2月25日(土)
7:40発→9:40着ラパス
の予定で早々にぺルビアン空港にいた私達

しかし、待つこと数時間。。
全然 飛行機飛ぶ様子ありません。。

Yちゃんはリマの空港で買った「コカ入りチョコ」がボリビアの空港では持って入れないんじゃないかとガイドさんに言われて必死で食べてて、私にもくれたのですが、「こんなでかめの板チョコ食べきれないね~」となり、ツアーの皆さんに(お隣の)どうぞどうぞとお裾分けしてしまいました。

私は数件しかないお土産屋さんをうろうろしていて、チョコを見ていたら隣のツアーの若い女性が声をかけてくれて「ここで買った方が良い、向こうはあまり無いらしい」と教えてくれました。

あらあらこんなおばさんに声かけてくれてありがとう❤️
と買いだめをして、、、
そんなこんなで時間をつぶしていたらようやく呼ばれたのは11時近く。
遅れること3時間
ラパス到着は13時過ぎ

ラパスの日本語ガイドさんは「ルスー」
「もう時間がないから空港でランチを食べてチチカカ湖へ行きましょう」
と慌ただしいご様子。

トイレも済ませて「さぁ出発!」

と気持ち良く発車した訳ですが、、、

道が凄いのよ~~😱

ガタガタ ガタガタ ガタガタ
  ガタガタ ガタガタ ガタガタ

そうしたら私はお決まりのように
「トイレに行きたいガーン
ってなっちゃった訳ですよー(笑)

さっき空港で行ったのに何で高速みたいなところに入ったら行きたくなるのよ~~😰😰😰

と居合わせた誰もが思った訳ですが、どうすることも出来ません💦


                続く

マチュピチュ駅前




可愛いごみ箱



駅前にどどーんと広がる
                           
                                民芸品マーケット


私はここでガイドブックに書いてある
「遺跡と同じ石から削り出したインカクロス」
なるものを買いたい訳ですカナヘイハート




着いてすぐにウロウロ探してみましたが全く分かりませんアセアセ



昨日ペルーレイルでお喋りした日本人ガイドの女性にこの写真を見せて25番の場所を聞いたのですが、

「こんなザックリした地図じゃ分からないよ~えー?とにかく同じようなお店がいっぱいだから❕」

と...

私もこのザックリ地図で分かるものなのかしら、、、(・ω・)b
と危惧していたから訊いた訳ですがDASH!

案の定、ガイドさんから「分からない!!」とお墨付きを頂いちゃったので、探せる自信全くなし。。。大泣きうさぎ



本当に同じようなお店ばかり何十軒も並んでいるのです、、、
こっちのような気もするし、、あっちっぽい気もするし、、、
(あ~時間をムダにしてYちゃんに悪いしあせる)



よし!「先にYちゃんのポストカードを出しに行こう!」
ビックリマーク


今度はYちゃん主導でポストオフィスを探しだしました!

「post Office」を連呼しながら
マンコ カパック広場までやって参りました!



どうやらあそこの奥らしい、、、



ありました~~(*^^*)


ここでYちゃんが私にも出してくれたpostcard




ワンコ犬達は相変わらずのんびり






さ~ぁ、私達は急ぎ駅に戻るとしましょう

駅に戻る橋の欄干


映画のまねはてなマーク



さて、私のインカクロスですが、
駅に戻る道すがらにも探していましたが
全く分かりません!

私「もうイイよ~」と80%諦めていましたが

Yちゃんの「最後にちゃんと現地の人に訊いてみなよ~」
の言葉に背中を押され

駅の受付の人に写真を見せると

「あぁ~   そこはまっすぐ行って左に曲がって階段を下りるところにあるよ」

ビックリマーク

(≧▽≦)  


でも、今まで何回も歩いた道だけど最後の階段を下りるダウンをやってなかったビックリマーク

ガイドブックにも書いてあった階段は駅の階段のことかと思っていたけどもしかしてもしかすると・・・

はやる気持ちを抑えながら走る私達DASH!DASH!DASH!

ランニング
ランニングランニングランニングランニングランニングランニングランニングランニングランニングランニングランニングランニングランニングランニングランニング

ありました~ラブ


コレ コレ このインカクロスカナヘイハート

遺跡と同じ石!
つーのが欲しかったわけです。

Yちゃんも「良かったね~」と2人で達成感を味わいながら、今度はアルパカ!

あらかじめ目星を付けてあったふさふさ系を購入(夜ホテルにて)


そんなこんなで2人のミッション終了グッド!


急ぎペルーレイルに乗り込み安堵する私達

30分前に乗って!
と書いてあったのにギリギリ10分前

「ふぅ~~ぶー

と思う間もなく

「エクスキューズ」

と声をかけられ
見ると

私達の荷物を持ったポーターの方が立っていましたカナヘイ!?あんぐりうさぎ


「きゃーカナヘイびっくり

私達、お土産に夢中になって自分達の荷物をピックアップするの忘れてた~~  
                                ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

前に座っていたご婦人が笑うこと笑うこと

そして
恐縮する私達を乗せて何事もなかったようにペルーレイルは発車

おもむろに始まるショー














お客様に販売を兼ねてのファッションショー

軽食も出て



楽しい列車の旅を満喫して
オリャンタイタンボ駅に18:59到着
先日の日本語ガイド、マデが待っていてくれました。
今日はクスコ泊です


それにしてもいつも首の皮1枚って言う感じで護られている私達...
有り難いことですお願い

明日朝7:40の飛行機でラパス(ボリビア)へ



まだ続く~~ウインク





旅行で楽しいのは人とのふれあいおねがい

マチュピチュ遺跡では私達はガイドさん無しで気ままに動き回ってました!

あと少しで出口だね~
っていう時に、写真を撮ろうとしている親子にでくわしました。

見ると
南米系のイケてるパパが妻と息子(中学生位かな)を撮る構図

なので、
私「お写真撮りましょうか?」

イケパパ
「ありがとう、じゃ お願いしようかな」

っていうのを私は英語が堪能な訳ではないので、アイコンタクトで(不思議ですが)瞬時に通じあいカナヘイきらきら


無事に写真を撮り、喜んでもらい

「チャオ~」と別れたのですが、、、



私達が先に歩いていたら、

遺跡の影からヒョイと先程のイケパパが顔を出し

「キミ達は何処から来たの~はてなマーク

私達「日本です」



「えっカナヘイびっくり

  もしかして奥さんいるのに新手のナンパラブラブびっくりラブラブ






んな 訳はなく

「一緒に写真に写って欲しいほっこり

なぁ~んだてへぺろうさぎ  
       
              お安いご用よ

「オーケーグッド!



とあちらのカメラやこちらのカメラで撮って、和気あいあいとなごみ

結局、歩く方向は一緒なので出口の方まで一緒に来ました。

イケパパが「これはキレイだから撮っておいた方が良いよ」







という様なことを言っていたので「そうね」とばかりに撮ってみました。

なんせ英語だから、
私も分かっているような、
                分かっていないような...(^_^;)

バスに乗り込んだ時もお隣だったので、
「やぁやぁ(*´∀`)ノ」
と話してて

どうやら
「私はガイドなんだ」
と言ってる模様

なぁ~んだイケパパ  
                           ガイドさんなんだ~


「あれっびっくりカナヘイびっくり
家族じゃなくてカナヘイ!?


本当にガイドしてるのねカナヘイ!?


あまりに馴染んでいるから家族サービスしてるパパさんなのかと思っちゃいました(^▽^;)


マチュピチュ駅でも
「また会ったね」
とお話ししたのですが

「ンフ アハ 」
と聴いているものの...
                    なにせ英語なので...ショックなうさぎ



どうやらこれからは私達とは違うルートだということは分かりました...(^_^;)


サヨナラ  イケパパならぬ

イケめんガイドパー



さて私達のこれからのガイドさんはどんな人が待っているのでしょうかカナヘイハート


これから発車まで時間があるので
オリャンタイタンボ駅で楽しくお買い物ですとびだすうさぎ2