NHKの新型コロナウィルス関連の番組を見まくりました。

政治的に指示や決断をできる立場の方、専門家の方、現場の方、

それぞれの立場で、本当に一生懸命に考えて、働いて下さっていると、

それがわかっただけでも、元気になれました。

こんなにやってくださっているのだから、どんな結果でも受け入れないとなと、思いました。

特に現場で働き続けて下さっている医療関係者やクラスターを追っている方たちには、

感謝でいっぱいです。頭が上がりません。

本当に疲弊しきっていることと思います。

何もできないけれど、感謝しています!ありがとうありがとう!

みなさんのおかげで、今の状況を保っていられます。ありがとう!!

 

そして課題もわかりました。

スピードが求められる時に対応できないプロセスの面倒さ、日本の役所の特徴ですよね。

IT利用が遅れて、人海戦術に頼りすぎ、人材育成をして層を厚くしているわけでもない、

伝えるべきことを必要な人たちに届くような策が見出せていない、結果届いていない!

広報やマスメディアの問題か?

 

収束したとしても、また奴は現れます。

今までどおり、とはいかないかもしれません。

課題を踏まえて、収束後の先を見据えて、思い切った変革していく時なのかもしれません。