重要文化財 日土小学校を視察

テーマ:

愛媛県八幡浜市立日土小学校に行ってきました。

「美の巨人たち」という番組で、当時の八幡浜市職員の建築家・松村正恒氏の設計による校舎が保存再生され、「子どものユートピア」と紹介されて、大変興味を持ちました。

8月12日が今年の夏休みの公開見学日だということで、松山空港から松山駅~特急で50分、八幡浜駅から市の中心部を抜け、北へ6Kmほど入った山間部の集落、日土町の谷あいに建つ校舎を見学してきました。

 

日土小学校は、中校舎が1956年に、東校舎が1958年に完成。1999年には「DOCOM OM O Japan 20選」に選定されました。(No15)

建物の文化財的価値を大切にして、現役小学校として活用することが決まり、2007年から保存再生工事が行われて、2009年に完了。2012年には、戦後建てられた木造建築として初めて「重要文化財」に指定されました。

 

美しいモダニズム建築で、開放的な外観、川側にせり出したベランダや両面から光が入る教室、子どもたちや教師に配慮したきめ細かい工夫など、大変感心しました。

 

  

     中校舎                     昇降口

 

  

     中校舎普通教室               新西校舎普通教室

 

  

     中校舎廊下                  東校舎

 

  

     川に迫り出した図書室のベランダ     図書室から見たベランダ

 

  

     東校舎廊下から見た光庭         魚もいる溝がある光庭

 

  

     東校舎 相談室                東校舎 廊下

 

 

  

     校舎の南側を流れる喜木川        東校舎

 

 

老朽化に対して、壊して新しいものを建てるのでなく、文化的な価値も考えて、保存再生して活かしていくお手本だと思います。

 

DOCOMOM O Japan が近代建築150選に選んだ東京中央卸売市場築地市場(No35)の建物を壊してしまうのは愚の骨頂です。

 

昭和8年(建設風景) 巨大な要塞 築地市場

(展示写真より)

 

 

辺野古ブルーの日

テーマ:

今日11日、沖縄で県民集会が開かれ、雨の中7万人が集まりました。

翁長雄志沖縄県知事遺志を受け継ぎ、埋め立て承認撤回、辺野古新基地建設ノー、土砂投入を許さない決意みなぎる集会だったそうです。

東京でも、沖縄県民大会に連帯する集会が行われました。

 

どちらも参加できませんでしたが、西郷南海子さんが呼びかけた

#辺野古ブルーの日」 一人ひとりの居場所から~

に参加して、連帯の気持ちを投稿しました。

 

 

 

 

 

~~~辺野古ブルーの日の呼びかけ~~~


沖縄県知事の翁長雄志さんが8日に亡くなりました。

翁長知事が背負っていた物の大きさを
いま私たちは目の当たりにしています。

8月11日に那覇で開かれる県民大会では
何か青いものを身につけて会場を「#辺野古ブルー」で
埋め尽くそうという呼びかけがされています。

那覇に駆けつけることができない私たちも
何か青いものの写真をSNSにアップすることで
沖縄の米軍基地の問題は
私たちの問題でもあることを示しませんか?

ぜひ「辺野古に新基地を造らせない」の言葉も添えてください。

2013年に、沖縄県内41市町村すべての首長は
・普天間基地閉鎖、県内移設断念
・オスプレイ配備撤回
を求めて署名し、その「建白書」を政府に提出しています。

このことさえも「本土」では
まだまだ知られていないのではないでしょうか。

だからこそ、私たち一人ひとりにできることがあるはずです。

8月11日、私たちも一緒に考え、伝えませんか。

 

今日は長崎被爆 73年。

今日のしんぶん赤旗の「潮流」、あの日あの時、雲がなぜ途切れたのか・・の記事を読んで驚きました。

そして沖縄県の翁長武雄知事の訃報。

核兵器廃絶、沖縄に新基地はいらない―その運動を引き継いでいかなくてはという思いを新たにしました。

 

8月11日・12日には、平和をねがう中央区民の戦争展「平和プラザ2018」が行われます。

月島社会教育会館にぜひお立ち寄りください。

 

 

きょうの「潮流」を紹介します↓

 

きょうの潮流  8月9日 しんぶん赤旗

 

あの日あの時、雲がなぜ途切れたのか。1945年8月9日午前11時2分。長崎への原爆投下の経緯を思い返すたび、身もだえするような思いに襲われます▼当時、米軍は広島に次ぐ2発目の投下目標として、小倉市(現・福岡県北九州市)を想定していました。しかし、視界不良のため断念。第2目標の長崎市に切り替えました。その長崎上空も分厚い雲に覆われていました。爆撃機の燃料が残り少なくなり、最終判断が迫られる中、一瞬、雲が途切れました▼米軍はこの雲の切れ目を見逃しませんでした。午前10時58分、投下された原爆は4分後に長崎市上空でさく裂し、爆心から1キロ圏内の人はほぼ即死しました。放射線に焼かれ、1年以内に亡くなった人は約7万4000人。一瞬の偶然が、その日長崎市にいた人々に過酷な運命を与えたのでした▼なぜ、原爆を投下したのか。米国は「早く戦争を終わらせるため」「多くの人の命を救うため」などと正当化していますが、今なお真相は解明されていません。しかし、多くの市民を瞬時にして殺害する原爆の非人道性が広島で証明された直後の長崎への原爆投下は、どんな理由をあげても許されない、大虐殺そのものです▼長崎の後も朝鮮半島やベトナム、キューバなどで核兵器が使用される危険が何度もありました。使用されなかったのは、わずかな幸運のおかげだったことが分かっています▼73回目の夏。長崎が、人類最後の戦争被爆地であり続けなければならない、とあらためて思います。