watashiの泊まってみたいホテルリストに、ずっとあったホテル。今回のスリランカ旅行の目的の一つでした。


スリランカの建築家ジェフリー・バワによるデザインのホテル。カンダラマ湖のほとりに建ち、ダンブッラシーギリヤロックが眺められ、バワ唯一の内陸リゾート。


エントランスには、むき出しの岩。


岩の横には、オープンスペースのレセプション。


ホテル内へと続く通路の横にも、岩がむき出し!


自然と一体化しています。
圧巻。


緑に覆われてますね〜。



今や、あちこちのリゾートホテルにあるインフィニティプールですが、バワが考案したそうです。


遠くに、シーギリヤロックが見えます。


のほほ〜んとライオンビールを楽しんだところ。




夜も素敵。



右に見える明るいところが、カンダラマ湖をのぞむレストラン。


因みに、ホテルへの道は、舗装すらされていない赤土の道でした。一人旅だったこともあり、ドライバーがこの道を突き進んでいく時、やや不安になりましたが、この道の先に、自然と一体化した素敵なホテルがありますのでご心配なくてへぺろ

アーユルヴェーダホテル滞在中に読もうと思って持って行った本。結局、滞在中は1ページも読まず、帰国してから読みました。
有名な本ですよね。


お金に対する考え方に、色々新しい風を吹き込んでくれる本のような気がします。株をやっていて、昨今の乱高下に色々思うところがあり、手に取ってみました。いつか読もうと思ったまま、かなりの月日が過ぎてしまいましたが、読んでみて良かったです。
ベストセラーたる所以が分かりました。

因みに、この本、実家にあって、何故か◯パパではなく、◯ママがシリーズ諸々読んでいました。でも、実際、◯パパは貧乏父さん気質、◯ママのほうが金持ち父さん気質のような気がします。

他のシリーズも読んでみようかなおねがい

今回、スリランカ行きを決めた理由の一つである、バワ建築のヘリタンス・カンダラマホテルのことを書こうと思いながら、写真を振り返っていたのですが、写真数が多過ぎて、悩ましいアセアセ

そんな中、朝ヨガの動画が出てきました。




先日アップしたアクアヨガの講師もそうですが、海外でヨガをすると、男性講師にあたることのほうが圧倒的に多いです。
日本だと、女性講師が圧倒的多数な気がするのですが。この違いは、何でしょう?

それにしても、この朝陽を浴び、波音を聞きながらのヨガ、気持ち良かったな〜🧘‍♀️
この好印象のまま、日本でもヨガ習いに行っちゃおうかな?


ヘリタンス・アーユルヴェーダ・マハゲダラのアーユルヴェーダセンター。
滞在中のドクターの問診、アーユルヴェーダ施術は、ホテルのメイン棟とは別棟のこちらで行われます。

アーユルヴェーダセンターは、津波被害を逃れ、バワ建築がそのまま残っているとのこと。


施術の際に着るオレンジ色のガウンを着て、テクテクエントランスへ。


ドクターの問診を受けるコンサルテーションルームがあるエリア。


施術のウェイティングスペース。


蓮の花が綺麗。


中庭。


施術後のクールダウンエリア。


池には、鯉。


トリートメントルーム。
用途に応じて色々な種類のお部屋があり、全部で24室って言ってたかな?
お外には、バスルーム。マッサージ後のハーバルバスは、お外で鳥のさえずりやリスを見ながら。


右にあるのが、シロダーラ用。
シロダーラは、六日以上滞在者のみ受けられます。


個室の池にも、鯉が沢山。


セレモニーが行われたりする場所。


セラピストではなく、ドクターによって行われるスペシャルトリートメントスペース。鍼治療もこちらで。


頭に鍼刺さってる〜びっくり


因みに、watashiは、フェイシャルパックと眼精疲労に効くアイパック。


こちらのスペースでは、早朝にお坊さんがいらして、瞑想が行われたり、雨の日には、ヨガクラスも行われました。
瞑想、なかなか難しいですね!!
雑念にまみれたwatashiには、ハードでした。歩く瞑想っていうのも難しくて。両目を閉じて、足に集中し、一歩ずつ進むのですが、簡単そうでなかなか難儀。

体調に応じて、滞在中、毎日こちらのセンターで行われるアーユルヴェーダ施術のおかげで、帰国して数日、変わらず好調が続いています。そして、ジャンクフードをこよなく愛するwatashiが、野菜を欲し、飲みの誘いにもヒョイヒョイ付いて行かず、なかなかビックリの素敵な効果です。

お寿司🍣
アーユルヴェーダ明け、久々の生もの、大丈夫かしら〜と思いましたが、大丈夫でした!



今年お初の香箱蟹🦀
美味しいラブ

エグリウーリエも美味シャンパン

よしたけさん、年明けに移転されるそうです。そして、現在の場所には、弟さんが別のお店を出されるそうです。
ご兄弟揃って、銀座にお店を構えられるとは、すごい!!