生命の法則

テーマ:




普通の人は、人生の目的を考えることなく、漠然と人生を送っています。そうした人は、問題に直面すると、たいていの場合、問題から逃げ出します。しかし、根本的な問題は解決していないため、別の形で問題に直面します。逃げ出さなかったとしても、弱々しく状況に屈してしまいます。どちらの場合でも、進化する魂が学ぶべき教訓を得られません。適切な人生観なしでは、人は下等生物のように生きることになります。低レベルな感覚におぼれながら、基本的な欲求や本能を満足させるだけに生きることになるのです。人生観が誤っていると、物質主義に傾倒します。これは、神の霊性をおろそかにすることですから、不適切です。結果、日常で直面する人生の変化や矛盾に、適切に対応できないのです。私たちが提案するのは、宇宙の法則や永遠の目的に基づいた、形而上学的な哲学です。内なる神性や、魂の形而上学的な自覚について、意識が高まると、この哲学が生まれます。この形而上学的な哲学においては、物質主義的な信念や信条は、すべて、霊的により崇高な考え・行動に置き換えられます。例えば、科学によれば、私たちは誰でも、いくつかの本能的な衝動を持っているそうです。衝動は、人生への情熱に火をつけるものです。こうした本能は、以下のように要約できるでしょう。




1)自己保存本能


2)自己永続化本能


3)群集本能


4)宗教本能




これらの本能は、心理学ではよく知られています。ですから、これらを説明するのに時間を割くのはやめます。代わりに、霊的な見地から、これらの本能を分析します。本能に隠された超自然的な性質を探りましょう。





自己保存本能




進化が進むと、この原始的な本能は、人の魂に向けらます。そして、自己保存本能は、覚醒した意識の中で、ハイヤーセルフを呼び覚まし、保持しようとするのです。聖パウロはこれを内なるキリストの形成と呼びました。人は霊的に変化を遂げると、ロウワーセルフや歪んだエゴをなくします。そして、自分自身の分身である真の自己を保存します。こうして、真の自己に内在する神は保存・維持され、生き続けます。ですから、死を超越できるのです。自分の未来について、誤ったイメージや考えを信じてて自分自身に限界を設けぬよう、気をつけてください。目に見えるものは偽りです。現実は目に見えないのです。神は人間の原型の姿を、美しく創り上げました。ですから、偽りのものを心の拠りどころにするのは、やめましょう。





自己永続化本能




自己永続本能は、生物としての人間が持つ、創造的な衝動です。人は生殖や繁殖によって、この本能は満たそうとします。霊的な観点からすると、創造性は、人間の本質的な神性の表現、そして神聖な衝動の表現にあります。人の意志の象徴であり手段でもある手を用いて、心を通じ、外の世界に、神聖な衝動を表現するのです。内面的には、神聖な衝動によって、有機体を構成する細胞が、良質な細胞へと再生します。したがって、自己の永続化は、霊的な性質を持っています。永続する“自己”は本質的に優れており、魂の特性は、有機物や無機物の上に複製され、表現されるからです。凡庸に陥るのは、自分に限界を設け、自己認識を誤った結果です。この誤った状態から抜け出し、私たちの本当の霊的な特質を表現しましょう。そうすれば、私たちの真の潜在能力が発揮されます。自虐的になり、ロウワーセルフの状態に陥ると、ハイヤーセルフの光は遮断されてしまいます。





群集本能




人間という動物の持つ群集本能は、社交的でありたいという欲求です。自分に似た他人と行動を共にしたいという本能なのです。 “類は友を呼ぶ”という古いことわざは、この本能から生まれました。人は社会的な動物であると言われます。そして同類の他人と群れる行動の背景には、無意識の霊的な衝動があります。潜在的に、造物主と一体になり、神とひとつになるということを欲しているのです。人は、自らの創造主と、霊的にひとつになろうとします。自らが認識する自己像よりも偉大な存在と、同化したいのです。この本能的な衝動が意味することに気づかず、人は、内面でしか得られないものを、外の世界に求めます。個人同士のつながりであれ、同族者、宗教仲間などのグループでの付き合いであれ、他者と関係を持っても、魂の衝動を満たすことはできません。これらは外面的な世界に存在する、はかないものだからです。群集本能を超えることが、超意識を体得する第一歩です。人は創造主からのある種の“分離”を感じ、虚無感を覚えるため、神と一体化しようとします。私たちが覚える“分離”の感覚はすべて、力や知恵、愛などの神の美徳とは反対のものに基づいています。私たちは自分のことをただの弱く、頼りない人間だと思っています。私たちは、はかなく、限界があり、知恵が欠如していると思い込んでいます。でも、これらは誤った見方です。人に真の安らぎや幸福感、満足をもたらすのは、神との“神秘的な融合”にほかなりません。この神との一体感を強めるには、自分自身が神とひとつであるかのように話し、考え、行動する必要があります。“私と父とはひとつである”という福音書の言葉を繰り返し唱え、宣言するとよいでしょう。





宗教本能




カール・ユングは、人には宗教的な本能があり、それによって人は認識したり、信じたりすると述べています。ユングによれば、人は宗教本能ゆえに、“神”と呼ばれる自分自身よりも高次の存在に、身を捧げようと思うそうです。基本的に、この宗教本能は、霊的な暗示や解釈、群集本能の発揮と似た性質を持っています。これは実は、進化するための衝動であり、より高い意識へと向かおうとする衝動なのです。動物や植物、下等生物は、無意識に進化の流れに乗って進んでいます。信念や主義、そして意志の力が欠けていると、自ら主体的に進化することはできません。しかし、人には必要なものがすべて備わっています。どら息子が“父”の元へ戻るように、人は“父なる神”の元へ戻ります。人は“父なる神”に召されるための能力を持っているのです。私たちは、この本能は名前が誤っているか、あるいは誤解されているのではと思っています。なぜなら、この本能によって、人は宗教に永続的に従属するようになったからです。人は宗教本能の霊的な性質を知らず、スピリチュアルな生き方と、教義への傾倒を区別しました。教義と言っても、人が作ったものです。しかし、しばしば、スピリチュアルな生き方が批判され、教義への従属が称賛されることがあります。人が真理ではなく、マーヤー(幻影)や幻想、錯覚を信仰している限り、神の計画は遂行できません。人の現在の崇拝は、信仰をイメージし、考えることに向けられています。崇拝の対象については、経験に裏打ちされた本当の知識がありません。真実に向き合い、真実を人生に反映させない限り、人は真に“宗教的”になりません。神を人間化するのではなく、人が霊性を高めるべきです。




原始的な本能や形而上学の実践の法則を知ると、人生観が豊かになります。本能は、霊的な衝動を高めようとします。こうした仕組みを理解すれば、人が存在する目的について、より良い姿勢で臨めるはずです。人生の哲学は、真理に基づくべきです。また、太陽系に生命をもたらした宇宙の法則にも基づいているべきです。霊的な法則に従うと、人は自覚が高まります。霊的な法則を理解すると、人生の展望が開けますし、神との一体感が強まります。また、人生すべてに責任感を持つようになるでしょう。人生哲学に組み入れ、人生の指針とすべき宇宙の法則は、たくさんあります。例えば、愛、調和、正義、美、協調、貢献に関する法則は、自覚を高めるのに十分な教材となります。宇宙に帰依するための指針となるでしょう。神の法則は、神の啓示です。これらの法則に従って生きることで、私たちは物質的にも、心理的・霊的にも豊かな人生を送ることができます。真の自分を知り、真の自分になりたいと切望している人は多くいます。スピリチュアル・カウンセラーは、こうした人々に、宇宙の法則を教えるべきです。





Copyright © 2006 Luxamore

レナード・リー(通称Luxamore

形而上学講師、カウンセラー、心霊治療家、インドネシア製の神秘的な魔法のアイテム販売

インドネシア製の魔法のアイテム:護符、ムスティカ真珠、クリス(短剣)

インドネシア製の魔法のベゾアール石(ヤギの胃石)、ムスティカ真珠



ペタしてね ペタしてね

ペタしてね ペタしてね

AD