Mary’s Snow Sky Sea!

Mary’s Snow Sky Sea!

Maryのスキーとダイビングと旅日記

台風19号の被害、かなり深刻ですね。

埼玉県でも、川の決壊や停電等、被害が報告されています。

山間部で大量の雨が降ったので、峠を越した後も警戒を怠らないようにしたいと思います。

皆様もお気を付けくださいませ。

 

で、そんな台風19号が接近する中、私が何をしていたかと言うとHDDの交換。

 

火曜日に突然、自宅PCを起動したと思ったら、「American Megartends」画面で動かなくなりました。

メッセージを確認すると、

 

 S.M.A.R.T. Status BAD, Backup and Replace

 

再起動しても、「American Megartends」画面で止まり、同じメッセージが表示されます。

これ、「HDDの状態が悪い。(いつ壊れるかわからないので、)バックアップを取り、交換して」と言う警告メッセージ。

F1キーを押下してWindowsの起動し、「CrystalDiskInfo(S.M.A.R.T.が取得した情報を簡単に表示できるフリーソフト。HDDの状態がわかります)」で見てみると、やはり「異常」となっていました。

 

HDDの故障。

はぁ、また面倒な…。

と真夜中、PCの前で一瞬頭を抱えましたが。

 

「HDDの交換なら自分でもできるので、この程度の故障で良かった」とポジティブに考えることにしました。

即、同じ仕様の新しいHDDと、ハードディスクケース(内臓HDDを外付けHDDとして利用できる機器)をネットで購入ました。

使用中のHDDの情報は「CrystalDiskInfo」ですぐにわかります。

 

それが届くのを待つ間に、クローンコピーができなかったことを考えて、最新のバックアップを取りました。

HDDが不調のためか、画像ファイルが多すぎるのか(10万ファイルを超えるので(^_^;))、まる1日かかりました…。

 

新HDDが届いたのは、注文したのが真夜中だったこともあり、翌々日。

早速新HDDとハードディスクケースを組み立てて、クローンコピーを開始しました。

しかし、1日以上経ってもコピーが完了しません。

我慢の限界を超えたので、回復ドライブを使った正攻法で行くことに。

BIOS画面でBOOT1をUSBに変更してから、PCをシャットダウンし、HDDの交換を行いました。

 

PCの裏蓋を外し、HDDを交換します。

 

20191011PC内部

 

デスクトップPCなので、空間に余裕があります。

交換しやすいです。

埃もファン回りしか溜まっていませんでした。

 

HDDはこの中に入っています。

 

20191011HDD1

 

交換中の画像がなくて、ごめんなさい。

筐体用のネジを3か所とケーブルを外してから、保護カバー用のネジを4か所外せば、簡単に壊れたHDDは取り出せました。

 

20191011HDD2

 

取り出した内蔵HDD。

異音はせず、論理障害の可能性が高いので、後でフォーマットをすれば使えるかも?

 

新HDDへの交換後は、PCの購入直後に作成した回復ドライブを使って、リカバリを行いました。

リカバリの時間は40分くらい。

Windows起動後に『CrystalDiskInfo』で見たら、「正常」になっていたので、良かったです。

 

ちなみに、回復ドライブを作っていない方は、絶対作成された方が良いですよ。

私は64GBのUSBを使用しています。

なお、回復ドライブ用のUSB等記憶媒体は、それ専用になってしまうので、ご注意ください。

 

更に、バックアップからデータを戻し(数時間かかりました)、必要なプログラムをインストールし、WindowsUpdateを行い(1809へのアップデートがあったので、これも数時間)、iPad PROのバックアップを取り、現在デフラグを行っています。

断片化が54%と多かったので、10時から始めても、まだ終了していません。

デフラグが終わったら、もう1度バックアップを取る予定です。

 

火曜日から始まって、5日越しのHDD交換でした(^_^;)

バックアップだとかクローンコピーだとか時間がかかるので、仕方ないですね。

 

ちなみに、費用は、3TBの新しい内蔵用HDDが7千円弱、ハードディスクケースが2千円弱でした。

ハードディスクケースは結局役に立ちませんでしたが、バックアップ用として有効活用できそうなので、良しとします。

 

HDDは消耗品ですね。

引き続き定期的なバックアップを怠らないようにしないと。

 

長文をお読みいただき、有難うございました。

 

ペタしてね

20191004奥日光(湯滝)

 

奥日光に行ってきました。

圏央道のお陰で、東照宮も奥日光も2時間圏です。

それぞれ別日に日帰りで出かけました。

 

紅葉は、先週末の時点で、戦場ヶ原から上で色づき始めた感じ。

今週末は紅葉が見頃かと思うのですが、台風19号が接近しそうですね…。

被害がないことを祈っています。

 

20191004奥日光(戦場ヶ原)

20191004奥日光(湯ノ湖)

20191004奥日光(金精峠)

 

湯滝で、滝の中に紅葉があるのを発見しました。

SONY/DSC-HX99の28倍望遠、なかなか良いです(*^_^*)

 

20191004奥日光(紅葉)

 

 

途中、中禅寺湖の畔にある「日光二荒山(ふたらさん)神社中宮祠」にも参拝しました。

 

20191004奥日光(二荒山神社1)

20191004奥日光(二荒山神社2)

 

厄落とし&ストレス発散になる「カワラケ割り」のある面白い神社でした。

「カワラケ割り」は、社務所でカワラケ(素焼きの小皿)を購入し、落としたい文字(「厄」とか)を書いて、投げ割ります。

カワラケ投げはやったことがありますが、割るのは初めてでした。

 

20191004奥日光(二荒山神社・カワラケ割り)

 

 

かつてのホームグランド、丸沼高原にも立ち寄りました。

サマーゲレンデで数名の方が滑っていらっしゃいました。

昔、何度か滑ったことがありますが、転ぶと打身や擦傷でひどいことになるので(転ぶほど攻める滑りをやらなければ良いだけなのですが…)、もう雪上以外では滑らないと思います。

丸沼のオープンは11月23日の予定みたいです。

 

20191004奥日光(丸沼高原)

 

 

ランチは、大好きな「銀の月」さんで。

気まぐれランチとおまかせフライのコース(1,750円税別)をいただきました。

ワンプレートに色々乗っていて、とても美味しかったです(*^_^*)

 

20191004奥日光(銀の月・ワンプレート)

20191004奥日光(銀の月・前菜)

 

もちろんスコーンもいただきました。(プラス440円)

紅茶とスコーンとクロテッドクリーム、最高の組み合わせです♪

 

20191004奥日光(銀の月・スコーン)

 

 

北海道といい、奥日光といい、紅葉は色づき始めばかり(^_^;)

なので、11月に京都でリベンジする予定です。

 

長文をお読みいただき、有難うございました。

 

ペタしてね

20191005日光(神橋)

 

日光社参のランチは、お初の「fundan懐石 和み茶屋」さんでいただきました。

お店は、神橋の近く、東照宮から歩いて10分程の場所にあります。

駐車場もありますが7台しか停められないので、満車の場合は近くの市営駐車場を利用されると良いと思います。

 

20191005和み茶屋

 

予約しないで伺ったら、オープンと同時の11時半は満席で、12時半以降のスタートになりました。

メインストリート沿いなので、周囲にお店が色々あり、それを冷やかしているだけで、1時間があっという間に過ぎました。

 

ランチメニューは、「ゆば懐石ランチ(2,900円税込)」と湯葉なしの「懐石ランチ(1,800円)」の2種類から選ぶことができます。

ランチの内容は月毎に変わるようです。

せっかくの日光なので湯葉を堪能しようと、私たちは「ゆば懐石」を選びました。

 

20191005和み茶屋(メニュー)

 

最初の先付は、引き上げ湯葉。
風味が豊かな湯葉で、生姜とお醤油を少し付けていただくと、とても美味しかったです。

 

20191005和み茶屋(先付)

 

小吸物は、青呉汁。

青呉汁は、枝豆を摺り流して作った汁物でした。

枝豆の甘さが感じられて、美味しかったです。

 

前菜は5種類。
榎茸と三つ葉のお浸し、菊花蕪阿茶羅漬、出汁巻玉子、秋茄子と獅子唐辛子の揚煮、柿ピー。

どれも繊細なお味でした。
柿ピーはお煎餅の柿ピーだと思っていたら、柿の上にピーナッツが乗っているものでした(^_^;)

 

20191005和み茶屋(小汁椀と前菜)

 

焼物は、豆乳の精進グラタン。

豆乳の上にお味噌がトッピングされ、焼かれています。

中には、さつまいも、じゃがいも、しめじ、青大豆が入っていました。

グラタンと言うより、美味しい具沢山スープな感じでした。

 

20191005和み茶屋(焼物)

 

煮物は、揚湯葉巻き。

お出しが効いた湯葉巻きを予想しましたが、もっと甘辛くて、お揚げみたいなお味でした。

それにしても、湯葉美味しいですね。

 

20191005和み茶屋(煮物)

 

揚物は4品。

平ゆば包み揚、舞茸、カボチャ、シソの葉に包まれた海老しんじょ。

 

御飯と汁椀は、赤米とお澄まし。
赤米ってあまりいただいたことがありませんが、噛めば噛むほど甘味が出てくる、美味しいお米でした。

 

20191005和み茶屋(揚物と御飯)


デザートは2種類から選べます。

黒糖の羊羹生クリームと、豆乳の杏仁豆腐。

私は羊羹をチョイス。

羊羹は、口に入れた時は黒糖と生クリームのお陰で洋菓子のようですが、後味は豆っぽさが残って、しっかり羊羹でした。
美味しかったので、自宅でも生クリーム掛けをいただきたくなりました。

 

20191005和み茶屋(デザート)

 

接客も雰囲気も良いお店でした(*^_^*)

気に入ったので、今度は予約して伺いたいと思います。

 

 

実は、別の日に奥日光にも出かけているので、次回のブログではそちらをご紹介させていただきますね。

良かったら、読んでください。

 

長文をお読みいただき、有難うございました。

 

 

※おまけ

空き時間に散策していたら、折り紙の自動販売機を発見しました。

さすが日光ですね~♪

 

20191005日光(折り紙自販機)

 

ペタしてね