昨夜からけさは、激しい雨音でした。

千葉県内では、1時間に100mmクラスの猛烈な雨が降り、

立て続けに記録的短時間大雨情報が出されました。

 

関東の雨はピークは過ぎましたが、

このあと夕方にもうひと雨ありそうです。

特に2回目の雨は、川の上流にあたる長野や関東の山沿いで降りますので、

平野部にお住まいの方も情報に注意していてください。


そして、心配になってきたのが、台風20号。

このあと沖縄・奄美付近に進み、四国の南で温帯低気圧に変わる見込みです。


沖縄や奄美は、湿った空気の影響で断続的に激しい雨が降り、

台風の進路によっては風も強まるでしょう。

 

さらに、本州の南に停滞する前線と一体化して、

22日祝日は東日本で大雨のおそれがでてきました。


なお、まだ21日や22日の予報円が大きいですが、
これは、モデルによって進路予測のバラつきが大きいからです。
日本のモデルでも、MSMとGSMで21日の計算値にこんなに差が!

MSMのほうは、予報円に入っていないので除外といえますが、

進路が早まる可能性があるという参考情報になるでしょう。

引き続き、警戒をゆるめられません!

なお、気象庁によると、グアムの東の熱帯低気圧が、

今後台風にまで発達する予想です。

海外モデルが計算している通り、

南の高気圧が弱まるタイミングなので、関東の南の海上で、

小回りに北東に進む可能性が高いとは思いますが…

本州南岸に前線が停滞するタイミングとなると、また影響度合いが変わってきますので、
こちらの動向にも注目していきたいと思います。