満願寺窯 北川八郎

満願寺窯 北川八郎

九州、熊本は阿蘇山の麓、小国町、満願寺窯からお送りするブログです。
北川八郎の日々の想いや情報を発信してまいります。

神さまから 言われました


「天(私)の眼と 天(私)の耳」を意識して生きよ


心のつぶやきは ぜんぶ聞こえている


いつも見守られ ぜんぶ聞かれているんだ


(解説)


心で思うことや意識することは、全部向こうと繋がっています。


 「大好き!」も「こんちくしょう!」も全部繋がってるのです。 


ずーっと携帯電話がつながりっぱなしになっているようなものです。


毎日イヤなことばかり考えていて、日々思うことの6~7割が不安や嫌悪感だと、


向こうは「ああ、あなたはそれが好きなんだね」「その世界にいたい んだね」と受け取ってしまうのです。


つまり、いつも「そうお願い」しているようなもの。


自分で願っているんで す。


そうやってマイナスのことばかり考えていると、必ずそちらに導かれます。


ぜーんぶ全部、繋がっているのです。


(小冊子「光りのこみち」より)

ご注文は↓

https://forms.gle/Xp5LoiDsA2gfBMno8

61日 熊本小国楽心会

710日 福岡お話会

詳細: https://manganjigama.jp/




久しぶりに

広い空の下

爽やかな香りのする風

そして 鳥のさえずり…

その中に 身を置いた。

日常の些細なことも 心の揺れも

静まっていった。

どうぞ あなたに笑顔が戻りますように。

あなたの あの優しさが戻りますように…

私の 心からの祈りです。


 明日(17日)ポットキャスト第280回「過剰にならないコツ」が配信されます。時には休んで幸せ感を味わうことについてお話します。

同時に映像版としてYouTubeでご覧いただけます。https://bit.ly/2VaZTVj

小冊子「光りのこみち」

https://forms.gle/Xp5LoiDsA2gfBMno8

61日 熊本小国楽心会

710日 福岡お話会

詳細: https://manganjigama.jp/



 

「祈り」について

 

祈りとは

 

たとえ縁の薄い遠い人であっても

 

その人の 痛みと恐怖と取ってあげること…

 

つまり もとどおりの元気になりますように

 

その人の人生が 再び喜びに満ちるように…

 

と祈り、光を送ることです。

 

このように 「人のために祈る」ことをおぼえよう。

 

「人のために役に立つ」ことが この人生の大事な務めであるから。

 

 

心が折れ、揺らぎ、迷い ついイライラして向上せず

 

今はできないことがあっても

 

魂の向上性が 意図する世界へ向いていれば 大丈夫。

 

あなたはやがて 祝福されるだろう。



小冊子「光りのこみち」

https://forms.gle/Xp5LoiDsA2gfBMno8

61日 熊本小国楽心会

710日 福岡お話会

詳細: https://manganjigama.jp/




あなたの 心の奥にある

 

宇宙の看板をみつけなさい

 

それに

 

未来のあなたの姿と

 

希望と 輝きを

 

書き込みましょう

 

あなたの信じる 度合いに応じて

 

実現してゆくでしょう

 

これは 事実です

 

(高木書房「幸せマイルール」より)



小冊子「光りのこみち」

https://forms.gle/Xp5LoiDsA2gfBMno8

61日 熊本小国楽心会

710日 福岡お話会

詳細: https://manganjigama.jp/




 

心を整える

 

どうしてやってくれないのか…など イライラして相手を自分の思い通りに支配しないこと。

 

周りの人を自分の思い通りにしようとして そこに怒りを持ち込まない。

 

対人関係の一番の敵は 自分の中に生じる怒り、不安、嫌悪感。

 

まず 身近な対人関係で決して怒りを持ち込まないこと。

 

私たち気づいた者は 「優しく生きる」ことを目ざす。

 

周りがどんなに暴風や嵐であっても反応せず 相手の怒りや不安を受け付けないように心を整えよう。

 

深い呼吸と 瞑想や断食が私たちを鎮めてくれる。

 

私たちの とっておきの武器は 「祈り」

 

自分を嫌っている人や 自分が嫌いと感じる人…そういう人のために祈る。

 

「幸あれ 安らぎあれ」と。

 

そうすると 祈る私たちが神が準備した安らかな世界に出会える。

 

神は必ず約束を守る。

 

約束を守らないのは 人間の欲に基づいて成したもの。

 

だから 自分の生きる透明度によって それに応じたことがやってくる。

 

純粋性は無敵!

 

美しいものに 目を向けよう。

 

自分も他者にも人間愛を注ぎ できる限り怒り少なく優しく生きていきましょう。

 


小冊子「光りのこみち」

https://forms.gle/Xp5LoiDsA2gfBMno8

61日 熊本小国楽心会

710日 福岡お話会

詳細: https://manganjigama.jp/






どんな失敗や 苦しみにもメッセージがあり

その意味がわかるようになると 自分の望む方向に人生は向かう。

そのメッセージの意味は 乗り越えた時に気がつく。

そうして不思議な人生を変える 光のパイプにつながることができる。

すると 次のような変化が自分の人生に現れる。

どんな人にも訪れる。

1、生活環境が良くなる。
良い人との出逢い、応援者との出会いが叶う。

2、仕事が順調になる
自分に合った仕事がみつかる、今の仕事が面白くなる、仕事が順調に進んでいく。

3、対人関係が断然良くなる
良い人の輪にいつの間にか入る。

世の中には 苦しい事よりも 楽しいことがいっぱいある。

大切なことは

「朝は いつも少しいい気分で過ごす」こと。

そうすると それだけで人生が変わる…変えることができる。


小冊子「光りのこみち」

https://forms.gle/Xp5LoiDsA2gfBMno8

61日 熊本小国楽心会

710日 福岡お話会

詳細: https://manganjigama.jp/




長く生きていると


いろいろと 良い事も 悪い事も


やってくるものなんです


そう…それは くるものは来る。


私達にとっても 我家にとっても


全部必要な事だから


ぜーんぶ 感謝できるまでくるのですね。


(小冊子「光りのこみち」より)


《解説》


良い事も悪い事も いっぱいやってきます。


やってくるものを追い払うことはできないのです。


だから「やってくるものは やってくる」という…


これはもう 居直る感じです。


そしてそれは あなたが学びを得るために必要だからやってくるのです。


「悪かったのは私だったんだ」と気づくために。


そしてそのことに感謝できたら 空に溶けていくのです。


あなたが感謝を覚えるまで やってくる。


そのことが段々と 年をとるとわかるようになってきます。



小冊子「光りのこみち」申し込み先

https://forms.gle/Xp5LoiDsA2gfBMno8

※6月1日 熊本小国楽心会

710日 福岡お話会

詳細: https://manganjigama.jp/




いいんですよ


もう 忘れなさい


河に流した手紙は


もう…見えなくなって


海に とけています


いいんです 忘れて


(小冊子「光りのこみち」より)


このことばは…


イヤなことは紙に書いて 流すといいです。


心にいつまでも それを持っていないで流しましょう。

西洋は「許す」と言いますが 日本は「水に流す」という素晴らしい文化があります。


「許す」ということは 形になって残っているわけで「お前の国は何百年前に攻め込んできた!」と言って覚えている。


その点「水に流す」は 流してしまって何も残らないから 本当に素晴らしいと思います。


イヤな人は 生きている間に無くした方がいいのです。

そうしないと 来生もまたその人と出会ってしまいます。


小冊子「光りのこみち」申し込み先

https://forms.gle/Xp5LoiDsA2gfBMno8

※6月1日 熊本小国楽心会

710日 福岡お話会

詳細: https://manganjigama.jp/




 明日(10日)ポットキャスト第279回「繋がること」が配信されます。

希望や勇気をもって生きるための道案内の小冊子「光りのこみち」ぜひ手に取ってみてください。 

同時に映像版としてYouTubeでご覧いただけます。https://bit.ly/2VaZTVj




思い通り いかない状況であっても


ベストを尽くし


あとは 神の手にゆだねると


光りのこみちが 見えてくるんです


本当です


(小冊子「光りのこみち」より)



小冊子「光りのこみち」申し込み先

https://forms.gle/Xp5LoiDsA2gfBMno8

※6月1日 熊本小国楽心会

710日 福岡お話会

詳細: https://manganjigama.jp/





相手を変えるのに 一番いい方法は

自分がその お手本となること。

相手にしてほしいことを

自分が毎日 やってみること。

まず あなたがお手本になりなさい。

言葉で注意しても 相手は聞かない。

あなたの言うことは聞かないけれど

あなたのマネをするのです。

あなたの子どもの日々と 同じです。


710日 福岡お話会

小冊子「光りのこみち」発売中

詳細: https://manganjigama.jp/