お墓の値段はいくら? 富山のお墓の営業マン・宮崎が正しいお墓の建て方を教えます。(富山良いお墓研究所)

お墓の値段はいくら? 富山のお墓の営業マン・宮崎が正しいお墓の建て方を教えます。(富山良いお墓研究所)

富山・石川でお墓の購入を考えてる方
関東や都市部、その他の地域で墓地を購入しようとしてる方、
お墓の営業マンならではのアドバイスをいたします。
気軽にお問い合わせしてください。


無料相談はこちらから または hm_x_358@p2.tcnet.ne.jp
お墓の価格・墓地の選び方、お墓の質問は何でもどうぞ


良い石材店の条件
  • 中国石やインドの石に勝手に名前はつけずに本当の石の名前で見積書に書く
  • 構造に関して丁寧に説明する
  • 等級がある石もあるのでちゃんと説明する
  • 設計図は正面、側面、上面を用意し全て寸法が入ってる
  • アフターサービスの内容を詳細に説明すること
  • 見積書に「才数」が書いてあれば尚良し
  • 雨の日には施工しない

もし以上を全てクリアした石材店があれば優秀な石材店です。
才数は設計図には書かなくても説明してくれれば良いです。
書くと消費者が他の石材店に図面を見せた場合(けっこうある)に不利になるので見積書には書いて無くても仕方がありません。


富山県と石川県の方々へ

富山県・石川県の皆様へ、良い石材店を教えます。
当たり前ですが、富山県内で私の事を良く言う石材店なんてありませんよ。
お墓について重要な事は話さないと分からない!!!


テーマ:

この記事は

良い石材店とは、石材店選びのポイントとは?・・②

の続きです。

 

 

それでも一般消費者は良い石材店を選ぶのは難しいでしょう。

 

  • 石材店数社から5年前くらいの施行例を見せてもらう
  • 石材店数社から設計図と見積書をもらう
  • 才単価を調べる
  • 設計図の構造を比較する
  • 雨の日に施工しないかを確認する
  • 保証書の前に約束事を書面化してもらう
  • 保証書を作ってもらい無料と有料のものを聞いておく

 

これをちゃんと聞いてくれたら良い石材店です。

 

ただ才数計算できますか?

 

 

前記事では文字制限(3000文字)に達してしまって詳しく説明できませんでした。

 

良い石材店を選ぶのが難しいのは

良い石材店という定義が曖昧なので

才単価を調べ設計図を見ておかしな箇所が無いのかを調べないと

良い悪いは判断できないからです。

 

 

 

設計図と見積書を比較してはじめて良いか悪いか判断できる。

 

これも何度も言っております。

  • 設計図を見ておかしな箇所は分かりますか?、その設計図は完璧ですか?
  • 設計図には寸法が入って無い箇所があっても才数計算は出来るのですか?

外柵を含めた墓石の設計図を見て良いか悪いか判断できる消費者はいないでしょう。

 

例えば私が住宅の設計図を見せてもらって

致命的におかしな箇所というものは発見できません。

 

特定の分野において素人が設計図を見せられても

絶対に良いのか悪いのかを判断できないと思います。

 

 

ある石材店が出した設計図なんですが、

 

1坪(180cm×180cm)、畳二枚分の大きさの墓地に

大きなお墓を建てて正面に灯籠が設置されていました。

 

その墓地は左右にもお墓が建ちます。

後ろにもお墓が建ちます。

 

後ろはかなり狭くなっています。

 

正面の灯籠を設置することにより

お墓の掃除がかなり困難になっています。

 

灯籠と墓石本体の距離は短く子供でないと入り込めないものでした。

 

どこのバカがこういう設計図を作ったんでしょう?

 

あり得ない設計図です。

 

 

このような設計図でも一般消費者は何の疑問も持ちません。

(この事例も過去に取り上げています。)

 

 

富山県では他社でも修正の必要のない設計図があるんですが

 

富山県以外では設計図の手直しが無かったことは

ほとんどありません。

手直しだらけです。

 

メールで送られた設計図に赤色で印をつけて

具体的に修正した方が良いと思われることを

出来るだけ分かりやすく詳しく書いて送り返しています。

 

 

私は構造重視なので判断基準は厳しいとは思いますが

本当にまともな設計図はありません。

 

 

 

石材店と契約する皆さんが何を判断材料として決めているのか、

 

私はサッパリ分かりません。

 

本当に謎です。

 

  • 業界団体に入ってるというだけで決めたのですか?
  • TVCMなどで有名だから決めたのですか?
  • 誰かから紹介されたから決めたのですか?
  • 営業マンのしつこさに負けてしまったんですか?

 

設計図と見積を見比べ才数計算し施工例も見て保証もしてもらって

墓石購入を決めた人って何人いるんですか?

 

 

良い石材店とは?と検索するとポータルサイトや石材店HPがかかりますが

言ってる事はほぼ同じと書きましたが、

そこにはこういう石材店には要注意とか

避けた方が良いという石材店の事も書いてありますね。

 

 

 

避けた方が良い、要注意の石材店とは?

 

大幅値引きがいちばん危険です。

 

実際に富山県でも競合したら大幅に値引きしてくる石材店はあります。

で、その石材店はそこそこ有名なんですよ。

 

大幅値引きをしてくるのはどんな理由なんでしょうか?

 

  • そもそも最初の見積が高い
  • 安い仕入れ先に変更する
  • こっそり設計図を変更し才数を削る
  • 展示品と同じ寸法に書きかえ設計図を変更する
  • etc

 

「あんたらの業界ちゃどうなっとんがよ!

こんだけ引かれたら最初の見積ちゃあってないようなもんか!?」

 

とある石材店に言ってやりましたというお客様がいらっしゃいました。

 

その時に私は

「最近はお客様がかなり値引き要求されるので

最初から高い見積を持って来たんでしょうね。

大丈夫です、私は値引きできないギリギリのズバリの価格を出していますから。」

 

とおもむろに見積書を出しました。

(もちろん他社の見積価格は聞いていません。いつもです。勝ちますから)

 

そのお客様は

「墓石ってほんまに値段があってないようなもんなんだな。」

と呆れた様子でした。

 

そうなんです他社が大幅値引きした価格よりも

私が出した見積価格は安かったんですから。

 

理由としては

店舗が無い

中国から直接仕入れる

が大きな要因です。

 

 

避けた方が良いという石材店は

説明が不十分、石に詳しくない、

など当たり前のことで指摘されたような石材店であれば営業する資格もありませんよね。

 

 

 

見積書に「値引き」という項目の無い見積書はほとんど無い

 

日本全国各地から見積書が送られてくるんですが

値引きの無いズバリの価格を提出する石材店は本当に少ないです。

 

値引きとかサービスという記述が本当に多いです。

 

価格を高めに設定してるから「値引き」が発生します。

 

サービスって、才単価が少し高めに設定してあるから出来ることです。

 

考えりゃすぐ分かる事ですよ。

 

 

例えばスーパーで

閉店3時間前くらいに「2割引き」のシールが

閉店1時間前くらいに「半額」のシールが惣菜などに貼られますよね。

 

それと一緒です。

 

スーパーだって馬鹿じゃないので作った惣菜の何%が売れ残るか

データーにしてて、そこから逆算して少し高めに設定してると思われます。

 

最近スーパーの惣菜の値段、ちょっと高くないですか?

 

 

 

消費者は石材店から煽られないこと、たくさん話を聞いて判断することが重要です。

 

墓石営業マンは口達者ですしそうでなきゃ生きていけません。

 

今まで数多くお墓を建ててきた墓石営業マンは百戦錬磨であり

客の落としどころは分かってます。

 

あなたは話を聞いて決めそうになると思いますが

他社の話を聞いて比較してから判断した方がいいです。

 

 

ポータルサイトや石材店HPで「良い石材店の条件」に全てあてまはる石材店が

見積価格がボッタくりであった場合、砂の城は一気に崩れ落ちます。

 

そういう危険性はあると思いますよ。

 

石材店を何社も回って話をきけば時には熱心な石材店に巡り合うこともあるでしょう。

 

 

また墓石営業マンが多くいる石材店においては

担当者が誰になるかは重要な問題です。

 

良い石材店というより良い営業マンです。

 

おおきな石材店にもたまには良い営業マンがいます。

しかしその人に当たるかどうかは「運」です。

 

 

 

 

石材店をいくつもまわったが余計に分からなくなった人はこちらにどうぞ。

 

お墓の無料相談です。

 


テーマ:

この記事は

良い石材店とは、石材店選びのポイントとは?

の続きです。

 

私が良い石材店だと思う条件は他のサイトとは違います。

 

今まで何度も言ってきましたが良い石材店だなと思うのは

ポータルサイトや石材店HPに書いてある項目を当然クリアしたうえで

以下の条件をクリアした石材店です。

 

  • 中国石やインドの石に勝手に名前はつけずに本当の石の名前で見積書に書く
  • 構造に関して丁寧に説明する
  • 等級がある石もあるのでちゃんと説明する
  • 設計図は正面、側面、上面を用意し全て寸法が入ってる
  • アフターサービスの内容を詳細に説明すること
  • 見積書に「才数」が書いてあれば尚良し
  • 雨の日には施工しない

どうですか?

 

親身になって相談にのってくれるとか、

施工例を見せてくれるとか、

そんなのは当たり前なんですよ。

 

というか私に相談してくる方々の多くは

石材店に親身になって説明をされていないんですよ。

 

誰もが当たり前だと思うことが実行されていないのが現実なんですよね。

だから私に相談メールを送ってこられるのです。

 

 

私の思う良い石材店の項目について説明します。

 

 

 

中国石やインドの石に勝手に名前はつけずに本当の石の名前で見積書に書く

 

これはかなり悪質です。

 

客は素人です。

 

G623を○○石だとか○○って言われても分かりません。

そういうもんだと思ってるんですよね。

 

他社に言って初めて「へえ~、本当はそういう名前なんですね。」

と知らされても何を意図したものか分かりません。

 

営業マンなんて口が達者ですから

「G623とかって言うより○○って言う方が親しみやすいんですよ。」

などと簡単に丸め込まれて

競合した時の言い訳であり本当は何の石であるかを

隠そうとする腹黒い考えを知る由もありません。

 

AG98にしても福建省のAG98もあれば江西省の新AG98がありますが

勝手に名前をつけて○○○という名前をつければ

AG98なのか新AG98なのか分かりません。

(仕入れ値が違います)

 

 

石の名前を隠すことによって客が正当に判断することを妨害するわけですので

かなり悪質であると思います。

 

 

 

 

構造に関して丁寧に説明する

 

これは日本各地のお墓事情により色々違うのですが

多くの地域のお墓は納骨室に雨水が侵入してしまう構造です。

 

富山県のお墓は晴れた日にボンドを使って施工すれば雨水は絶対に入りません。

 

 

石材店は古くからの工法のまま施工し

客に対しては雨水が納骨室に入るという説明はしていないようです。

 

㈱第一石材の能島社長は納骨室に雨水がはいるということを

お客様に説明するとほとんどのお客様は

それは嫌だと言われると書いていらっしゃいます。

 

 

構造が良いかどうかは外から見ただけでは分からないのです。

 

目に見えない箇所で工夫されているのでありまして

お客様にちゃんと説明しないと分かりません。

展示場で実際のものを見ないとなかなか理解はできないものなのです。

 

 

 

等級がある石もあるのでちゃんと説明する

 

以前ぴったんこカンカンできみまろ墓を買うという特集があって

安住アナウンサーときみまろさんが都内の民営霊園に行きました。

(動画はすでに削除されておりました)

 

 

霊園を見て事務所で説明を受けられてましたが

それは本当に呆れるものでした。

 

中国石には全て勝手に名前が付けられており

庵治石が紹介されていましたが、

ただ「庵治石」と言われただけです。

 

庵治石は大きく分けると

細目
中細目
中目

と三種類の等級がありますが、

さらに細かく6種類に分けられたりもします。

 

東京の石材店さんが言う「庵治石」はどんなレベルなんでしょう。

 

 

大島だって

特級

一級

二級

ってあるし丁場によっては「カレイ」というものもありますし

大島石材工業さんの良いものとして「碧」という石もあります。

 

なにがなんだか分からないですよね。

 

アーバングレーなども品質に差があるので

正直に話してくれる石材店を選びましょう。

 

 

 

設計図は正面、側面、上面を用意し全て寸法が入ってる

 

才数計算には不可欠です、設計図に全て寸法が入ってるのは。

 

富山県内での競合で設計図を送ってもらったことは何度もあるんですが

ある石材店が墓石本体の寸法が入ってなかったのが一度あっただけで

その他は全部寸法が入ってました。

 

ところが寸法が入ってるのは一部だけで

民営霊園の契約前のものは全く寸法が入ってなく

見取り図だと言われたそうです。

 

とにかく寸法が全部入ってないんですよ。

才数計算をさせないための意図的な行為なんでしょうか?

 

ナメてんのか!、って思いました。

 

 

 

アフターサービスの内容を詳細に説明すること

 

石材店のHPには

「アフターサービスも万全です!」

と書いてありますが何がアフターサービスなんでしょうか?

 

 

墓誌の追加文字彫刻(有料)

施工後の修理(有料)

など。

 

これがアフターサービスですかね?

 

 

施工後に一年に一回の点検を3回(無料)

施工後に一年に一回の洗浄2回(無料)

こういうのがアフターサービスではないでしょうか?

 

建てたお墓の修理と墓誌の追加文字彫刻なんて有料ですが当たり前じゃないですか。

 

意味が分からんわ。

 

 

 

見積書に「才数」が書いてあれば尚良し

 

実は私は才数を見積書に書いていません。

それでも才数については詳しく説明して才単価というものもあり

それが分かれば必然的に価格が高いか安いかを判断できます。

 

それに今まで富山県内で見た他社の見積書において

才数が記入してあったことは一度もありませんでした。

 

お客様に「才数」って聞いたことありますか?

と毎回尋ねるのですが

「何のことでしょうか?」

と石材店はお客様には才数を説明していないんですよね。

 

それが富山県の石材店の営業スタイルといえばそれまでなんですが

私は必ずお客様には才数のことを話して

お墓の価格はこのように決められるのですよと説明しています。

 

 

それが他県だと

愛知県の石のきむらさんや石の坊さんの見積には必ず才数(切数)が入ってるんです。

凄いですよね。

 

石の坊さんは超薄利なので他社は才数書かれてしまったら

自社がボッタくりなのがバレてしまいますから困ってるでしょうね。

(笑)

 

 

見積書に才数が書いてある場合、

例えば石のきむらさんだと中国加工であれば安いとこでは頼んでません。

(電話で確認済)

才単価を書くと競合不利になるのですから凄いと思います。

 

 

 

雨の日に施工しない

 

口を酸っぱくして言い続けています。

 

なぜなら巨人である大きな石材店が受注をこなすために

雨の日にも施工してるのを

自分たちみたいな弱者は「雨の日には建てません」というしかないでしょう。

(苦笑)

 

 

あなたは雨の日にお墓を建ててもらいたいですか?・・なぜ雨の日にもお墓を建てなくてはならないのか!

 

 

雨の日にお墓を建てるのは受注量が多いゆえの苦肉の策なのです。

 

大きい石材店に行ったら雨の日にお墓を建てられてしまう可能性は大きいのです。

 

そう、あなたが時々TVCMでみるその石材店です。

 

 

 

良い石材店と判断するには

 

  • 石材店数社から5年前くらいの施行例を見せてもらう
  • 石材店数社から設計図と見積書をもらう
  • 才単価を調べる
  • 設計図の構造を比較する
  • 雨の日に施工しないかを確認する
  • 保証書の前に約束事を書面化してもらう
  • 保証書を作ってもらい無料と有料のものを聞いておく

 

これをちゃんと聞いてくれたら良い石材店です。

 

ただ才数計算できますか?

 

 

もし出来ないのであれば私に設計図と見積書を送って下さい。

設計図には直した方がいい箇所を指摘し

見積は才単価を出して適正かどうかを判断します。

 


テーマ:

答えが簡単に出せない質問、「良い石材店を教えて下さい!」

 

おそらくどの業界でも良いと簡単に答えが出る会社や販売店は無く

ダメなところを順番に落としていき最後に残った会社や販売店が

良い業者であると決められるのではないでしょうか?

 

もし石材店が

  • どこよりも才単価が安い
  • どこよりも加工精度が良い
  • どこよりも施工が上手
  • どこよりも親身になって話を聞いてくれる

であれば誰も悩みませんし、

上記の条件を全てクリアできる石材店は物理的にもあり得ないのです。

 

多くのポータルサイトと石材店HPなどが上位に表示されます。
 
良い石材店、石材店の選び方について何と言ってるんでしょう?
 
 
 
 

ポータルサイトでも石材店HPでも良い石材店の条件は同じですね。

 
どのサイトでも良い石材店の条件や
石材店選びのポイントに関してはほぼ同じです。
 
  • 話をじっくり聞いて、相談にのってくれるところかどうか
  • 施工例を見せてもらう
  • 近くに店舗があるか
  • お墓や石について知識と経験が豊富
  • 見積書と設計図の提示
  • 保障とアフターサービス
  • しっかりした「基礎工事」を行っているか

ほとんどのサイトは上記の項目をあげています。

当たり前といえば当たり前ですよね。

 

というかこれを守れていないなら石材店として営業する資格もありません。

 

ほんと、当たり前のことを当たり前に書いていて

何の参考にもなりません。

 

 

また↓以下は自社に有利なように書いており特別優れた条件ではありますせん。

 

  • 石材店の組合や団体に加盟している
  • 霊園や墓地の近くに、店舗・営業所がある
  • 自社での責任施工を行っている
  • 規模が大きく実績が豊富
  • 老舗である
  • 地元密着型で確かな実績がある

 

これは書いたポータルサイトや石材店が

自社に都合の良いものだとして書いたのだと思われます。

 

上記の内容であれば

業界団体に加盟しており

公営墓地の目の前に店舗があり

規模が大きく地元に根差しており

自社で施工さえすれば

優良石材店と言ってるようなもんで何の根拠もありません。

 

老舗である自社を他社とは違うと言ってますけど

 

老舗だから特別な石でも手に入れることが出来るんですか?

 

旅館や和菓子屋などの老舗はそれなりの実績がありますので

差別化があって当然なんですが

石材店の老舗は客にとっては別にメリットなどありません。

 

 

ポータルサイトも老舗や大きな石材店と提携してるんでしょう。

 

 

 

私が良い石材店と判断できる条件は

次の記事に書きます。

3000文字に達して書ききれませんでした。

 

なので記事を二つに分けますね。

 

 

 

良い石材店を探したい方はこちらにどうぞ。

お墓の無料相談です。

 

 

 

 


テーマ:

雨の日にお墓を建てる理由って?

 

多くの人にとってお墓を建てることは一生に一度の事です。

 

もし雨の日にお墓を建てられたとしたら

あなたはどういう気持ちになるのでしょうか?

 

なんとなく雨の日にお墓を建てられるのは嫌だと感じませんか?

 

石材店が雨の日にもお墓を建てる理由ってなんなんでしょうか?

 

 

受注量が多すぎるからだと思います。

 

例えば年に数百基の墓石を建てるとなると

時には雨の日に建てないと追いつかなくなるのです。

 

言われてみれば当たり前ですよね。

 

というかそれ以外の理由は無いと私は思います。

 

注文を取りすぎるから雨の日にお墓を建てなくてはならないのです。

 

 

 

石材店には雨の日には建てないでとお願いしたのに連絡も無しに建てられてしまいました。

 

ここ立て続けに同じような内容の相談が3つありました。

(すべて違った地域です。)

 

実際のところ事後に相談されてもどうにもならないのが現状です。

 

当然施主は腹が立ち石材店になんとか苦情を申してたいと言われました。

 

「雨の日にお墓を建てないでくれと言いましたか?」

「お墓を建てる時には立ち会わせて下さいと言いましたか?」

 

3人中2人は建てる時に立ち会わせて下さいと言ったそうです。

1人の方は言わなかったそうです。

 

お墓を建てる時に立ち会わないなんて私は信じられません。

いつも言いますよ、「お墓を建てる時には立ち会って下さいね」と。

 

私は晴天の日にしかお墓を建てないしごまかすこともありませんから

立ち会ってもらって不安を解消していただき安心して欲しいのです。

 

 

相談者から実際の石材店の名前は聞いてませんが

内容からすると少しばかり受注量が多い石材店のようです。

(今度聞いてみよう、その地域からの相談には

○○石材はやめた方がいいですよって言えますし)

 

 

 

なぜ雨の日にお墓を建てるのはいけないのでしょうか?

 

もう何度も記事にした内容ですね。

 

相談者は私の記事を読んで石材店には

雨の日に建てないで下さいと伝え

建てる時には立ち会いたいので連絡して下さいと伝えたそうです。

 

ところが連絡も無しに雨の日にお墓を建てられたそうです。

1人は一日中、雨の日に。(Aさん)

1人は雨の降りそうな日に決行され見事に雨が降った。(Bさん)

 

 

雨の日にお墓を建てるのが良くない理由は

  • 基本的にボンドは時間をかけてゆっくり固まって強度がでるが水に弱い。
  • 施工に危険がともなうこともある。

いろんな石材用のボンドがありますが

多くの石材店が使ってるボンドはコーキングタイプのものです。

このボンドでコーキングもします。

 

数時間かけてゆっくりかたまって強度が出ます。

 

Bさんは営業マンから表面を

バーナーであぶって乾かしてから施工したと言われたそうです。

 

ここなんですよ。

一般消費者はこれで騙されてしまいます。

 

表面をガスバーナーであぶったところで

石全体にはじゅうぶんな水分が含まれており

ボンドが乾燥して固まるまえに石に含まれた水分がおりてきます。

 

強度でませんよ。

 

 

Aさんはテントを張って施工しましたから大丈夫です、

と言われたそうです。

 

同様にいくらテントを張ったところで石は濡れてますよね。

 

目地もやっちゃって、だいじょうぶなんですかね!?

 

 

 

建て直すことは可能でしょうか?、いいえ無理だと思います。

 

AさんもBさんも苦情を申し立てて

晴れた日に建て直してもらえないでしょうか?

と言われました。

 

「無理だと思います。

なぜならあなた以外に雨の日にお墓を建てられた人はかなりいらっしゃいます。

またボンドが乾燥してしまったら解体だけで1~2日かかります。

糸鋸みたいな歯を使って切り離さなくてはならないので

キレイに仕上がるとは思えません。」

と答えました。

 

 

雨の日にお墓を建てられて苦情を申し立てても

石材店が建て直すことなど絶対にないと思います。

 

建てられてしまった後ではどうにもなりません。

今まで雨の日に建てたお墓でも何も問題はありません。

なんならそういうお墓をお見せしましょうか?

と言われて終了です。

 

 

ではどうすればいいのでしょうか?

 

 

 

雨の日には絶対にお墓を建てないという石材店を探すしか方法はありません。

 

私は雨の日にお墓を建てたことはありません。

サラリーマン時代はいくらかありましたけど。

 

HPに絶対に雨の日にお墓を建てません、

と書いてる石材店は見たことありません。

 

都合が悪いことは書かないってことでしょう。

 

TVCMなどで釣られて大手の石材店にいかれる人は

どうぞやられちゃってください。

(って言ってもここの記事は見れないからどうにもなりませんが)

 

 

受注量の多い石材店は雨の日に建てられる可能性がありますが

受注の少なそうな石材店であれば施主のいう事は聞いてくれると思います。

 

ただ郡部の石材店は大手よりも価格が高いことがあるので

見積は数社からとって比較することは大事です。

 

 

大手の石材店でも良い営業マンであれば

雨の日に建てないでくれとお願いしたら聞いてくれます。

 

大手や地方都市の大きな石材店の営業マンの中には

良い奴もいるんで頼んでみるといいでしょう。

 

 

ただ運良く良い奴に当たるかは知りませんが。

 

 

明日は雨なんですがお墓を建てますね!

ってそりゃ言いにくいでしょ、墓石営業マンは。

だから連絡も無しにやっちゃうんですよ。

 

「とにかく建てよう、言い訳は建ってからだ!」

 

 

↓雨の日にお墓を建ててもらいたくない人は

お墓の無料相談です。

 


テーマ:

アメフトの簡単な説明から。

 

私はNFLを35年以上見てきましたし、

世の中でいちばん面白いスポーツはアメリカンフットボールだと思っています。

 

アメフトはヘッドコーチの采配が大きく試合結果に左右します。

 

無駄に思えるプレーを続け最後にその裏をかくとか、本当に面白いんですよ。

 

↓が今回のフォーメーションです。

すいません実際は守備の日大が赤いユニフォーム、

関学が青なので逆ですね。

こういう図があったもんで使ってみました。

 

攻撃側

パスかランで進む。

QBはパスを投げたまにラン攻撃も。

RBはラン攻撃。

WRはQBが投げたパスを受ける。

QBの前にいる5人のオフェンスラインは目の前のディフェンスが

QBをサックするのを防ぐ影の力持ちで攻撃側のボールを受け取ることは出来ない。

(例外あり)

 

 

守備側

最前列4人は相手QBをサックするかオフェンスラインが穴を開けさせないようにディフェンスする。

中でもDEはOTともみ合いながらQBサックを目指す。

CBはWRに投げられたパスを防ぐ。

いちばん身体能力が優れた選手がCBを任せられるようです。

LBは主に相手のラン攻撃、RBがボールを持って走るのをタックルで止める役目です。

SSとFSは深めに投げられたパスを阻止する役目です。

抜かれたらタッチダウンですから。

 

簡単に攻守を説明しましたが分かりましたか?

 

 

 

問題のプレーを簡単ですが説明します。

 

↓プレー開始前の写真で
黄色が日大の宮川選手、オレンジが関学の奥野選手です。

 

 

QBが右利きの場合、相手ディフェンスではいちばん強力な選手は

宮川選手の位置(DE)です。

 

宮川選手の役目としてはOTのブロックをかいくぐり

QBに突進するのが目的です。

 

ショットガンフォーメーションはパスを主体としたフォーメーションです。

 

このプレーなんですが

センターからボールを受けたQBの奥野選手はRBにボールを渡すと見せかけて

右側にロールし、左から右に回り込んできたWRにパスを投げました。

WRにマークしたのはSS、パスは失敗です。

左にWRを2人配置させながら1人を右に走らせてパスを投げるという作戦ですね。

 

どのように選手が動いたかを赤と青の線で書いてみました。

 

今回は右にロールしたプレーなので

宮川選手は全く奥野選手とコンタクトする必要もなかったわけです。

 

現に宮川選手の反対側(右側)のDEの95番の選手は

奥野選手がパスを投げた瞬間にプレーを止めています。

 

右のDEがプレーを止めているのに反対側のDEの宮川選手が

なぜプレーが終わって2秒後にQBに背後からタックルしなくてはならないのでしょう??

とうぜんオフェンスラインもプレーを止めているので

宮川選手は誰に邪魔されることなく奥野選手にタックルに行きました。

 

 

アメフトではQBを守るという大前提があるので

QBがパスを投げてボールが手から離れた瞬間にディフェンスは止めなくてはいけなくて

ほんの少しでも遅かったり、タックル自体がハードヒットの場合でも

ラフィングパッサーをとられることもあります。

 

なのでプレーが終わってから2秒後に背後からのタックルって

絶対あり得ないプレーです。

 

このプレーを選手個人が意識的にやったとは絶対に考えられないことです。

 

 

この反則は

レイトヒット

ラフィングパッサー

パーソナルファール

アンネセサリーラフネス

どれも15ヤードの反則ですが加算されないので15ヤード後方に下がるだけ。

 

 

奥野選手はパスが失敗と確認して天を見上げます。

そこにヘルメットからタックルされて足をひねられました。

 

シャレにならんしNFLでは一回も見たことがない超酷いラフプレーでした。

 

 

で、こんな超酷いプレー、選手個人の考えでやるわけがありません。

コーチや監督の指示がないと出来ないですよ。

 

 

相手失神させて12万円!NFLで悪質賞金

 

本場NFLでニューオリンズ・セインツの

相手を怪我させたら報奨金を出すという指令があったことがありました。

 

これにしたって球団側からの指令ですし選手個人が自主的にやったことではありません。

 

 

相手QBを怪我させて潰してこいという指示がなければ

宮川選手だってこんな酷いことは絶対にやらなかったと思います。

 

 

毎日めっちゃ気分悪くて書かずにはいられませんでした。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.