どうも、みなさんお久しぶりです!上田健介です

昨日休日だったので、奈良の興福寺でやっていた将棋の名人戦の大盤解説を聞きに行ってきました。

奈良で行われるのは

 

午後1時半開場の午後2時開始予定だったのですが、楽しみ過ぎて朝7時に目が覚めて

正直やる事も無かったのでそのままとりあえず奈良市に。

県庁所在地やしそれなりに店で時間つぶせるっしょ。て感じで出発。

そして、8時に到着したものの。。。

 

 

時間潰すための店が開いてない!!!!、、、、、orz

 

飲食店が閉まっているのは当然としても、ジャンカラですら11時開店とかなめてるやろ(`ε´)

結局、開いてたのマクドとミスドだけ。。。うん、テンションあがってもあまりに早く行くのはよくないですね(;^_^A

マクドに入って朝マックして全力で時間潰ししました

そして11時になりました。正直これ以上マクドで時間潰せない

現地にいったら1人2人はもう来てるかなと思いとりあえずマック出る。

 

 

11時半ごろ現地に到着!するとすでに現地には4人も居ました!!!

みなさんまだ2時間前ですよ(^o^;)

一番最初の方は十時ごろだとか早すぎです!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 

まあ、そこではniconicoとかabemaTVとかの放送見ながら時間潰したんですが。

開場になるまでに決戦になりそうな局面になりました。画像

封じ手から進んでこの局面後手の佐藤名人は△35歩としましたが

△55銀▲35歩△54飛▲34銀△36歩▲同銀△46銀とかもあったかなと

まあその場合は大盤解説が始まる前に終わってしまうかもと思っていたので一安心。

 

その後対局は昼休憩に入って僕たちも大盤解説会場にはいりました。

昼休憩のあとは対局は進み、大盤解説は初手から並べています

畠山鎮七段と斎藤慎太郎四段の解説が漫才みたいで面白かったです。

その後、対局、解説は進み、以下の局面に

画像

普通は▲74歩と止めたくなるところですが△77銀から▲同桂△同歩成▲同玉の場面で△54桂があり

▲72歩と先手をとって止めるのではと言われていました。しかし羽生竜王は▲34桂と踏み込み

そのまま押し切って勝ちました。

もっと詳しい解説は他のブログに任せるとして、個人的にこの踏み込みはすごいと思いました。

少なくとも▲59玉の局面が見えていないと怖くて指せない手だと思います。

 

ちなみにその▲59玉は次の一手問題になって、僕は正解した上で抽選にもあたって

扇子もらいました!!めっちゃ嬉しい(*^▽^*)

 

日頃の行いって大事ですね≧(´▽`)≦

 

大盤解説場の写真とか扇子の写真も撮ったんですけど

データ無くしてしまいました。。。

 

あいかわらず詰めが甘い上田でした。

ではでは( ゚д゚)ノシ サラバジャー