まりあ骨董 雑記簿

まりあ骨董 雑記簿

汐江アコ個人サークル【まりあ骨董】のブログです


テーマ:

杉元とアシリパさんが黄金を探しに行っている中、しおえさんは黄金週間を満喫してました。

自分で言うのも何だけど、誰よりもゴールデンウイーク楽しんでるという思いがあります。
 
まぁ
それゆえに
いま花粉症からの風邪という最悪なことになっているんですが。
 
詰め込みに詰め込んだ今回の旅業、まとめるとします。
 
 
《5/2》
あらかじめ職場の人間には
『絶対に18時前には上がります』と宣言。
というのも、5/3朝から浅草でイベントな訳で。始発便じゃやばたにえんな訳で。
前にテキレボで同じことやったけど、夕方ごろのぐったり感半端なくって。
それなら最終便でも何でも乗って前日入りした方がいいなってことで、仕事上がって空港行きました。新千歳。
 
お宿のある五反田についたのは日付変わる少し前でした。
 

このお宿は安いし、寝る場所はカプセルだけどこういう作業スペース最低限あって便利。
 
 
《5/3》
五反田から浅草戦で一本。年単位ぶりの浅草!
 

まだ朝10時なのにこの人の多さ。
浅草だけに戦争ですね。
この日のお手伝いの煮干しさんと合流してとりあえず浅草寺で煙を浴びました。
 
 
 
今回はひさびさに都産貿台東館。
テキレボの会場視察ともいいます。
サークルとしてくるのは三年ぶりくらい。桂瀬さんの手伝いとして立ったことあるけど、ほんと久しぶり。
 
今回のスペースはこんな感じ。
久しぶりにウォールポケット使用。別名ウォールオブまりあ。サークル名的に。
めっちゃごちゃついてる。
そして写真じゃわからないけど、お隣さんが三スペース使った大手さんでした。
笑ってはいけないシンデレラ大好きです。
 

新刊ほか既刊も無事に届いてて何より。
今回は月宮雅、島村卯月、望月聖によるユニット『ルーナフロース』の小説本です。
 
少しだけライナーノーツ的な事を書きますと。
今回のルナフロ本。色々とやりたい(書きたい)ことがありまして、その結果の本です。
挙げますと
・月宮雅の新たな可能性(ビジュアル面・歌唱面だけでなく、モデル・演技のような方向性を出せる、見せたいという想い)
・ルーナフロースというユニットの可能性(卯月の総合力の高さ・雅の新たな力の例示・聖の圧倒的歌唱力だけではない能力等)
・ステージの上で世界を表現するユニットとしての可能性
・「ステージの上に惑星がある」とライブを見て思った私の脳内の具現化(サイマス1stのJupiterや年明けの765ライブ)
です。
 
雅については、ママの夢だからという動機でアイドル界に入ってきたのはみなさんご存自と思います。
自分がない。そういう思いを吐露することも。
ただそれは裏返せば「何にでもなれる(≒自分を別の何かとして演じられる)」ということになれるのでは?とひそかに思っていました。
モデルはあくまでも着る服が主役。演技はその役の人が主役。
方向付けができれば雅に演技をさせることはできる。とまぁそんなことを思っていました。
半分は願望に近いですが。
 
ルーナフロースについては、もっと知ってほしいという想いがありました。
もっと!もっと出しておくれよ!
まぁ出ないので自分で書こうと思った部分もあります。
 
ステージの上で世界を表現する。
ルーナフロースはいわゆるアイドル曲(キュート&ポップ)が全部というイメージはあまり持てなかったです。
どちらかというと、歌と踊り、そして曲で一つの物語を紡ぐ。
イメージでいえばKalafina。
曲調色々あれど、何か一つの物語を読むような、そんなユニットだなと思っていました。
(といいつつ作中ではカバー曲としてそうじゃないだろうなって曲やってますが)
 
ライブシーンに関しては、私が個人として大好きな同人バンドをイメージして書きました。
東方アレンジもやりつつオリジナルもリリースしていたセカイ系バンド「回路-kairo-」です。
ピアノの旋律で静かに始まり、バンドサウンドで覆い始める。
そして圧倒的歌唱で一つの世界を創造する。
まさにルーナフロースにやってもらいたいことでした。
 
作中でルーナフロースが披露した曲、『ツキカゲ』。
文末に載せましたが、作詞をしてみました。
メロディはなんとなく鼻歌で。
下手に言葉を増やすよりも、単純な言葉を連ねていく形にしました。
なぜあんなことをしたのかと思わんでもないですが、これはこれで楽しかったのでよかったです。
 
世界創造をするお話、満月に立つ。
楽しんでもらえれば幸いです。
 
話をMBFに戻して。
 
それと今回のもう一つの目玉が…
#183のエール
写真の説明通りですが、まぁしおえさんもなかなか悩むことありまして、そんな時に「アイドルに励まされたらどんな感じなんかなぁ」と想像し始めたのが最初です。
まぁまさか183人分全員分のSSカード兼名刺作るとは思いもしなかったですが。
 
なんとなく持ってきた、網走で買ったメイド服ヒグマ。
ウェンカムイ。
 
 
開始してからはなかなかすごかったです、人の勢いが。
こんなにMBFって規模あったっけ?って思うくらい。
 
そして売り子の煮干しさんが奮闘。
算数のできなくなったしおえさんに代わり頑張ってました。
ありがとうございます。わかいわ。
 
途中たくさんの差し入れいただいて感謝です。これ書きながら食べてます。
 
今回自分のスペース以外ではセクシーギルティ合同に参加させていただきまして。
主催のたかねさんに挨拶行った際「明日神宮行くんですよ」と話したら、「あっほんとですか。スワローズ頑張ってほしいですよね!」
「あの、明日ビジター(カープ側)で観戦するんです…」
ってなってからの手のひらクルー感は笑いました。
(なお試合結果はこれまた面白いので後報します)
 
なかなかに濃いイベント時間でした。
遊びに来てくれた皆様ありがとうございます。
わざわざ遠いところから来てくださった方もいて嬉しいです。
 
少しだけ早めに撤収して、煮干しさんと解散してから今度はこの日のもう一つのイベントへ。
月宮雅Pオフ会へ。
 
都産貿でKonさんおゆさんと合流して、オフ会のお店へ。
今回は前々から行きたいと思っていた浅草の喫茶店ミモザさんへ。
ここのホットケーキが見た目も味も凄いということでしたし、雅のルックアットミーのカードでパンケーキ食べてるし。
お店の前ではやぞさんが待っていました。
事前に服装は言っていましたが、開口一番「しおえさん本当に東京五輪ですね服」は笑いました。

まぁ東京五輪ですよねこれ。
 
お店の方には色々ご配慮いただき、入店して間も無く件のホットケーキが出て来ました。
デカァァァァァイイイ説明不要!!!
昔ながらのホットケーキがこの高さ。
甘々なシロップにクリーム、バターまでついてます。
お分かりと思いますが、食べ応えありまくりです。
味もなかなか美味しかったです。
 
ねぇねぇコーヒーと紅茶どっちがいいと思う?
みやびぃはねぇ、カフェオレ!
 
イベントでは要所要所でみやびぃトークをすることもありますが、こんなに長い時間みやびぃトークできるのは本当に楽しかったですね。
また機会あればやりたいです。もしくはやったら行きます。
 
で、解散して宿へ。
完全に疲れてました。
といいつつ、品川で一件用事あったので、また外出ましたが。
そしたらなんというタイミングか、きさきさんとくれよん♪さんから新宿で遊ぼうずのお誘い。
ひさびさにビリヤードやりました。
我ながら結構アクティブですな。
なお腕前についてはお察しください(ファウル王
 
 
 
《5/4》
この日はのんびり、ではなく。
どの日よりも日程を詰めた日でした。
 
まずは五反田から即売会会場の蒲田へ。
東急で一本じゃーん。そう思っていた時期が私にもありました。
いやーまいったね。会場の最寄り駅、東急の蒲田じゃなくて京急蒲田だったのね。うっかりうっかり。
やみのまセブンイレブン。

蒲田pioには一時間しかいられないのでその時間内で人に会って本とか買ってという短時間マラソン。
あとおつかいも。
この日もなかなかの密集具合でゴールデンウイークを感じました。体感的な意味で。
 
ユッコマグ買えなかったけど写真だけ。
持ち手がハートなの、おいろけビームみを感じます。
 
このバッジほんと好き。
 
 
予定通り一時間で会場を離脱。
その足で横浜へ。
 
横浜ってほんと何年ぶりだろう。中華街とかは行ってたけど横浜駅はレア。
そして筒香怖いぞ。
 
この日のイベントその2。
DMM VRシアターでのアイマスのVRライブでした。
なかなか東京来る機会ないということで来てみました。
ホログラムによってキャラクターが浮かび上がり、まるでそこにいるかのような演出がなされる、特殊なシアターです。
 
 
ドリンク代に何百円かプラスしたらこれが買えます。
たるき亭の商売の広さ。
甘くて爽やか炭酸で、この日結構暑かったのもあって美味しかったです。
 
この日は菊地真回。
もちろん他のアイドルも序盤中盤で歌います。が、メインは真。
いやほんとそこに765の面々がいるんですよ。まるでステージの上にいるように見える。
話逸れますが、あずささんがビキニで歌って踊り始めた時はその、非常に揺れてココロオドル感じでした。nobodyknows+的な感じ。察して。
 
リアルタイムでの真とのやりとりもできるという仕組み。
指名されて質問に答えてそれに反応してくれる。まさにライブそのものでした。
真ソロになったら今度は本物のダンサーさんが出て来たんですが、ダンサーさんいることでさらに真の存在にリアリティさを感じました。
ダンサーさんの位置とかそういうのも、浮かび上がり演出に寄与してるのかもですね。
 
 
せっかく横浜に来たので、なかなか食べる機会のない家系ラーメン食べに行きました。
 
家系ラーメンにハマりそう。めっちゃ美味しかったです。
 
 
で、お宿に戦利品とかを置いて休んで再び出発。
向かうは明治神宮球場!
 
レフトスタンドビジター席!
鯉党でPのあかみさんから譲ってもらって行くことができました。
 
 
赤い!
たぎる!!
 
なお試合は。
 
ブキャナンの前に完封負け。満塁ホームランまで見せられるという。
スクワット応援もなかなか機会少なく。
たかねさんにとってはいい結果になりました(なお翌日は見にいった人と結果が逆になるという)。
これはマツダスタジアムに来いということですねわかります。
広島遠征、考えようかなー。そもそもチケットが手に入らないけども。
 
 
この日はこの後知り合いと少し飲んで終わり。
翌日のイベントに備えましたとさ。
 
 
 
《5/5》
コミティア!!
五年前のコミティアから私の同人サークル まりあ骨董が始まりました。
 
最初は会社の同じ部署の先輩や別の先輩やらにそそのかされ?二次創作を始めてみて、なかなか楽しいなと思って一次創作に手を出し、サークルを立ち上げるに至りました。
当時は一種、しかも100P超なのに手製本という狂気の姿勢でした。
 
あれから五年。
一次も二次もいろんな本を出せて、気がつけば年数経過してました。
こうしてまたコミティアに参加できたことを嬉しく思います。
 
そんなことをしみじみしながら設営!
 
ほんと豪華になりました。
 
ちなみに五年前の初参加コミティア。
今思うとほんとすごいと思う。良くも悪くも。
種類一個しかないから仕方ないけど、このあっさりした設営。
しおえの脳内からたくさんの住人が溢れ出て、こうしてたくさんの本を並べられてると思うと嬉しいですね。
 
色もたくさん。鮮やかになりました。
 
この日の新刊。
本当は別に出したい物がありましたが、一向に書けず断念。
なので別の新刊を出しました。狂気。
現代が舞台の短編集。
ワーウルフの樋口砂鉄と、彼に拾われた少女 キリの、食卓を通して紡がれる優しい物語。
各々の背景はダークですが、お話自体はハートフル。
 
 
この日は霜軌亜爛さんに売り子お手伝いをしてもらいました。
そんなに忙しいスペースではないんですが、やはりいてもらうというのはかなりありがたいですね。ありがとうございます。
 
 
売り子さんがいれば買い物も行きやすくなります。
年単位ぶりのコミティアですし、コミックやらハンドメイドとか色々みたいし、好きだったサークルさんもひさびさにお伺いしたかったですし。おかげさまで行きたい場所はだいたい行けたと思います。
 
コミティア終了後のビックサイト。
机や椅子は片付けられ、トラックも入ってきてました。
なかなか見る機会のない光景です。
 
次は受かれば夏コミで来ることになりそうです。
 
 
終了後、クロヒス諸房のトオノキョウジさん主催の創作界隈打ち上げ!
ビックサイトはもう何度も来てるけど、近くのワシントンホテルは初めて入りました。
こいつぁすげぇや。ビュッフェ。
山賊のごとくやってやりました。バイキング的な意味で。
 
札幌転勤になってからはなかなか界隈の人と会うのが難しくなって、こうしてご飯食べるのはかなりひさびさ。
すごく楽しかったです。
飛行機の時間なければ最後までいたかったですホント。
 
そんなこんなで帰りの飛行機乗って、札幌の自宅に着いたらもう日付変わるころ。
詰めに詰めた遠征は無事に終わりました。
 
遊びに来てくれた皆様ありがとうございました。
 
 
次回はもっとゆとりある日程を組みます。
気持ちはついていけるけど、体力が死ぬ。
 
 
 
 
○まりあ骨董 今後について
5/12-14 Pixiv BOOTH Festival 参加 ※ウェブ上イベント
7/16 Text Revolution(都産貿台東館)
(受かれば)8/12 コミックマーケット94 デレマスで申し込み済
 
北海道コミティアは応募忘れてました。てへぺろ。
文学フリマ札幌はテキレボ前週のため回避。流石に二週は無理。
 
あとは予定は未定状態。
道内でオンリーとかあれば考えたいし、またコミティアに行くのもアリかなぁと思ったり。
まぁその辺りは心身のご都合と進捗次第でひとつ。
 
 
○通販について
自家通販を行います。
Twitterでメッセージ頂ければ本代と送料お伝えします。
 
また今回よりBOOTHによる通販も始めることにしました。
一次創作二次創作ともに置いてあります。
 
 
 
だいたいそんな感じです。
相変わらずつぎが何できるかさえ見えない感じですが、またサークル参加した際には遊んでもらえると嬉しいです。
 
改めまして、まりあ骨董 5th Anniversary Tour "おおかみとむすめが満月に立つ"、ありがとうございました(今思いつきで決めたツアー名)。
続けて来たのもたくさんの人のおかげです。
今後とも弊店をよしなにお願いします。
 
 
まりあ骨董店主 汐江アコ(しおえあこ)
 

テーマ:

毎年恒例、1年間の活動をまとめる時期になりました。

 

今年はアイマス現場ばかりであんまり活動してないなーって思っていましたが、後半畳みかけるように色々やっててびっくりしました。

例年通り振り返ってみましょう。

 

1.今年出しだ本

(1)1次創作

・リンネの送者Ⅱ(表紙:とうがかのえ様)(7月文学フリマ札幌)

(2)2次創作

・みやびぃとXXXまとめ本(表紙:ニナ様 挿絵:SJA(konchinto)様、kerberos様、スズキのだるまポワレ様、ニナ様、フラワーン様、みどり様)(8月コミックマーケット92)

 

2冊。みやびぃと×××は前書いていたもののまとめ本なので新規ではない(とはいえ尋常じゃない編集量でしたが)と考えると、純粋な新刊はリンネⅡ。

状況的によくだせたなぁと思います。

2年ぶりの続編。出すぞ出すぞ詐欺でしたが、ようやく出せて何より。

とうがさんとのタッグ、来年以降も続けていくのでよろしくお願いします。

 

2次創作はほんと実は何も出せてない。

やりたいことは色々あったんですが、みやびぃと×××出せたのが精一杯。

6人もの絵師様に助けてもらって本出せてよかったです。

 

(3)合同誌・アンソロジー

①1次創作

・アンソロジー水(主催:綿津見様)

http://clew09.web.fc2.com/sora/

 小説「いつかの空に」寄稿

 

②2次創作

・伊集院惠合同「Caravan」(主催:まだ猫背の人様)

 小説「旅のハジマリ」寄稿

・長富蓮実合同「はすみす」(主催:こもえ様)

 小説「ヒカリのよるをこえて」寄稿

・アイマス×水曜どうでしょう合同(主催:おおうみ様)

 小説「そうだ、パーティをしよう」寄稿

・赤羽根P×秋月律子アンソロジー「中身は普通の女の子。」(主催:おこた様)

 小説「感情の名前」寄稿

 

 

惠さん合同は9月のイベントで頒布されましたが、実はもう2月の募集して数日後に完成させていました。Word原稿→PSDデータに変換する作業がえらく苦労しましたがw

それ以外は今冬コミ案件。後半一気に畳みかけた感じですね。

要は春から晩夏にかけてみやびぃと×××の編集以外はほぼ何もしてないという。

じゃあ何してたの?すいません、デレマスの遠征とか行ってました。わかりやすい。

 

今回の冬コミはいつものしおえ的小説と、珍しくコメディな小説と、ラブ全振りの小説とありますので楽しんでもらえれば幸いです。

 

アンソロジー空は、前作アンソロジー水に続いての参加。

綿津見さんに相当迷惑と負担をかけました、ごめんなさい。

天使と少年の交流録。ある種おねショタ。なかなか苦労していましたが、出せて何より。

まだ本体見てないのでアレですが、他の人の空がどんななのか気になります。

 

 

(3)その他

 ・300字SSポストカードラリー/4月テキストレボリューションズ4(主催:桂瀬衣緒様)

  ①「あそぼう、リビングデッド。」

  ②「キリコとコハル」

  ③「偽客」

 

テーマが今回「さくら」で、解釈のし様が広くできそうだったので、③作りました。

何人かからお褒めの?言葉頂けてちょっと嬉しかったですw

 

第5回は不参加でした。

次はね、また遊びたい。

この機会使わないとキリコハ続き書けないし、わりと好評だし。

 

 

 

2.作った衣装

去年は一着もありませんでした。

今年は衣装ではないけれど、新しく2つのコス衣装を製作。

 

夏コミはほんとは別に作りたいものがあったんですが、原稿やら楽屋花(後述)もあって断念。

で、新作を出せない代わりに別の新作を出す意味不明行動。

元ネタ

だれもお前を愛さない。

ぶっちゃけ衣装は私服です。

机と、寿司の海苔と醤油だけ作りました。

他は色んな所で買いました。

もうこれがTL上で流行っていたこの時期しかできないと思ってやりました。冬だと絶対下火だろうし。

惜しむらくはビッグサイト到着が遅くて1時間くらいしかこれできなかったことですね。

 

 

で、冬コミ。

たぶんスナフキン久しぶりに着るけど、もう一つ何か。

夏に作れなかった1着を製作しようかと思いつつ、別のネタも出たので同時並行で作業。

最終的にはその別のネタのみ完成しました。前者のは…また来年。

その別のネタはこちら。

 

コーヒーマン。

誰だよそのヒーローって思われる方に説明すると…。

しおえさんが応援している声優・鈴木絵理さん(堀裕子の中の人)が作りだしたヒーローのことです。

闇を感じるキャラクターは最終的に鈴木絵理さんとコラボしたTシャツにも描かれることに。

ということで、作りました。

これも頭部だけしか作ってないんですが、その頭部がクソ面倒。

こういう楕円形の型紙ってあまりなくて、どうしたものかと。

で、コスプレイヤーズアーカイブとか見てたら「その形しているぬいぐるみとかボールとか分解して型紙にしてます」という発想。

なるほど!と膝を打ちました。

似た形のぬいぐるみを探し、刺繍とか取り去り、染料で茶色に染め、中に円形発泡スチロールとか入れて、なんとか完成。

私服で青は絶対に着ないのでわざわざユニクロ行って買ったり、コーヒーカップ探してたらTrefleっぽい柄で色がえりぴょんっぽいのあって買ったりと、紆余曲折?を経てなんとかできました。

 

一応冬コミで着ますが、いつかアイマスオンリーとかで着たいですね。

 

 

ダイエット?すいません来年頑張ります。

 

 

3.その他

サークルとかコスとか関係ない部分で一つだけ。

アイドルマスターシンデレラガールズ5thLIVESSA公演にてTrefleメンバー鈴木絵理さん・高橋花林さんへの楽屋花作りました。

最初は余裕だったのにしおえのポカで最後はどったんばったん大騒ぎ。ごめんなさい。

しかし無事に完成し、会場に搬入され、二人のBlog等にも掲載されて安心。

大変だったけどやってよかったです。勉強にもなりました。

(製作に関する記述は過去の記事をご覧ください)

 

しかし、これが

こうなるんだから花屋さんはすごいと思いました。

(イラスト他色々やって頂いたもとおさん、スーパースペシャルアドバイザー秋桜さんありがとうございました)

しかし、もとおさん秋桜さんとかるーく話していた話がこんな形を生み出すとは…すげぇやヒューマン。

 

 

4.反省と抱負

反省は…やりたいことを最大限絞ってやれたので実はあまりない。

欲を言えばもっとイベント出ればよかったなぁと。

遠征ありきだからなかなか難しい(ライブ遠征もあったし)のは事実だけど、もう少しやりたかったかな。

出たのって

・7月文学フリマ札幌

・8月夏コミ

だけですもんね。冬コミ落ちてるし。

 

出れない分合同誌は参加できたと思います。楽しいもんね!

 

 

5.今後の予定

なにもない!

いやーどうしようかなって。

今年がライブ遠征多すぎるので、その分来年は即売会遠征してもいいかなとは思っています。

まぁ出るとなるとコミティアかなぁと。2月は予定入りそうでスルーしましたが、5月はティア数日前にイベント(アイマスオンリー)もあるので検討しています。

あとは日程的に休みの最終日で厳しい、でも行きたいテキレボあたりが検討案件。

夏冬コミは行きたい。

可能なら関西のイベントも行きたい。

 

北海道内イベントは…文フリ札幌は出たいけど、北ティアもいいなぁ。

北ティアのカタログでロストマン紹介いただいたのもあるし、なんとか出たい…(くまぞうさんその節はありがとうございました!)

あと道内でデレマス本頒布する機会は設けたい。エリシアンの客層と合うのかなんともだけど検討。

 

とまぁそんな感じです。

 

冷静に振り返れば、3月シンステで神戸、5月ライブで仙台、6月もライブで大阪、8月はライブとコミケで東京、10月はライブとイベントで東京、11月下旬から12月初旬でイベントで2回東京。

私用の結婚式で上京したのも入れれば8回も遠征してるんですね。

その分を即売会に回せば違うかもですねほんと。

 

出したい本もあるので、来年はその辺り頑張りたい。

なんにせよ、お仕事との絡みもあるので予定は未定なんだけども、うん、やりたいことには変わりない。

 

 

6.終わりに

遠征先で会った人や、イベントで久しぶりに会えた人、本当にありがとうございました。

中には色々と心配おかけした方もいらして…思って頂けるだけで有難いことです。

今年は色んな人に助けてもらった1年だと思っているので、来年は少しでもその恩を返せるようにしたいですね。

なんにせよ、また来年もよしなにお願いいただけたらと思います。また色々お話しましょう。

 

それでは、少し早いですが本年もありがとうございました。

来年もサークル・まりあ骨董および汐江アコ(しおえあこ)を宜しくお願いします。

2018年、皆さまにとってよき1年になるよう祈りつつ、失礼します。

 

それでは、よいお年を(これ書いてるのクリスマスイブの夜だけどね)

 

 

まりあ骨董店主・汐江アコ(しおえあこ)


テーマ:

ライブからもう3週経過しているのにようやくレポという。

いや翌週には概ね書けていたんですけどね。

ハッチポッチの翌週も私事で東京だったので、行きの機内でぽちぽちと。

 

そんなわけで、ディレイLVも終わってるのに今更感あるレポートを書きます。

 

 

○10/7

相変わらず朝は体調が良くない。

けど時間的には早くに出ないと開催地・武道館に間に合わない。

札幌といえどやはり遠征はきついものがありますね。

今回に限っては周囲の人に色々と言って頂いたのもあったのが功を奏しました。

羽田は都心まですぐ行けるけど、成田はそうは行かない。

最初開場の16時を越えて30分くらいに到着する便で行こうとしていました。無理です。

むしろ12時近くの便でもギリギリという。

成田は遠いよ…。

 

そして朝バタバタで、昼は成田到着してすぐに高速バスでしたので、昼ごはんも食べられず。いまだ成田で食事ができてないですん。

ということで東京駅近くのよく食べに行っていたお店へ。

東京駅八重洲口から日本橋方面に歩いて数分。

中華料理のお店、小洞天。

東京勤務時代はよく日本橋~銀座界隈に行くことがあったのですが、そのときからたまに行くお店。

昼のランチはボリュームも味もあって、でもお値段手ごろ。

このしゅうまいがアツアツの肉汁ファーで美味。

そしてやわらか焼きそばの昔ながらの味わい。

ライブ前の腹ごしらえでした。

 

 

今回のお宿はいつもの秋葉原の安心お宿。カプセル。

去年のシンデレラの4thとかTrefleラストでも使いましたが、なんとなくライブ後のオタクが使用していることが多いので、なんとなく好きなんです。雰囲気。

店員さんが描く天気予報とその日にあるイベントのイラストが可愛い。

この日はつむつむ。

 

そんなこんなで一路武道館へ。

秋葉原から九段下は微妙にアクセスが悪いんですよね。

あまり気は進まなかったけど、少し歩いて小川町へ。東京時代の勤務先が近いのであまり近づきたくないというだけですが。

 

 

ライブハウス武道館!

来るのいつぶりだろ。

猛吹雪の中行われた9mmの9周年公演だっけか。

ゲームセンターCXの公録だっけか。

ほんと久しぶり。

 

もともと今回の旅が決まったのは2週くらい前。たしか。

装備も何も、事前物販は終わってるし、当日物販なんて無理(アキバ出た時点ですでに14時過ぎ)。

でもどうせなら、なかなか来れないし(まともにプレイできてない私が言うのもなんだけど)担当のサイリウムを振りたいって思いまして。

遠征前日とかその前にエゴサしまくって、サイリウム共同購入探しました。

いろんな人に助けてもらって揃えることができました。

上からまつり・律子・亜美真美・このみ・奈緒。

ありがとうございました…!

 

同行の方と合流する前に、ユッコのほうでお世話になっている秋桜さんのもとへ。今回も別の企画を運営していたのでその場所へ。

気付かれないようにそっと近付いてうしろからばぁってやったら結構な勢いで驚いてくれました。

今回誰にもハッチポッチ行くなんて言ってなかったから「なんでここにいるんですか?!」って感じのリアクションでした。ぐっど。

驚いた秋桜さんはチーズおかきをくれました。ライブ前に貰うアイテムとしては異例。

知りたい人はハッチポッチのパンフレットを買うといいゾ。

 

 

同行の長月さんと合流。風の戦士。

なにかと百合子Pとつながることが多いです。

 

この日の着用シャツは何にしようかなって思ったんですが、「輝きの向こう側へ」のシャツにしました。

懐かしい。未だかつて同じ映画を劇場で何回も見たのは後にも先にも輝きの向こう側だけ。

 

高まるテンションと反比例して疲れていたしおえさんは開演前寝てました。

 

そんなわけでライブパート。いつものように雑感。

 

01.Welcome!! (765 MILLIONSTARS)

歓迎とはじまりの歌。

ここにきてようやく自分が武道館にいるんだなぁと実感しました。

ゆい㌧がどこにいるかすぐにわかるくらいぴょんぴょんしてましたね。

うまく説明できないけど、両端にゆい㌧置けるっていうのはほんとミリオンの強さだと思う。

 

02.神SUMMER!!(平田、たかはし、戸田、近藤、上田)

多分本家のライブでも聞いたことない。

流れてきた瞬間おわぁぁぁってなりました。

 

03.アニマル☆ステイション!(沼倉、原嶋、小笠原)

今回のライブではソロ曲はないかなーなんて思ってたら序盤で育曲。

動物軍団結成でした。

なにやってもぬーさんは強いですね。

 

04.きゅんっ!ヴァンパイアガール(伊藤、近藤、渡部)

オイオイオイ、死ぬわしおえ。

ヴァンパイアといえば響、貴音、美希の三人という思い出がありましたが、まさかミリオンであの衣装を着た百合子、可憐、桃子によって披露されるとは…!

控えめに言って最高でした。

 

05.スタ→トスタ→(伊藤、夏川)

みっくとナンス出てきたとき、成長中LOVERかなって思ってたらまさかのスタートスター。

ヴァンパイアや神SUMMERといい、もうしおえさんのハートグッサグサ。ありがとうございます。

 

 

06.HOME, SWEET FRIENDSHIP(原嶋、たかはし、中村、原、野村、大関、桐谷、平山、渡部、近藤、戸田)

ミリオンのセカンドシリーズの中でダントツに好きなのが、春香、奈緒、亜利沙、のり子、桃子からなるリコッタです。

生でリコッタ聞けるとは思わなかった…。しかもまさかの大勢構成で。

 

 

07.I Want(中村、愛美)

赤い閣下と赤の奏者。

何回めかわからないけど、まさかギターでジュリア出してくるとは…。

バンド構成のI wantは見たことあったけど、ジュリアによる生演奏は予想外だし、I want好きだしで、テンション爆上がり。

 

08.黎明スターライン(野村、小笠原、麻倉)

スタートスターあったし黎明は頭の中から消されてました。

双海姉妹曲を二つもやるとは…!

 

09.スマイル体操(仁後、上田、平山)

仁後ちゃんはMoIW以来。相変わらずの元気娘っぷり。

この日はうえしゃまとぴらみさん三人で赤いジャージ着ての披露でした。

ジャージ着たうえしゃまが可愛かったです。ものすごく。

 

10. 愛LIKEハンバーガー(原、大関、野村、渡部)

本当にハッチポッチでした。

なにがどこでどういう面々で披露されるか予想もなにもできない。

ルーレットで発表されても全然わからない。

暗闇の中、全方位どこから来るかわからない遠距離攻撃を受けている感じでした。

まさかハンバーガー聞く日が来ようとは…。

 

11. PRETTY DREAMER(小笠原、伊藤、山崎、郁原、沼倉、上田、平田、夏川、仁後、南、愛美、麻倉)

反則的にカワイイ。

カワイイを威力に変えて突撃して来る、そんな印象でした。

 

そのあと行われた反則的にカワイイ選手権は新人への洗礼を乗り越えた南ちゃんとカッコかわいい愛美が優勝しました。

エミリーの真似をして乗り切ろうとしたぬーさんは敗退。ぬーさんは不憫。中間管理職感あります。

 

12. I’m so free!(桐谷、たかはし、平山)

アイマスガールズの中でも歌唱力高い三人による一曲。

自由でした。

最後アウトロで順に歌ってましたが、智秋さんに負けてないぴらみさんと蝶々さんにも驚きました。

この日初めてぴらみさん蝶々さん見ましたが、凄かった…。いいもの見せてもらいました。

 

13.shiny smile(沼倉、南)

かつて新加入で歌った一曲を、新加入の紬と一緒に。

本家のなかでは年下ということもあっていじられることもあるぬーさんだけど、先輩としての顔を垣間見た気がします。

南ちゃんはこれからどういうステージを踏んで行くのか、楽しみです。

 

14.KisS(原、麻倉)

流れ的にソロ曲そのままはないと思ってて、はらみーさんもそうだろうなって思ってたらKisSきちゃった。

しかももちょと。もちょガチ勢はらみーさん優勝。

 

余談ですがTwitterで流れてた箱崎星梨花の妄想セリフで吹きました。

「どこに寄付してほしい?」

 

15. DIAMOND DAYS(MILLION STARS)

リリーナイトとか魅梨怨とか狂喜乱舞のあたり、つまりミリオン初武道館はライブビューイングでも見れてないこともあって予習不足。

でもなんとなくイントロであの曲だってのはわかりました。

 

 

16.ToP!!!!!!!!!!!!!(765PRO ALLSTARS)

ステラステージの曲。

えっなんでみんな普通にコールできてんの???

ってなってました。

いや自分も途中からなんとなくわかってきたけど、プロデューサーの適応力の高さを実感しましたね…。すごいや。

 

17.キラメキラリ(原嶋、仁後)

この日一番武道館が明るくなったと思います。

UOってすごい。場内照明いらないレベル。

年単位ぶりのキラメキラリだし、仁後ちゃんライブ復帰だしで、みんな完全に高まってましたね。

昔からのプロデューサーも、ミリオンのプロデューサーも全員で大盛り上がりで、キラメキラリの威力を思い知りました。

 

18.アマテラス(たかはし、南、郁原、原)

律子ポジションにメガネ着用の郁原さん!!

上条春菜「良き」

そして南ちゃんも参加。

冷静に見るとすごい構成。

スタートからの智秋さん、本家途中からのはらみーさん、ミリオンで参戦の郁原さん、そして今回初参加の南ちゃん。

次々とアイマスの脈が伸びていく、繋がっていく構図を観れた気がします。

 

19.Raise the FLAG(中村、沼倉、仁後、平田)

そして容赦ない本家のガチンコ曲。

アイドルっぽいキュートな曲からエレクトロな曲、さわやかな曲、不思議な曲。色んな曲ありますが、ロックに全振りしたらこうなるんですね。かっこよすぎてもうなんも言えねぇ状態。

 

 

20.ザ・ライブ革命でSHOW!(大関、山崎、夏川、愛美、郁原、桐谷)

先輩たちに負けてなるかとライブ革命でさらなる盛り上げ。

前曲で体力持ってかれてるのにオーバーキルな曲。

でも不思議とどこかから元気で湧いて踊り騒ぎました。

 

 

21. Beat the World!!!(戸田、平田)

曲後のトークで、収録後「この曲をライブでやることはないだろう」と言われていたことを話した戸田さん。

真役の平田さんの出産育児のからみあってのことだったと察しますが、こうして真と歩、二人での披露ができたのは本当によかったし、二人にはおめでとうって言いたい。

実現しないっていうことを時間かけても実現したアイマス。叶わないことなんてないのかもしれないですね。

 

 

22.ハルカナミライ(中村、山崎)

赤の系譜による披露。

中村繪里子さんは自然体で春香だし、山崎はるかさんは気張らないありのままの楽しんでる姿を見せるようになったなぁと勝手ながら思ってました。

山崎さん推しの人からすれば何言ってるのって話かもですが、3rdツアーでリーダーを各公演ごとに務めることになったことで変な肩の荷が下りたのか、自然に笑ってるように見えたんです、わたしには。

西武ドーム以来生で見る山崎はるかさんはほんと楽しそうで、よかったです。微笑ましかった。

 

23.カーテンコール(765 MILLION STARS)

最後にこれ来たか…!

ひさしぶりに聞くこの曲。10thぶり。

前回はアンコール後で、今回は本編最終。

どことなく意味合いというか、感じ方が違ったように思いました。

良さ。

 

 

En01.Brand New Theater!(765 MILLION STARS)

ミリシタという新たなステージを得た765ミリオンスターズの次代の一曲。

歌詞もシアターでのアイドルの面々を気持ちや様子を想起させる。

ミリシタの今後の展開がどうなるかわかりませんが、きっとなんとぉ?!じゃーん!!な未来が想像できてならないです。

そんな希望に満ちた曲でした。

 

En02.THE IDOLM@STER(765 MILLION STARS)

歌マス。

自由行動解禁曲。

色々各地でわちゃわちゃしてましたが、私がたまたま見ていたのは南ちゃん。

なんとなく話しかけるのを躊躇してたのか、ドギマギしていて、意を決して話しかけようとするも出来ず、結果もちょに背中ツンツンというささやかなちょっかい出して、もちょがそれに気づいて微笑みかけるという。

最高かよ。

 

 

そんなこんなでライブは気がつけば終わっていました。

相変わらずライブ後は語彙力のないオタクになってました。すいません。

 

 

もう限界だったので宿では死んだように寝てました。流石に…疲れた。

でも実はこの翌日のほうがぎっちぎちのコッテコテ。休めるときに休まないと。

といいつつ秋葉原でなんかごはん食べなきゃと思ったけど、結局吉野屋に落ち着く辺りダメ。

大人しくラーメン食べれば良かった。

 

ということで、まずは1日目でした。


テーマ:

2日目。

この日は歌織さん。

こーりーさん見るの初めてなので楽しみです。

 

朝おむろに目覚めて、何を思ったか、物販へ。

アイマスの物販は始発でも買えないものもあるという秘境。

どうせやることもないからと行ってみたのが失敗。

目の前で欲しいもの完売という。

当日のツイートは大荒れでした。激おこ。

 

とはいえもうどうにもならんと思って、ライブ前、ある意味で今回の遠征の主目的、専修大へ。

なぜ専修大か。

しおえさんが応援している声優・鈴木絵理さんのトークショーがあったんですよ。

まさかいい年になったのに大学という土地に足を踏み入れることになろうとは。

といいつつ、趣味でとった資格の試験で来たことはあったんですが。

 

えりぴょん関係者がだいたい着ている服でわかるという。

みんなえりぴょんシャツ。えりぴょんに気付いてほしいからとみんな工夫されてました。

と思ってあえてTrefleシャツにしたしおえさん。いま思えば3rdのじゃなくて一番色が目立つ5thのにすればよかった気もする。

 

トークショーはえりぴょんと、えりぴょんと同じ事務所の種崎敦美さんによるもの。

以下、当日とったメモをもとに内容をば。

自分でとったメモなのに速記すぎて読めないのでほんと抜粋。

 

Q1 印象に残っているもの。

あっちゃん(以下A):ありがたいことに今まで参加したイベントは満員で。でもまほよめの名古屋のイベントはそうじゃなくてびっくり。でも逆にがんばろうって思えた。

えりぴょん(以下E):ハートインベーダー。誰も知らない人の前に制服で出た。人間は無条件で人を盛り上げてくれるんだなって思った。

 

Q2 声優以外の別の仕事をするなら?

E:声優になるものだと中3から思っていた。ならないなら…舞台関係かな?

A:小学校前から声優・役者と思っていた。ならないなら…花火師。

 

Q3 学校祭など、学生生活の思い出は?

E:寝る生徒だった。いかに上手に寝るか。学校祭でジェットコースター作った。よみうりランドオマージュ。

A:チアガールズやった。制服短くしたり。意外でしょ?そして私も寝る子。

E:うまくずるがしこくやってた。

A:(修学旅行)ディズニー行ったけど、4時間というプログラムだったし、そもそもファストパスがよくわからなかった。

 

Q4 どんな秋にしたい?

E:できるだけお金を使わない節約の秋。節約にハマってる。

A:筋トレとかにしましょうかね?笑

 

Q5 今までの役の中で心に残ったものは?役作りで考えていることは?

E:その役だけじゃお話はできない。まずは全体を見てから役を考えている。

監督やその原作の前の作見たりしている。

役は全て大切だけど…思い入れあるのは茨夕。

役柄は明るい役がはじまりだろうと思っていたけど、茨夕は意外だった。

A:役作り、考えたことない。役としては…となりの怪物くんが特別。

 

当てて見せますクイズ(お互いのことをもっと知るためのクイズコーナー)

 

A:あまり彼女のことを知らない笑

E:私も何で今日この組み合わせなのか分からない笑

 

1問目 えりぴょんが兄からされたことでトラウマになっていることは?

ヒント…小1 家の中 リビング

答え ジャイアントスイング

 

2問目 あっちゃんが死ぬまでに一度行きたい場所は?

ヒント…寒い その土地の名物は知らない 眺めたい 夏の方がよさそうだけど冬の方がいいかも

答え 知床

 

3問目 えりぴょんの中学時代の黒歴史

ヒント…3年は辛かった えりぴょん自身の問題 仕方がなかった

答え 3年間テニス部で素振り

 

4問目 子供のころにあっちゃんができたアニメのものまね

答え おじゃる丸

 

5問目 えりぴょんのあっちゃんへの印象が一気に変わった理由は

ヒント…2年以内の出来事 レッスン場

答え サイキック写真(Twitter参照)

 

最後のコーナー 演じてみましょう

1つ目 甲子園球児とマネージャー

すいません、メモ読めなくて思い出せない…。

 

2つ目 朝起こしてくれる彼女

E:足の裏にバター塗って、ヤギになめさせるよ~

A:全身の毛という毛を燃やす

 

3つ目 ハロウィンのイケメンショタあっちゃんと少女えりぴょん

明らかにあっちゃんに何かが降りてきた。

やばかった。目覚めそうだった。

 

4つ目 単位落としそうな先輩に対する後輩

誰とは言いませんが、二人ともどこかのユッコや響子に似ていました。似ているだけです。

 

たぶん行った人と話せばもっと思い出せるかもだけど、とりあえずはこんな感じ。

声優のトークライブなんて初めてだったので非常に楽しかったです。

余裕あれば脚本?書いて送ればよかった…。無念。

 

何気にとなりが助三郎さん。ユッコ界隈みんな終結してて笑いました。

 

 

イベント終わってきさきさんもとおさんと神保町でランチ。

最初はアニデレの特番?で上坂さん洲崎さん出ていたロシア料理食べようと思ったんですが、LO終わってて無念。

てんぷら食べました。

勝負にカツじゃなくて勝負にてんぷら。なんじゃそりゃ。

 

神保町から武道館って結構近いんですね。歩いて行けました。

 

今回唯一参加したフラスタ。律子。

 

この日はこのシャツ。

FUBUKIさん製作のこのまつシャツ。

この日二人揃うからDecidedわんちゃんあるかと思いまして…。

 

 

ということでライブパート雑感。

 

01.READY!!(765 MILLIONSTARS)

前日とスタート変わりましたね。

久々参戦の若様がのっけからキレッキレでした。どこにいても一人動きが違うの。こう、理屈で動く律子だけどライブとなるとその奥にある衝動を抑えられないというか。

 

最初の紹介のとき、萩原雪歩役・浅倉杏美さんへの歓声でぐっときました。

みんなで結婚祝福。浅倉さんもだし、見てるこっちもちょっとじんわり来た。

 

 

02.MEGARE!(若林直美、駒形友梨)

上条春菜「良き」

元祖メガドル秋月律子と、特訓前はメガネの高山紗代子。

並び立つのはともかく、紗代子演じる駒形さんがメガネ着用!!

さらに理知的に見えました。美しい…。

メガネユニットの登場にここから先の展開が恐ろしくなりました。

 

03.Sweet Sweet Soul(稲川英里、田村奈央、渡部恵子、高橋未奈美)

ヒップホップなナンバー。

武道館周辺曲だから聞きこめてなかったのが痛すぎる…。

 

 

04.リフレインキス(小岩井ことり、諏訪彩花)

まつとも!まつともじゃあないか!!

しおえさん早くも二度目の死亡。

互いを意識し、ライバルであり相棒であるまつとも。

曲中の朋花演じる小岩井ことりさんのイヤモニにトラブル起きましたが、事なきを得ました。

小岩井さんが強くなったから、というご自身の言及もありました。あとは個人的にはまつり演じる諏訪彩花さんがいたからというのもあったかもなんて思ってます、勝手に。

ハァーーーーーーーまつとも……最高かよ……。

といいつつこちらも聞きこめてなかったのが無念すぎる。せっかくのまつともだったのに…。

 

05.Understand? Understand!(釘宮理恵、渡部恵子)

765ミリオンスターズが誇るツンデレトップ2。

ピコピコメロディからはじまるキュートな一曲。

デリシャスデリシャス。

 

 

06.Shooting Stars(下田麻美、雨宮天、藤井ゆきよ、田所あずさ、角元明日香、若林直美、浜崎奈々、浅倉杏美、Machico、阿部里果、駒形友梨、山口立花子)

綺麗な夜空でした。

近くにいなきゃUOぐるぐるマンは気にならないのよなぁ…。

 

07.マリオネットの心(長谷川明子、Machico)

アッキーのマリオネットってたぶん初めて見る。

アニマスから入った勢としてはやっぱり13話の美希の活躍が凄く好きで、あの時歌ってたのがマリオネットの心でした。

アニマスから数年後、こうして自らの系譜の後輩と歌う日が来るとは思いもしませんでしたね。

気がついたら涙してました。

 

 

08.arcadia(雨宮天、今井麻美、香里有佐、小岩井ことり)

無尽合体キサラギだーーーーー!!!!

どうしてもキサラギあっての曲というイメージがあって、もう聴けないかなーと思ってましたが普通に聴けました。

歌唱力強いカルテットの威力も半端なかった…。

 

09.99 Nights(長谷川明子、釘宮理恵、山口立花子)

ミリオンがツアーで99カバーすることはあったけど、765面々が歌うのって初めて?

アルカディアから一気に曲調が変わり、オトナな空間へ。

美希と伊織という二人が並び立つというのもグッときました。

 

10.Little Match Girl(浅倉杏美、雨宮天、駒形友梨、阿部里果)

リトルマッチガール。いや聴けるなんて思わなんだ…。

ついに耳にできる日が来るとは。

あずみんはどの曲にしても当面聴けないから、刻むように聴きました。

 

11.Eternal Harmony(今井麻美、稲川英里、香里有佐、諏訪彩花、長谷川明子、小岩井ことり、高橋未奈美、釘宮理恵、田村奈央、中村温姫、末柄里恵、渡部恵子)

オリジナルメンバーはミンゴスに諏訪ちゃん。諏訪ちゃんですよ諏訪ちゃん。今回もニーソ姿が可愛らしくて、仕草もまつりでした。

武道館ではいほー!!って言えたぁぁぁぁ!!!!!

もうそれだけで十分。

 

12.ココロ☆エクササイズ(田所あずさ、中村温姫、藤井ゆきよ)

前日出演のうえしゃま演じる高坂海美のソロ曲。

ふっきんはいきんきょーきん!!

この3人での歌唱、つながりはなんだったんだろう。

でも腹筋背筋胸筋叫べたし大満足。

 

13.求ム VS マイ・フューチャー(浜崎奈々、下田麻美)

10.8武道館、福田のり子対双海亜美・真美。

5分間一本勝負。

前回披露は幕張?そのときはプロレスさながらのカメラワークに『のーりーこー! のーりーこー!』コール。

今回は実際に少しファイトしたりしてました。

のり子はパワーで推すレスラーで、きっと亜美真美はケンドー・カ・シンのようにテクニカルなんだと勝手に思いました。

現地で見られてよかった…。

 

14.メリー(若林直美、田村奈央、浅倉杏美)

初見だけど、意味合いが違う。

後から知ったけど、ライブでは7年ぶりの披露という…。

しおえさんは新鮮な気持ちで見てましたけど、古くから応援しているPさんにとっては衝撃的なメリクリプレゼントだったんじゃないでしょうか。

 

 

15.DIAMOND DAYS(MILLION STARS)

なんとなくクラップしたり跳ねたくなる。

ゆっくりと背中を支え、押してくれる。イイ曲よなぁ…。

 

16.ToP!!!!!!!!!!!!!(765PRO ALLSTARS)

前日も思ったけど、なんでみんなそんなにコール順応してん…。といいつつしおえさんもそこそこ順応してて成長を感じました。

 

17.おとなのはじまり(香里有佐、末柄里恵、山口立花子、高橋未奈美)

ミリオン大人組。

背景の映像のフォントの色もパーソナルカラーになっていて良さ。

いい大人なのにウフンとかアハンとか言ってごめんなさいでも超楽しかった。

 

 

18.Honey Heartbeat(Machico、角元明日香、藤井ゆきよ、長谷川明子)

現地で見られて良かった曲。好きなんですこの曲。

ベースの音がもう…何年か前のWinterライブの円盤持ってるんですけど(行ってないのに)、それで見た生バンドのこの曲に撃ち落とされたわけで。

最高すぎる…。

 

19. 俠気乱舞(下田麻美、今井麻美、浅倉杏美、釘宮理恵)

事前予習してて、この曲はやらないだろうなぁ…なんて思ってたらまさかの披露。しかもミリオン面々でなく、765メンバーで。

そんなん予想できますかい。

あまりに貴重で尊い機会でしたわ…。

 

 

20.待ち受けプリンス(阿部里果、中村温姫、浜崎奈々、角元明日香)

会場のみんなが思ったはず。

誰が「前に欲しがってたコレをあげるのか」、

そして誰が「嘘つきとなじってくれるのか」、と。

楽しみ方があきらかにおかしい(だがそれがいい

 

 

21.ジャングル☆パーティー(下田麻美、稲川英里、末柄里恵、諏訪彩花、若林直美)

台湾公演では若き俊才稲川氏と、天才下田の圧倒的なパフォーマンスがありました。

この日はその二人のハイパフォーマンスはそのままにすーじーと諏訪ちゃんの可愛さをプラスし、そして若林神の超絶パフォーマンス。

草にもなるし木にもなる。

誰よりも飛び、跳ね、演じる。

ステージの上では心を押さえない律子を見ているようでした。

 

 

22.アライブファクター(今井麻美、田所あずさ)

何から語っていいかわかんない。

前日はハルカナミライということで赤の系譜。

この日は蒼の歌姫の系譜。

まぁきっとこの二人なんだから間違いないよねって思ってた。

訂正します。間違いないというのは失礼すぎた。

歌を通して戦ってました。

千早が猛れば静香もそれを越えようと応える。

ここまで感情をむき出しにして歌う二人はいただろうか…。

 

演出や思い入れで涙することはよくあるけど、空気がビリビリするほどの戦いを見せられて泣くなんて思いもしなかった。

曲が終わってステージに照明があがったとき、二人は無言で握手してハグして。健闘を讃えあう歌姫たち。

もう拍手するしかできませんでした。

アイマス史上に残る、とてつもない1曲となってしまいました。

 

終演後、ミリシタで送られてきたメールがもうね。泣くよね。

 

23.カーテンコール(765 MILLION STARS)

覚えてるんだけど、覚えてない。

それほどにアライブファクターの影響がありました。

 

En01.Brand New Theater!(765 MILLION STARS)

曲始まる前の社長からのお知らせで、ミリシタにジブリ配信の報が流れたんですね。

大盛り上がりでした。

その勢いそのままに、新世界へと行くように、この曲。

 

En02.THE IDOLM@STER(765 MILLION STARS)

歌マス。

帰りたくねぇってずっと思いながら聴いてました。

 

 

 

765についてもミリオンについても現地は西武ドーム以来。

2年以上空いてるんですね。

もっと言えばミリオンは現地では初めて見るメンバーも多くて(残りは休養中の種ちゃん)。

一言で言うなら、行けてよかった。それだけです。

もっと言うと、生で秋月律子を、若林直美を見られて、本当によかったです。

日程的、体力的にキツイのはありましたけど、投げ打ってよかった。

 

今年は宮城だったり大阪だったり遠征もあったし、SSAに至っては夏コミ被りだったし、落ち着かないままライブだったりもしましたが、今回は久しぶりに何もない状態でのライブだったので、ライブを十二分に堪能した気がします。

たぶん正月のライブは難しいなぁと思うだけに参戦できたのは幸せです。

 

また行きたいと思う要因もできました。

こーりーさんのハミングバード、南ちゃんの瑠璃色金魚聞けなかったもんね。

次は必ず…!

 

 

めったに食べないのに、ライブ後はラーメンとビール。

 

この日も死んだように眠っていました。

 

 

 

おまけ

 

意外!それは前日の使い回し!

 

翌日は東日本橋にて1次創作即売会「ゆめつむ」行ってきました。

なんでしおえさんおるん?っていうリアクションがここでも多くて笑います。

同じ道内勢なのに藍間さんもお久しぶりだったし、夏コミゆっくり話せなかったトオノさん(風の戦士ということでミリシタイベントが気になってそれどころじゃなかった模様)、同じく夏コミ以来の日野さん、今回はスペースでお話できた森村さん、北ティアで素晴らしい紹介文書いて下さったくまっこさん、冬コミ以来の悠川さんや2年ぶりのウォンバットやしろさん、ほんと色んな人に会えました。

会えてよかったです。最近は生存報告が主になって申し訳なさ。

またいずれゆっくりと創作界隈とはごはんでも行きたいですね…。

あとゆめつむは一回出てみたい。

 

ゆめつむの目的の一つ、綿津見さん主催「アンソロジー空」のチラシの受け取り。

よくできてる…流石綿津見さん。

アンソロジー空は、11月のコミティアで頒布されます。

しおえさんも1次創作の汐江アコ名義で小説一本寄稿しています。

ぜひ、よしなに…!

 

ゆめつむ内にあった神社。

本出神社。

が、がんばりまーす…(しろめ

 

 

そんなわけで、ハッチポッチレポ+αでした。

当日遊んでくれたP勢、ゆめつむ勢、同行の長月さん、そして色々と助けてくれた皆様ありがとうございました…!


テーマ:

SSA後の打ち上げやTwitterで書いてましたが、楽屋花についての記事を書いてませんでした。

覚えてはいたけどなかなか書けなくて申し訳ない…。

 

 

ということで、書きます。

今回楽屋花に関するアレコレをまとめることで、今後「私もお花を贈ってみたい、でもどうやってやれば?お金も結構かかるんじゃ…?」などなど、色々と密かな想いをお持ちの方の一助になれればとおもいます。

 

決してお花を贈ることは難しいことではありません。

しおえでもできたことです。あなたにもできます。

 

 

_______________

 

今回やったことについては、おおまかにはTwiplaに書いてますので、見てもらえるとわかりやすいと思います。

Twipla企画ページ

 

先に、今回の完成品をお見せします。

 

 

 

 

≪今回の企画のきっかけ≫

私はシンデレラガールズを通して鈴木絵理さんを知り、そして彼女が所属するTrefleというユニットを知りました。

そのTrefleからは元気や励まし、色んなものを頂いたと思っております。

またTrefleメンバーである高橋花林さんはシンデレラガールズの森久保乃々役に選ばれました。これは非常にTrefleマネージャーとして嬉しいことでした。

 

ですが、そのTrefleは2016年11月をもって活動休止となりました。

もちろん休止となっても応援し続ける気持ちに変わりはありませんでした。

活動休止から数カ月後、シンデレラガールズの5thライブツアーの発表がされました。

そしてメンバーも追って発表(SSAはさらに後日発表)。

その中には、Trefleメンバーである鈴木絵理さん、そして高橋花林さんの名前がありました。

ただし、二人が同じステージに立つことはありません。鈴木さんは宮城・大阪、高橋さんは石川の出演です。

Trefleのライブやイベントでよくご一緒させていただいた、シンデレラPでもあるもとおさんと「もしSSA公演で二人が同じステージに立つことになったらお花とかやりたいですね」なんて話していました。

そしてSSA出演者発表。1日目に高橋さん、2日目に鈴木さん出演となりました。

 

純粋な意味でのステージ上共演ではありませんでした。ですが同じ会場での公演。

加えて、次回以降の機会にお花企画を回すと、Trefle活動休止から時間が空きすぎてしまうことへの懸念(他の参加者の参加数や認知度等)。

他の要素もありますが、色々と熟慮を重ねた結果、お花企画を実行に移すことになりました。

 

 

≪楽屋花企画の目的≫

「Trefleが活動休止しても、私たちマネージャーは二人のことを応援しているよ、見ているよ」

そう言ったメッセージをお花を通して伝えることが一番の目的です。

ここがしっかりしてないと参加者も賛同できないと思いますので。

もちろん勢いそのままに『えりぴょん出るからやろうぜ!』でも全然OKだと思います。

 

 

≪企画の流れ≫

※便宜上①~と番号を振っています。

概ねは順番通りですが、ところによっては同時並行だったりもするので、ご注意。

 

①お花屋さんへの予約

とにもかくにもこれが一番。

本企画の同志にしてアドバイザーの秋桜さんに最初に教えてもらったことです。

出演者や会場が決まった時点でまずはお花屋さんへの予約をしましょう。

お花の内容や規模、予算は未確定でもOK。まずは枠をとらないことには何もできません。

 

ちなみに今回は秋桜さんにいくつか紹介頂いたお花屋さんがありましたが、すでに予約でいっぱいでした。恐らく私と同じシンデレラガールズSSA公演へのお花だと思います。

ちなみに予約の電話をしたのが、出演者発表された日から数日後の土曜でした。

 

今回は辛うじて予約できたフラワーショップナカガワ様にお願いすることになりました。

 

②市場調査

個人で送るのであれば規模や予算など好きなようにやっていいと思いますが、何人か協力者を集めてやるのなら、ある程度の調査はしてもいいと思います。

今回は規模が読めなかったので、事前に「もしこういう企画をやるとしたら参加しますか」というアンケートをTwiplaで取りました。

その上で「このくらいの規模かな」と考えて、やりたいこと・やれること・やれないことを考えました。

 

③依頼

お花だけ送るのであればデザインを考えるだけですが、もしシンデレラガールズや声優ライブにあるようなボードやイラストを作りたいのであれば、それも準備する必要があります。

今回は事前にもとおさんとも話して、この企画をやるなら絵師はもとおさん以外にいないと思って依頼しました。

(この時点で、主催兼雑用しおえ、イラスト兼サポートもとおさん、スーパーアドバイザー秋桜さん体制ができつつありました)

 

依頼するときは

・どういう企画をやるのか

・どのくらいの規模でやるのか(イラストのざっくりのサイズ等)

・おおよその納期

は伝えましょう。

 

④お花屋さんとの打ち合わせ

お花屋さんによっては直接の対面でないとやれないところもあるように聞きますが、電話やメールで相談にのってくれるお店もたくさんあります。

今回はメールと電話で全てやりました。というより、お花屋さんが千葉県、しおえさんは北海道。そうせざるを得なかっただけですが。

 

ある程度どういうことをやりたいのかを決めたらお花屋さんにイメージを伝えましょう。

判明しているならイベントのフラワースタンドや楽屋花のレギュレーションも伝えましょう。

予算や規模も伝えつつ、どういう形なら実現できるか、というのをディスカッションします。

もしあればざっくりとしたイメージ図を見せるのもいいと思います。

 

ちなみに今回一番最初に送ったイメージ図はこれでした。

相変わらずペイント系ソフトが苦手で、Wordで作りました。

ちなみに内容はもとおさんと相談しての暫定版でした。

よくこれで上の完成図ができたなと思います。。。

 

 

余談ですが、あまり焦りすぎる必要はなかったなと思います。

もちろん直前バタバタしていましたが。

というのも、お花屋さんには当然他のお仕事もあるわけで。今回についてはお花屋さん千葉県で、シンデレラに関しては幕張公演もあって、その時期は本当に忙しそうでした。

この企画は6月に動き始めて、幕張前にはある程度は打ち合わせも済んでいた感じでした。

感覚がわからないので結構細かい打ち合わせもしていました。「これ結構私たち遅れてますよね…?」と聞いたら、お花屋さんからは「むしろめちゃくちゃ進んでる方です…!」とのことでした。

 

実際にいつからお花屋さんが動き始めるのかについては聞いといたほうがいいかもしれませんね。

また、お花屋さんはかなりバタバタしている時期もあり、互いに認識がずれてたり、忘れられることもあるので、しっかりと打ち合わせするにこしたことはありません。

 

ちなみに、お花のサイズをざっくり確定したあとにレギュレーションが出たのですが、それを伝えるのをすっかり忘れて、少しアチャーな感じにはなりました。

 

さらに余談ですが、打ち合わせの電話をしている向こうに知り合いの某茜Pが現場にいたらしいです。直接お店に行っての打ち合わせだとか。まさかの奇遇で笑いました。

 

 

⑤イラストやボードの製作

今回はフラスタではなく、楽屋花ということで、大きなものは作りませんでした。

イラストについては、ミニPOPという形で製作しました。

印刷・生産はキンコーズです。

 

同じくボードについてもキンコーズでの製作です。

パネルセットというヤツです。

ちなみにキンコーズに現物受け取りに行ったらキンコーズの人と「…もしかしてSSA行かれるんですか?」「はい」「羨ましいです、私全部落ちて」っていう会話をしました。

 

キンコーズを利用の際は、その店舗で印刷・製作されない場合もあります。時間がかかることもありますので、よく確認するといいでしょう。

 

できたPOPやボードはお花屋さんへ送りましょう。

持参でもいいです。

 

余談ですが、お花屋さんによってはこういったボードやイラストを印刷してくれるところもあるようです。

もちろん印刷所と違って簡易なラミネートや厚紙の貼り合わせな感じですが、手段として使えるかも聞いておくといいでしょう。

 

⑥参加者への連絡

具体的な完成図が見えたらTwipla等で参加者へ連絡しましょう。

参加を迷っている人にもイメージが伝わるかもしれません。

その他、決定事項等あれば連絡しましょう。

 

⑦集金

決めないといけないのは2点。

・口数と金額単位

・集金方法

 

一口1,000円からの参加が一般的なのかなと思いますが、企画によっては2,000円だったりもします。参加者の心的ハードルはやはり安い方が低くなると思うので、しっかり考えましょう。

このあたりはお花屋さんと話しての予算金額と、参加者見込み人数を見て決めましょう。

 

今回は規模も小さく、参加者も管理できる人数でしたので、全て振込にてお願いしました。

もちろん規模が大きくなればいちいち振込の確認なんかできません。

その場合は専用の決済サイトを利用する(Paypal等)ことや、場合によっては現地での集金・別イベントでの集金も選択肢にはあがるでしょう。

 

⑧イベント直前

お花屋さんと確認し、お花がちゃんと届けられるようにしましょう。

また、フラスタであれば当日現地で見られますが、楽屋花に関しては当然楽屋には入れませんので、見ることはできません。

ですので、事前にお花屋さんから完成写真をもらえるよう話をしておくと吉です。

企画者本人はともかく、お金を出資してくれた参加者にも完成図は見せたいところです。

 

⑨イベント当日

無事に納品連絡がくるのを待ちましょう。

あと…今回はお花とは別にメッセージ色紙を製作して贈りました。

色紙は色々とやり方があるので、おまかせしますが、今回に関しては参加者の皆さまからメッセージ頂いて、それを私の方で打ち込んで、ちょっといい紙に印刷して、ミニ色紙に貼り付けました。

それを会場のプレゼントボックスに投函して完了です。

 

⑩後日報告

企画が終了したら、参加者の皆さんに完成図をお見せしたり、収支報告をしましょう。

収支については人によるとも思いますが、隠すことでもないので。

 

Twipla見ればわかることですが、今回はしおえさん持ち出し多いです。

それ自体は事前にわかっていたことだし、「何があっても企画やりとげたい」という気持ちが大きかったので特に気にしていません。

もちろん極力黒字に近い赤字にすることもできたとは思いますが、今回はTrefleマネージャーであり、シンデレラPでもあるという前提があり、参加者をかなり絞った企画でしたので、あえて無理はしませんでした。

ちなみに当初はもう2万くらい積んだ楽屋花の予定でしたので、実際の心理としては「あっちょっと浮いた」という感覚でした。

※レギュレーション判明後、サイズダウンをしたので安くなった。

 

 

≪企画を終えて≫

反省だらけです!!!!

動き出しは早くて順調だったけど、具体的に何をどうするのかということが決まらず(デザインや規模、その他)、おまけに夏コミも重なってしっちゃかめっちゃか。

やったことないことだったので慎重にやりすぎた感もありました。

結果、もとおさんにはほんと色々と迷惑かけっぱなしでした。同時にいてくれなかったら企画回せてなかったなと思います。

 

ただ、やってみて思うのは、(色々とやることは多くて大変だったし、迷惑もかけたけど)「できるじゃん!」ってことです。

ぶっちゃけお花屋さんとコミュニケーションさえ取れれば何となくできちゃうと思います。

もちろんイラストやボードなどは絵師様や先人の知恵もお借りしないとですけど。

 

私は地理的なハンディもありますし、私事もあってなかなか平日に動けないことも多いです。

ですが、それでも企画をできたというのは、「誰だってできる」という証明になるのではと思います。

 

もし、今回のライブツアーを見て、または演者のツイートやブログに出ていたお花を見て、ないしは企画者を見て、「いいなぁやってみたいなぁ」なんて思ったら、やってみればといいと思います。

もちろん不安であれば、経験者の話を聞くのもよいでしょう。私程度の知見でよければ相談には乗れます。ペラいけど。

 

 

最後の最後に…

Twitterやブログで演者さんがお花の写真を掲載するの、めちゃくちゃ嬉しいことがわかりました。

メッセージ、届いてくれてたならいいなぁ。

 

 

そんなわけで、備忘録やメモもかねて書きました。

何かの参考になれば幸いです。

(何か思い出したら加筆するかもですが)

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス