先日、急な階段を三女を抱っこして上がっていたらおもいっきしスネをぶつけてしまい…
それから数日たつのに、なんかズキズキズキズキショボーン
まさか…ヒビ入ったりしてないよね?
ちなみにしっかり青タンはできてるもやもや
いつ消えるかな…


さて、今日はチャッピーとの出会いについて書こうと思いますニコニコ

チャッピーは「ペットのおうち」で出会いましたうさぎ
この時は「チョビ」くんという名前でした照れ

募集地域に大阪は含まれていなかったのですが、京都までは対象になっていたので、もしダメでも聞いてみないことには!と思い、保護主さんへ聞いてみました。

当時、交渉中の方がいて、その方のあとでよければ…と言ってくださり、ぜひお願いします!とお話する機会をいただけることになりました。
交渉中の方が里親に決定すればこの話はなしになるところでした。

しばらくして私に交渉するチャンスがやってきましたおねがい

チャッピーは保護宅さんちへやってきた時、噛む子だったそうで、私が問い合わせたときもまだちょっと噛むことがあったので、小さい子がいる我が家へ託していいのか悩まれたそうです。

お迎えすることへの私が思ってる気持ちや、噛むのでどうゆうふうな対策をするかなどなどしっかりお話をし、
また、家族ともしっかり相談をした結果

我が家へチャッピーを託してくださることになりました爆笑‼︎

いやー、嬉しい‼︎嬉しかった爆笑ラブラブ



実はチャッピーと出会う前、他の里親募集をしてるうさぎさんをみつけ、その子をお迎えしたい!と思い問い合わせをしました。
その時はまだれおんが旅立ってから49日を迎える前で…正直まだ早いかな…でも気になるし、もしお迎えするならこの子‼︎という気持ちでした。

一度その子に会いに行き、いろいろお話をして、私としては、会ってみた感じは問題なく(その子も噛むと聞いてたけど、噛まれなかったし、普通にナデナデもさせてくれたので)やっぱりこの子がいい‼︎となったのですが
いただいたお返事は、難しいと思う、とのことでした。
主な理由は「子供がまだ小さすぎる」ということでしたが、もしかしたら他に理由があったかもしれないな、と思ってます。
私の勝手な想像ですが…
私のお迎えするにあたっての気持ちをあれこれ言いすぎて、なんかいいことを言ってるだけに思われたとか(←被害妄想w)、頼りなさそうな飼い主に思われたとか(←被害妄想w)

とにかく、お断りされた時はショックで…
いや、小さい子供いても大切にするし‼︎
れおんの時も細心の注意を払ってたし‼︎
と、ちょっとムッとなったりもしたのですが(笑)

ただ、保護主さんにもいろいろ事情や考えがあって、しっかりその子のことを考えての結論だったと思うので、ご縁がなかったんだなと…今はその子に合った素敵なお家が見つかり、幸せな兎生を過ごしてほしい!と願ってます照れ

今もその子を見ると「かわいいーーー♡」ってなる(未練たらたらではないよw)

そうゆうことがあり、小さい子供がいる我が家は里親になるのは難しいのかな…と思うようになり、お店からお迎えするか子供たちがもう少し大きくなるまでお迎えはしないほうがいいのか…いろいろ考えましたが、やはりできることなら里親としてお迎えしたかったのと、子供小さくても大丈夫!と私が思ったので、新たなうさぎさんを探していたところ、チャッピー(元チョビくん)に出会いましたラブ



そんなわけで、何やかんやありつつ、
いよいよお迎えに向けて動き出すのですが…
こちらと先方さんとの予定により、4月に入ってからの引き渡しを考えていたところ緊急事態宣言が出て動けなくなり…
引き渡しの日程が全く決まらずにいたのですが、
ある日急に保護宅さんから我が家へ連れてきてくださる方が現れ(その方も保護宅をされてる)、あれよあれよといううちに我が家へやってきました爆笑

あまりの急展開に…
その当日の朝からせっせとれおんのケージを洗う私(笑)
なかなか片づけられずにそのままになってて、お迎え日が決まればやる気になるだろう…と呑気に考えてましたタラー
お迎えは夜遅かったのと、当日天気がめっちゃよくて助かったニヤリ

ちゃんと作らなきゃなーとは思ってたれおんの祭壇もなんとか作り(センスなさすぎて申し訳ないレベルだけど…)、ケージも出来る限り綺麗にして、無事チャッピーのお迎えとなりました照れ
「ここはどこですか?」
「あなたたち、誰ですか?」

最初は落ち着きなく様子を見てる感じでしたが、少しすればこの通りびっくり
いや、もう落ち着くの⁈

なんてちょっとびっくりもしましたが、初めての場所に警戒する感じはなく、結構すぐなれてくれたので安心しましたニコニコ

「噛む」と聞いていましたが、なにこれ?とちょっと甘噛みする感じは最初の頃あったのですが、今ではほとんどそのようなことはなくなりましたウインク
あまりにもしつこくするとちょっとカプっとすることはあるけど…。

れおんとはまた違った姿をいろいろ見せてくれるので、それがまた面白可愛くて、見てて飽きませんラブ


zzzzzz

こんな寝姿までラブラブラブラブ

賑やかな我が家だけど…
子供達もお迎えの時から知っているからかとても愛着が湧くらしく(れおんのことももちろん可愛がってだけどロップイヤー)、たびたびチャッピーの様子を見にケージを覗いてます爆笑
そして、「ちゃっぴーーー」と鼻筋をナデナデしてキュンキュンしてる爆笑ラブラブラブラブ
チャッピーもそれを満更ではなさそうな感じで受け入れてくれてる照れ


いろいろあって、お迎えすることを悩んだりもしたけど…
チャッピーが来てくれてよかった‼︎と思ってます照れ


それにしても、里親になるって簡単じゃないんだな…。


れおんとの暮らしがあって、いろんな方とのご縁があって、チャッピーとの暮らしに繋がって…照れ

また新たな生活を楽しんでいきます‼︎

でも…れおんはれおんなので、やっぱり会いたいーーって思うのよねーロップイヤーラブラブ

最近、れおんが元気な頃から仲良くしてもらってたお友達やずっとブログを拝見してた可愛い子たちが次々とお月様へ旅立ってしまって…。
我が子のように辛いし寂しいし…そしてご家族のお気持ちを思うとなんともいえなくて(T_T)
だけど、どの子もご家族の愛情をたっぷり受けて、とても幸せな生涯だったと思います。
れおん、いっきに先輩になってしまったけど、新しくそちらへ行ったお友達とも仲良く過ごしてね。




長々と読んでくださりありがとうございました。




実は…


実は…


我が家に新しい家族が増えました!!
人間じゃないよw





「僕、チャッピーだよ」

耳どーなってるの爆笑
ピコーン爆笑

5/22(もう1ヶ月たったびっくり)、縁あって我が家へやってきましたニコニコ
出会いからお迎えまでのことについてはまた後日詳しく書けたらいいな。

今日は簡単に自己紹介うさぎ

ロップイヤーの男の子。
誕生日は2019年4月。日にちまではわからなくて…勝手に4/16にしましたてへぺろ
名前は家族みんなで案を出し合って、最終的に絞った中から本兎の前で呼んでみて、その反応で決定爆笑

箱うさぎさん出身(出身っていうのかな…)、名古屋の保護宅さんから我が家へ。

我が家へ来るまでに、私の中でいろいろあり、簡単なお迎えではなかったですが…
今はチャッピーが来てくれて本当に良かったと思ってます照れ

私の中でのうさぎさんはれおんが基準になってるのですが…まぁ、いろいろ覆してくれるし、似てるところもあるけど違うところもいろいろあってとても新鮮爆笑

いや、なんかこれが本当のうさぎさんかもしれないな…なんて思ったりw
じゃあ、れおんはなんだった?w

いやー、うさぎさんの個性もそれぞれで面白いです照れ

お迎えした当時はまだ完全な自粛中アセアセ
学校も幼稚園もお休みだったので超賑やかな我が家へのお迎えになったのですが…
チャッピーは最初こそ「何なに?」と様子を見る感じもあったのですが、今ではマイペースに過ごしてくれてます照れ

良く寝てる爆笑



れおんの弟分として、これからよろしくお願いしますニコニコ

れおん、見守っていてねロップイヤー


読んでくださりありがとうございました照れ

ご無沙汰してしまいましたアセアセ

長かった自粛生活が終わり、今週からやっと通常の生活になりましたニコニコ
今年小学生になった長女は、やっとピカピカのランドセルを背負って学校へ照れ
まだまだ不安なこともありますが、とりあえずはよかったかなーニコニコ

今年は長女が小学生、次女が幼稚園、三女が未就園(月何回かプレ保育へ行く予定)…と三人ともタイムスケジュールが違うので、子供たちの予定を把握して動くのがなかなか大変で、この一週間私はグッタリでしたチーン
歳のせいもあるんだろうな…

***********************

さて、ちゃんと締めくくらなければ…と思ってる、れおんのこと。

前回の続きです。

12月25日の夜も、私とれおんはリビングで一緒に寝ました。
このときはもうダメかも…
そんな気持ちが出てきてしまいました。
頑張ってほしいけど…
もう十分頑張ったし、苦しまずに過ごしてほしい。
そう思いながら、れおんにいっぱい話しかけました。

呼吸が荒いとかもなく穏やかに過ごしていました。
たまに目を離すと自力で動いてマットからはみ出てたので、「これこれ」と言いながら戻しました。

次の日の朝も迎えることができてホッとしました。
でも、やはり元気はなく状況は変わりません。
むしろ前の日より食べてないのでさらに危険な状態だと思いました。

病院へ行くこともストレスになる…でも、私は「病院に行かない=諦める」ことなんじゃないかとおもってしまい、この日も病院へ行きました。
この判断がよかったのか間違っていたのか…今もわかりません。

病院で点滴をしてもらいましたが、先生からはさらに厳しいとの言葉を言われ、その場で泣いてしまいました。

諦めたくないけど、どーしたらいいかわからない…
れおんとのお別れなんて嫌すぎるけど、覚悟しなければ…
そんな気持ちで家に帰りました。

そのあと、家族で少し買い物に出ようと思ったのですが、れおんの様子がこの2日間の様子ともなんかちょっと違う…なんとなく気になったので私だけ家に残りました。

それからほんの数分の出来事。

私はれおんを膝の上にのせ、たくさんの感謝の気持ちを伝えました。
泣いてばかりで声もなかなかでなかったけど、ちゃんと言わなきゃ!とれおんに聞こえるように話しかけてました。

そうしてるうちに、れおんの呼吸が、なんというか…口をパクパクさせるようになり…
そのまま静かに旅立ちました。

うさぎさんは亡くなるときに鳴くと聞いたことがありますが、れおんはそんなことはなくとても静かに…。

旦那にLINEで「れおんが死んじゃった…」と伝えたら即電話かかってきたけど、泣きまくってて旦那もどうしたらいいか困ってた…

けど、その後の私は辛いのにへんに冷静でもあり、とにかくこれからどうしたらいいのか調べたり、火葬お願いするために葬儀屋さんに電話したりしました。

箱に私が使ってたバスタオルを敷き、れおんを寝かせ、保冷剤を入れ、お花や果物やおもちゃ、写真やお手紙…れおんが寂しくないように、いろいろ入れました。

ただ眠ってるだけのようなれおん。
ふわふわの毛はずっとふわふわでした。


28日、れおんはお空へ昇りました。
涙涙のお別れだったけど…
ずっと雨だったのに、その時は晴れてました。
家族みんなで見送れてよかったです。

少し遠くに住むうさ友さんが「虹がででたよ」と教えてくれて、れおんがちゃんと行けたんだなって思いました。

この1年、斜頸になってからは大変なことも多かったけど、れおんは本当にがんばりました。
私がもっとしっかりサポートしてたら、もっと生きれたんじゃないかと思うけど…
あーしてればこーしてれば…と思っても遅いですよね。

どんなお別れであれ、後悔はつきものなんだと、今は思います。
そして、れおんには感謝しかない!

幸せな時間をありがとう照れ



長々とひっぱりましたが、辛い思い出はこれで終わりにします。

実は私、嵐が大好きなのですが(いきなり、何?w)
車でいつも嵐を聴いていて、れおんとのお別れで霊園に向かってる時、たまたま「マイガール」という曲が流れて…
自分の気持ちとリンクする部分があり、
それから「マイガール」を聴くとれおんが浮かびますロップイヤー

メソメソしてる私を少し前向きにしてくれた曲。
とても優しい気持ちにしてくれる曲。

たくさんの人、いろんなもの、に支えられて悲しみを乗り越えられた自分がいます。
まだ思い出すと泣くけど…



ここまで読んでくださりありがとうございました。






はぁーーー、なんでしょう、この落ち着かない日々。

いろいろあり気づいたらもう3月ガーン

落ち込むことがあったり、なんか体調がおかしいなーと思うことが増え、症状をいろいろ調べたら、どーも自律神経が乱れてるっぽい。
というわけで、出来るだけ生活を正すように気をつけていたら、少しずつマシになってきた気がしますニヤリ

私、れおんと暮らす前も仕事のストレスなどで体調がおかしくなってて…
それがれおんお迎えして安定して。
そして、またれおんがいなくなっておかしくなってしまったショボーン

れおーーーん帰ってきてーえーん

「ただいまー」

か、帰ってきたーラブ
本物ではないよ。(わかるわw)

れおんぐるみくん(さくらいあすかさんという作家さんが作っているうちのこぐるみですラブラブ)

存在は知っていたのですが…人気ですぐ売り切れに。
でも、れおんがお月様へ行ってから「欲しい!」という気持ちが強くなり…
タイミングよくお迎えすることができましたおねがい

はぁ…可愛いラブ

過ぎてしまったけど…2月26日はれおんの2回目の月命日でした。そして、去年の2/26は斜頸を発症した日ショボーン

もぅ2ヶ月…
相変わらずれおんのケージはそのままで汗
そろそろ片付けないとなーと思うのですが…
最近、まだそのままにしておきたいというより、ただ片付けサボってるだけなんじゃ疑惑。

れおんぐるみくんも仲間入り照れ
埃かぶったら嫌なので袋に入れたままw
そして、本人同様写真写り悪い…汗

れおん、今頃お月様で何してるのかなーロップイヤー
お友達できたかなー?

れおんの後にも次々とお友達がお月様へ行ってしまったのえーん
こんなすぐれおんが先輩になってしまうなんてねショボーン
仲良くするんだよロップイヤー


そして世間をにぎわすコロナウィルスあせる
我が家も…3/3から幼稚園が休園になってしまいましたガーン

当初(2/28の朝)は3/2から休園、とメールがきて「えええーーーポーン」となったけど、お昼頃にやっぱり通常通り保育します、とメールがきて、ズッコーーーとなり…
でも、とりあえずよかったとなったけど、きっと春休みになる前に早めに休みにはなるだろうと予想。
3/2にいつも通り登園する長女・次女を見送った後、
3/3から休園します、とメールがポーン

いや、早めに休みにはなるだろうと予想してたとはいえ…すぐじゃないかーえー

私は働いてないのでマシですが、働いてるお母さんたちは大変‼︎
こんな急に…あせる
そして子供達、お友達との生活が急に終わってしまって可哀想ショボーン
特に長女は今年卒園で、あとちょっとだったのに…。
「お友達に会いたいなー」
「もう会えないの嫌だー」
ショボーン
そうだよねー…
みんなの健康が一番というのはわかってはいるのですが…もっとどーにかならなかったのか…とも思ってしまう汗

そんなわけで、今我が家は早めの春休み?に入り、毎日がわちゃわちゃです滝汗

人の多いところにはあまり行かないように…と思うので、子供達をどこかに遊びに連れて行くことも出来ず。
かといって家でテレビやyoutubeとかにあまり頼りたくないので…リビングに普段あまり出さないボールプールやジャングルジムと滑り台を持ってきて…
ちょっとしたアスレチックみたいにしたり、お姉ちゃんたちはアクアビーズやアイロンビーズでいろいろ作ったり…

これがいつまでもつかわからないけど、子供達が楽しめそうなことを提案しながら過ごしてます。

特に長女には、幼稚園の最後の思い出が、残念な思い出にならないように…こんなことがあったけど家で過ごすのも楽しかったな、と将来笑い話になるように過ごさせてあげたいなニコニコ

と、意気込んでいたのに…
風邪ひいたーーーガーン

熱はないけど、鼻水すごかったのと、今ちょっと気管がやられてるっぽいチーン
コロナではないと思うけど…こんな時なのでめっちゃ不安。 

長引くようなら病院行きますゲホゲホ

今のところ、卒園式は行われる予定なので、それまでに元気にならなきゃ‼︎
縮小されて、保護者1人しか参加できないけど…汗


なんだかまとまりのない内容になってしまいましたてへぺろ

いろいろありますが…
早く落ち着いて生活できる日が来ますように‼︎


読んでくださりありがとうございました。






今日はれおんのお話ではありません。

少しでも多くの人に知ってもらえたら…
と思いリブログしました。

私、恥ずかしながら、れおんと暮らすまで、
うさぎさんはみんなステキな家族に貰われていく…
と思っていました。
幸せな脳みそw

れおんをお迎えしたのは9ヶ月の時。
それも普通だと思っていたけど…
お店で9ヶ月になってもいるのは「売れ残り」だとのちのち知りました。

それからブログやイベントなどで、
家族として迎えたのに棄てる人がいること。
お店で売れ残った子のこと。
学校うさぎのこと。
などなど…

もうビックリでショックすぎて…
なんて人間はひどいことをするんだと思いました。

でも、そんなうさぎさんを保護して大切にお世話をしている人たちがいることも知りました。

自分の子のお世話だけでも大変なのに…
ほんとにすごい‼︎
と思いました。

れおんだけでも消して安くないお金が必要だったので…
それを何匹、何十匹とお世話されている。
それは膨大な資金がなくてはできないことだと思う!


私は、保護活動はうさぎさんの餌代や備品代、病院代などかかるからかなりお金が必要だろうなーとは思っていましたが、こんなにいろいろ問題があるとは知りませんでした。

無責任な人間のせいで、自分の身を削ってでも頑張ってる人がいることを知ってもらいたい…
と思いました。

そして、保護活動をしてる方を助けることがうさぎさんを助けることに繋がるのではないかなと思います。

実は縁あってSAVE THE RABBITさんにお邪魔したことがあるんです。
あ、だからといって回し者ではありませんよ。
私が勝手にリブログして書いてるので…。
こちらの団体さんはほんとにしっかりうさぎさんのお世話をされていました。
ただ、とても多くのうさぎさんを保護されているのでうさぎさんそれぞれのケージとへやんぽスペース、あとは牧草やペットシーツなどの備品でいっぱいで、移動スペースが狭くお掃除などをするのは大変そうでした。
お世話されてる方の活動の効率が上がればうさぎさんたちの暮らしももっともっと良くなるのかもしれないな。
いいお部屋がみつかるといいなと思っています。


これも、れおんとの生活がなければ知らなかったかもしれない。
れおんが教えてくれたことの一つ。

1匹でも多くの動物に幸せに暮らしてほしい。
命をお迎えするということに責任をしっかり持ってほしい。

偉そうに書いてますが…
私もまたお迎えするときは、ちゃんと覚悟を決めてお迎えしなきゃ、と思いました。



読んでくださりありがとうございました。