1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-10-04 04:53:39

あなたの常識を論破する経済学/三橋貴明 17277

テーマ:経済・経済学
あなたの常識を論破する経済学/三橋貴明
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★★☆


「え、それホント?ふーん、なるほどなぁ」
の連続の本書。
確かに説明をされると何となく感心はするのだが、
折角なのでこの説に対する真っ向からの反論を読んだ上で
「論破」されたいなぁ、と。

ちょっとだけ不完全燃焼というか消化不良、というか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-20 04:24:31

8/12・8/19合併特大号(制度改悪に備える家族の介護)/ダイヤモンド社

テーマ:経済・経済学
週刊ダイヤモンド 2017年 8/12・8/19合併特大号 [雑誌] (制度改悪に備える家族の介護)/ダイヤモンド社
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★★☆

何だかまだまだ実感がわかない「家族の介護」だが
本書を読むと意外と身近なものなのかな、と。
いつ家族の介護が現実になるか分からず、
「明日は我が身」のことなのかもしれない。
ただ、今から何か備えを、と思っても保険くらいしか思いつかず。

いつ介護になってもいい様に
家族にはできるだけのことを尽くしておこう、
ということを改めて心に決めることにした。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-30 04:55:48

週刊ダイヤモンド 7/29 号 六大企業閥の因縁/ダイヤモンド社

テーマ:経済・経済学
週刊ダイヤモンド 2017年 7/29 号 
六大企業閥の因縁 ~三井・住友・三菱・芙蓉・三和・一勧/ダイヤモンド社
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★★☆

六大企業閥が今回のテーマ。
前前職は芙蓉系であったが、
「ああ、あるある」と読みながら感心しきり。
離れて6年たつが数年くらいで変わるものじゃないんだろう。
ま、どうでも良いことなのかもしれないけど、
かつての盟友T建物さんが「建設会社」の欄に
書かれているのはお氣の毒(苦笑)。
在職時には企業グループは空氣のような存在だったが、
離れてみるとあれはあれで良いものだと思うね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-20 04:02:58

週刊ダイヤモンド 6/3 号 三流の東芝 一流の半導体/ダイヤモンド社 17171

テーマ:経済・経済学
週刊ダイヤモンド 2017年 6/3 号 [雑誌] (三流の東芝 一流の半導体)/ダイヤモンド社
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★★☆

知人友人も多いのでかなり氣は引けるものの、
それでも東芝ってひどい会社だと思う。
潰れなきゃ目が覚めないんだろうな。
ただ、こんな時に思うのはJALの再生。
あの時も、そう思ったっけ。

自分が仮に東芝のターンアラウンドを任せられたら、
まずは何から着手するのだろうか。
メーカーではあれど、まずはヒト、
で外科手術はその次、かな。
頭の中でケーススタディをしてしまうのは
誇大妄想だろうか(苦笑)。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-14 04:43:08

週刊ダイヤモンド5/27 号 [雑誌] (人事部vs労基署)/ダイヤモンド社 17165

テーマ:経済・経済学
週刊ダイヤモンド 2017年 5/27 号 [雑誌] (人事部vs労基署)/ダイヤモンド社
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★☆☆

人事部と労基署との攻防、という寂しいテーマ。
「働かされている感」があると、労働は拘束時間などの量だけで語られて、
「何を求めて何を目指して誰の為に働くのか?」という思いが語られない。

確かに最近の電通事件などは痛ましいことではあるけれど、
でも特に若い人の「死ぬほど働ける自由」というのも大事にしてあげたい。
量をこなさない質、など有り得ない。
20代、30代、そして40代になってもトコトン働く習慣を持てたことは幸せだし、
それを若い人達から一方的に奪うのは違うのでは?
と思ってしまうのは自分が古い人間だからか?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-10 04:53:23

週刊ダイヤモンド 5/20 号 関西流企業の逆襲/ダイヤモンド社 17161

テーマ:経済・経済学
週刊ダイヤモンド 2017年 5/20 号 [雑誌] (関西流企業の逆襲)/ダイヤモンド社
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★★☆

前職が「関西『系』企業」だったので、
どれだけ取り上げられているのかな?
とちょっとドキドキしながら読むものの、
ほとんど出てこず、かなりがっかり。

ライバル社が派手な取扱いだっただけに、
相当残念に思う(苦笑)。

ただ、不動産投資の世界での関西の地盤沈下は
新人時代に鍛えられ関西人を嫁にもらい
関西を第二の故郷と思う身にはかなり切なく、
関西流企業には是非関西で底上げをして欲しい。
特に神戸の凋落は昔年を知るものには辛いな。。。

欄外の「関西あるある」は「!」というものばかり。
関西を実によくご存知で。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-05 04:02:02

週刊ダイヤモンド5/13号 がんと生きる [仕事][家庭][家計]/ダイヤモンド 17156

テーマ:経済・経済学
週刊ダイヤモンド 2017年 5/13号 [雑誌] (がんと生きる [仕事][家庭][家計]/ダイヤモンド社
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★☆☆

働き盛りの方ががんになったら
どうなるのか?どうするのか?
というリアルに迫った本。

以前よりは治る病氣になってきたのだろうが、
当事者としては堪ったものではないのだろうな。。。
保険も大事だが、不動産投資はそれよりもさらに突っ込んだ
前向きな施策としてやはり良いものだな。。。
とこの様な本を読むと改めて思う。
物件が稼いでくれれば、仮に働けなくなっても大丈夫!
その心の余裕で、きっとがんにもならないだろうw


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-05 04:58:46

週刊ダイヤモンド4/29・5/6合併号/ダイヤモンド社 17125

テーマ:経済・経済学
週刊ダイヤモンド 2017年4/29・5/6合併号 [雑誌]/ダイヤモンド社
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★☆☆

今回は保険の話。
かつてのファイナンシャルプランナーの講義の中でも
保険分野は最も面白みを感じなかったところ。

通年購読しているダイヤモンドの記事だからこそ
読まざるをえないが、
「ああ、保険はやっぱりいいや」
と改めて思ってしまった。
友人に保険のプロが何人もいるので、
何かあれば彼らに頼ることとしたい。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-29 04:15:28

「超」情報革命が日本経済再生の切り札になる/野口悠紀雄 17119

テーマ:経済・経済学
「超」情報革命が日本経済再生の切り札になる/野口悠紀雄
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★★☆

「超情報革命」よりも
野口悠紀雄先生によるアベノミクス批判が
妙に印象に残った本。
如何にインフレターゲットが的外れな目標なのか?
を結構執拗に語る。

確かにそろそろ黒田総裁の任期も近づいてきているけれど
インフレ目標は一向に近づいてこない。
その割には景況感としては一進一退を繰り返しながらも
悪くない状況は続いている。
インフレは本当に欠かせないものなのだろうか?

この本を読んであらためて感じるのは
経済学を学ぶ上において、
「名目」と「実質」の違いを見極めること、か。

ネットで調べると内閣府のページ にこんなことが書いてあった。

 名目値と実質値の違いは?

 名目値とは、実際に市場で取り引きされている価格に基づいて推計された値。
 実質値とは、ある年(参照年)からの物価の上昇・下落分を取り除いた値。

 名目値では、インフレ・デフレによる物価変動の影響を受けるため、
 経済成長率を見るときは、これらの要因を取り除いた実質値で見ることが多い。


新聞や本を読むときは、「ここでは『実質』『名目』いずれの議論をしているのか?」
をしっかり弁えながらでないといかんな、と。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-25 04:02:02

週刊ダイヤモンド 4/15 号 (思わず誰かに話したくなる 速習! 日本経済) 17115

テーマ:経済・経済学
週刊ダイヤモンド 2017年 4/15 号 [雑誌]
(思わず誰かに話したくなる 速習! 日本経済)/ダイヤモンド社
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★★☆

メインテーマの日本経済の特集はそこそこで、
興味を惹いたのは特集2の
「乱戦!独立系マンションデベ」。

世の中には住宅・分譲マンションは溢れているのに、
今後益々過剰感は増すはずなのに、
まだ分譲マンション開発をし続けるのか。

分譲マンション開発は結局のところ、
設計会社やゼネコン、広告代理店、販売会社など
アウトソースで成り立っているビジネスなので
「差別化をし続ける」のは相当難しい。

この特集にもあったが、
「市況の宜しくないときは何年でも寝続ける、
 死んだふりが出来る資金力・体力」
が不可欠である。

安くなった土地を仕入れるだけ
仕入れておいて寝かせておく。
その間に他のビジネスで如何に食繋ぐか?
がポイントだ。

ここに登場する何社からはヘッドハンターを通じて
スカウトの話があったものの、
もう一回やりたいか?と考えると疑問符が付く。
・・・あまり面白いビジネスだとは
どうしても思えないのだが。。。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。