狩り

今までたくさん面白い人たちと出会ってきた

肩書きなんて関係ない

 

彼らは

自分の生き方、考え方を提唱して

人々にもっと生きやすいように

地球と調和するように

手を差し伸べてきた

 

そのなかで見たものは

自分もスピリチュアルな人間だといいながら

スピリチュアルを現生利益と勘違いし

得(徳ではない)を求め群がる人

 

魂を磨き地球を良くしようとする人たちは

その純粋さゆえに

どんどんと狩られ

貪られ

捨てられ

忘れられていった

 

果たして

その先にあるのは

平穏な世界なのだろうか

 

”スピリチュアル”という夢を見る

自分たちが

平和を良しとしない人たちの

手のひらで転がされていること

 

つまり、

平和を願って活動する人たちに対し

自分たちが捕食者(ハンター)であることに

気づくのは

一体いつなのだろうか