〜 想像と良き習慣は 人を救う 〜 ニシダイの筆字BLOG

〜 想像と良き習慣は 人を救う 〜 ニシダイの筆字BLOG

己を律する為にも書き連ねた筆文字作品の数々が
記事を読んでくれる 悩める誰かにとって
たとえささやかでも 一歩踏み出す力になってくれたなら

◇◆◇◆ 当ブログ オススメのカテゴリー ◆◇◆◇



◇ 自信をなくしてうなだれている自分へ

:仕事や人生に於いて、つまずいたり、悩みを持ったりしたけれど、それでも明日へと一歩踏み出す勇気が欲しい!という方にオススメです。


◆ 注目したオススメURL

:気になる記事のテーマに関する、使える情報や、「お!これは!!」と目を引く外部の情報を、記事本文中にリンクして、紹介させて頂いております。


◇ 読書・学習のオススメ事

:「プチ速読法」や「OPD(アウトプットドリル)」を中心に、某自信の編み出した読書のコツ、使える知識として脳に定着させる方法を取り扱っている他、勉強に臨む時のモチベーションの高め方、などについても、こちらで説明しております。
 読書を通じての情報収集や、試験に向けての勉強に励むあなたにオススメ!


◆ 筆字

:不器用故にうまくいかぬことばかり・・・。それでも諦めず、ひたむきに頑張るあなたに、筆先から迸る文字の力を体現化した、エールの数々をお送りします。
 明日をより良く生きるヒントにして頂けたら、幸いです。


◇ 電車 <武蔵野線の可能性と『夢』>

:武蔵野線に関する、現に困っていてそれを望んでいる方々の為にも本気で信じている、譲れない夢の数々。それらはきっと叶えられると信じて、たとえ不確かでも、自らよく考えながら一歩一歩進んでゆく!
 そんな某の構想と小さな挑戦の積み上げを、温かい目で見守り、宜しければ、
どうか、応援してやって下さい。


それでは、Let's Enjoy ! ! !

テーマ:

 

度の西日本豪雨災害。

連日、現地の深刻な光景が

昼夜問わず放送されていますが、

ボランティアセンターの設置と

現地支援ボランティアの募集も、

徐々に開始されてきているようです。

 

京都府災害ボランティアセンター

 

今回は、最も大きな被害に見舞われた

広島や岡山といった地域の情報ではないものの、

こちらもまた豪雨の被害の大きかった、

京都府北部に関する支援情報が気になったので、

ピックアップしました。

 

関東からでも新幹線、あるいは夜行バスで行けば、

京都市街地までは比較的簡単に行けるので、

それもあって、某(それがし)だったら実際に

ボランティアとして現地に出向くとしたら、

京都府が一番条件的に適っている気がします。

 

ボランティアバスも出ているというので、

まずは募集要項や必要事項の確認からですね。

 

 

 


テーマ:

 

・・・また暫く投稿の間隔を空けてしまいましたね。

資格試験の論文を書かなきゃいけなかったりした為、

と述べてしまうと、言い訳になってしまいますが、

とにかく、長いこと空けてしまい、失礼致しました。

 

レビ・ラジオ・新聞・ネット至るところで、

もはや平成最悪の豪雨災害と云われている

西日本豪雨災害の状況について

昼夜問わず、報道されていますね。

 

豪雨災害の当初頃に目の当たりにした時点で

ともに20数名程だった死者・行方不明者が、

今はもう、併せて260名以上にものぼる・・・

 

画面の向こう側から発信されるこんな現実を

まざまざと見せつけられて、

某(それがし)もまた、きっと他の方々同様、

暫く言葉を失ったまま眉間にしわを寄せ、

棒のように立ちつくしたままになっておりました。

 

お亡くなりになられた方々ばかりか、

被災されて、あまりにも多くのものを失ってしまい、

生活再建の目途など皆目立たないままの方々。

その人たちのことを想い、自然と様々な気持ちが

沸き起こってきたように思えます。

 

ひどく気の毒に思う気持ち。

申し訳ない気持ち。

何とかしてあげられないのかな・・・という気持ち。

 

こんな風に書いてしまうと、

中には偽善的だなんて感じる方も、いるかと思います。

 

否定はしません。

ただ可哀想に思って感嘆したり

綺麗事を並べ立てたりするばかりじゃ、

そう思われたって仕方ありません。

 

しかし。

偽善とは、あくまで「善い"ふり"」をすること。

同情の他、気にかける素振りこそ見せるも、

何も具体的な行動の実行が伴わない、

云わば「腰抜けの善意」。それじゃダメ。

 

そうじゃなくて。

現実を見て心を揺り動かされた上で、

それから具体的な行動を打ち立てて、

それを実行してこそ、本物の「善」

 

某も、そういう本物の「善」を

追い求める人物でありたい。

 

だから此度、

少なくともこちらに掲載されているうちの

いずれかの基金には、募金するつもりです。

 

(西日本豪雨支援通信)ボランティア・義援金受け付け

 

 【募金】

 

日本赤十字社

・ゆうちょ銀行 00130・8・635289「日赤平成30年7月豪雨災害義援金」

・三井住友銀行 すずらん支店(普)2787545「日本赤十字社」

・三菱UFJ銀行 やまびこ支店(普)2105538「日本赤十字社」

・みずほ銀行 クヌギ支店(普)0620405「日本赤十字社」

 

中央共同募金会

・ゆうちょ銀行 00180・7・634691「中央共同募金会平成30年7月豪雨災害義援金」

・三井住友銀行 東京公務部(普)0162596「(福)中央共同募金会」

・りそな銀行 東京公務部(普)0126799「(福)中央共同募金会」

 

 

たとえ、日取りや備品、保険取得等の難しさで、

現地にボランティアとして向かうことができずとも。

 

むろん、そうした難しさを超えて、

某でも現地に行けるようになった時は、

必要とされる事に応じて貢献すべく、

奮って(でも入念な準備で慎重に)ボランティアに行く所存です。

 

 

ボランティア情報については、こちらに注目↓

全国社会福祉協議会 災害ボランティア情報のページ

 


テーマ:

計の指し示す時間は1分が60秒。
これはすべての人に共通ではありますが、
「集中の度合い」によってその時間が
長くなったり短くなったりと変化する、
というのは自明のことでございましょう。

某(それがし)、特に本を読んでる時、
しかもタイマーも腕時計も使わずに読んでる時で
そうなのですが、
「ここまで読んだがこんなに時間かかってたんか!」
あるいは、
「X分間でこんだけしか読めなかったとは・・・」
と思う時なんてザラにあります。
恐らく、「読もう読もう」と力みすぎてるせいです。

てのツイッターのbotツイートに、
このようなものがありました。

【受験】勉強bot【資格】 ‏@benkyo_bengaku
人間には「努力逆転の法則」というものがあり、
集中したいと思えば思うほど、体にムダな力が入って、
集中できなくなる、という性質があります。
ムダな力が入ると、勉強の効率も落ちるので
勉強中は気楽に、
リラックスを心掛けるようにしましょう。


某の読書時の力みは、
まさしくこの「努力逆転の法則」だった。
だから効果的に集中できず、
徒らに時間を使ってしまい、
時間経過を短く感じてしまった。
・・・こう言えるのだと思います。

また某自身も、
H27.6.1にこういうツイートをしております。

「7回読み勉強法」を読んでふと閃いたことだけど、一通りの頭に入れるべきことにザッと目を通せる分の時間を把握して、それくらいの長さの音楽を7曲用意し、それらを順番に聴きながら学習するというのは、効果的だと思うのでござる。音楽によって、記憶の関連付けもできるしな。

例えば参考書1冊に目を通すのに30分かかるとすると、全体を大まかに5つぐらいに範囲を区切り、6分ぐらいの曲を5曲用意して、順番に聴きながら、参考書の内容を頭に入れていく。音楽の効果で気持ちの乗りが反映されて、スラスラ覚えられるかも。


この曲って短く感じるようで
意外と長いんだなぁ、
というように、
体感的な長さと実際の時間的長さで
大きく差がある曲も、結構多いと思いますが

デジタルデータ化された音楽だったら、
そんな差こそあれど終わる時間が決まっているので、
目安時間の設定に使えるのです。

それに、
単にタイマーで時間を設定して計るのとは違い、
音楽なら「集中のじっくり/テキパキのペース」を
調節するのにも役立つでしょう。

から某、
上記のとおり小説や新書を集中して読む場合は、
ほぼ5分の曲を5・6曲用意して、
それを流して10~30分ほど集中して速読する

ようにしているのです。

これ、活字本の速読の方法としては
特にオススメでございます。


テーマ:

の首都圏通勤電車。

上野東京ラインが開通する前の東京都心部は、

山手線京浜東北線の混雑率たるや、

200%を優に超えてしまう程の酷い有様でした。

当時その区間を通勤で利用していた方々ならば、

きっと、あの尋常じゃない程の混みっぷりに

閉口するばかりか、喘いでしまっていた筈です。

 

あの当時の混雑状況と比較すれば、

現在の首都圏の通勤電車の混雑率は、

鉄道各社の諸々の取り計らいが功を奏したのか、

幾らか落ち着いてきたようですけれど、

それでも混雑率の200%近い電車は、ザラ。

メトロ東西線などは、通勤快速電車をはじめ、

まだまだ200%以上の混雑率に見舞われてますね。

船橋市や江東区の人口が堅調に増えているのが、

そんな混雑状況に影響しているようです。

 

えばそんな朝方の東西線のように、

手も碌に動かせない程ギューギュー詰め

・・・とかでない限りは、

或いは、1駅分ぐらいしか乗ってる時間がない

・・・とかでもない限りは、

ちょっと工夫できそうな事を考えることで、

窮屈な電車の車内に於いても、

自分のスキルアップに活かせる時間は、

確保することができるかもしれません。

 

少なくとも、単に寝てしまうだけってのは、

時間の使い方としてはやはり勿体ない!

「瞑想」だったら良いのですが・・・)

 

それ以上に、スマホでネットサーフィン

 

ニュース読んだり、

自分がやろうとしてることに関する何かしらのヒント、

これを見つけたりするためなら良いのですが、

暇を持て余して気になったことをチラチラ見るだけ、

それって時間が勿体ない!

 

こはひとつ、

読書したり、勉強したり、

(「瞑想」でもいいですけど)

何かしら時間を有効活用する意思を

持ってみませんか?

 

電車乗ってる時間って

停車駅間である程度時間を区切れる事もあり、

意外と集中しやすいんですよ?

 

 

こっから勉強法の話です。

 

えば下車駅が乗車駅から数えて5駅目で、

1駅間が平均3分ぐらいだとしましょう。

 

そうすると、

3分でザッと一通り目を通してうろ覚えできる、

それくらいの範囲の内容であれば、

1駅間で1周、降りる5駅目までで5周、

つまり、5回も繰り返すことができるんです!

 

特定の範囲を一字一句逃さずじっと読み、

一回きりで終わらせるような記憶法より、

ザッとでいいから広めの範囲を眺めて、

それを複数回繰り返して精度を上げていく、

そういう記憶学習法の方が効果的!

 

これは、山口真由さん著 「7回読み勉強法」を読んで

思い至った事。

某(それがし)自身も尚、

日頃から試しているところです。

 


アメクリップ
ブログを紹介し合って人気ブロガーになれる【アメクリップ】

 


テーマ:

 

阪近辺で起きた、震度6弱もあった地震。

被害が至る所で生じていて、大変なようですね。

 

(それがし)は毎週月曜日は仕事が休みという事もあり、

車を借りて少し遠出していたのですが、

カーステレオから流れるラジオのニュースで初めて、

関西地方で上記の地震が発生した事を知り、

その時は、如何せん戸惑いが沸き起こりました。

 

あちこちで壁が崩れたり、停電したり、

電話回線に異常が生じたり、

殆どの電車が運転を見合わせたりと、

最初は断片的な情報ばかりが流れていたこともあり、

一体現地でどんな災害が発生したのかなどは、

すぐには分かりませんでしたが、

震度6弱もの揺れの地震が関西を襲った

という情報が飛び込んできた時には、

しばし言葉を失ってしまいました。

 

通学途中に小学校のすぐ傍にあるブロック塀に巻き込まれ、

命を落としてしまった9歳の女の子。

後でテレビのニュースでも

現場付近の様子を目に収めましたが、

可哀想でならず、酷く居た堪れない気持ちになりました。

 

その他にも、崩れた壁の下敷きになってしまい、

救出されるも搬送先の病院で息を引き取った80代男性など、

災害が為に無碍に人の命が多数失われる、というのは、

遠く離れた関東都心部の、被害に遭っていない身としても、

多寡問わず、やり切れない心持ちがしてしまいます。

 

少なくとも、我関せずではいられない。

 

最初は自分や近い周囲の人の身を守る事からでいい。

いざ事が起きても十分に対応できることを目指して、

少しずつでもできる事をやり始めなきゃいけないと、

今回の地震災害を見て、改めて思いました。

 

まずは正しい情報をあたって収集し、

正確な知識として自分の頭に蓄えること。

その上で、現物の物品から緊急時の知恵まで、

必要なものをどんどん備えていくこと。

 

こんな時に活用できそうなのが、

例えば、以下のサイトの情報↓

 

暮らしの中の防災 ~アウトドアの知識をいかす~

 

被災地の声から学ぶ、あってよかった防災グッズのリスト100

 

あると便利!無いと困る・・・災害時の備蓄を見直そう!

 

明日、いざ今回のような大きな災害が起きても

自力で対応できる事を目指して、

容易に行える事から、準備を進めていきましょう。

その心構えと行動は、

平時の貴方を助けてくれる事にもなりますから。

 

それをしていくのに併せて、

現地の人達のために自分に出来る事を探して、

見つけた事(少なくとも募金など)を実際に自分で行ったり、

近しき人に紹介してみたり、

或いはネットやSNS、つまり、誰とでも繋がれるツールで

拡散していく。

そんな感じの事を実行していくのが、良いと思います。

 

 

被害に遭われた方々の無事と安全・健康の維持、

一日も早い現地の復旧・復興を願います。

その為にも、某もでき得ることを日一日と探して、

無理のない範囲ではあれ、

できる事から実践して参ります。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.