目的は、世界3大大会の一つインターナショナルチャンピオンシップ(通称ロンドンインター)への出場です。

UKチャンピオンシップと全英選手権は出場した事があったのですが、このロンドンインターだけは出場した事が無くて、今回初めて出場しました。

噂には聞いていましたが、UK戦や全英戦に比べて出場している日本の選手も少なく、しかも日本のトップレベルの選手しか出場していません。凄くハードな大会です。

まず、ライジングスター戦とチャンピオンシップの予選がロンドン郊外のブレントウッドというところでありました。

ライジングスター戦、チャンピオンシップ共に気持ち良く踊れましたが、世界の壁に阻まれました。自分としては渾身のペガサス流星拳を放ったのに敵は無傷みたいな、そんな感覚を覚えながら、残った日本人ペアの応援に心を切り替えました。
ライジングスター戦では、日本人選手は準決勝に森脇組の1組のみが残りました。

本当に凄くレベルの高い大会でした。


チャンピオンシップの方の予選も日本の有名選手も1次落ちをするハイレベルな展開で、2次で日本のファイナリストがほとんど落とされていました。

そして、次の日のロイヤルアルバートホールに進めた日本人選手は橋本組と浅村組のみとなりました。


次の日のロイヤルアルバートホールでは、予選の続きが始まります。

私たちは今回ツアー参加ですので、オプションで購入したチケットは最前列。

旅行会社の指示もあり、タキシードとドレスを着て応援しました。
前日の予選で残った40組くらいに、シード選手を10組くらいを足した50組くらいで予選が行われ準々決勝30組をえらびます。
アマラテン、アマスタンダード、プロラテンでは日本人選手は誰も予選を勝ち上がれなかったそうで、この日はプロスタンダードの浅村組、橋本組しかおらず、必死で応援しました。

応援の甲斐あり、浅村組、橋本組共に準々決勝に進出。

準決勝も行けるんじゃないかと思ったのですが、準決勝では二組ともコールされませんでした。

残念。

最終結果は
1位アルナス&カチューシャ
2位アンドレア&サラ
3位ヴィクター&アナスタシア
4位ヴァレリオ&モニカ
5位ドーメン&ナターシャ
6位アレクサンダー&イリア


ヴィクター&アナスタシア組を応援しているので、こちらも少し残念でした。

ダンスタイムもありツアー参加の方と踊りました。
大混雑
凄い試合を最前列で見られて今回のツアーはお得でした。







昨日はダンスラボD&Jのパーティーが宝塚ホテルにて開催されました。

ご出演の生徒様、応援にお越しくださった生徒様ありがとうございました。
生徒様のワルツ滑らかに踊れ大成功でした。


プロショーはクイックステップのソロとキャスト全員によるフォーメーションに参加しました。

フォーメーションは岡田先生のセグエ作品「クイーン」を、モチーフにしたショーで私たちの担当したスローフォックストロットの部分は岡田先生が純子先生を高くリフトする憧れのシーンでした。

憧れたシーンを踊らせてもらえ大変嬉しかったです。