招き猫zzzのアフィリエイト太平記

招き猫zzzのアフィリエイト太平記

情報商材マニア転じて遅咲きのアフィリエイターに…。ジョークとエンタメを中心につれづれと書き綴っています。

NEW !
テーマ:

 

 寒いですね。

歳のせいか、手足の先っちょが中々暖まりません。

困ったもんです。

 

今回は音楽の記事を書きます。

アマゾン・ミュージックを徘徊していて見つけたシンガーです。

永年染み付いたサガか、新たにお気に入りを発見すると何だか得した気分になります。

 

Chantal Chamberland (シャンタル・シャンべラン?)

カナダ出身のジャズシンガーということは分かるのですが、ウィキペディアにも大した情報はありませんでした。

何ヶ月か前に見つけてアルバムを5枚聴いて、やっぱり良いなと思ったので色々調べているのですが、
ネット上にも個人のブログ記事も含め、情報らしい情報は殆ど見つけることが出来ませんでした。

 

レコード業界が元気な頃であれば、輸入盤で話題になってブレイクという流れだと思うのですが、
今はそんな余力もないのかなと思います。

(キング・インターナショナルが輸入盤で取り扱っているぐらい。)

 

 

 

 

まあ、そんな愚痴を言っていても仕方ないのでとりあえず聴いてみて下さい。

お馴染みの「縁は異なもの」。

ノラ・ジョーンズを思わせるようなスモーキーな歌声です。

 

 

「ジョージア・オン・マイ・マインド」

小さなクラブでしっとり聴いたら絶品だと思います。

 

 

もしかしてフランス系? フランス語がお得意なようでよく取り上げています。

 

どうでしょうか、もうちょっと注目する人がいても良さそうなものですが…。

(もしかすると招き猫が知らないだけでデビューの頃は話題になったのかも…???)

 

レコード業界はこのまま滅びて行くんでしょうか。

寂しいですね。

月額聴き放題とかやってたら、益々ダメになりそうな気がします。

 

 

 


テーマ:

 

 今年の漢字は「災」でした。

確かに振り返ってみるまでもなく災害が多かった年だったことは確かです。

でも何か負のイメージって嬉しくない…。

 

 

ということで・・・。

 ベタベタですが…「災い転じて福となす。」

 

 

 

来年はもうちょっと良い年になって欲しいですね、

宝くじが当たって欲しいなんて言いません。

皆が平和に暮らせますように…。

(住宅ローンが完済できますように…。)

 
 

 

福よ来い!

来てチョーダイ!!

 

 

 


テーマ:

 

 ここ数日暖かい日が続いたと思ったら、いよいよ冬も本格的になってきたようで、週末はかなり寒くなるようですね。

 

 

さて、今朝のyahooのトップに

政府、中国通信2社製品を排除へ

という記事がありました。
 
 
中国の華為技術(ファーウェイ)と、中興通訊(ZTE)の2社の製品を政府調達から排除するという記事だ。
 
中国製の電子機器に対する危惧は随分前から指摘されています。
米下院が2012年10月に公表した「米国の国家安全保障問題に関する調査報告書」で既に報告されていて、今年に入って米、印、豪などが相次いでファーウェイ、ZTEが製造した通信機器の使用を禁止、今月6日には英ブリティッシュ・テレコムも排除の方針を固めたことから、日本政府もようやく重い腰を上げたのだと思います。
 
このところアメリカは本気になって中国を締め付けようとしていますね。
12月5日、ファーウェイの最高財務責任者(CFO)Meng Wanzhouが米国の対イラン貿易制裁に違反した疑いでカナダ当局に逮捕されました。貿易戦争だけじゃないってことです。
 
そもそも根底には米中の(サイバー空間を含む)覇権をかけた戦いがあるのは周知の事実。
中国は「中国製造2025」という長期的な構想を発表していて、実現に向けて着実にことを進めています。
最早侮れないところまで来ているようです。
 
 
※「中国製造2025(メイド・イン・チャイナ2025)」とは、2015年5月に中国政府が発表した。
中国における今後10年間の製造業発展のロードマップだ。
2025年までに「世界の製造強国入り」を果たし、2045年には「製造強国のトップ」になると目標を掲げています。
 
アメリカにとってそんなことを許せるはずもないが、一方で習近平も絶対に引き下がれないだろう。
文字通り10年後、20年後の世界の覇権をかけた戦いと言えます。
その辺りの経緯はこちらの記事に詳しいのでご参照下さい。
 
更にこんな記事もあった。
 
正直「本当かな?」という気持ちと、「やっぱりな…」という気持ち、両方あります。
 
まあ、招き猫zzzの場合は個人情報が盗まれたとしても、そんな情報は何の役にも立たないだろうから心配することはないのだが、中国製品を買うということは中国企業を応援することになるので、いくら高性能でも、いくら安くても買いません。(サムスンやLGも。)
 
一方でTVをみていると docomo がファーウェイ製携帯のCMをどんどん流しているし、
ネット上では同社の製品に対するヨイショ記事も多数見つかります。
民間企業だから目先の利益優先は当然だが、企業戦略としてももうちょっと先を見なければいけませんね。
さすがに今後は徐々に減ってくると思いますが…。
 
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス