一人で良く行く焼き鳥屋のだるま屋。
今日も稽古終わりにお一人様しちゃいましたよ爆笑

やっぱりここは、焼鳥が絶品です!





ぼんじりが最初に来たので、我慢できずに食べちゃいました💧

今日のメニューは、ぼんじりと豚バラとセセリとつなぎ(肝と心臓のつなぎ)
ここは、串はもちろん絶品ですが、お通しが食べ放題です。


今日は、おでんのつくね串と、揚げナスも頼みました。
そして、やっぱり揚げナス一個、写真とる前に食べちゃいました滝汗




おでんのつくねには、天かすもトッピングでついてくるので、残ったダシも最後まで美味しくいただけます酔っ払い


一人で飲みに来られるお店が出来て良かったとつくづく思います。

まんりこの次の公演は、赤坂のラブリーバーにて公演いたします。
元ストリッパーのお姉様方との共演です。
お時間ある方は是非ウインク

いかがわしくはないので、女性でも安心して観に来てください。
男性(相手役)がいないのに、床入れをいかにダンスで表現するか、そこが腕のみせどころです。

私もまだ観ていないので、今から楽しみですデレデレ





お席はまだありますが、満席になりましたら立ち見になってしまいますので、ご了承下さいませ。
よろしくお願い致します!


舞台も終わり、やっと自炊もやり始めてます。

この間、ゴーヤが見切り品で2本で50円だったんです。


ゴーヤ大好きなんで、買った時はテンション高くてウキウキで帰ったのですが、よく考えたら、一人暮らしで見切り品で日持ちのしないゴーヤを一気に食べないといけない事に気付き、慌ててレシピ検索。

とりあえず、ゴーヤとひき肉と卵の炒め物と、ゴーヤとミョウガと塩昆布の和え物をその日の夕飯に。
糖質制限しているので、主食は無しで。


酒のつまみのような晩御飯滝汗
いや、実際つまみにしたんですけどね。

ゴーヤとミョウガと塩昆布の和え物はかなり美味しかった。
ゴーヤを切って、お水を少し入れて、レンジで3分〜3分半ぐらい。
塩昆布とお酢と胡麻油をあわせた液に、チンして水気を切ったゴーヤと、千切りしたミョウガをあわせるだけ。

しっかり冷やせば、更に美味しい気がする。
夏にリピートしたい一品ですねウインク

後はゴーヤの肉詰め。


ゴーヤに糖質オフの小麦粉を振って、ハンバーグのタネを詰めただけ。

少し塩でゴーヤの処理をした方が、苦味は少なくなるかな?

これもつまみにぴったりでした酔っ払い


とりあえず、この3品で、全部使い切れたので良かったです。


他にも、おからレシピでスコーンとか作ったけど、あの食べ応えがある感じに仕上がらなかった💧


ちょっとしっとりしすぎたのと、膨らむと思って、整形が薄すぎたのが、失敗だったかな。

美味しかったけどね。


卵を使わないから、アレルギー持ちの方にはいいかもですね。

生おから150gと、小麦粉20gと、ベーキングパウダーを5gと、バター10g(切ってあるバターを使ったので
14g入れちゃいました)と、砂糖(私はラカント)大さじ3。
これをベースに、私は適当に無糖ココアとカカオ86%のチョコレートを砕いていれました。

とりあえず180度でのオーブンを余熱して、30分焼きましたが、焼きたてより、冷めてからの方が美味しかったです。


色々簡単なレシピを検索して、また糖質制限していこうと思います照れ



連続舞台3本目は、「母母母と笑いなさい」
まんりこの稽古期間が約一週間滝汗

前の4月1日物語の千秋楽から、一週間後には小屋入りという、驚異的なスケジュールだったんです。

こちらは、誰一人知り合いがいない舞台でした。
友人を通じて初恋タローさんを紹介され、初稽古はドッキドキの人見知りモード全開でした。

しかも、途中参加だから余計に肩身が狭い滝汗


そんな中で気さくに声をかけて下さったのが、Wキャストで同い年の南井貴子さん爆笑

彼女がいなかったら、私は居場所がなかっただろうなぁ笑い泣き

マジ女神❣️

短い稽古期間でしたが、南井さんのおかげもあり、徐々に他の出演者ともお話できるようになりました。

今回は、お母さんを描いたオムニバス。
私は4本のうち後半2本に出演しておりましたが、全員が集まる通し稽古まで、他の出演者に会う機会がなく、通し稽古で思ったのですが、出演の女の子がみんな可愛い💕
お人形さんみたいな子ばっかり❣️
とりあえず写真を撮れた一部の子だけですが、載せちゃうウインク


ありさちゃんラブ


根本羽衣ちゃんラブ


そして今井瞳ちゃん。
彼女は私の娘役だったのですが、こんなおばちゃんに付き合って、稽古場や楽屋でお話相手になってくれました。
主人公が息子の方だったので、ほとんど芝居中では絡みがなかったのですが、一番仲良くしてくれました。
ありがとうお願い
(劇場入ったら、南井さんは逆キャストだったので、全く会えなくなったのです。そんな中、彼女の存在は支えだったなぁ)


そして、今回充実したお芝居ができたと感じたのは息子役をやってくれた、初瀬川博人くんのおかげでした。

瞳ちゃんと3人で撮った親子写真が、かなりお気に入りです。





芝居の中で、芸人の息子に言った台詞が、私の今までの役者人生の中で、一番印象深い台詞になりました。


「人を笑わせるのは本当に素敵な事だけど、私は息子の貴方に、人を笑わせるより、自分が一番笑う人であって欲しい。」

「だから、笑いながら頑張りや。」


この台詞の3時間後に、この母は死んで、息子は漫才のコンテストに出場するわけです。


泣けますね笑い泣き


自分的には代表作にしたいぐらい、好きな作品の一つでした照れ

打ち上げも楽しかったですよ〜。
でも、打ち上げ始まる前に、柴田時江さんと飲んだのが一番楽しかったかも笑


先輩の丸山さんも観に来てくれたお願い

時江さんとは、小屋入りの2日前の通し稽古で初めてお会いしました。
若い子の中で、Aキャストでは私と時江さんが、唯一の40代。
私が後半2本の老け役(祖母と母)なら、時江さんが前半のお母さん2本を演じるという、時江さんからのバトンを受け取るような気持ちで舞台に立ちました。



3回連続の舞台は、どれも私にとって充実した内容でした。
短い稽古期間で本番を迎えるということで、精神的な事でも、体力的な事でも、かなりしんどい状況だったのは間違いないのてすが、終わってみると本当にやって良かったと思う舞台ばかりでした。

舞台は私の生きる糧で、これから先も辞める事はないのですが、所属事務所も代わったので、スケジュール管理が難しくなることから、来年は少し舞台を控えようと思っています。

舞台以外の場でも、活躍の幅を広げていくための準備期間にしていけたらいいなぁ。

まだ今年は自分が出演する舞台が2本控えています。
今月は師匠が演出する舞台の演出助手をする予定です。
今年はまだまだ忙しい日々が待っています。
皆様、これからも、どうぞ応援よろしくお願い致しますちゅー

では最後に、「母母母と笑いなさい」観に来て下さって、本当にありがとうございました😊


タローさんとお母さん's