マンモス☆南北東西を駈ける

マンモス☆南北東西を駈ける

グラビアアイドル・モデル撮影会「グラ☆スタ!」主宰/フォトグラフィック・オーガナイザーのマンモス☆南のサブブログ。日々の喜怒哀楽を吐露?!

グラビアアイドル撮影会「グラ☆スタ!」
http://gra-sta.com/

アイドル満載のインターネット番組
「グラ☆スタ!バンバン」(土)20:00~
「盛りガール選手権」(金)20:00~
をプロデュースしているマンモス☆南です。

ニコニコチャンネル「グラ☆スタ!チャンネル」
http://ch.nicovideo.jp/gra-sta
YouTube「グラ☆スタ!MOVIEチャンネル」
https://www.youtube.com/channel/UCSTgbOv2ewJzzDmcKqfOncg

グラ☆スタ!フットサルクラブ(水天宮ラスターズ)も宜しくお願いします。
http://gra-sta.com/gfc.php

裏話や雑感など書いていきますので、宜しくお願いします。

このタイトルの記事を書こうと思った先月、

下書きにしたまま4月になってしまいました(笑)

 

「4月になると」って言葉を口にすると、

菊池桃子の「卒業」のサビを歌ってしまいそうですね。

 

それにしても、

ブログって書かなくなっちゃいましたよね。

昔はみんな毎日書いてたというか、

「書け」と事務所に煽られる女の子や、

「書かないの?」とファンにプレッシャーを掛けられる女の子やら、

大変でしたね。

 

いつも思うのですが、

いろんなものが高速化すると、

人間がこらえ性がなくなってしまい、

長いコンテンツを作ることも見ることもつらくなるんでしょうね。

 

全部携帯電話やスマホの普及の副産物だろうなと。

 

昔のドラマは、2クールが普通だったし、1年続くものもあったのに、

最近は大体10話ぐらいで終わってしまう。

長編よりもダイジェスト、下手したらWikiで見て、知った気になる。

同じように、ブログで想いを綴るより、

ツイッターで簡潔にまとめたり、

インスタで写真1枚や短い動画に込めたり。

 

スピード感、ですかね。

 

閑話休題。

 

4月になったらやろうと思ってたこと・・・

 

1)ニコ生で配信している番組をYouTube生配信に移行する

 ⇒やり方を学びつつ、ようやく少しずつ始められそう

2)イベントレポートのブログをやめて、写真フィーチャーのインスタを展開

 ⇒密かに始めてます(マンモス☆南の飯テロインスタとは別に)

3)撮影会告知動画をやめて、おしゃれな女の子のPVを作って随時アップする

 ⇒YouTubeかインスタにアーカイブしていく考えです

4)スタジオの決済方法で楽天ペイ/クレジットカード払いを導入

 ⇒審査が通ったので、ツール類を精査中

 

それ以外にも、

マンモス☆南のデザインセンスがなさすぎることを割り切って、

ホームページのデザインとか番組のアイコン類のブラッシュアップを

才能ある方に依頼してリニューアルしたいとか、

いろいろあるんです。

 

本来「プロデューサー」って、全部自分がやるわけでなくて、

むしろ、分業をうまく仕切るというか、コーディネートする能力が必要なんだろうなと。

どちらかというと、

自分でやりたいというより、自分でやらざるを得ない、という感じで、

抱え込むことも少なくないんですよね。

 

例えば、「映画を作りたい」と思っても、

プロデューサーは、脚本を書くわけでも、演出するわけでもないですし、

宣伝活動を行うわけでもありません。

もちろん、それぞれに責任を持って関わるわけですが、

実作業は、それぞれの「部」で行うものですからね。

「演出部」「撮影部」「照明部」「美術部」「俳優部」・・・

そりゃ、全部ひとりでできる超人みたいな人になれたらいいですけど。

 

うちの会社は12月決算なので、新年度は4月からではないのですが、

世の中的には4月が新鮮な時期なんでしょうね、

新人が入ったりすれば、先輩や上司も、

ある意味初心というか原点に返るような気持ちになるかもしれません。

 

いくら「俺はまだまだ若い」と意地を張っても、

頭脳や体力は衰えていくことは否定できないでしょう。

ひとりでやってるとね、そのあたりがなかなか実感が持てないというか

気づかないふりをしてしまうのです。

 

4月1日がエイプリルフールで嘘が許されるなら、

自分の可能性や将来性がまだまだあると思い込むことが、

大きな嘘なのかもしれませんね。

【企画概要】

「盛りガール選手権」が2021年6月に300回を迎えたことを記念して、

クラウドファンディングのご支援も賜り、初の写真展を行う運びとなりました。

写真展用に新たに撮影した写真や、過去の盛り写真などの展示や、

記念のフォトブックの制作など様々な展開を行います。

 

【実施会場】

カフェ・トリオンプ

http://sweettrip.biz/access.htm

東京都千代田区外神田5−6−4 メトロビル1F

 

【開催日時】

2021年11月5日(金)~11月7日(日)

展示観覧時間は、13時~17時(予定)です。

 

※尚、開催前日の11月4日(木)18時より「前夜祭」を、

最終日の11月7日(日)18時より「クロージングパーティー」を行いますが、

こちらはクラウドファンディングの支援者で、参加権をお持ちの方限定です。

 

【写真展入場料】

一般:2,000円(1回)

クラウドファンディング支援者の方には

該当するリターンに沿って入場券を発送致します

 

【写真展会場での物販】(予定)

●300回記念写真集(クラウドファンディング特典と同じもの)

 ⇒1冊3,000円(10冊限定)

●当日参加メンバーと撮影するチェキ

 ⇒通常チェキ1,000円、ワイドチェキ2,000円(タレント1名増につき倍額)

●秘蔵チェキセット

 ⇒3枚組2,000円

 

是非是非お越し下さい!

10/24(日)に実施します「森ふうか・森サークル着物撮影会」

http://gra-sta.com/schedule/sp_21_1024/

にご参加頂いた方だけが応募できる特別企画

「MOESTA通信」掲載企画について、ご説明申し上げます。

 

秋葉原のコンセプトカフェやグラ☆スタ!水天宮前スタジオで配布している

月刊のフリーマガジン「MOESTA通信」に、毎月グラ☆スタ!が掲載枠を持っています。

そのページに、今回の撮影会に参加したお客様が撮った森ふうか・森サークルメンバーの写真を

運営の選考により掲載するという企画です。

 

大まかな流れは以下の通りです。

 

1)本撮影会に参加頂きます

2)お客様が選んだ自信作の写真を、メールにてグラ☆スタ!宛てにお送り頂きます

 (詳細はスタジオにてお伝え致します)

3)運営(森ふうか、森サークルメンバーほか)で選考し、掲載作品を選びます(各1枚ずつ)

4)下記のスケジュールで「MOESTA通信」に掲載していきます(予定)

 ●11月末発行号:森ふうかの写真を掲載
 ●12月末発行号:花咲鈴乃&柊木みぃの写真を掲載
 ●1月末発行号:春夏秋冬サラ&海音みことの写真を掲載

 

是非この機会に、撮影会に参加して、あなたの撮った写真を「MOESTA通信」に載せましょう!

宜しくお願いします。