ビジネスマン・ビジネスウーマンの生き抜く技術

人と違った存在になる!
自分を楽しむ!

営業不振になるときには、きまってある特徴がある。
いまやっている手段が行き詰ってしまうことだ。
そして、いまやっている手段以外浮かばないときだ。
つまり、八方塞がりになる状態である。

 

 

 

実は、このような状態になるには、背景がある。
それは、ビジネス書の読み過ぎか、人の言っていることを頑なに信じてしまっているからである。
それによって、この業種にはこのような手段しかないと、思い込んでしまっている。

 

 

 

私は、行き詰まり状態から脱出する道は一つあると思っている。
それは、「あの手、この手」と、考えることである。

 

 


「あの手、この手」というと、まったく抽象論のように聞こえるが、その言葉は、手段が複数にあることを認識した言葉である。
ということは、意識は「結果」に向く。私は、そのことが非常に大事だと思う。

 

 

 

営業は言うまでもなく、手段を競うものではなく、結果を競うものである。
「あの手、この手」と頭に考えただけで、意識は結果に向く。また、「あの手、この手」があると思えれば、気持ちも楽になる。

 

 

 

重要なことは、「あの手、この手」という言葉は、資源を思い浮かべる力、増収要因を発掘する力にもつながっていくことである。

それは、営業力にほかならない。

 

 

 

詳細記事

http://shinyuri-souken.com/?p=44857

 

 

 

 

 

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

 

 

 

◆「こっそり差をつけたい」人のための本

 

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

 

 

◆メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報

http://ameblo.jp/mamoru-gijutsu/theme2-10094984807.html

 

 

 

◆忙しい方のビジネス書選びの参考にしてください。

おすすめのビジネス書 http://shinyuri-souken.com/?page_id=41933

 

 

 

 


ビジネスマナーランキング

にほんブログ村 経営ブログ ビジネスマナーへ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)