丸山矯正歯科のブログ

症例や矯正・歯に関するちょっとした知識、当院自慢!癒しの魚たちの写真など随時更新してまいります。


テーマ:

20代の女子です、上顎の前歯にデコボコがあり左上の八重歯を治したく来院されました。

 

写真のように左上の犬歯が八重歯になっています、また下顎の前歯に叢生が見られます。

患者様のご希望で舌側(裏側矯正)にて治療を行いました。

上下第一小臼歯を4本抜歯してそのスペースを利用して治療を行いました。

治療期間は2年と数ヶ月で終了しました。

ご本人は歯が綺麗に並び非常に喜んでいらっしゃいました。

私も患者様に喜んでいただき大変に嬉しいです

 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

20代前半の女子のインビザラインによる治療です。

歯を抜かずにまた歯を削ることは全くせずに治療を

昨年の12月末から開始しました。

写真からわかるように上下の前歯に

デコボコが見られます。

そして歯を抜くことなく、削って歯を小さくすることなく

インビザラインで治療を開始しました。

9か月経過した写真です。

上下ともに前歯はかなり綺麗になりました。

今後は左上(向かって右側)の前歯を咬ませる予定です。

このようにインビザラインは歯を抜かずに治す治療に

非常に良好な治療結果を出すことができます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

20代前半の女子です、上顎の前歯が出ていることを気にして来院されました。ご本人のご希望で歯を抜かずに治療を行う事にしました。しかし、何かの方法により上顎の歯を後方に下げる必要があります。そこで下顎の裏側に太い針金を装着して、上顎にカリエールディスタライザーを用いて、ゴムを用いて治療を開始しました。

写真のように上顎の前歯が前方に出ていることがわかります。

下の歯には通常の矯正装置により治療を開始しました。

開始1年後の写真です。だいぶ下がってきたのがわかりますね。

その後に上顎にも通常の矯正装置を装着して終了しました。

上顎の前歯が下がっている状態がわかります。ご本人は本当に喜んでいました。私も彼女の笑顔を見て非常に嬉しかったです。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アメリカのOrmco社よりALIASという新しい裏側からの矯正装置が発売されました。

 

従来の物に比べると大きさも小さくなり形もシンプルになりました。これにより従来の裏側の矯正装置に比べて舌にあたる感触も良くなり、また歯ブラシも簡単になる事が期待できます。患者様は治療中も従来の物に比べて矯正装置を気にすることなく生活がおくれます.

左側が上顎で 右側が下顎の物です

当然ですが表からは全く見えません。

ALIASは矯正装置(ブラケット)の形が改良されました。そのためにワイヤーの形もシンプルにすることができました

 

従来のワイヤーです、ワイヤーをこのように折り曲げる必要がありました。そのためにその部分が舌に当たる心配がありました。

 

ALIAのワイヤーです、ワイヤーを折り曲げる必要がなくなりました。そのために舌に当たる心配がなくなりました。

 

 

 

またアリアスは個々の矯正装置(ブラケット)とワイヤーを結ぶ必要がなくなりました、そのため結 んだワイヤーの切れ端が舌に当たる心配がなくなりました。そしてその都度の治療時間も短くすることができます。歯が動くのも早いのでトータルな治療時間も短くなるでしょう。

 

 

 

 

 

 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私のクリニックでは、読売新聞にも掲載されたように院内感染は非常

 

に気をつけなくてはいけない問題と従来から考えております。

 

院内感染を防ぐための対応として、写真のように各インスツルメンツ

 

を治療後に唾液などの異物を洗浄してその後パッケージを行いその後

 

機械による滅菌を行います。

 

 

 

 

滅菌を行えば細菌、ウィルスなどの感染の心配がないと科学的に言え

 

ます。それ以外の方法では感染の心配がないとは言いきれません。

 

ワイヤーも各患者様に真新しいワイヤーを必ず用いてます。

 

ですので安心して治療をお受け下さい。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)