こんにちは。

 

久しぶりのご報告となります。

 

今回は、上棟式の様子についてお知らせします。

 

先日2月18日、鉄骨がほぼ組み上がったタイミングで、上棟式を行いました。

といっても、起工、竣工時のように大規模には行わず、施工者、施主の数人で行いました。

 

ちなみに、上棟式とは、竣工後も建物が無事であるよう願って行うもので、通常、柱・棟・梁などの気泡構造が完成して棟木を上げるときに行われるもので、験担ぎの一面があります。

 

山並みをバックに、おかめの向きにもこだわって・・・

 

 

工事の安全と、竣工後の無事を祈って・・・

 

全容がみえてきました・・・

 

 

 

これからは、足場を組んでいよいよ外壁、内装へと進んでいきますので、乞うご期待!!