第2回目はマーパック社編

 

お久しぶりです。ブログ担当の山本です。

時間があいてしまいましたが、今回はマーパック社をご紹介します。

 

マーパック社の本社には、「オフィス棟」と「工場棟」の大きな2つの区画があります。

 

「オフィス棟」:

2階建てのオフィスで、デザイン・セールス・ファイナンスといった部署ごとに分けられています。

 

アメリカの会社ではよく見られるように、このマーパック社もスタッフ全員が「個室」を持っています。そして全員が情報を共有できるよう、時間にして20分ほど、まるで病院のナースセンターのように立ったままのカンファレンスをしています。「今取り組んでいること」「課題点・問題点」などをわかりやすく情報交換していました。

 

オフィス棟には商品ライブラリーがあり、これまでマーパック社が販売した全商品が所狭しと並んでいます。私たちも「こんなものがあるんだ!」と思いながら、色々見せてもらいました。

     

 

「工場棟」:

工場と倉庫が1体になった所で、スリープミー・スリープミーデラックス・スリープミーMGはすべてここで組み上げられていきます。特徴的なのはその組み上げ方。

 

工場によくある流れ作業用のベルトコンベアがマーパック社にはありません。

その代わりにあるのが、たくさんの組み上げブース。そのブースで、すべての組み上げを1人の人が行っているのです!

 

そのため、スリープ・ミー本体の底面には、作成者の「手書きのサイン」が記されています。製品一台一台にとても真摯に向き合っている会社なので、私達も安心して輸入・販売できています。

 

このサインについて以前(日本の)お客様よりお問い合わせを頂いたことがあります。

サインは『JP』だったのですが、

「日本って意味だと思うのですが手書きなのですか?」

とのお問い合わせでした。

もちろん、

「それは作成者が責任をもって組み立てた証のサインで、たまたまその作成者が『JP』さん、というお名前だったのですよ。」

とお答えしました。

 

今回の写真の1枚は、訪問時に工場内でたまたま開かれていた、(マーパック社の)海外営業担当者のお誕生日ランチパーティーの様子です。

日本では見かけないこのカラフルなマフィンを見てください。ひとつで男性の両手の握りこぶしくらいあります。

こんなものを食べているから太るんでは・・・と内心。

でもスタッフの誕生日にこんなパーティーをする所がアットホームでいいなあ、と感じました。

 

 

最後に、マーパック社のすごい所をもう1点ご紹介!

なんと毎週金曜日は「半ドン」、いわゆる午前中しか仕事をしません。午後からお休みになります。土日にいっぱい休んだり遊べたりできるように、金曜日の午後は「準備をする時間」とのこと!

いやー素晴らしい体制。「究極の働き方改革」ではないでしょうか。

 

次回は、スリープ・ミーに関してのお話をしていきたいと思います。