子供の学力や学習意欲について親御さんにとってはとても気になるところだと思います。

 

子供の習熟度に合わせて何度やペースを決めたい場合はそれぞれのぺースでススメられる通信教育がおすすめです。

 

 

最近では塾や習い事よりもお金をかけずに手軽に勉強に取り組める「自宅学習教材」が増えています。

 

 

ですが子供の中には何をやらせても続かずに飽きてしまうお子さんもたくさんおり、どうしたら自分で勉強してくれるのか教えて欲しい方も沢山いるでしょう。

 

 

今回は小学生が勉強のやる気がアップするお勧めの方法を紹介していきます。


小学生におすすめなのは通信教育

 

 

学力を上げるために色々な習い事や塾に行かせる親御さんは沢山いますが、家に帰ってきてから自分で勉強が出来なければ何の意味もありません。

 

 

 

そこでお勧めなのが通信教育です。

 

 

通信教育は家庭学習の習慣が自然と身に着きますし、自主的、自発的に学習する力が身に着きます。

 

 

また子供の目的やレベルにあった教材で学習が出来るので基礎学力や学力の土台を養うことが出来ます。

 

 

難関中学や高校を目指して塾に行かせている親御さんもいらっしゃいますが、塾に満足して自分で勉強しなければ何の意味もありません。

 

 

なのでお子さんの興味に合わせて教材を選べることもあり学校の授業内容だけではなく、幅広い知識を身につけることも出来ます。


小学生のお勧めな勉強法は成功体験を積み上げること

 

 

子供の勉強に対する親の願望は「難しい問題もスラスラと解けるようになって欲しい。」というものがあります。

 

 

 

それによってどうしても子供に難しい問題をやらせてしまいがちです。

 

 

例えば基礎も出来ていないのに発展問題をやらせたり、学校よりも進んだ範囲の勉強をやらせたがります。

 

 

ですが子供にとってそれは苦痛でしかなく苦痛と思う勉強を長く続けられることなんて到底できません。

 

 

なので小学生におすすめなのがその逆を考えてまずはスラスラと簡単に解ける問題をやらせて「出来た!」という成功体験を積ませてあげた方がよっぽど子供のためになります。


学習の定着化

 

 

1つ1つ問題が解けたことをほめてあげることによって、成功体験がつい見あがるのと同時に「勉強が楽しい」と思うことが出来ます。

 

 

 

そのためには勉強を楽しいと感じるための仕組みが必要なのです。

 

 

例えばタブレット端末を使う場合は進捗度に合わせてポイントを貯めることが出来るアプリが付属しています。

 

 

それによって勉強のやる気がアップします。


まとめ

 

 

なのでまずはお子さんの頭が良い子供でも頭が悪い子どもでもお子さんの勉強に対するやる気を伸ばしてあげましょう。

 

 

 

お子さんの脳みそはまだまだスポンジ状態であり、勉強のやる気になればなるほどありえないほど吸収して頭が良くなっていきます。

 

 

そのためにまずは成功体験を積ませたり、勉強することが楽しいと思ってもらうことが必要不可欠なのです。

 

 

ぜひ実践してみてくださいね。