Times goes on

Times goes on

カケロマ島での日々のこと
我が家の犬達こと
好きな音楽・本・食べ物のこと
海や貝類や水中生物のこと
などなど

ブログのご訪問ありがとうございます♪
奄美大島南部の離島で小規模なダイビングサービスをしております。
こちらは店主の日常的なブログです。

ダイビングサービスのホームページはコチラです → http://www.fb-kakeroma.com

年末になって全国的に寒気が入り、

奄美カケロマ地方も島ならではの冬らしい寒になってきました。

毎年年末は正月の買い物に行きます。

2021年は12/30に出掛けたのですが、

この日は大島海峡も大時化で、康丸で古仁屋へ渡るため

カッパの上下を着て、結構大変な思いをしながら出掛けたのでした。

これまで正月の買い物は私の親を連れて行くために、

フェリーで車を渡して出掛けていたのですが、

高齢の母親も時間をかけて遠くまで買い物へ行くことも無理となり、

昨年末からは私達夫婦2人で買い出しへ行くことになりました。

高齢の親がいないのであれば、わざわざフェリーで車を渡すまででもない。

自船で普段通り出掛けたのですが、海がシケていたため

買い物に一苦労したのが、年末最後の印象に強く残っています。

 

大晦日は色々お正月の準備

そして近所の方が2年ぶりに帰省されて、家の周りの草木の清掃に

もの凄い苦労をされていたため、お手伝い。

なんとか大晦日も慌ただしく時間が過ぎましたが、

予定通りの年納めができました!

 

 

 

 

 

康丸・MAS丸共にお飾り完了

 

 

 

 

今年もほとんど営業できなかったお店も

草刈りを終え、お飾りも完了

 

 

 

 

自宅とラモーンもお飾り完了

門松は毎年と同じ、松・竹・椎木・ユヅリ葉、スリ浜の白い砂で立てます。

 

 

 

 

ラモーンも恒例のお飾り付けて、まんざらでも以内様子でした。

 

 

 

 

いい男に育ってます。

今年は4月で6才になります!

 

 

 

 

今年も交通安全で 「ガショーーーーー!!」 だぜ!

 

 

 

 

年納めの散歩

立派な忍犬に育てようと母ちゃん躾という名の甘やかしw

 

 

 

 

無事にお正月迎えましたよ~

 

 

 

一昨年のんちゃんの介護を終えて

続けて一昨年末から父親が脳梗塞で倒れ、重度の複合型認知症となり

もともと認知症の母親が自宅で1人の生活となり、

私の介護生活が本格的に始まったのですが、

本当に自分自身との葛藤の毎日でした。

そして、これからも自分との葛続が日々続いていくと思います。

葛藤というと大げさかも知れませんが、、

自分の気持ちの持ち方のコントロールですね。

自分の時間がなくなり、仕事も手に付かなくなってしまい、、

生活の時間の送り方が、母が中心となりました。

 

認知症の母親には何を言い聞かせても理解が無く、

出来ることが一つ一つ減っていき、記憶はほとんど出来なくなって行きます。

母は身体の方は肺気腫を除いて、至って元気なんです。

運動機能もこれから89になりますが、優れている方だと思います。

ですが、頭の方がかなりなものです。

子供返りして、私に対しては非常にワガママになってます。

私以外の人前では、よそ行きの顔になり、

饒舌に会話もするし、上品に振る舞い、

買い物も料理も、入浴も、お金の管理も自分でやってると人には説明しますが、

実際は何一つやってませんし、出来ません。

はじめのうちは掃除や洗濯、料理を一緒にするように、

母に手伝ってもらったり、私が言ったことをしてもらうようにしていたのですが、

途中でいなくなってしまったり、座って見てるだけだったり、

手伝って!と言うと、今は忙しい。後でにして。と言って塗り絵をやめなかったり、

母の着替えをさせるために、母が遊んでいることを止めさせると、

あ~わからなくなっちゃった。と言って舌打ちされることもあったり、、、

ずっとそれに付き合っていると、時間がどんどん経ってしまうため、

私も母が手伝ってくれないときは、自分でやってしまった方が早く終わるので、、

そんなことをしているうちに、母は何もしなくなってしまったんですよね、、

そしてできなくなってしまうんです。

子供は学習できますが、認知症の高齢者は学習が出来ません。

時が経つにつれ、介護は今よりもっともっと大変になるだろうという事を想像すると

今の段階で、大変だ!疲れる、、なんて言ってられないというのが現実なんですけどね。

 

周りの方々は無理しないでねと言ってくれたり、

もっと母をほっといてもいいんじゃない?ともいってくれます。

私も無理はしないように。と思ってやっています。

色々わからない事だらけの母が、できるだけ混乱しないで生活できるように。

その思いで接しています。

できれば、もう少しほっときたいです。

でも目を離していると、椅子の上に立っていたり、、

障子や窓に寄りかかって立っていたりするんです、、、

こういった行動が今まで癖だったのか???

危ないから止めてと、同じ注意を何回をしても次の日もしてたり、、

紙に書いて注意書きをしても、字を読んでも直後に忘れるので、

同じ事をして私に怒られるの繰り返し。

見守りの必要性を感じます。

 

現在は週3回のホームヘルプ(午前中30分)と週2回のデイサービス(9時~16時)

月2泊3日のショートステイを利用しています。

私の仕事の都合で今後はショートステイの日程を延ばしていくつもりでありますが。

施設でも落ち着きがないそうで、以前もショート中に転んで顔面や両足広範囲に痣を

作って帰ってきたりもしているため、心配は尽きません。

まあ、怪我してしまえばやむを得ないとは思っています。

 

 

そんなこんな、年末年始の記録から介護の話題が尽きなくなってしまいましたがw

仕方ないですね。

 

 

 

こんな毎日ですが、日々犬の散歩へ行く時間にとても癒やされています♡

ラモーンありがとうね。

 

昨日はご近所の同業者の方と新年会できました。

母の世話を1時間前倒しで終わらせて、私は遅れて参加したのですが、

楽しかったー!

1年分笑ってきました!!お腹が壊れるくらい笑った!!

笑う門には福来たるですものねー。

 

どうぞ、皆さんにも穏やかで楽しい良い1年がやって来ますように。

今年もよろしくお願いいたします。

 

2022年1月