失ったもの | 再婚元夫、警察官から犯罪者へ…

再婚元夫、警察官から犯罪者へ…

再婚元夫の突然の逮捕により転落しつづける人生、
人に話せない胸のうちを整理するために書きます。
そして絶対に、幸せになる!!

おはようございます
まるこですニコニコ



始業式そうそう、
頭痛で休んでいたジロが
昨日は朝から高熱…



インフルかなぁーーガーン
って事で、
昨日は仕事を早退して病院へ連れて行きました。



待合室で待ってると、
まるこ達の隣に座った父子がいた。



あれ?

 


マスクで口元は見えないけど、
あの彫りの深い顔立ちと浅黒い肌、
まちがいない。



警察時代の直属の上司、



班長だ。
(過去記事とは別)



歳も近くてすごく仲良しで、
いつも二人で車に乗ってパトロールしながら、
ゲラゲラ笑いながら話をしていた班長おねがい



お互いの子供達も面識があり、



ゴリ夫との再婚を一番に報告したのも、
班長だった。



声をかけたかったのですが、
ゴリ夫の事件後、
班長にメールを送ったら返信がなかった。



アドレス変わったかな?
それとも無視?



班長の気持ちが
わからなかった。



ちょうどその時、



ジロの診察の番が来て、
名前を呼ばれた。



班長はその名前にピンと来た様で、
赤面した。
そしてお子さんを抱き上げて席を移動していった。



やっぱり縁を切られたんだ…



途中、班長に電話がかかってきた。
懐かしい班長の声だった。



班長も色々あって、
まるこは相談を受けたこともあったけど、
今は幸せに落ち着いた事がわかる、
会話をしていた。



班長…。
これ以上の迷惑はかけませんから、
お話したかったですショボーン



でも班長が幸せそうで、
よかった。
今度こそ、
末永くつづきますようにキラキラ



ジロはとりあえず、
インフルじぁなかったみたいで、
ひと安心でしたウインク