ニャハハの家庭菜園-ポタジェと水耕栽培

ニャハハの家庭菜園-ポタジェと水耕栽培

夫と二人暮らし。
2013年3月から野菜の水耕栽培、2014年4月から貸し農園で花と野菜の菜園「ポタジェ」作りを始めました。
鍬を持ったこともなかったド素人夫婦が体当たりでやってます。

家庭菜園ド素人がいろんなことに疑問をもちながら実験気分で栽培中。
何でもやってみて体感したい!お陰で失敗する時は派手(笑)
一緒にやってる気分で暖かく見守ってね!(*´▽`*)

テーマ:

11月8日に種まきしてスタートした

実エンドウ(品種:久留米豊)スナップエンドウです。

実エンドウは自家採種した種から、スナップエンドウはダイソーで買った種です。

 

 

オベリスクを利用して栽培中のスナップエンドウの1ヶ月強の全体像の変化です。

1枚目が前回3月14日、2~3枚目が4月21日

 

 

 

 

 

エンドウの葉は、毎年必ずハモグリバエ(絵描き虫)にやられまくりますが、

収穫に支障はないので放置してます(^^;

 

 

 

 

 

たくさんの実の厚みが増して、プリンプリンになってきたものから収穫を始めました。

 

 

食感がポリポリして、めっちゃウマーーッ!

春の味を楽しみたいと思いますデレデレ音譜

 

 

 

続いて実エンドウの全体像の変化です。

 

 

これから約1ヶ月経って、

 

 

 

 

 

一部枯れてるポーン

遅霜にやられて枯れたのかなと思ったら、

3月に強風が吹いた時、複数の株が根元から抜けてしまったようです。

このフェンス際の場所は、風の影響を受けやすいです。

 

 

 

 

枯れてた株を取り除きました。

 

莢がだいぶ大きくなってきました

中の豆が透けて見えます。

これから中の豆が少しずつ大きくなってくるのが楽しみです。

 

 

 

ちなみにマメ科の花は、こんなスイトピーみたいな花ですよね。

まぁ、スイトピーもマメ科なわけですが(笑)

 

 

こうして咲いてる花の花びらをめくると、

 

 

 

 

 

 

花の中にもう小さな莢が出来てるのが好きで、

時々めくって覗いています( *´艸`)

またご報告しまーす(^^)/

 

 

もう暑い~~滝汗

去年はまだ5月なのに夏日!って言ってたけど、今年は4月の時点で夏日晴れ

春が短くなったね。

子供の頃、日本はやがて亜熱帯化しますと言われて、ほんまかいなと思ってたけど、

まさか生きてる間に、こんなことになるとは…チーン 今年の夏も怖い…ゲッソリ

今日もポチッと応援してね!


人気ブログランキング

 

 

アブラムシ予防はコレが効くね!

ひたすら予防!ニームに関する記事は→こちら

 

 

粘土質土壌対策にはコレ!

詳しい記事は→こちら

しっかり耕してから掛けるのがコツだよ!


テーマ:

2015年3月と去年3月、

根株(超特大Lサイズ)を植え付けてスタートしたアスパラガス(品種:ウェルカム)です。 

去年根株を植え付けてる様子は→こちら

 

 

4月13日に畑に行ってみると、

いつの間にか顔を出したアスパラガスが、めっちゃ伸びてました。

 

 

写真奥側が去年植え付けた2年目の株、手前が5年目の株から出たアスパラガスです。

アスパラガスは1度植え付けると10年ぐらい収穫出来るそうなので、

まだまだ楽しめそうですデレデレ音譜

 

 

 

 

手前の5年目の株は、太くて立派なアスパラガスが数多く出てくるようになりました。

 

地際でチョキン

 

 

 

2年目の株から出たアスパラガスは、長さ50cm以上になってた割に穂先が開いてませんでした。

食べられる境目(ポキンとなるところ)で折りました。

 

 

一番長いのは折っても40cmぐらいありました。

二番目に長いのが30cmぐらい。

食べたら食感も味も良く、めっちゃウマーーッ!酔っ払いラブラブ

 

 

 

 

また次のアスパラガスがニョキッと顔を出してスタンバイしてました。

アスパラガスは肥料食い野菜なので、マメに追肥しています。

 

 

奥側2年目の株から出た細いアスパラは、収穫せずにそのまま成長させることにしました。

 

 

 

 

5日後の4月18日

ニョキニョキ!

 

 

 

前回顔を出してたアスパラガスが、5日で長く伸びてたので収穫することに。

 

 

 

 

 

収穫動画でーす。

 

 

 

 

 

前回収穫せずに残した細いアスパラはさらに伸びました。

 

 

そしてまた顔を出したアスパラが登場してました。

 

 

 

 

さらに3日後の今日4月21日

ニョキニョキ

また5年目の株から出たアスパラガスが収穫サイズになっていました。

 

 

 

 

今日は畑に遊びに来た親戚の女の子(3歳になったばかり)に収穫してもらいましたデレデレラブラブ

 

 

5年目の株は6月初旬ぐらいまで収穫を続ける予定です。

2年目の株は太いものだけ6月初旬ぐらいまで収穫しようと思います。

株全体の成長のため、最初から細いものや、6月中旬以降に出てきた芽はそのまま伸ばしまーす。

追肥は1ヶ月に1度は必ずしています。

 

これからしばらく3~5日ごとに収穫が続きそうです音譜

またご報告しまーす(^^)/

 

 

今日もポチッと応援してね!


人気ブログランキング

 

 

アブラムシ予防はコレが効くね!

ひたすら予防!ニームに関する記事は→こちら

 

 

粘土質土壌対策にはコレ!

詳しい記事は→こちら

しっかり耕してから掛けるのがコツだよ!


テーマ:

11月30日に植え付けしてスタートした玉ねぎ(晩生種100本、極早生種50本)です。

 

 

 

 

極早生種の玉ねぎの前回から2週間の変化です。

上が前回4月5日、下が4月18日

 

バタバタバタ

7割以上の葉が倒れたので収穫適期となりました。

 

 

 

 

玉の大きさの変化を見てみます。

前回は平均このぐらいの大きさでした。

 

 

これから2週間経って、

 

 

 

 

 

ぐぐんと成長

ラスト2週間で一気に大きくなりました。

 

 

 

 

一番大きな玉ねぎは、

 

直径10.5cmぐらい

 

 

 

 

でも見渡すと大きさにバラつきがあり、

 

 

 

 

 

一番大きいのと一番小さいのを並べるとこんなに違ってました。

 

 

 

 

 

それでは収穫動画でーす。今回2本あります。

2本目は私が収穫している動画を珍しくマロ夫が撮りました。

収穫の仕方が夫婦で全然違います。性格の差がむき出しです(笑) 音声付きでどうぞデレデレ

 

マロ夫収穫編

 

 

マロ収穫編

 

 

 

 

 

といったわけで、

極早生玉ねぎしゅーかーーく!

 

抜くのはガサツな私だけど、こうしてちゃんと並べて撮影しているのも私。

マロ夫は1つ1つ丁寧にやる慎重タイプで、

私は迷いなく豪快にササッとやって、後で綺麗にするタイプです( *´艸`)

 

 

 

 

今回収穫した長期保存には向かない極早生玉ねぎは、吊るして保存しないので、

根と葉を切って持って帰りました。

ちなみに吊るして保存する場合の結び方は→こちらの過去記事内

 

 

そして1個ずつラップして冷蔵庫の野菜室に入れました。

先日まで大根で埋まってたわが家の冷蔵庫の野菜室は、玉ねぎだらけになりました(笑)

兄の家族や友人などにお裾分けしながら、早めに食べようと思います。

新玉ねぎ美味しい~~~!!酔っ払いラブラブ

残りの晩生種の収穫は6月初旬になる予定です。

またご報告しまーす(^^)/

 

 

今日もポチッと応援してね!


人気ブログランキング

 

 

アブラムシ予防はコレが効くね!

ひたすら予防!ニームに関する記事は→こちら

 

 

粘土質土壌対策にはコレ!

詳しい記事は→こちら

しっかり耕してから掛けるのがコツだよ!

Ameba人気のブログ