「息子との日々(旧チビッコとの日々)」書庫にしようかとも思ったけど・・・お出掛け書庫にします。

 

去年から夏のイベントの定番として京橋にある「国立映画アーカイブ」こども映画館に行っています。

前の名称のフィルムセンターの方が馴染むなぁ・・・

 

1階エントランス(飲食可)

 

館内には展示室、図書室、ホールなどがあります。

 

こども映画館では昔の特撮映画の上映以外にも昔の短編作品を上映する日や

活弁と生演奏を楽しめる日なんかもあります。

 

毎回くれるのかな?お土産にくれるフィルム

今年はこんな画像

 

映画が始まる前のお決まりでスクリーンに客席の子供たちが映ります。

 

今年は「妖星ゴラス」(本編はカラーです)

去年の「宇宙大戦争」は少し寝てしまったけど、今回は私もしっかり観ました。

 

来年は展示室の常設展を息子と一緒に観て帰ろうかなと思います。

図書室も寄った事がないから行ってみよう。

 

2018年のこども映画館の事を書いたブログはこちら

キューバやチェコの映画ポスター展に行った時の事はこちらこちらをご覧ください。

 

企画展は色々あるけど(今、現在の展示は映画雑誌について)、映画ポスター展は楽しいのでまたやったら観に行きたいです。

 

「国立映画アーカイブ」

〒104-0031東京都中央区京橋 3-7-6
03-5777-8600

月曜休館

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この日、銀座ソニーパークでお魚鑑賞出来ました。

 

 

 

 

 

 

楽しかった夏の思い出でした。

 

 

 

 

 

妖星ゴラス 妖星ゴラス
400円
Amazon

 

 

 

 

 

 

 

 

おうちご飯、映画、飲食店以外にもたくさん書きたい事はあるのだけど、たまり過ぎて手が付けられませんあせる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

★朝ごはん~

左、塗ってあるのは瓶詰のツナペースト

 

 

左、きゅうりは自家製糠漬け

 

 

左、時間がなくてご飯がある時は納豆

 

 

左、パンの中には卵サラダ

   

 

左、本当に時間がない時はシリアル(バナナ、ヨーグルト、豆乳)

右、クスクス&チキントマトスープ

 

 

 

★お昼ごはん~

右、朝ごはんみたいなお昼ごはん

 

 

左、余りものプレートランチ。右、父ちゃんのお弁当

 

 

 

★夜ごはん~

左、初めて作ってみた鮭のちゃんちゃん焼き

右、ラムと野菜炒め

 

 

左、卵焼きはしらす入り。右、牛佃煮レトルトと豆腐をを卵とじに

 

 

左、モロヘイヤ蕎麦。右、缶詰カレー

 

 

右、チキントマトスープ、ロスティ(+小松菜)、雑穀米

 

 

右、息子の希望で誕生日に宅配ピザ。(プルコギ&マルゲリータ)

デパ地下品。あわび茸フリット、黒毛和牛腰塚コンビーフセット、オクラときくらげのサラダ

ケーキはお目当ての店がお休みだったから本意ではないお店で・・

息子はシャンメリーで乾杯♪

 

 

わりとなんでも食べる息子はラムも平気で食べてくれるのが嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「カフェ青山」新百合ヶ丘のイオンににあるカフェで、店名には青山がつくけど、岡山に本店があるタルト専門店です。

 

オープンしてちょうど1年位経つのかな?数ヶ月おきに行くと、そのたびにメニューが何かしら変わっている印象があります。

 

例えば半年位前はランチにはサラダバーがあったけど今は無かったり、ドリンク全般が結構値上がりしていたり、ヴィーガンメニューが登場したり。

 

モーニングセットとランチセットメニュー

 

ランチの和風パスタセット。サラダ、ドリンク、ミニタルト付き1000円。

コーヒーは1.5杯分位。タルトは日替わり。

 

ランチのツナチーズホットサンドセット、900円

 

 

ランチのたらこパスタランチ。1000円

 

 

この2皿は半年位前のランチパスタで豆乳クリームソースと豆乳チーズのトマトソース。

この頃のランチのサラダはサラダバー。

 

 

店内の様子

 

 

 

 

 

半年くらい前にはじめてランチでパスタを食べた時はタルトメインのカフェにしてはパスタが美味しく、サラダバーにミニタルト付きでお得で美味しいランチ!と思いました。

今はサラダバーじゃなくなったし、久しぶりに食べたパスタは麺の食感が変わった感じがしてファミレスやファストフードで出てくるようなタイプになったような・・・気のせいかもしれないけど。

それでもたっぷりのコーヒーとミニタルト付きのランチはなかなか良いのでは。

 

タルトをたくさん食べたい人はセレクトビュッフェを開催する日もあります。

 

「カフェ青山」
神奈川県川崎市麻生区上麻生1-19
9:00~22:00(ラストオーダー21:00)

044-819-6115

 

 

(う~ん、まだまだアメブロ書きづらい!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

「スタング 人喰い巨大蜂の襲来」 (アメリカ) 60点 
B級パニック系作品なのだけど、個性派クリフトン・コリンズ・Jrやエイリアン2のビショップ、ランス・ヘンリクセンなんかが出ている事もあり、
役者が下手で観ていられない!・・・って事はないからいい。
巨大は蜂もまぁまぁ違和感ないし。
ただ話が途中からつまらなくなってしまうので後半は退屈。
主役の男女のさえないポールは蜂が人を襲い始めたら突然覚醒して別人のようにきびきびと動き回るのが見どころ。
●印象的な食べ物・・・ケータリングで提供する「ブタのやつ」どんな料理??

 




「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」 (ドイツ) 70点 
メインキャストのブレンダン・フレイザーに似た人、観たことあると思って調べたら、この前観た「僕たちは希望という名の列車に乗った」のお父さん役の人だった。
さらにアイヒマンを追い詰める事に執念を燃やす検事長を演じた主役のブルクハルト・クラウスナーは同作で国民教育大臣を演じていた事も分かったけど、雰囲気が全然違うから全く分からなかった。
!ほぼ同年代の1956年代後半が舞台の両作品、同じ監督作~!
当時の西ドイツの官僚(官僚だけではないけど)にナチ関係の人がたくさんいて、検事長の周りで信用できる人はほんの数人という状況。
このあたり全く分かってなかったなぁ私。
●印象的な食べ物・・・上席検事宅(レボリューション6に出てた人!)の食事

 


 

これは検事長の家。運転手さんが買って来たものを冷蔵庫に・・・

缶詰!!


「ナイトウォッチメン」 (アメリカ) 65点  
おばかな夜間警備員達がピエロゾンパイヤ(ゾンビ+ヴァンパイヤ)と戦う、コメディ系作品。
好きだなぁ~(^^)/
このキャストでもう1本位作って欲しい。
●印象的な食べ物・・・特に無し

「ゴーストライダー2」 (アメリカ) 60点 
1作目はだいぶ前に観たはずだけど・・・ぶっとんだ感じだったなぁって事位しか覚えていない。
おそらく前作もなのだろうけど、ニコラス・ケイジの顔芸祭り!
まぁ可もなく不可もなく一応最後まで観られたけど、クリスフトファー・ランバートがインパクトはあるけどちょい役で最後あっけないのが悲しい・・・
それにしても、骸骨の頭が炎に包まれ、ヘルバイク(名前!)で登場する物凄く強いダークヒーローって・・・
●印象的な食べ物・・・特に無し。

 

 



「存在のない子供たち」 (レバノン)90点 劇場鑑賞26本目
予告編観た時はほぼ内容想像出来るし観なくてもいいか~なんて思っていたのだけど・・・全てが予想を遥かに上回る凄さで本当に観て良かった。
胸に刺さるシーンの連続・・・でも時々くすりと笑えたりして。
ほとんどの出演者が映画と似た環境にある現地の人たちとの事。

こう来たか!の連続で本当にうまいと思った。
昨年のベスト3にもレバノン映画「判決、ふたつの希望」を入れたけど、本作もベスト3に入ると思う。レバノン映画、これからも注目していきたい。
それにしても1歳代の赤ちゃんの演技(?)も凄い。
主人公の少年ゼインの笑顔が見られるのは2時間の中で多分2回だけ。

当たり前の事だけど、世界中の子供達がいつでも笑顔でいられるようにと願わずにはいられない。

「世話出来ないなら産むな」当事者である子供に言われると突き刺さる。
●印象的な食べ物・・・ラーメン(そのまま齧る)、路上で販売する自家製野菜ジュース



「アズミ・ハルコは行方不明」 (日本) 65点 
蒼井優と高畑充希主演。
公開当時よく題名は耳にしたなって言う程度の前知識で観た。
始まって数分でちょっと無理なやつかもしれない・・と観るのを止めようと思ったけど、そこで一度ざっとレビューをチェック。
賛否両論、わりとマイナスレビューも多いのだけど、なんとなく余計気になってしまってそのまま見続けたら・・・わりと好きだった。と言うか嫌いじゃないって感じ。
分かるような分からないような、爽快なようなイラッとするような・・・なんとも言い表せないような感じ。
時間軸かなりめちゃくちゃになっているけど、思いのほかその辺りの流れは難しくなく理解できた。
●印象的な食べ物・・・蒼井優ちゃんの顔より大きなパン。

 

私の顔ならパンに負けない自信ある!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無くなったと思った下書きを発見したので本日2つめの更新。

さっそく今までの「おうちご飯と美術館」から「おうちご飯」を分けてみます。

過去記事は追々移動出来たら・・・

アメブロを使いこなせるようになるのはまだまだ先になりそう。

 

おうちご飯画像がすぐにたまるので、今までのように前半後半ではなく、上旬、中旬、下旬に分けたいと思います。

 

罫線を引きたいのだけど、書き方が分からない・・・

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

★朝ごはん~

左、コロッケサンド。

右、確かお惣菜のサンマの揚げ物を挟んだパン

 

 

左、ローストビーフ&クスクス入り野菜たっぷりサラダ。

右、また残り物のサンマをソーセージの代わりに卵に添えて・・・

 

 

左、クスクス入りポテサラ、スープは茹で鶏を作った時のもの

右、残り物のハタハタ1匹!寂しいタンパク質

 

 

左、勿論パンは追加で。

右、パスコの新作チーズとオニオンのフォカッチャ♪

 

 

左、バナナ&ヨーグルト&豆乳&シリアル3種混ぜ

右、クスクス入りサラダ

 

 

ちなみに面倒だからクスクスと書いたけど、もっとシンプルなクスクスみたいなブルグルです。

小麦粉を粉にして粒々のパスタにしたクスクスと違って、小麦を砕いただけのものがブルグルで、クスクスより栄養価(カロリーも)が高いとの事です。

粒々したもの大好き!

 

間違えてこんなところに入れてしまったこれ↑。文末に入れたかったけど移動の仕方が分からず・・・あせる

 

 

★お昼ごはん~

学校が始まった途端、私の一人お昼ご飯はお見せ出来ないような適当食ばかりなので画像は少な目・・・ 

左、枝豆&さつま揚げ&エノキパスタ

右、余ったポテサラ入りお焼き

 

 

左、油揚げ&ニラ&もやし&エノキの塩焼きそば、茹で卵のせ

右、ソーセージパン、鶏唐揚げパン、バナナのお弁当

 

 

 

★夜ごはん~

左、ハタハタ、クスクス入りポテサラはごはんものとして・・

右、油揚げ&ピーマン玉ねぎ炒め、買って来た鶏唐

 

 

左、かぼちゃの豚肉巻き、ナスとネギの炒め煮

右、蕎麦、カツオ&ニラ&トマトの和え物、鶏&キャベツサラダ

 

 

左、ささみカツモドキ、グリーンサラダ

右、週に1度位のスパークリングワインの日

シメサバ、焼売、春雨サラダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメブロの初記事を昨夜書いて、ちゃんと下書き(確認済み)にしておいたのに、今日少し書き足して更新しようと思っていたら消滅してました汗

同じ内容の記事をすぐに書く気にならない~

という事で・・・アメブロにしてから初訪問の方が増えたようなので、テーマ(前なら書庫か)の補足を書いておきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この★ブログのところには今のところこんな感じでカテゴリを分けて、私の日常が書かれています。

 

・おうちご飯とか美術館とか(そのうち2つを分けるかも)

 家の料理画像はほぼ息子の分ですが、おかわり分のパンなどがないと画像だけでは少なく見えるかもしれません。

 あまりの楽さに朝も夜もほぼワンプレート。

 汁ものは暑い時期は基本的に無し。

 食器などはそんなにこだわりはなく、基本的に割れたり壊れないと何でも処分出来ない性格なのでなかなか新しい物が増えず・・・

 買って来たお惣菜をアレンジしたものなんかも多いです。

 あとは美術館やギャラリー、イベントに参加した時などのお出かけ記事などを書いています。

 

・外食あれこれ

 あちこちで外食した時の記録ですが、狛江、喜多見、和泉多摩川あたりのお店については別のところにまとめています。

 

・料理・食材

 今はレシピ的なものは書いていません。

 家での料理はほとんど適当だし、何かのレシピを参考に作ってもほぼ目分量。

 食材のお買い物記事なんかは上の「おうちご飯とか美術館とか」に書いている事が多いです。

 ちゃんとした食べ物も好きだけど、ジャンクフードも大好き、甘い物より揚げ物が大好き。

 

・映画の記録(劇場&DVD&自宅で)

 食いしん坊なので映画に出てくる食べ物チェックが欠かせませんが、基本的に小難しい事を書き連ねるのは好きではないので(と言うか書けない)、さらっと2~3行覚書程度の事を書いています。

 ここ数年劇場で観る本数がかなり減ってしまって20~30本位、息子はだいたい私の半分位の事が多い感じです。

 家には未開封のDVDがまだまだあり、何年も観ていない物も整理がてら観直したいのだけど、ついついギャオなどでどうでもいいような作品を細切れにながら見してしまいます。

 家ではなかなか時間をとってちゃんと集中して観られません。

 映画は邦画洋画問わずどこの国の物でも、ジャンルもアート系からアクション大作、ホラー、コメディ、アニメなどジャンルを問わずほぼ何でも観ますが、邦画の難病物だけは苦手です。

 

こちらで随時、その年に劇場で観た作品のランキングを更新しています。

 

さ、アメブロ1つ目の記事を更新してみよう!

 

 

 

 

ヤフーブログ最後の更新になるかな?
今日2回目の更新です。

夏休み後半の思い出を簡単に振り返ります。(順不同)



スカイツリー(スカイタウン)で開催されている昆虫展にレゴ友君と。
毎年恒例だけど、今年からは子供達だけで入場しました。
成長したね~
イメージ 1



オペラシティ・ICCのイベントにライダー友君と行ったら休日の翌日で休館!
何もやっていなくても友達と一緒なら楽しく過ごせます(^^)/
イメージ 11
後日、仕切り直し。
イメージ 2


夏休み後半も色々な体験に参加しました。
この日は紙すき体験へ。
作品は残念ながらまた手元にはないのですが、楽しみ~
イメージ 3


勾玉を作ったり
イメージ 4


玉ねぎで染め物をしたり
イメージ 5



義実家へ行って従姉弟と1年ぶりに遊んだり・・・
イメージ 6

イメージ 7


きのこについて学ぶワークショップに参加したり
イメージ 8



学校の防災イベントに参加したり・・
最後の水鉄砲がいちばん楽しかったみたい。
イメージ 9


ある日は科学系の実験体験イベントに参加したり・・・
イメージ 10



画像はないけど、夏休み前半にも行った遊び場でお友達と遊んだり、父ちゃんとお金を入れなくてもゲームでずっと遊べる遊び場に行って思う存分ゲーム三昧を楽しんだり(遊び場に入るのは有料)、お友達の家で遊んだり、市民プールに行ったり、映画を観たり・・・

出歩きまくったわりに今年はあまり疲れをみせず、元気なチビッコです。

夏休み、あと1日!
頑張りましょう、お母さん、お父さん!






イメージ 12


イメージ 13






















「ミスター・ノーバディ」 (フランス・カナダ・ドイツ・ベルギー) 70点
好きな映画ベスト10に入る「トト・ザ・ヒーロー」のジャコ・ヴァン・ドルマル監督作品。
監督らしい部分がいくつもあるし、パラレルワールド的な作りなどかなり好きな部分もあるけど・・・長くて眠くなってしまう。
確か劇場で観た時もうつらうつらしたようなl記憶が・・・
ところで主役のジャレット・レトは藤森慎吾に似ていると思ったのは私だけだろうか。
●印象的な食べ物・・・特に無し

イメージ 1

イメージ 2


「カクテルナイトフィーバー シェイカーより愛をこめて」 (ロシア) 65点 
ダメダメな主人公が怪しいバーのカクテルを飲むと1日だけ性格や行動が変化して願いがかなったりするが、デメリットもあり・・・
設定はそれなりに面白いし、出演者も悪くないんだけど・・・ちょっとイライラした。
指スケ(フィンガーボード)が最後重要になるんだろうなと思っていたら、あっさりお友達と共にほぼスルーされてそこが残念。
●印象的な食べ物・・・特に無し

イメージ 3


「ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い」 (アメリカ) 65点 
主人公のジョシュ・デュアメルはトランスフォーマーシリーズのレノックス大尉(のちに少佐から大佐)なので我が家では人気のある無難なイケメン。
無難すぎて脇役のブルース・ウィリスの存在感を余計に感じてしまった。
証人保護プログラムを軸にした基本的な話は悪くないので、あと20分でいいから丁寧に書き込めばもっといい作品になるのでは・・・
それにしてもヴィンセント・ドノフリオと言う名前はいかにも曲者俳優的な響きだあぁといつも思うの。
●印象的な食べ物・・・特に無し


「パニック・マーケット」 (オーストラリア=シンガポール) 65点 
巨大津波の後、水没しかかったスーパーに取り残された13人の男女が食いしん坊で巨大なサメがうろついているせいで出られなくなる話。
くだらないB級かと思いきや、役者が良いので普通に楽しめた。
●印象的な食べ物・・・特に無し


「おっさんずラブ」 (日本) 65点 劇場鑑賞25本目
予告を観て嫌な予感がしたけどやはり・・・
全く観たいと思わない誘拐、爆破、無駄なアクション、とってつけたような会社の乗っ取り話・・・残念な作品だった。
いいシーンも面白過ぎるシーンも少しはあるけど、がっかり感の方が強い。
大人の事情がた~~くさんあるのは分かるけど・・・ドラマの映画化作品って難しいんだなと実感。
●印象的な食べ物・・・リンゴ飴


「ジョン・カーペンターの要塞警察」 (アメリカ) 70点 
日本では劇場未公開作品らしく、知っている俳優が一人もいないのだけど・・・な~んだか渋くて、面白くて、90分位がさくっと過ぎてしまった。

この後・・・(-_-;)
イメージ 4

この姉さん、かっこいいの!!
イメージ 5



今日はチビッコの宿題の仕上げと、新ブログの開設を頑張ります!!














8月はあと4日あるけどバタバタしそうなので少し早めに8月後半のおうちご飯を公開。

 
長い夏休みと思っていたけど、いつも通りあっという間に過ぎてしまって・・・
この調子だと、チビッコはすぐに4年生になってしまうのだろうなアセアセ
 

 
★朝ごはん~
 
左上画像のパンは静岡名物「のっぽパン」
イメージ 1
 
イメージ 2
 
 
イメージ 5

 
★お昼ごはん~
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 

 
★夜ごはん~
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
 
暑くなると全然お味噌汁などを作らないのだけど、朝晩問わず、汁ものを欠かさないお家の割合ってどのくらいなのだろうな。
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
喜多見にある炭火焼き鳥居酒屋「三日月」です。
(三日月になる前のお店の時は入った事がありません)

あと1回行って気になるものを食べてから書きたかったけど・・・・・

少し前までランチをやっていて凄く美味しかったのに、今はもうランチは止めてしまったそうで残念!!
(ランチ営業中の画像)
イメージ 1

画像奥にテーブル席あり
イメージ 2



ビール、チビッコのジュース、お通し
イメージ 3

また別の日・・・ワインとお通し
イメージ 4


しめさば、牛たたき、パリパリごぼうサラダ、とり皮ポン酢
イメージ 5

サルサつくね、月見つくね、レバー、ささみ
ハラミ、ねぎま
イメージ 6

レバーペースト、鶏から揚げ
牛すじ塩キャベツ炒め、つぶ貝ときのこのガーリック炒め
イメージ 8


どれも美味しく、私の好きなタイプの料理ばかりあるので注文するのが大変!
全部食べたい~
食べたくない物が無い!!

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12




ちなみにせっかくだからランチの画像を・・・・
復活してくれないかなぁ。
から揚げボリューム凄いうえに美味しかったなぁ・・・
(なぜか夜食べたよりランチで食べた方が美味しく感じた)
イメージ 7





「三日月」詳細はこちら

土日は16時から営業中!
夕方通りかかるとついつい入りたくなっちゃうのです(;^_^A
(結構賑わっている事が多そうなので予約した方が良いかも)





イメージ 13


イメージ 14