四苦八苦

この言葉は、お釈迦様が初めて人々に説いた言葉です。
すなわち、生まれる事は苦なり、老いる事は苦なり、病いは苦なり、死は苦なり。ここまでが四苦。
怨憎するものに会う事は苦なり、愛するものと別離する事は苦なり、求めるものが得られないのは苦なり、つまり肉体を持って生きるとは苦なり。

では何故、人はワザワザ苦である世界に生まれてくるのか?
本質である魂の世界にいれば苦などを経験する事なく生きることが出来るのに、何故苦の世界に生まれてくるのか。

それはこの苦の世界でしか経験出来ない事を経験したいからです。
苦を通してそれを知るために生まれて来たのです。

なぜ生まれたのかを知りたいからです。
なぜ老いるのかを知りたいからです。
なぜ病いになったのかを知りたいからです。
死とは何かを知りたいからです。

不安とは、その対象の事を知らないことから起こります。
すべての根底にある不安とは何かを知る事です。

何かに困ったり苦しんだりしたら、その対象の事を深く知って理解する事です。
人間関係、健康、お金、仕事、すべてにおいて当て嵌まります。

究極、肉体の死とは、魂に生まれ変わる事です。

すべて肉体を持っている時にしか出来ない経験です。
だから人は生まれて来るのです。

その節理を説いたものが、般若心経です。



色即是空

有名な般若心経の一節ですね。

この言葉はお釈迦様の口から発せられた観音様の言葉です。
すなわち、この世は空であり幻であるが、それが真実である。
だから、生ある限りこの世を生き抜かねばならぬのだ。

どんなに嫌な事や大変な事があろうとも、そこから逃げずに立ち向かって生き抜かねばならぬのだ、と。

いざとなれば、観音様がついてくださっていますよ。
という、実は救いの言葉なんですね。

この方は救世観音菩薩

高野山奥之院にいらっしゃいます

得度式は僧侶への入校式の様なモノ。

お大師様へのご挨拶と、天皇、両親、他皆様への感謝の挨拶をして来ました。

この度ご縁があり、真言宗にて得度します♪ 


法名も宗祖お大師様の幼少時の御文字"真魚"の"真"と遍照金剛の一文字"照"をいただき、真照となります。 


と、申しましてもスケジュールは今まで通りでございますが、皆さま方におかれましては、尚一層のご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

2022年初春鑑定会!

名古屋、朝倉甘木、山口美祢にてやって来ました^ ^


名古屋のお店は鑑定会最古参のお店です。

いまだに新しいお客さんがいらっしゃり、毎回予約一杯ですね。

ありがたいことです。


名古屋の鑑定会の次は福岡朝倉へ。

小牧空港から飛びます。


昔の私の職場と同じ、だだっ広い滑走路エプロン。

毎日解放感満喫でした^ ^



離陸後の天使のカーテンが綺麗でした。


朝倉の会場は2度目。

前回お話しした方がどうしても娘さんに話してもらいたいという事で、その方の為に開催されました。

結果大満足だった様で、私の記念すべき自作彫金ルビー1.4ctリングをお付けになって頂きました。

ありがとうございます^ ^


さて、朝倉の後はその日の夜に山口美祢まで移動。



久しぶりに関門橋通過してワクワクです^ ^


山口美祢のお店は初めて。

でもビックリするほどドンピシャのお客さんがたくさんいらっしゃって話しも弾みました。



ありがとうございました^ ^

今年もすでにたくさんの会場が決まっています。

お楽しみに!!

 

● 1/ 7-8 愛知県名古屋市 個別鑑定会
● 1/13 福岡県朝倉市 個別鑑定会
● 1/14-15 山口県山口市 初!個別鑑定会
● 1/25-26 福岡県宗像市 個別鑑定会
● 1/28-29 福岡県筑後市 個別鑑定会
● 2/ 4-5 大分県別府市 初!個別鑑定会
● 2/ 7- 8 福岡県北九州市 初!個別鑑定会
● 2/18- 19 静岡県浜松市 個別鑑定会
● 2/26-27 愛知県豊田市 初!個別鑑定会
● 3/ 2-4 愛知県名古屋市 初!個別鑑定会
● 3/10-11 愛媛県松山市 個別鑑定会
● 3/13-14 愛媛県内子町 個別鑑定会
● 3/18-19 広島県広島市 個別鑑定会
● 3/26-28 京都府京丹後市 個別鑑定会
● 4/ 3-  4 岐阜県関市 個別鑑定会
● 4/ 6- 8 福岡県糸島市 個別鑑定会
● 4/16-18 大分県佐伯市 個別鑑定会
● 4/23-26 岐阜県岐阜市 初!個別鑑定会
● 5/ 7- 9 山口県萩市 個別鑑定会
● 5/19-21 福岡県北九州市 個別鑑定会
● 6/ 3- 4 福岡県行橋市 個別鑑定会
● 6/ 6- 7 宮崎県都城市 個別鑑定会
● 6/ 8- 9 宮崎県宮崎市 個別鑑定会
● 7/ 9-10 岐阜県土岐市 初!個別鑑定会
● 7/22-25 福岡県福岡市 個別鑑定会
● 8/19-21 兵庫県姫路市 個別鑑定会
● 8/27-28 兵庫県加古川市 個別鑑定会
● 9/9-10 佐賀県嬉野市 個別鑑定会
●10/15-18 福岡県志免町 個別鑑定会
●10/21-23 福島県いわき市 個別鑑定会
●11/13-15 大分県中津市 個別鑑定会
●11/25-27 大分県佐伯市 個別鑑定会
●12/ 9-12 福岡県朝倉市 個別鑑定会

祝!鑑定2万7千人突破!

2004年から始めた鑑定会も本日、16年目にして27,000人を超えました。


これもひとえに実施会場を提供して頂けた店主様と、来ていただく皆様のおかげでございます。

運命研究家として机上学問だけでなく、実際に現場での鑑定実践は大変貴重な学びに繋がっております。心から感謝申し上げます。

さて、今日は尾張一宮で鑑定会を実施しておりましたが、印象に残った事例がありました。

この方、60代の女性。
小指の下の膨らみに財運線がビッシリ入っていて、財に恵まれた人生の持ち主。

ただ、ん?と思って尋ねてみました。

ご主人はお元気ですか?と。

すると、43年前に23歳の時に亡くなったと言います。

私が、ん?と思った理由は、ご主人の線の延長に"x"印があるから。

これはご主人が先に寿命を終えて、自分がその菩提を弔う「送り人」の印。



彼女は家業であるご主人の仕事を受け継いで、今だにやり続けているといいます。

寿命は自ら生まれる前に計画してきます。たとえ肉体の寿命は早くても、魂は共にいたから今までやって来れたんですね、と話すと大きく頷いていました。

いいお話しになりました。

ありがとうございます^ ^
ただいま岐阜にて鑑定会実施中♪

印象に残ったお話

26歳の男性

子供三人の内、二人が生まれる前のことを覚えていて話してくれたそうです。

その子たちが話すには「生まれる前はお空の雲の上にいたんだよ。どちらが先に生まれるか相談して僕が先に生まれてきたんだ。その時はほかの子はいなかったんだよ」
と話したそうです。

その二人が上の二人の子で、三人目はその話には加わってこないのだそうです。

同じ親を選んでも魂グループが違う子供たちが生まれるということですね。

聞くと確かに三人目は毛色が違うみたいです。
面白いですね。
興味深いお話しでした^ ^



ただいまは初めて、下松で鑑定会を開催しています。


予約もいっぱいで、たくさんのお客さんがいらっしゃってます。


このお店の社長とは10年振りの再会。

ありがたいことですね(^^)