おはようございます

J-sプロモーションのみよしです。

 

5月だというのに、随分暖かい(笑)30度超えてるみたいですね。

エアコンが欲しくなりますが、まだまだ我慢!です。

 

さて、本日も「小規模事業者持続化補助金」のテーマで書きます。

前回は、よくある質問・・ということで二回書きました。

 

今日はですね、申請書類作成のポイントということで書いていきます。

そろそろ追い込みでしょうから、申請書類を作られている方のために、

チェック目的や、参考にしていただくために書きます。

 

色々ポイントがあるので、一気には書けません!

小分けにして、ブログでつづっていきます。

 

ただ、これは私の経験上の話ですから、他のコンサルタントの方とか、経験者の方から

見るとまた違うポイントを重要!と考えるかも知れませんが.。

 

ポイント1.

公募要項に書いてある文章そのものに、ヒントがある!

 

公募要項はページ数が多くて見るだけで嫌になります。

が、ここは辛抱しましょう!

これをシッカリ読むか、読まないか?で申請書類の精度が大きく変わります。

 

この補助金は、「優秀だと思われた補助事業を採択」するものです。

必要要件を満たしたら全員が貰える「助成金」ではないのです。

 

審査員(多くは中小企業診断士だと言われてます)が、

審査するポイントというのは、

「この公募要項に沿った内容になっているか」?が基本軸になっているんです。

 

公募要項には、はっきりと文章で書いてあるんですね。

「こういう風にしてください」と。

 

例えばですが、

「事業の目的」という項目があるのですが、ここにこう書いてあります。

※平成30年度第2次補正予算 小規模事業者持続化補助金 公募要項より

 

『人口減少や高齢化などによる地 域の需要の変化に応じた持続的な経営に向けた取り組みを支援し、

地域の原動力となる小規 模事業者の活性化を図ります。』 

 

はい、「人口減少や高齢化などによる地域の需要の変化に応じた・・」

と書いてあります。

 

ズバリ言います。

申請書類の文章には、必ず「人口減少や高齢化」というフレーズを必ず入れる!んです。

 

基本として、申請書類には、

現状分析~課題の抽出~課題解決のための補助事業の取り組み~その有効性の証明。

という流れで書いていくのですが、現状分析する際には、売上、顧客数、利益など数字という客観的な事実を入れます。

 

「こうこう、こういう現状があり、課題がこうである」

「この課題は解決する必要がある」

「解決のためには、こういう補助事業が必要です」

「この補助事業は、こういう効果がある」

 

という流れですが、現状分析を書くときに、「人口減少や高齢化の影響により、弊社の事業は今〇〇〇・・」と入れるんです。

 

この社会情勢の分析は、PEST分析という自社を取り巻く業界環境を、マクロ的な視点で分析する。

というマーケティングの基本的な考え方なんですが、まあ、それはさておきです。

 

とにかく、必ずこの文章は入れてください。

よろしいでしょうか?

審査員がこのフレーズを入れて欲しいと言ってるのと同じなんです。

 

 

現状分析の項目には、

人口減少や高齢化というフレーズを必ず入れる!です。

 

具体的には、申請書類の「様式2:経営計画」の2にある

”顧客ニーズと市場の動向”の項目に入れることになります。

 

はい、今日は小規模事業者持続化補助金の申請書類作成のポイント1として、

公募要項を読む!要項にある文章そのものにヒントがある!

 

ということで、書いてみました。

 

この人口減少、高齢化というキーワードのほかにも、審査員が書いて欲しいと

言っているフレーズが、公募要項の中に、沢山あります!

 

これは、しっかりと公募要項を読めば、見えてくるものでもあるんです。

ページ数が多いと、飛ばし読みしたくなるのですが、ここで労を尽くさないと、

審査員が望んでいる申請書類が作れなるなる可能性が高くなる!ということです。

 

私にコンサル依頼をされる方も、この公募要項を読まない方が非常に多いです。

基本に答えがあります。

 

ぜひ、公募要項を熟読することをお勧めします!

明日は、ポイント2ということで、また書いていきます。

 

では、また!

 

 

 

 

店頭マーケティング、シニアライフの課題を解決する企業

J-sプロモーションはこちらから!

http://js-pro.net/co/

 

シニアをイキキとさせる!シニア向けWEBマガジン

爺ちゃん婆ちゃん.comはこちら!

http://jiichanbaachan.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

J-sプロモーションのみよしです。

 

今日のご挨拶は、「こんにちは!」ですから、日が昇っているうちに

書いているわけです。

 

今日は、少しリラックスモードなブログです。

J-sプロモーションが運営管理している、シニア向けWEBマガジン

「爺ちゃん婆ちゃんドットコム」から、お知らせです。

 

先日、試写会ご招待をした映画

「パリ、嘘つきな恋」の、シネマレポートをアップいたしました。

 

今回は、編集部の私と、団塊世代のライターである、土肥慎一郎さんで

マスコミ向け試写会に参加させていただきました。

 

インタビュー形式で、私が土肥さんから感想をお聞きしています。

こちらからどうぞ!

http://jiichanbaachan.com/enjoy/5267

 

この土肥さん、72歳なんですが、AKB関連のアイドルのライブに通うという!

超元気なお方です。

そんな土肥さんが、この映画をどう感じられたか?なかなか興味深いお話が

聴けました。

 

是非、お読み下さいませ!

では、またお会いしましょう!

 

店頭マーケティング、シニアライフの課題を解決する企業

J-sプロモーションはこちらから!

http://js-pro.net/co/

 

シニアをイキキとさせる!シニア向けWEBマガジン

爺ちゃん婆ちゃん.comはこちら!

http://jiichanbaachan.com/

 

 

こんばんは

J-sプロモーションのみよしです。

 

今日も、小規模事業者持続化補助金のことでブログを書きます。

 

この補助金は、

 

・定められた「小規模事業者」が対象

・返済不要の事業資金としてつかえる

・最大50万円まで補助

・使用用途は、「販路開拓」「新規顧客開拓」に限られている

 

という、小規模や零細事業者には、大変ありがたいものです。

毎年、沢山の応募があり、その中から、優秀だと判断されたものが

採択される。というものです。

 

前回は、この応募に関して基本的な質問について、Q&Aという形で書きました。

今日は、もう少し中身のことについて書いていきます。

 

ということで、Q&Aシリーズにまいりますが、一番多い質問が、

「どういう経費が使えるのか?」という質問です。

 

公募要項には、こう書かれています。

 

”本補助金事業は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、

小規模事業者の地道な販路開 拓等の取り組み

例:新たな市場への参入に向けた売り方の工夫や新たな顧客層の獲得に向 けた

商品の改良・開発等)や

地道な販路開拓等とあわせて行う業務効率化(生産性向上)の 取り組みを支援する

ため、それに要する経費の一部を補助するものです。”

 

はい、ここ大きなポイントです。

「地道な販路開拓などとあわせて行う業務効率化の取り組み・・・」と書いてあります。

地道なものじゃないとダメなんです。

 

ここを前提にして、Q&Aに移ります。

 

Q1.フジテレビでCMをやりたいのですが、どうでしょうか?

A1.はい、論外ですね。地上波のTVCMが地道と考える審査員はおりません。

 

Q2.新規客を接待して、売り上げを上げます!飲食店で使う経費はつかえますか?

A2.答えは、NGです。これは公募要項にもシッカリ書かれていますね。

 

Q3.新しくカフェをオープンして、営業します。椅子や机を調達したいのです。

A3.これもNGです。なぜかというと、カフェをオープンするというのは、持続的に使用する資材・・ということになります。

  あくまで、期間内に実施するスポット的なイベントなどに使用するものしか、認められません。

 

Q4.展示会に出展するために、会場費を払いたいのです。

A4.OKです!これも公募要項に書かれてますが、「借料」という項目で経費が認められます。

 

Q5.会社のパンフレットを一新したいんです。

Q5.はい、これは内容によります。パンフレットが「新販路開拓」「新規顧客開拓」の為に作られて、その使用法として、

  DMを出すとか、イベント会場で配布する・・という事が明確になっていれば、OK! 

  単にパンフレットを作るだけでは、ダメなんです。

  以前は大丈夫だったんですが、この3年くらいはダメになっています。

 

Q6.WEBサイトを一新したいんです。

A6.OKです!この目的の方が非常に多いんです。実は「IT補助金」というものがあり、

  非常に近いタイプの補助金なんですが、このIT補助金で、WEBサイト制作が認められていたのが、

  今年はダメになりました!小規模事業者持続化補助金でやりなさい!ということのようです。

 

Q7.地元のスポーツチームのスポンサーになりました。協賛金としてはどうですか?

A7.申請は出来ますが、これ審査員によっては、「地道とは言えないんじゃないか?」と判断が難しくなることが想像されます。

  できれば、避けて、もっと分かりやすいものの方が良いと思います。

 

Q8.DMを打ちたいのですが、切手代はどうですか?

A8.切手代はダメです。なぜなら、他の用途でも使えてしまうからです!ほら、ありましたよね!?議員さんが、切手を沢山購入して、

  換金したのを、「政務調査」だったかな?で申告して、バレて事件になりましたよね。ダメなんですよ。

 

Q9.自転車を買って、近隣にチラシをポスティングします、大丈夫ですよね?

A9.だからダメですってば(笑)自転車は、期間内だけでなく、終わってからも使えるし、新規開拓以外にも使えますよね?

  ダメなんです。

 

Q10.新規開拓の為に営業を雇いたいのですが・・・

A10.大丈夫です!いわゆる人件費として申請することができます。でも、これを業務委託とかで外注する場合は、NGなんです!

   ここらあたりが、私は非常に「?」がつくのですが、ダメなんです。事務局がはっきりと、「ダメです」と言ってました。

 

さて、いかがでしょうか?参考になりましたでしょうか?新規開拓でも、顧客獲得でも、様々な方法がありますから、全ての

事由を並べるのは難しいと思います。

申請を考えられてる方は、事務局とかに確認して、確実に認められる内容で申請をされてくださいね。

 

では、またお会いしましょう!

 

店頭マーケティング、シニアライフの課題を解決する企業

J-sプロモーションはこちらから!

http://js-pro.net/co/

 

シニアをイキキとさせる!シニア向けWEBマガジン

爺ちゃん婆ちゃん.comはこちら!

http://jiichanbaachan.com/