はようございます。
5歳坊主と2歳やんちゃ姫
2児のとおちゃん
まるっぴです。

 



朝ごはん中、息子が、

 

「ハックション!!!」

 

ティッシュ箱をすかさず取り、
兄ちゃんに渡す娘。

 

その時間3秒くらい。

目を見張る程のスピード。


家族みんなから、


「ありがとう!」


と言われると
とっても嬉しそう。

 

どんな小さな子供だって
人の役に立ちたいという気持ちは
みんな一緒のよう。

 

 


そういう点では、
大人も子供も心は一緒。

 

ママから、

 

「あとかたづけは~?」

 

と言われると、


ヤ~ダモ~ンって顔して
笑っています。


子供って

大人が思っている以上に、

 

『周りの状況や人の気持ちを
 察するのが上手』

 

お兄ちゃんの方も
保育園や普段なら
出来るはずなのに、

 

「ご飯食べさせて~」


と甘えてみたり、
相手や状況によって
上手く使い分けているな、と。

 

 

日々、

子育てをやればやるほど
感じるのですが、


私たち親が
子育てしているのではなく、

 

子供から
親育てさせられている、


と言った方が、
正しいのではないかな、
と思います。

 


『大人以上に感じ取るのが
 上手な子供たち』

 


ついつい、
親のいいなりにさせがちですが、


 

『対等なんだ』

 

 

って気持ちで接すると
また違った角度から子供と
接することが出来るのでは?

 


それでは、
今日から実践してみては?

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

 

ではでは、
また次回も読んで下さいね。

 


もし、あなたがもっと本気で、

 

今の子育ての悩みを解決し、

子供について理解し、

何でも自分でできる子、

に育てたいと願うのでしたら、

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『賢く・友達に恵まれ・心の強い』子になるための小学校前にやるべき、3つの魔法!

https://ameblo.jp/marucyobin/entry-12302712759.html