マーベルのブログ

マーベルのブログ

株式会社マーベルコーポレーション代表のブログです。株式会社マーベルコーポレーションはヤシ油を主成分にした天然植物系防腐処理木材「マーベルウッド」を製造・販売しています。

株式会社マーベルコーポレーション代表のブログです。




株式会社マーベルコーポレーションは環境配慮型の無色透明な防腐処理木材「マーベルウッド」を製造・販売しています。




(株)マーベルコーポレーション


<本社>


〒910-0825 福井県福井市原目町4-30

TEL. 0776-53-7715  FAX. 0776-63-5485  携帯TEL. 090-5686-9919




<東京事務所>


〒183-0045  東京都府中市美好町3-39-8  リブリ・マーベル

TEL / 042-310-9681  FAX / 042-310-9682





クローバー プロフィール クローバー


1962年 福井県福井市生まれ

1980年 福井県立羽水高等学校卒業

1984年 専修大学商学部卒業

1984年 東京都内商社入社

1989年 結婚を機に福井へUターン

1990年 福井県内商社入社

2011年 ㈱マーベルコーポレーション 設立

2012年 小澤技術士事務所 設立





クローバー 資 格 クローバー


・技術士(森林部門)

・環境省環境カウンセラー(事業者部門)

・1級造園施工管理技士

・第2種高圧ガス販売主任者

・2級小型船舶操縦免許

・自動2輪中型免許

・スキューバダイビングオープンウォーター

・福井県ふるさと研究員

・自然再生士


テーマ:

 2019年の恒例のタイツアー、行ってきました!

 

 今回は、タイに朝の4時に到着して、初日は「PINEHURST GOLF CLUB」で、30度を超える猛暑の中、汗をたっぷりかいてラウンド、52-50の102というスコア。2回目のコースなので、何とか覚えていて攻め方もわかってはいたつもりだが、100切れなくて残念。

 

 道が渋滞していて、バンコクのホテルに到着したのが4時過ぎ、チャックインを済ませ、トゥクトゥクで市内観光して、「キャベジン&コンドーム」というタイ料理のお店へ。店名がおかしいのだが、味は最高!。前の副首相が、エイズ基金に寄付するために、つくったお店で、「コンドーム」の装飾品や照明などが店中に設置されていて、見ごたえ十分。帰りには「コンドーム」をお土産にいただきました。

 

 翌日は、「BEST OCEAN GOLF COURSEV]で、プレー。初めてのコースだったが、池がめちゃくちゃ多くて、両サイドに、正面まで池が配置されているコースもあり、まさにタイならではゴルフ場でした。池の近くにワニがいて、キャディさんが追い払ってくれたが、池を背にして打つときは気が気ではなく、後ろを気にしながら急いで打ったのでした。そのせいか、53-52の105と振るわず、ゴルフ場に完敗、という感じ。

 

 夜はまたトゥクトゥクに乗って市内観光をして、有名なタイ料理のお店「孫文」で、打ち上げ宴会。毎回来ているが、お店は満杯で、ここのカニカレーは病み付きのうまさ。最高の料理に大満足。

 エアアジアの深夜便を利用して、ホテルも場所を考慮し、ゴルフ場もリーズナブルで面白そうなコースを斡旋して工夫すれば、ホテル1泊の飛行機の機内に2泊と超強行スケジュールだが、安価で、めいっぱい楽しめるタイ遠征となるのです。知り合いの社長などは、ビジネスクラスで行って1週間ゴルフをやっているのだが、我々気の合う仲間でワイワイやっていれば、お金をそれほど使わなくても最高に楽しめるのです。

 

 年に1度、大好きな仲間とゴルフ&グルメツアーINタイは、身体が続く限り、続けていくのでしょう。皆さんも是非、行ってみてください。

 


テーマ:

 2019年のゴルフ打ち初めは、滋賀県の「蒲生ゴルフ倶楽部」で、仲間達6人で行った。

 

 最初小雨が降っていて、プレーできるか心配だったけれど、途中から日が差し始めて気温も上がり、絶好の「初打ち日和」となった。

 

 スコアは53-48の101、で100を切れなかったのは残念だったが、バーディも取れて和気あいあい、気の合う仲間達とのゴルフは最高に楽しい。その後地元に戻って、みんなで鍋を囲んでの新年会で、また大笑いの連続となった。

 

 仕事の話もあり、ゴルフの話もあり、町内の話もあり、政治の話もあり、家庭の話もあり、旅行の話もある。あらゆる話で盛り上がっては、いろんなオチがあって、最後には大笑いをして転げまわるのだ。

 

 帰りがけに、お店の主人がしみじみと言っていた。「今日は皆さんが福を運んできてくれた。ありがとうございます!」と。

 

 ゴルフ場に日差しが差し込んできたように、だんだん明るくなって、最後には福の多い1年にしたいものだ、と思った年の初めであった。


テーマ:

  2019年、明けましておめでとうございます!本年もよろしくお願いいたします。

 

 今年も新しいことに、たくさんチャレンジしてまいりますので、関係者も、関係してない人も、どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 この写真のように、すべてがまあ~るく収まって、みんなが幸せになるように全力で、イノシシのように邁進してまいります。

 

 今年1年と言わず、来年も、再来年も末永くお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

 

 


テーマ:

  今年最後の忘年会は、七輪焼きで若狭の海と山の幸を、存分においしくいただいた。

 

 さすがに「御食国若狭」だけあって、海のものは特に種類が豊富でおいしい。「のどぐろ、ナマコ、若狭ぐじ、若狭カレイ、さざえ、イカ、タコ、ハタハタ、若狭牡蠣、サバ、アジ」など。その昔、皇室や朝廷へ献上していた理由が、よくわかる。

 

 クリスマスイブに、家族と一緒に過ごさずに、おやじたち7人で酔っ払ってワイワイ騒いで、大笑いしているのだから、面白い。「我々にはクリスマスなど関係ない!」と、気勢を上げて威張っているのだが、いざ家庭に帰ると、かみさんに頭が上がらない連中ばかりなのだ。全員、「今日は仕事の忘年会だから仕方ないのだ。」と、言い訳してこっそり出てきたのだ。

 

 もう本当に今年も残りわずかで、やり残したことはないかと、強迫観念にかられる時期である。別に12月で世の中がすべて終わってしまうわけではなくて、仕事だってなんだって、同じように1月へと続いていくだけなのだが、、、。

 

 しかしながら、今年のうちにやれることはやってしまおう、とバタバタしている、今日このころである。

 

 


テーマ:

  忘年会で焼肉である。異業種4人の気の合う仲間での、気を使わない居心地の良い忘年会は、時間を忘れて楽しめるものだ。

 

 自分も昔は会社員として仕事がらみの忘年会を、10回以上行った年もあった。ただ、義理を欠いてはいけないと、大事な取引先には毎年セッチングしたし、仕入れ先からは逆に接待されての忘年会が、立て続けに開催されたのだ。あまり意味はなかったなあ、という思いしかないのだけれど・・・・。

 

 やはり、独立開業して自分の会社の責任者として忘年会を考えた時には、だいぶ考え方が変わってくる。仕事がらみの飲み会は、本当に相手に感謝の気持ちをもって、心底から思いを込めてお酒を相手のグラスに注ぐようになった。会話の内容も、上っ面だけの営業上の言葉を言わなくなった。心から本音で、相手の目を見つめながら自然と話ができているように思う。

 

 人間は、何歳になっても成長できるものだと実感している。人生をますます豊かに楽しんで生きていく術を、日々学んでいるように思う。

 

 間違いなく、私は周りの人たちに助けられている。そして、いい人たちに恵まれている。その幸運に深く感謝しながら、心を込めて、これからも相手のグラスにお酒を注いでいこうと思う。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス