つづき。

前回の続きです💦


早朝に出かけた息子を見送り、

少しゆっくりして、
私も息子宅を出る予定で、


鍵を預かり、

その鍵は、
玄関ドアの新聞受けの中に
入れておく約束カギ



綺麗に片付けもして、

スーツケースを持って
外に出て、


約束通り、

ドア新聞受けの中に
鍵を落としました。


チャーリーン…と音がして、


さ、
行こうビックリマーク



と、

思った瞬間、


左手にスマホ
足元にスーツケース



しかし!


バッグがない!


ガーンガーンガーンガーンガーン



そう言えば、

靴を履くとき、

下駄箱の上に置いた汗汗汗



鍵は…



もう取り出せない叫び叫び叫び



財布もバッグの中で
お金がないあせるあせるあせる


完全なるパニック状態ゲッソリ




上の階に
大家さんがいると言っていたので、

合鍵はないか尋ねたけど、
全て不動産屋に任せている、
と言われえーん


連絡先を聞いて電話。



しかし、


不動産屋も合鍵はないので、
鍵のレスキュー隊みたいなところに
聞いてみて下さいと言われるえーん



スマホだけでも
手に持っていて良かった笑い泣き



一軒めは夕方しか来れないと言われ

レスキュー隊なら
すぐ来い〜ムキー


と、


暑い中電話をかけまくり、


ようやく、
30分以内に来てくれる業者が
見つかりましたえーん




長い長い待ち時間…



ようやく業者がやって来て、

玄関を見て、


「このタイプは、
ピッキングが出来ないので、
鍵を壊して新しく付け替えるしか
ありません。」



と言われ、



またまたダウンダウンダウン



悩んだ挙句、

付け替えに踏み込みました。



料金、

38000円也えーん



見た目は
何も変わらず。


何事もなかったかのような、
時間が戻って来たのでした。


ちゃんちゃん。


イタイ出費となりましたが、
夜は究極の時間を過ごしました恋の矢




次回は、
その詳細を書きます照れ