素晴らしい経歴をお持ちですね。

 

最近、そう言われた。

しかも、某パソコン会社に勤める、

アラカンの男性に。

 

社会人1年目から、

任期付きの仕事をメインでやってきたため、

履歴書を書くと、まぁ、はみだす。

 

30歳前後までは、

「仕事の続かないやつ」って社会的なレッテルを貼られている、

と自分自身、欠点だと思ってきた。

 

そんな自分が嫌で、

パッと見て『すごい』と思われる資格を、

大金かけて取ろうとしたこともあった

(実際大金はかけたけど取れなかった)。

 

でも、

たくさんの世界を見て、

たくさんの人と接し、

しなやかコミュニケーションで渡り歩いてきた

 

私のプロフィールは、

それを表す、『財産』なんじゃないかと、

いつのころからか、思えるようになった。

 

というわけで、

ブログの最後に載せるつもりが、

長すぎるので記事にしました。

プロフィールです。

面白いかどうかはさておき。

 

 

清水千絵プロフィール

(もうちょっとましな写真をそろそろ誰かに撮ってもらお…)

 

1982.8.3 生まれ  しし座 A型

神奈川県藤沢市出身、3人姉妹の3女
可愛がられるが、わりと「みそっかす」。
「社会とは、大人とは、いかに理不尽か」を悟る。
 
2000.3 大学進学

「世の中のことを分かりやすく伝えられる人になりたい」と、
大学では、国際政治学を学び、

教員免許(英語)を取得。

 

卒業後、3つの国際NGOで勤務。
開発教育、ファシリテーション、ワークショップに出会う。
「イライラをわくわくに変えるワークショップ」開始

 

 

2008.6.24 念願だった青年海外協力隊に参加、ルワンダへ!

 

『常春の国』ルワンダは、自然も人も美しかった。


「私って、なんてちっぽけなんだろう」と気づかされる2年間。

助けるはずで行った私は、いつも助けられてばかりだった。

 

帰国後は、中学校の教員を勤める。
子どもたちは、わんぱくでかわいい。
しかし、
業務に追われ、子どもと接する時間がなく、
現状を変えるために研修に行く時間もない先生たちの姿。

 

「先生にもっと広い世界を見てほしい、夢を抱いてほしい」

と考え始める。

 

被災地支援活動、ブラック廃棄物マネジメント会社に勤務

(長時間勤務、深夜労働、社長のパワハラで心身を壊す)

 

2013.7. 某国際協力機関に入社。

開発教育=「学校と世界をつなげる仕事」に2年半従事。

 

2016.1 第一子誕生 に伴い退職(契約解除)

 

2017.3 同国際協力機関に再度応募し入社。

自治体やNGOによる国際協力に携わる。
草の根の立場で、国際協力に関わる人々の熱い想いに触れる。
途上国の人たちの生活の変化、やりがいのある仕事を経験。

 

2018.7 第二子誕生(今度は産休・育休取得)
(育休復帰時、夫婦フルタイム&親に頼れない生活の大変さを経験。)

 

復帰後は再び「学校と世界をつなげる仕事」に従事する。

国際理解教育の授業づくりで、先生自身が変わっていくのが印象的だった。

 

 

2013-2015年、2019-2020年

合わせて、
○550人の子どもたちに、国際理解教育ワークショップを実施、
○東北6県、60人の先生の「世界とつながる授業づくり」をサポート、
○150人の高校生に「国際協力実体験」を実施。国際協力を『アツく』議論する機会提供。


2020.3 任期満了のため退職

2020年4月からは、
ワークショップ×国際協力×教育 で生きていきます。

 

~募集中のメニュー~

 

『SDGsってそもそもなんなの?ワークショップ(4/15@仙台)』募集中

 

 

先生向け ワークショップコーチング 随時募集中

 

 

ママ向けコーチング『楽しいトイトレ&イライラをワクワクに変えるコミュニケーション』募集中

 

 

 

企業のHR担当者向け
社内コミュニケーション環境改善
『イライラをワクワクに変える~コミュニケーションワークショップ~』随時募集中

 

 

 

 

 

 

 

 

「SDGs*ってやらなきゃいけないの?」
「SDGsって最近聞くけど、そもそもなんなの?」

「自分は理解しているけれど、人に伝えるのが難しくて…」

 

なーんて思っている、そこのあなた。
ぜひこのワークショップへ。

 

 

SDGsは「より豊かで住みやすい地域・世界・未来をつくるために作られた目標」のことです。

 

国連で採択された目標ですが、

実は、

私たち一人一人が、

すでにこの目標に向けて取り組みをしています!

 

人によって価値観の違う「豊かさ」「住みやすさ」について考え、自分にできる事を考えてみませんか?

一緒にワクワクする未来をつくりましょう!

 

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)

2016年から2030年の15年間で達成する、国連加盟国の全会一致で採択された行動目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、

地球上のだれ一人残さない(leave no one behind)ことを目指しています。

 

この講座では下記のような方々を対象としています。

 

・SDGsをやらなきゃならなくなった人、必要に迫られている人

・ビジネスに活用したい、自社に導入したい人

・明日から使える!伝える方法が知りたい!

・すでに職場で実践しているが、理解とやり方が合っているか分からない人

・SDGs登場の背景、目標を一から理解したい人
・SDGsに取り組むための具体的なステップを知りたい人

 

ワークショップ構成
①そもそも論を学ぶ:基礎的理解、概要、背景、達成への国内の取組みを解説します。


②ワークショップ:参加型で学びます。ジブンゴトにし、足元から考え、人に伝える方法を体験します。


③ケーススタディ:日本国内のある地域で実際に起こった事例を用いて「本当の意味で環境にいいとはどういうことなのか、持続可能な地域を可能にする開発とは、地域社会への参加とは何か」を考えます。SDGsの17のゴール「経済・社会・環境」の3側面から地域を見ることができます。

 


SDGsやワークショップに関する教材の閲覧・販売コーナーあり。
書店では売っていないので、購入のチャンスです。

 

日時:2020年4月15日15:30~17:30
場所:仙台市市民活動サポートセンター 第5研修室
参加費:2,000円

定員:8名
講師:阿部眞理子(認定NPO法人IVY 理事)
主催:まならぼ仙台

 

お申し込み、ご相談は・・・

manalabosendai@gmail.comまで。

お名前、所属、年齢(○代)、参加のきっかけ、連絡先(メールアドレスおよび電話番号)をお知らせください。

 

ご連絡お待ちしております。

 

※(必ずお読みください)

①現在のところ、感染症対策に十分配慮して実施する予定ですが、

万が一中止をする場合はお申し込みの方に2日前までにご連絡いたします。

あらかじめご了承ください。

②少ないスタッフで運営しているため、事前支払・キャンセル料返金などの制度はありません。

定員も少ないので、お申込みいただいた場合は極力ご参加ください。


講師プロフィール:


阿部眞理子 

認定NPO法人IVY理事
・IVYのフィリピン部門スタッフとして、1998年活動開始。
・2000年から国際理解・環境教育部門責任者、2002年IVY理事就任。
・カンボジア農業支援、ミャンマー避難民支援にも従事している。
・大学・小・中・高校の学校現場、教員研修、市民向けセミナー等で、地球上で起きている諸問題やSDGsを扱ったワークショップを行なっている。
・2019年度外務省NGO相談員であり、東京にある(特活)開発教育協会常任理事も務めている。

 

 

 

 

「入園の必須条件は『おむつが外れていること!!』トイトレしないと。。。真顔

「産んだはいいけど、子どもをかわいく思えないショボーン

「悩みはあっても誰にも相談できない。結局、私が我慢すればいいんだよねショボーン

 


そんなあなたのところに、

ワークショップデザイナー、おむつなし育児アドバイザー、ついでに元中学校教員の私、

清水千絵が訪問します!!

 

 

*おむつなし育児とは *

おむつに頼りすぎない育児。ふだんはおむつをしていても、可能な範囲でおむつの外(解放空間)でできるように寄り添う育児方法です。詳細⇒こちら

 

 

『楽しいトイトレ』&『愚痴以上カウンセリング未満のお悩み』に、

とことんおつきあいします。

 

一人で悩まないで!

答えはあなた自身が持っています!!

 

虹虹ニコニコニコニコニコニコニコニコ虹虹晴れ晴れ晴れ

 

春ですねガーベラ

少しずつ暖かくなって、

身も心も軽くなる季節ちょうちょ

 

一方で

 

出会いと別れ、

入園入学新生活、

紫外線は一年で一番強く(5分で日焼けしてしまうとかなんとか)、

保湿力低下でお肌も曲がり角。

それに伴うメンタル乱高下。

 

おまけに新型コロナウィルスの影響でおでかけできず、

家の中での時間を持て余し、イライラが募る一方。。。という方も多いかと。

 

どうせなら、この機会に、

・楽しいトイトレ(おむつ外し)

・イライラをわくわくに変えるコミュニケーション 詳細⇒コチラ

 

を体験&実践してみませんか?

 

<トイトレについて>

かくいう私も、1人目のおむつ外しでは、

2歳半の娘(現在4歳)を無理矢理トイレに座らせて、

「どうしてこんなことするの?」

と言わせてしまった、

しくじり過去保持者です。

 

詳細⇒コチラ

 

そして、今は、1歳8か月の息子と、

排泄コミュニケーションを楽しんでいます。

 

詳細⇒コチラ

 

 

<イライラをわくわくに変えるコミュニケーションについて>

私との1対1ワークではありますが、

ワークショップでの学びを出来る限り体験していただけるようにしています。 

 

<過去のワークショップ参加者の感想>

・相手に対する言葉の大切さ、重要さを学べた

・話せたことが良かった。言いたいことが少し言えた。会話できた。

・対立に対するイメージが変わった。一歩ふみこんで考えることができた。

・このワークショップに出たあとは、心のスッキリ度が200%upって感じで、早く誰かと会話したくなる感じ。それまでは『なんでわかってくれないの!』と思っていたのが、『どうしてこんな風に思うのかな?』って考えられるようになり、一呼吸置けるようになりました。

・イライラの原因がわかるから、怒らなくて済むこともあるし、しっかりと想いを伝えられる。結果、ママも相手(パパや子ども)も笑顔でいられるのかなと思います。

 


この講座の対象はこんなかたニコニコ     

 

・とにかくおむつを外さなければ!必要に迫られている方

・子どもをかわいく思えない。こんな私母親失格だよねと思っている方

・愚痴る場はあるけど、結局家に帰ると何も変わっていない現状にうんざりしている方

・今は子育てに専念する時。母親は夢なんて持てないんだ、と思っている方

 

 

受講後はこんなあなたになれます爆  笑

 

・お子さんのおむつが外れる、と同時に自分の心のもやもやもすっきり

・子どもってなんでもできるんだ!子どもの気持ちに寄り添える最高の私

・『人に伝える』シンプルしなやかステップを踏めるようになっている私

・母親だって一人の人だもん。夢を持って未来を描いて日々過ごしていいんだ

 

 

具体的なメニューコーヒー       

 

・まずは現状を伺います。トイトレの悩み、コミュニケーションの悩み。(30分)

(もちろん、秘密は必ず保持しますのでご安心ください。口は堅いとよく言われます)

・1か月後の理想の未来を一緒に描きます。(30分)

・悩みに合わせて、理想像への道筋をご提案。

すぐに試せるもの~できたらいいな、まで、

3ステップでお伝えします。(30分)

 

※トイトレとコミュニケーションの割合は、自由です。

100%トイトレの悩みでもいいし、7割トイトレ+3割コミュニケーションetc.でもOKです。

 

特典:

・今なら、1か月間のメールフォローつき。

悩んだらすぐに相談できます。

 

気になるお値段:90分 5,000円

 

日時:

2020年3月25日10時~or 14時~

    3月26日10時~or 14時~

    3月31日10時~or 14時~

 

※日時についてはご相談に応じます。

 

 

対象地域:仙台市内を想定(遠方の方はご相談ください)

 

※何らかの事情で、お宅訪問が難しい場合はご相談ください。

 

 

追加情報:

ライン公式アカウント開設しました!

登録いただいた方には、『500円割引価格』で提供中!

(申し込み時に『LINEアカウント登録してます』と教えてください!)

 

(LINE公式アカウント登録は、下記URLからお願いします!)

https://lin.ee/fTzEwsa

 

 

お申し込み、ご相談は・・・

このブログにコメント、

清水千絵facebookメッセンジャー、

manalabosendai@gmail.comまで

 

ご連絡お待ちしております。

 

ワークショップデザイナー、おむつなし育児アドバイザー  清水千絵

  


プロフィール:

国際NGOスタッフ、⻘年海外協⼒隊、中学校教師、復興⽀援、廃棄物マネジメント会社といろいろな職を務め、7年前に来仙。現在は教育×国際協⼒×ワークショップで起業を目指しています。ファシリテーション経験は20年ほど。⼈・家族・地域・組織・国がもっとハッピーにつながっていく⽅法を考えることがライフワーク。

 

 

 

 

 

食う、寝る、出すって、生きる基本ですよね?

もっと、「出す」こと、話題にしてもいいよね?大事だよね?

 

2と言いながら、続きでなく、

読み切りになるように書いております。かしこ

(1記事1テーマで簡潔に書くって決めたのに、続編にしちゃってました。反省…)

 

 

現在4歳の娘のおむつ外しの時、

辛い経験をしたので、

ゆるーく(というよりほぼしていなかった)やってる、

息子のおむつなし育児。

 

今年の1月後半に始めてみてから、

今日までを思い出し、気づいたのは、

 

①息子との排泄コミュニケーションを楽しんでいた

②無理!って思ったら、休んでいた(でもゼロにはしなかった)

③まぁー、よく見てたし、よく連絡帳に書いてた(忘備録)

 

ということでした。

 

寝起きトイレのあと、出かけるまで(できるときは夜お風呂まで)、

と決めて始めたら。

 

早速、おまるも、トイレも、ついでにおむつも嫌がって、

座って絵本を読んでいたら、おしっこをした息子くん。

じっと、自分から出てきたものを見つめていました。

 

私は、というと。

「なんかできそうかも。」

って思いました。

 

その後は、というと、

朝一トイレ(も余力のあるとき。毎日ではない…)

のあとは、ぴちぱん&ふんどし*にしているんですが・・・。

 

ぴちぱん&ふんどしについて、詳しく知りたい方は

こちら

 

 

・頻回(1時間に4回って。。。)

・うんちが!漏れて大惨事!

で大変だったら、ちょっとお休みして、普通に紙おむつにしてみたり。

 

にもかかわらず、紙でもふんどしでも、

「出たときに教えてくれた」感じがしたり

(なんとなく、視線とか。そばに来るとか)

 

そのうち、

キッチンに来て、ふんどし触ってみせる、という

なんとなくではなく!確実に教えてくれ始めたり。

 

とはいえ、寝起きキャッチ率は10%くらい。

しばらくキャッチできないなー、

なんて母のキャッチ欲を察したのか、

出かけた先で昼寝後に、薬局のトイレでキャッチさせてくれたり。

(忖度上手♪)

 

 

「出た?」と聞くと寄ってきてくれるように、なったり。

 

 

保育園で読んでいる、「おーいかばくん」を気に入って、

「かばくんも、うんちするでしょー。息子くんもうんちだよー。」

というと、自分から出たうんちを、まじまじと見つめたり

 

 

ある日、おしっこが出た瞬間を目撃。

ててて、と走って、

はっ、と止まって、下を見つめる。

そして、出たよ報告が増える。

 

 

とにかくまぁ、食べることが好きなので。

ごはん前のトイレが定着すると、

「まんま」と言ってトイレに連れていかれたり。

(↑早く食べたい人)

 

保育園では、食前におまるで出ました!報告受けたり。

 

 

トイレに行って絵本を読む、ということを繰り返したら、

トイレ=絵本を読むところ と認識。

 

 

寝起きに、

「ちっちいこうか」というと、

ててて、と自分で行くようになる。

絵本を読んでほしいと、「ちっち」と言って、

嬉しそうにお気に入りの「のりたいな」の絵本を持って連れて行かれたり。

 

お気に入り絵本集。

一番好きな車は、収集車。。。なぜに?

 

 

まだあんまり言葉を話さないので、

これら一連のやりとりが、

本当に楽しくて、

かわいくて、

愛しくて。

 

もうずっと、このままでいい、

と思うくらい。

 

キャッチ率はあまり高くないけど、

本当はそこが目的じゃないんだよね。

でも、一人目の時はそこにこだわっていたのかな。

あんまり楽しめていなかったな。

 

 

そうこうしているうちに、

寝起きで出なくて、おむつをしていると、

紙おむつであっても、

分かったみたいで、おむつをご覧になったり。

 

 

おむつなしの3つのステップのうち、

 

ステップ1:体から排泄物が出るという事実を、五感を使って脳が認識する(身体能力の発達)

が見られてきた!

 

そして、

「あれ、そんなに頻回じゃなくなっている。」と気づいたんです。

以前は1時間に4回していたけど、1回になっていたり。

”ためて一度に出す”という排泄コントロールの感覚が育ってきた感じがします。

 

 

朝一トイレも、週に1回くらいは成功するように。

 

 

そして、保育園から、

「おむつ取り換えの度に、おまるでおしっこ出ました。」

と報告を受けました。

 

 

この「いい加減(でもあきらめない)」が、

おむつ外しには大切なのかな、と思い始めてきました。

 

 

結局、このゆるゆる方式の方が、

早く外れちゃったりして。あは。

 

と、同時に思ったのは、

トイトレでもおむつなしでも、

うまくいかなくって、悩んでいる、ママパパって多いんだろうな。

 

ということ。

 

私みたいに、

おむつなしやっていて、懲りすぎて逆にうまくいかない、

なんていうケースもあるかも。

 

そういう時って、

親子関係とか夫婦関係とか仕事関係とか、

他にも、原因があったりするんだろうなって。

 

 

私がやれることは、

この経験を活かした、おむつ外しと。

 

同時に、

ずっと10年以上やってきた、

「イライラをわくわくに変えるコミュニケーション」。

 

2つを合わせた

トイトレ×イラわく。かもなーっ!!

 

保育園で、トイトレお悩み相談会も、

コロナが落ち着いたらできそうなので、

ぼちぼちとやっていきます!

 

またこちらでお知らせしますっ!!

 

 

 

 

必要なのは魔法の技ではなく、

ちょっとしたコツと勇気でした。

 

娘の誕生日。

5年日記が新しいサイクルに入ると、

新たな気持ちになる私。

 

 

 

今回は・・・

ゆるゆるどころか、

(うんち以外)ほぼしていなかった、

息子のおむつなし育児再開を決意。

 

 

早速、

ゴムバンドと布おむつを取り出して着用。

 

 

うん、さむそうだね。

寒すぎてかゆいのか、お尻掻いてる。

 

そこで、ぴちぱん*というものを思い出し、

お抱え縫い師(姉)にオーダーして作っていただく。

 

*股が割れてるパンツ。寒い東北で、

お子ちゃまのかわいいお尻を守りつつ、

快適にふんどし育児ができる優れもの。

 

 

 

うん、ちょっと大きいけれど、

寒くははないね。

 

 

ということで、1週間くらい、

朝の出勤まで30分と、

夜のお風呂までの60分の、

ふんどしタイムスタート。

 

 

いつもより息子のことを気に掛ける私。

子どものために何かするって素晴らしい、

なーんて思っていたのもつかの間。

 

・うんち事件頻発

ぴちぱんが大きかったのか、

布おむつではなく、

ぴちぱんの中に漏れる惨事が2度続く

 

・おしっこ間隔短すぎる

15分に1回って、、、大変すぎる。

 

ということであえなく断念。

 

 

「もう少し小さいサイズで作ってケロ」

と言った2週間後には、小さいぴちぱん到着。

 

ぴちぱんにしとくには惜しいくらいの~

 

high quality (高品質)

売れるよ、これ。まじ。

 

 

 

履かせてみたらぴったり。

でも、うんち事件に懲りてカバーする。

相変わらず頻回。

 

 

このスタイルで3日過ごし、

おむつなし育児アドバイザー養成講座参加。

 

結果、

朝晩のおむつなしタイムは、

カバーなしの完全ふんどしになり2週間。

 

 

 

昨日の保育園の連絡帳に、

すごいこと書いてあった。

 

 

「今日はおしっこ取り替えの度に、

おまるでおしっこ出ました。

おまるで出すという習慣がついてきたのかな?

と感じました」

 


なな、なんですとっ!

 

 

と、長くなったので、2に続く。