まるの人生適当ブログ

まるの人生適当ブログ

好きなことを好きなように

はじめまして、まるです☆

しょーもないブログですがヨロシク~(・ω・)/



楽天アフィリランキングのみの量産されたブログからの読者登録やなう、ペタ等々
全て拒否します
ビックリマーク
(あからさまな集客目的の読者登録&ペタはやめてください)



ランキングにも参加してま~す。

 

↓ ポチっとヨロシク


人気ブログランキングへ

ブログの内容・画像等の無断転載・コピーはしないでね~音譜
かならず許可を取るよ~に!!(・ω・)/




前回、Win10を32bit → 64bitへ変更したのでPCの整理を~
ってことで作業してたんですが、
 
32bitから64bitへの変更方法は → こちら
 
そういえば
「Windows.old」の説明を入れてなかったなと。
 
これ
 
32bit→64bitへはクリーンインストールするのでデータは全部消えると思っておいたが良いからバックアップ取っておいた方がいいよーパー
って書いてましたが、
実際は古いバージョンから新しいバージョンにアップグレードするときに、システムドライブに「Windows.old」っていうフォルダが自動で生成されます。
 
この中には、
システムファイルや個人ファイル、前のバージョンのWinデータファイルなどが入ってて、不具合が出たり、元に戻したいなーっていうときにここから元に戻すことができます音譜
 
「Windows.old」より前のバージョンこのフォルダは「Windows.old.000」っていうフォルダになります。
なので、私の場合は2回ほどOSを入れなおしてる(2回前のデータも残ってる)ってことですね。
 

で、

 

新しくしてから特に問題は無いので必要ない!

残しておいても良いけど容量がデカい!

なので消します!

といっても普通に削除はできないのでやり方を。

 

 

○ 「Windows.old」と「Windows.old.000」の削除方法

・ディスクのクリーンアップを開く

 

ディスクのクリーンアップを開く方法を2通りほど。

「PC → Cドライブを右クリック → プロパティ → ディスクのクリーンアップ」

 

または

「スタート → Windows管理ツール → ディスクのクリーンアップ」

 

 

ディスクのクリーンアップウインドウが起動するので

「システムファイルのクリーンアップ」

 

 

すると少し読み込んだ後、削除するファイルの一覧に

「以前のWindowsのインストール」の項目が追加されてます。

 

 

ここにチェックを入れてOKビックリマーク

 

88.8GBとか、どんだけ・・・あせる

 

あとはファイルの削除をクリックで削除作業が始まるので気長に待てば終わりですニコ

 

 

マイPC

アップデート後は62.8GBしかなかった空き領域が

 

通常運転の状態までソフト入れたりファイル戻したりと何だかんだしましたが、「Windows.old」と「Windows.old.000」を削除したおかげで127GBまで復活クラッカー

 

これでやっと通常業務に戻れるってもんだ合格

 

私は今までこの方法で削除できなかったことが無いので試してませんが、ディスクのクリーンアップから削除できないという人がいるようなので、調べてみたらコマンドプロンプトから削除してやると良いようです。

詳しくは調べてみてねパー

 

 

ついでに

「Windows.old」フォルダなんですが、前のユーザーフォルダがそのまま残ってる(はず)なので、アップグレード前にユーザーフォルダに置いてた写真や音楽、動画などなど、たぶん残ってると思いますよ音譜

(インストールしてたアプリ等は動きませんあせる

必要なものは削除前にコピーしてやると良いです。

まぁ、バックアップ取ってる人は必要ないですが。

 

ちなみに

外付けに避難してた同じフォルダを削除してみたら

 

106GBもあるらしい・・・汗

計算合わんくねはてなマーク

ファイルの数が違うのかなはてなマークはてなマーク

 

ファイルが多すぎて確認するのも嫌なんで丸々元に戻しましたが、

やっぱ「Windows.old」の中から戻すよりバックアップしといた方が良いと思うなぁ真顔

 

 

 

 

 

 

 

前回の続き

 

メインで利用しているマイPC「ET1862-N32C」を32bitから64bitへ変更していきます。

 

【32bit → 64bit変更の流れ】
ざっくり流れはこんな感じです。
1.PCの確認とバックアップ → こちら
2.インストールメディアを作成 → こちら
3.インストール作業 ←この記事

 

前回まででインストールメディアを作成するとこまでやったので、いよいよインストール作業です。

 

コイツの出番ですにやり

 
 
○ クリーンインストール
 
前回作ったインストールメディアからPCを起動するために、DVD(またはUSBメモリ)の起動の優先順位を一番目にする必要がありますビックリマーク
(元から優先順位が一番目になっているPCは必要ありません)
 
優先順位はBIOS / UEFIから変更できます。
マイPCはBIOSなので以降はBIOS画面です。
※マイPCの場合はメーカーロゴ画面にBootを変更する場所があったので本当はBIOSに入らなくても良いんだけど一応あせる
 
 
PCによって違いますが、BIOSに入るにはPCの電源を入れた後に出るメーカーロゴ画面に表示されてると思います。
そのキーを連打でBIOSに入れます。
 
※UEFIの場合、高速スタートアップを無効するか完全シャットダウンした後、起動時のメーカーロゴ画面時にキーを連打しましょう。
 
メーカーロゴ時にキーが表示されないPCもありますが、調べておいた方が良いですが、表示されるキーは「F2」や「F12」「Del」キーなどが多いようなので、その辺を連打でも。
私のPCは「Delキー」なので、電源ON後、メーカーロゴ画面でDelキー連打でBIOSへ。
 
起動順番の切り替えは「Boot Device」で変更できます。
 
BIOS画面もワードもPCによって違うので、それっぽいのを探しましょう。
ちなみにマイPCの場合は、「Advanced BIOS Features」「Boot Device」の設定場所があるので「1st」を「CD/DVD」にします。
(2ndをHDDにしてます)
 
 
「Save & Exit Setup」で再起動が始まり、次は最初にDVDが読み込まれるようになります。
 
途中「Press any key to boot from CD or DVD」と表示されるので、なんでも良いんで何かキーを押しましょうビックリマーク
 
ちょいちょいやってしまうんですが、結構見逃しがち。
これを見逃すと2番目に指定してる起動方法に移ります。
 
私の場合は2番目はHDDからの起動なので、
「起動を待って~シャットダウンして~もう一度電源ONからやり直し」
という面倒臭いことになります汗
今回も目を離してやってしまいました笑い泣き
 
 
さて、
無事にインストールメディアから起動するとセットアップ画面になります。
 
言語とキーボードを選んで(たぶん変更の必要はないと思います。)
 
 
ライセンスの認証を聞かれるので「プロダクトキーがありません」を選択。
(後でネット経由でライセンス認証するっぽいので省略してるだけみたいですね。)
 
HomeProを聞かれるので元のOSと同じものを選択。
(自分のPCはHomeなので「Windows 10 Home」を選んでます。)
 
ライセンス条項が表示されるので「同意します」にチェックを入れて次へ
 
インストールの種類は「カスタム」を選択
(アップグレードを選ぶとエラーになるようです)
 
インストールする場所を聞かれるので元のドライブを選択。
(一般的にはCドライブですね。)
 
HDD内をキレイにしたい、パーティションを変えたいという人はここで
フォーマットしたり、いらないパーティションを削除したりと色々変更できます。
 
以前のファイルは「Windows.old」に行きますよー。という説明がありつつ
 
インストール作業が始まります。
 
あとは「サービスを開始してます」やら「準備してます」やら色々表示されますが、初期設定画面になるまで気長に待ちます。
 
しばらくすると初期設定画面に
 
まずは基本設定で住んでる地域を聞かれ(日本)
 
キーボードのレイアウト(Microsoft IME)
 
2つ目のキーボードは無いのでスキップ
 
続いて
 
ネットワーク  → アカウントと進むと
 
マイクロソフトアカウントのサインイン画面になるので、ローカルアカウントで進めたい人は左下の「オフライン アカウント」
 
マイクロソフトアカウントでサインインしたい場合はメアドとパスワードを入力して次へ
 
マイクロソフトアカウントの人はPIN作成の項目へ
 
次はサービスの項目ですが、
 
ここは人によって違うと思うので内容を読んで選択、設定すれば良いかなと思いますパー
 
すばやくアクセス~や
 
OneDrive~
 
デジタルアシスタント~
 
プライバシー設定~
 
などの項目があるので好きなように。
ちなみにあとで設定から変更できます。
私はプライバシーは毎回すべてオフにしてます。
 
ここまで終われば後は待つだけ
 
数分どころじゃありません。
 
任せるしかないので任せてます。
 
しばらく待つと、デスクトップ画面にEdgeが起動した状態になるので
言語を日本語にして「Get started」
 
ここまで終われば
無事、32bit → 64bitへ変更完了です音譜
 
ライセンス認証も問題ないようです。
 
64bitへ変更したので
悲しかったメモリの制限がなくなりました笑い泣き
 
デバイスマネージャーを起動してみると
USBの所にエラーが出てましたが、ドライバーを削除後再起動してやると
 
エラーがなくなりましたグッド!
 
あとは
Windows Updateをしてやって終了
 
元の使ってた状態に戻すにはデータ戻したりアプリをインストールしなおしたりともう少しやることはありますが、とりあえずは特に問題もなくWin10 32bit → 64bitへの変更作業が終わりましたウシシ
 
 
 
この変更作業のついでにせっかくなんで
 
長年頑張ってくれたサブモニターを
 
Dellからacerへ新調
 
サイズ違って若干使いにくかったんでね~。
 
本当は64bitに変更してからグラボを付けた方が良いんだろうけど面倒だったんでそのまま作業をしてたら
 
初期設定してる途中で
右モニターから左モニターに切り替わりました音譜
このあたりで勝手にドライバを取って来てくれたんでしょうねー。
優秀ビックリマーク
 
せっかくの64bitなのにメモリ4GBじゃ意味ないので、
4GB×2枚を追加で購入
 
デュアルチャネルを有効にするためにスロット1と2のメモリと交換で
 
メモリ10GBに~合格
 
 
これで「マイPCは、あと10年は戦える!」
 
いや、それは無理か・・・あせる
 
CPUも変えたかったけど、マイPCのマザーボードは「H57H-AM2」。
ソケットタイプ「LGA1156」で対応してるCPUは一番良いのに変えても「Corei7 880」らしいんで、長年頑張ってくれたけど、やっぱマイPCもここまでかな~しょぼん
 
近くにハードオフがあればな~と思いつつ、今回はPC買い替えても使いまわせるメモリとモニターだけ。
 
 

 

前回の続き

 

メインで利用しているマイPC「ET1862-N32C」を32bitから64bitへ変更していきます。

 

【32bit → 64bit変更の流れ】
ざっくり流れはこんな感じです。
1.PCの確認とバックアップ → こちら
2.インストールメディアを作成 ←この記事
3.インストール作業 → こちら
 
前回はPCの確認~バックアップ作業までやりましたが、今回はインストールメディアの作成です。
 
Win10が出てから数年経ってますが、インストールメディアの作り方は基本同じなので分かってる人も多いだろうし飛ばしても良いかな~と思ったんですが一応。
 
インストールメディアの作り方は以前にも書いたことがあるのでささっと。
ザックリ流れを書くとこんな感じ。
 
マイクロソフトからセットアップツールを取ってくる
→ インストールしたい内容に合わせて選択肢を選ぶ!
→ 待つ!
→ DVD or USBメモリ に書き込む!
です。
 
 
○ インストールメディアの作成
 
まずはWindows10の公式サイトからセットアップツールをダウンロードしてきます。
公式サイトはこちら
 
 
「ツールを今すぐダウンロード」からツールをダウンロードします。
今回、私がツールをダウンロードした時点ではバージョン1903でした。
 
「MediaCreationTool(バージョンの数字).exe」がダウンロードされるので起動するとインストールメディアの作成が始まります。
(今まで青いウインドウだったのに、1903は白ウインドウに変わってました^^;)
 
 
ライセンスが表示されるので「同意する」
 
 
32bitPC → 64bitPCに変更する前提なので
「別のPCのインストールメディアを作成する」を選びます。
 
 
言語は「日本語」、エディションは「Win10」になってると思います。
アーキテクチャは選択できないと思いますが、「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックを外せば、64bitに変更できると思います。
 
 
インストールメディアをUSBメモリかDVDに焼くかを選択します。
今回はDVDに焼くのでISOファイルにしてます。
 
 
保存場所を選択して~
(画像はわかりやすくデスクトップへ保存してます)
 
 
しばらく待つと・・・時計
 
 
 
ISOファイルが完成。
そのままISOファイルをDVDへ焼いて
 
 
インストールメディアの完成です。(字が汚い・・・笑い泣き
 
このディスクからクリーンインストールを行いますが、一旦PCをシャットダウンして、このディスクから起動する必要があります。
 
ちなみに・・・
 
シャットダウンせずにこのディスクを入れて中に入っているセットアップファイルを開くと・・・
 
 
ダメと言われます・・・笑い泣き
 
なので大人しくシャットダウンしましょう音譜
 
DVD(またはUSBメモリ)から起動するためにBIOSへ入らないといけないので、必要であれば自分のPCのBIOSへ入る方法を調べておいたほうが良いかもしれません。
 
次はインストール作業を行います。