エンジニアかあさんの男女子育て

エンジニアかあさんの男女子育て

システムエンジニアを23年(目)。
9年目に長男を、12年目に長女を出産。
子育てに不馴れな、エンジニアかあさんの育児日記です(^-^)/

こんばんはニコニコ


暑い日が続きますねあせる


閉め切って出掛けるので

帰った時の自宅の気温がヤバい。


今日は

1階が29度で

2階が30度を超えてました滝汗


窓を開け続け

夜には25度台になったので

過ごし易くはなりましたが

既にエアコンの季節ですね。


体調管理に気をつけて

過ごしたいと思いますニコニコ


さて。


今の会社に入社したその日に

ある会議がありました。


その時に会議を仕切っていた

40代くらいの女性が


「医用システムは

20年以上みてきたので

ほとんどの事を知ってます。


わからないことがあったら

何でも聞いて下さい。」


かっこいいラブ


主任技師の肩書きで

指輪をしていないので

勝手に独身だと思ってました。


この歳で主任技師になれているのは

相当なことです。


自分に厳しいし

他人にも厳しいのかなと。


昨日トイレで

ばったりお会いした時

早くこの場を立ち去らねばと

急足で出ようとしたら


「まろまろさん

新しい職場はどうですか?」


と声を掛けて下さいました。


色々と分からないことが多く

ご迷惑をお掛けして申し訳ないですと

お答えしました。


お話が進み

お子さんがいらっしゃることが

わかりました。


中二男子と小二女子。


なんかちょっと

うちと似てる…


「子供が産まれから

定時で上がる生活してるの。」


え?

仕事が終わらなかったら

どうするのですか?


「何があっても

全てを置き去りにして

全力で帰るグッ


わぉ。


すごい。


さらにかっこいいラブ


「まろまろさんも

無理しなくて良いからね!


わからないことは何でも聞いてね!」


はいおねがい


元々茨城県の人ではなく

その辺りも私と一緒。


「もっとたくさんお話ししたいですね!」


はい爆笑


猛烈に嬉しくなりました。


これから忙しくなる事には

変わりありませんが

こんな感じで働いている女性がいる

という事がわかって良かったニコニコ


しかも主任技師(つまり課長)。


私も頑張ろうっと。

こんばんはニコニコ


通勤通学時

雨に降られなくて

良かった照れ


自転車通勤の時ほど

雨を気にはしなくなりましたが

駐車場から

早足で4分かかるので

降られない方が助かります。


今は8時5分にピアノを弾き終え

8時20分に会社の自席に着きます笑


あせる

近いあせるあせる


今日は

作業着と静電靴購入の

申請を出しました。


何でも「手順書」があるので

便利と言えば便利ですが

気軽に人に聞けない滝汗


あとは

何を申請すれば良いのかなひらめき電球


さて。


息子の夜練は

息子の代になってから

もうすぐ一年になります。


ちょうど

私の中でTOEIC試験が終わった日から

毎週日曜4時間(移動時間含む)。


土曜の午前中はレッスンがあり

午後は娘のレッスンと習い事の送迎。


日曜午前中に

1週間分の買い出しで

午後は副菜作り。


この合間に

掃除洗濯アイロンなどの家事と

英語学習

ピアノ練習を行います。


本当は

日中もう少しゆっくりして

日曜夜に副菜を作りたい。


なので

日曜の夜4時間

自由にならないのは

本当に困りました。


ほぼ毎回

球出しのお手伝いをし

何とかここまで来ました。


時間的には辛いですが

行ったら行ったで

お母さん方と情報交換ができます。


来月後半には

これが無くなると思うと

寂しい気持ちになります。


あぁ

もうあれから一年か。


楽しかったなぁ照れ



息子の晩ご飯をまとめてアップしますナイフとフォーク
















こんにちはニコニコ


よく晴れていますね晴れ


今日は朝から

布団を全て干し

洗濯物も全て外干しアップ


あー照れ


幸せだーラブ


相変わらず毎日

定時で帰っていますが

早く帰った分

余計な家事をしてしまっているようで

以前と同じ生活(18時半自宅着)に

なっています。


明るい時間に帰れるのはきっと

7月末くらいまで。


その後の

時間に追われる生活に向けて

今のうちに

業務の勉強をしています。


かれこれ7年

血液自動分析装置のシステムに

携わっていますが

大事なところを

全然理解できていなかったなと

思います。


今までは

ソフト設計書とプログラムしか

手元に無かったので

仕方ないと言えばそれまでですが…


今はまだ開発環境が整っておらず

プログラムが見られない状況なので

分析装置の生い立ちから

学ばせて頂いています。


検査官が

血液などの検体に試薬を入れて

攪拌して

検査結果を出していたところから。


ものすごい時間がかかるし

間違いも起きたとありました。


この工程をシステム化し

一度に大量の検査が

可能になったと言う事でした。


すごい…


装置は大型から小型まであり

検査項目の多いものから

少ないものまであります。


国内外の病院が主なお客様。


SEになった

24年前は

まさか自分が医療系の仕事に

就くとは思っていなかったなぁ。


まだ2ヶ月目なので

続けていけるかわかりませんが

頑張りたい気持ちは

沢山あります。


看護師でもなければ

医者でもないし

検査技師でもない。


私はシステムの側から

皆さんの健康チェックの

お手伝いをさせていただきます。


いつかのお弁当お弁当