1号店オープンから4年を超え、2号店も2年半。「さすがに頭打ちかな?」と思っても、おかげさまでお客様は増え続け、
オープン当初から、売り上げのグラフはゆるゆると上がり続けている。
(2号店オープンしたときはさすがに分散されて少し減ったけど、
数ヶ月で回復し、そこから両店が作用し合って飛躍的に伸びた。)

タイミングもよかったと思う。
今は大阪もシーシャ屋さんが増えたけど、
4年前はけっこう黎明期で、専門店はほぼなかった。
最初はまず知名度を上げるのに苦労して、
怪しまれたり通報されたりしながらやってきて、
ここ1年くらいで急にシーシャカフェが増える前に
おこがましいけど、人気店と言われるお店になれたと思う。

とはいえ、やってみてしみじみ思ったけど

飲食は儲からねえ!!

基本、パソコン1台と赤ペンがあればできる仕事してるから
較べるのがおかしいんだけど、
それにしてもなんだ、この原価率。

仕入れて、場所確保して、光熱費と人件費を払ったら
笑ってしまうほど残らない。

さらに暴利、たばこ税!!
ああたばこぜいたばこぜい。

紙たばこは半分が税金とかよく言うけど、
シーシャのフレーバーなんて、だくだくのシロップにもきっちり税金かかって
たばこの葉はほとんど税金だよ。
お客さん、ほとんどそれ、納税だよ。

ブラックで有名なシフルも、さすがにスタッフも増えたし、
まー、ほんとに厳しいですね。

とはいえ、喫茶店に較べると、うちは客単価も高いし、
廃棄率も、スペシャルに低い。
(紅茶の葉っぱ、腐らないし。
パンとか牛乳はその都度買いに行くから、ほぼ廃棄出ない。)

コーヒー1杯で粘られる純喫茶とか、
どうやって成り立ってるんだろ、と思う。

売り上げが増えると、仕入れも人件費も増えるし、
固定費が一定の分は楽になってるんだけど、
既にお客さんが外まで溢れてるこの状況、
お引っ越し?とか考え出すとおそろしい。

まあ、贅沢な悩みだとは思うけど。
3連休最終日も忙しくなりそうだ。

またペンか、という話なんだけど。

蛍光ペン。

編集で指定原稿つくるときは必須だけど、
校正でも使う。

校正は、3色ですることが多い。
赤がマスト、青がベター、
鉛筆がコメントというのが、まあ一般的じゃないかと思います。

でも、意外と、蛍光マーカーの出番は多い。

校正とりまとめのときの、取捨選択だったり、
再校のときの、要再校との照合だったり、
あちこちに同じ修正箇所がある場合、
「以下同」の指定だったり。

私の段取りがまずいのか、要領が悪いのか、
以前は、「やたら原稿がカラフルになってしまう問題」がありまして、
基本のピンク、水色などなどでは足りず、
ちょっと珍しい紫、さらに珍しい茶色、
それでも足りないと黄緑と緑、水色とブルーというギリギリな感じまで
各種、取りそろえていました。

マーカーあるあるで、キャップをすぐなくすし
がんがん使うとすぐ出なくなるし、で
予備の予備の予備、くらいまで用意し、
補充用インクも各色揃えてた。

最近はそこまで手の込んだ編集作業を受けることも少なくなり、
そこまでカラフルに蛍光マーカーを使い分けることはなくなりました。
ノック式のも発売されて、ペン自体も使いやすくなりましたね。
ここにもフリクションの波が来てるし。

でも、基本的にラインは印刷物の上に引く設定だからか、鉛筆やペンの上に引くときれいに引けないことが多いし、
まっすぐに引けないことが多いし(透明窓とかがあるにも関わらずまっすぐ引けないのは、私の技量の問題か…)
まだまだ進化していくんでしょうね。

毎年の文具博が楽しみです笑






はい。
デフォルトの私の荷物です。
ア○ロより圧倒的にたくさん入る、
収納部が二つに分かれたモズのリュックは
どちらもパンパン。

ゲラが2セット、iPad Pro12.9と、無印のiPad、
お弁当、筆記用具もろもろが入ってる。

さらに補助バッグ。
めんたいパークの保冷バッグ。

1号店から2号店への運び屋さんとなって、
フレーバーを移動させたり食材を移動させたり、
あるいはコストコで仕入れたものを各店に入れたり。
はたまた、お客さんお買い上げの商品を両店の在庫からまとめ、
ゆうパックやらクリックポストやらで送ったり。

どれくらいの重さがあるんでしょうね。
「今日はマシかな」と思った日で、量ったら8キロくらいでした。
本気で重い日は、そんなことする気力もないくらい、ガチで重い。

そもそも、事務所が三つに分かれていて、
仕事が切り分けられていないことが問題ですね。
これでも、かなりマシになった。
ほとんどをPDFで管理するようになって、
紙資料は圧倒的に減った。

iPad Proは、常に持ち歩いてないと不安なんだけど、
無印のiPadは、「持って帰ってきてよーぅ」という
子供たちの熱烈リクエストが…
どちらかというと仕事で使うことは少ないんだけど、
ないと、必要なときにめちゃくちゃ不便。

そんなこんなで、今日も重い荷物を背負い、
「登山でもするの?」と言われながら
ふうふう歩いてます。