今年の五月は過ごしやすい。

例年だと「夏前なのに真夏の様に暑いなぁ・・・・・夏本番になったらどうなるんだ?アセアセ」という感じなのにねー

とはいえ、今日は昼過ぎから30度近くまで気温が上がり汗をかきつつ働きましたがもぐもぐ

 

またアレコレと簡単にデジカメのSDカードから「かいつまんで」UPしときますパー

 

少し手が空いたのでK様のBMW R69Sレストアに軽く手を付けました↓

ONシーズン故、車検だ小修理だと入って来ますので直ぐ作業は止まる事と思いますが・・・・・・汗

 

 

この車両は分解された状態で持ち込まれたので、センタースタンドの立ち具合等確認して塗装へ出します(塗装後にストッパー部を溶接したくないですから)↓目

フレームに限らず、その他の箇所も塗装前の下準備はアレコレある。

K様、また御希望の到達点目指し「お話しセッション」しましょうねー

 

 

グッチ750S(750S3仕様)のオーナー様がやっと入手された本物CEV丸テール(元のテールは左の大きい奴ね)↓

ハーネス等全てついていましたが「そのまま」なんて使い方はしません。

「良いよう」にやり替えますにやり

 

 

納車時から気になってしょうがなかった大きなテール↑・・・・・・・やっと在るべき姿になられたかと↓クラッカー

 

 

↑↓コウいう所も道楽品には大切でしょうひらめき電球

いやぁ~美しいキスマーク

グッチの750は「まっしぶ&じぇんとる」な雰囲気があって素晴らしいドキドキ

 

 

当店で販売していたドカ900SSベベルがお散歩先で「動かなくなった」とご連絡が入り社長がトランポで救出にショック

 

原因はフロントスプロケットのリングナットが緩みフロントスプロケットがアウトプットシャフトから外れてしまっていたえっ

ココは確かに緩みがちでフロントスプロケ周りのオイル漏れ修理の時もリングナットが手で動くこともある箇所。

しかし、回り止めワッシャーが入っているのでリングナットが外れるところまでは行かない。

ココ↓の回り止めワッシャーの再利用は「要・判断」ってことですか。

リングナットはマイナスドライバー等で叩きまくらず特工で開け閉め必須でねねー

念のため一度トルクレンチで締めて回り止めワッシャーを起こし、暫く走った後(今回は10km程乗りました)に再度トルクレンチにて増し締めすると回り止めワッシャーのタブ位置が変わるぐらい締まり驚くもぐもぐ

今度からココの締め付けは二度締めにし、オイル交換時には緩みの確認をすることにキスマーク

 

 

そして同じくドカ900SSベベルのリプロのカギ無しタンクキャップから補修ネタ

 

交換して大して年月も経っていないのにタンクキャップガスケットラバーが伸びて千切れていたためキャップを分解し、耐油性フッ素系ゴムにてガスケットを製作↓

何処で造られたリプロか知らないがゴムの質が悪いんでしょうかね?

ただ、分解が容易で補修しやすいのはありがたいかなとひらめき電球

 

 

お手製なので少し外周がガタガタしていますがガス漏れも無く「結果オーライ」でねー

 

 

色味は純正のクロームメッキとは違うが錆びないし磨けるし補修もしやすいしで悪くないです合格

爪の具合か、開けるときに少しコツは要りますが、どうしても気になるなら爪を育てれば大丈夫かともぐもぐ

 

 

20年以上も旧車の「何でも屋」をやっていても見た事のない車両や存在すら知らなかった車両は在る物で・・・・・

エンジン不調で入庫したHONDAのCLなんですが↓・・・・・・なんか違いますよね耳

CL72の小っちゃい版ってな感じだからCL125っていうコンナ↓のがあったのかぁ~とか思ってると

 

 

ヘッドにデカデカと161ccの文字が↓目

私はお初ですが輸出モデルのCL160ってやつらしいですキラキラ

 

 

シリンダーにもデカデカと161ccと入ってる↓目

HONDAって排気量の刻印コンナ感じで入ってる奴有りましたっけ?耳

その他も見れば見るほどに独特の構造を各所に持っていて面白い車両でした。

なにより、この車両で驚かされたのが走りひらめき電球

メーター読みで60マイルは直ぐ出るしソコから先も伸びる感じ(余裕で60マイル+αの巡行をする)。

乗った瞬間「あれ?なんでCL72(タイプ1&2に限らず)より走るの?」とおーっ!

CL72はタイプ1&2に限らず振動がネックで60マイル巡行なんてあり得ないねー

このCL160は頼りなさげな足なんですが、軽い車体と効き過ぎる位のブレーキと「ぎゅんぎゅん」回る生きの良いエンジンで「せせこましい」ワインディングを駆けずり回るのが異常に楽しいドキドキ

え~、久しぶりに刺激を感じた車両でしたキスマーク

 

 

手間ばかり掛かって儲けの出ない車検もやっとります↓

当店が考える「道楽品」相手の「理想」の車検整備に「限って(車検整備の在り方は色々ある訳です)」は、いずれ「大きく」価格を改定しないと継続は無理でしょうねぼけー

 

 

単車の話ばっかだと私が飽きるので単車の話からはハズレゲホゲホ・・・・・・草木は気候に敏感で素直。

店の庭木の「緑のグラデーション」が良い感じ音譜

少し大きめサイズで張り付けてるのでクリックして大きくしてみてね目

 

 

今年の「ネズミモチ」は斑入りの葉をタップリ茂らせ「過去一」美しいクラッカー

ネズミモチは手が掛からない筈なのだが花壇の土壌が悪いせいか「水やり&栄養補給」など手を掛けてやらないと直ぐに元気が無くなってしまうえー?

でも、手を掛けたら応えてくれるので良い奴ですほっこり

コレ↓も大きめサイズで張り付けてますので、よかったらクリックしてみてね目

 

 

去年から仲間入りした「彩」も無事冬を越し美しくモフモフの斑入りの葉をタップリ茂らせてくれましたクラッカー

ただ、観賞用のハイブリッド種だけに真夏は元気がなくなるし手入れもしないとスネるのが難点もぐもぐ

 

 

今年から仲間入りした八朔の木も無事土壌になじみニョキニョキと新芽を伸ばしてきております↓

 

 

早速、花も咲かしてくれるという事は上手く行けば「ワイの八朔」が食せるかも?ドキドキ

 

 

気候も良けりゃ「魚」も良かろう・・・・・ということでお魚に音譜

鰆の塩焼き・タイラギ貝の炙り(刺身用のタイラギ貝の貝柱に岩塩を振ってバーナーで炙り生レモンを絞る)・サヨリ&あこう&サーモンの刺身(何時まで経っても盛り付けは下手もぐもぐ)。

サーモンは新玉ねぎのスライス&ワサビ&マヨネーズを乗っけて刺身醤油で食すと旨い(大葉で巻くのも良い)。

最近は、お魚の日の味噌汁は赤だしで、今日の具はナス(乱切り)・松山揚げ・舞茸・ワカメ・白ネギ・奴ネギという感じ。

お酒は仙禽の雄町生でチョキ

というか、料理中にゴールドスター350mlといいちこの生レモンサワーをやってますがウシシチョキ

私は晩御飯で白飯は食わない。

家呑みバンザイキスマーク

 

 

K様から差し入れしていただいた手長タコ、煮付けにトライ(今まで手長タコ一匹丸々は食べた事がない)↓

肝も味わいたかったので内臓は出さずに塩もみだけシッカリやってから煮付けました。

手長タコの足って柔らかいんですね~ひらめき電球

私的には足よりも胴体の方が味わい深く美味しかったです音譜

お世話になってる魚屋さんも言ってましたが、足は炒め物なんかにした方が良いのかな?

K様、有難うございました~キスマーク

 

 

M様、荷物の積めない単車でご来店というのに差し入れを持参してくださり有難うございますウシシ

今回はカジュアルな家呑みセットですね~グッド!

私が手を出さなそうで、かつ送り主様側が「普段好んでる物」を頂くのが私は嬉しい音譜

人様の趣向を楽しませて頂くというのは視点や観点みたいなものが増えて「楽しい」事ひらめき電球

江戸切子調デザインカバーのガラス徳利に樹脂製のお猪口付きで内容量は1合でオシャレワンカップという感じ。

どちらも軽快で切れが良くも、華やかな大吟と、豊かな旨味の純米のキャラクターが非常に解り易く表現されていて大手メーカー故の「上手に置きに行った」感や「情報量の少なさ(言い方を変えると解り易く味わえる情報量)」の感じも良いもんだなぁ~と。

家の普段の晩酌ってコウいうキャラクターの方がリラックス出来て疲れないよな・・・・・とか。

というか、私の呑み方が「毎晩」暑苦しく本気で酒と戦い過ぎなんだよな・・・・・と(ま、これは性分ということで直りまヘンが)ぼけー

 

 

↓仕事後に晩御飯を作る前にヤリましたほっこり

このオカキは中々に上等な物のようで非常に旨く、今回の酒達と絶妙マッチでした。

気軽にやれる酒とアテが妙な「幸せ感」を運んでくれました。

お猪口が「真っ白」でこの形↓故に「お神酒」感が出てるのも好きな感じほっこり

どっちも冷で呑んでしまったが純米の方は燗にしたら味わいや香りに膨らみが出て良かったかもしれないですね。

こういうセットってルックスも良いし外国人のお土産に喜ばれるんじゃないかなぁ~ひらめき電球

頑張れ国酒っグー

M様、有難うございました~キスマーク

 

 

なんか、単車関係以外のUPが賑わいつつあるような、ないような、あるような・・・・・・

 

明日もガンバルマングー

皆様もガンバルマンチョキ

 

あでゅ~パー