https://www.bbc.com/japanese/52858130

 

 

「略奪が始まれば、発砲が始まる」という言葉は

1967年12月にフロリダ州マイアミ市警の

ウォルター・ヘッドリー本部長

(人種差別者)が黒人の人々を

厳しく取り締まる際に使用したもの。

 

そういう歴史的背景がある。

 

それを知らずにツイッターで使ったとシラを切った

トランプだが、意図的だったことは明確であり、

その事自体が、彼が人種差別者である事の証明だ。

 

 

その一言を用いた直後に、暴動が始まった。

 

 

そういう背景を知っておいてほしいのです。

 

 

テイラー・スイフトが、何の理由もなく

彼を大統領選で落とす!などと

我を忘れたような発言をするわけがありません。

覚悟の上です。

 

 

ガガも同じ。

 

 

ここに住んで、

彼の一挙一動に日々悲喜こもごもし、

毎日のように我慢を続けてこなければ

わからない思いがあります。