2018430日。


今日、私は約13年間勤めた会社を退職した。


次の仕事は決まっておらず、何のツテもアテもない。


昨年末までは、そのまま定年まで勤める気でいたのだから、私にとっては急展開である。


父は17年前に他界し、母は重度の認知症で、

有料老人ホームから精神病院に移ったばかり。


一人娘は、私立大学の4年生だ。


いくら苦手な事務職とはいえ、

この正社員の仕事を手離したら、

お先真っ暗で人生おしまいだ‥と

100%思い込んでいた。


が、その思考を断捨離し、

退職願いを提出すると、

思いがけない変化が現れ始めたのだ。


十数年振りだろうか。


本当に久しぶりに、私の内側から

少しずつエネルギーが湧き出てきている。


最終出社日の翌日から4日間は、

寝ても寝ても寝足りなくて、

昼間もほとんどウトウトしているというのに、

夜になればなったで朝までしっかり眠る

という日々が続き、

ようやく人間活動を再開したのは5日目。


そして、仕事を手離した途端、

知りたいこと 見たいこと 勉強したいことに関する情報が、次々と私の目や耳に飛び込んでくるようになり、

新たな人間関係が生まれる一方で、

元々私を見守ってくれていた友人知人が、

より深く私を理解し、エールを送ってきてくれている。


思い切って一歩踏み出してみたら‥




そこは暖かい光が差し込む場所だった!