一人にしない、一緒に学び、受験に克つ@えつひろブログ

一人にしない、一緒に学び、受験に克つ@えつひろブログ

「一緒にすると、もっとできる」子どもを一人にしません。また、教えません。受け身になるからです。だから、子どもと一緒に考えます。子どもが能動的に考えます。そして、一緒に考える楽しさと、一人で考え抜く力を育てていきます。

 

こんにちは、学びスタジオの奥川えつひろです。

 

今日は、”聴く”ことについて書きます。

 

❤︎社会では、"話すこと・聴くこと"が大切

 

今、教育で重視される「生きる力」、

この力を育むためには、

コミュニケーションスキルは欠かせません。

 

"他者と共に生きる"社会においてコミュニケーションは最重要です。

 

コミュニケーションスキルとは、話すことと聴くことです。

 

❤︎協働が求められる社会

 

他者との共生、協働が求められる中、

聴くスキルを身につけることは、

ますます大切になってきます。

 

❤︎学校では、"読む"、"書く"ことが中心

 

学校で学ぶのはどちらかというと"読むこと"と"書くこと"が中心であり、

 

"話すこと"や"聴くこと"に関しては、

アクティブラーニングを通じて学びが始まったところです。

 

❤︎家庭教育で"聴く"を

 

家庭では、

親子で、"聴く機会""話す機会"が溢れています。

 

外で、学んできたこと(インプット)を

家庭で、表現する(アウトプット)。

 

家庭で学んだことを聴いてあげることが、

子どもの学びに対する興味は大きく広げます。

 

❤︎親が"聴く人"になる

 

そのためには、

"聴く人"が必要です。

 

親が聴き上手になることで、

家庭教育は大きな力を発揮します。

 

❤︎子どもの言語環境

 

昔は、

子どもは親以外にも大勢の人々に囲まれ生きていました。

いろいろな人と話し、

豊かな言語環境が保障されていました。

 

今はそのような環境は、減っていき、

ゲームという遊びが時間を奪います。

 

だから、

意識をしなければ豊かな言語環境はできません。

 

❤︎家庭の言語環境を整えよう

 

❶本を子どもと一緒に読む

 

"生まれたその日から子どもと一緒に本を読むことは、

子どもが読む能力を身につけるずっと前からリテラシー・スキル(読み書きの能力)を育て、

本に対する愛情を育てることに繋がる"

 

と言われています。

乳幼児期の子どもと本との関わりが、発達に与える影響の大きいことが、わかっています。

 

❤︎子どもの読み方は違う

 

読み聞かせている時、

 

子どもが

どんどんページをめくってしまう、

じっと座っていない、

自分で本を持ちたがり邪魔をする……

 

こんな時には、

子どもは子どもなりに本の時間を楽しんでいると考えましょう。

 

❤︎本に親しみをもたせる機会を作る

 

子どもが本の世界にはいってきたら、

親が聴き、

子どもが話す時間を作ります。

 

本を読みながら子どもを観察していると、

子供が興味を持つ瞬間がつかめます。

 

物語を読んでいるのに、色に反応してみたり、

動物のお話なのに、数を数え始めたり…、

 

❤︎本から受け取る世界は、大人と子どもでは異なる

 

大人の世界に子どもを引っ張ってくるのではなく、

大人が子どもの世界に入っていきましょう。

 

子どもの世界に焦点を当てて話を聴いていくと、

子どもは空想しながら沢山のことを話してくれます。

とても楽しい時間です。

 

❤︎本の中に出てきた言葉を使う

 

本の中にでてきた言葉を日常生活に使えば、

子どもはどんどん言葉を覚えていきます。

 

いつも読んでもらう本に出てくる言葉が日常生活につながれば、

子どもの表現力は高まります。

 

❷子どもの心の棚卸し。オートクライン

 

自分で話しながら自分で気づいていくことを"オートクライン"といいます。

 

子どもも子どもなりに、

忙しい日々を送っています。

習い事の数が増えれば、なおさらです。

 

ですから、

時には、

子どもの頭の中にあるものを聴いてあげて、

棚卸しの手助けをしてあげると、

頭の中がすっきりし、

いろいろなことに気づくこともあると思います。

 

❸尊重し合う関係

 

まだ小さいと、

子どもの発言を軽んじていては、

"聴いているつもり"からの脱却はできません。

 

自分の当たり前を強要することなく、

子どもの世界を大切にすることは、

"聴く"ことのとても重要なことです。

 

親子の関係は、

相互に尊重しあう関係と考えるなら、

まず、親が子どもを尊重します。

そうすれば、

子どもは親を、

そして他者を尊重できる人間に育っていきます。

 

❤︎まとめ。家庭で"聴く"ことを大切にする

 

本を一緒に読み、リテラシースキルを育て、

子どもの頭の中をオートクラインしてあげ、

子どもの言葉を尊重して"聴く"

 

"聴く"ことは、

相手を尊重するための最初の一歩です。

 

沢山聴いてもらって育った子どもは、

相手の話も聴けるようになり、

親にしてもらったように、

子ども自身も"聴き上手"となっていきます。

 

この"聴く"ことで、

一生続く親子関係の基礎を、

そして、

人間関係の基礎を、

豊かにしていってほしいと思います。

 


❤︎四谷大塚NETフォーラム塾提携校の

学びスタジオで、

四谷大塚の教材を使って勉強しませんか。

通学・通信教育のサポートをします。

お問い合わせは、

https://www.manabistudio.com/inquiry/