39 誕生

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12380540240.html

 

40 家業

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12380850336.html

 

41 豪快な父

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12381080505.html

 

42 献身的な母

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12381315455.html

 

43 保育園時代

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12381573472.html

 

44 火事

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12381860311.html

 

45 小学生時代①

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12382551299.html

 

46 小学生時代②

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12383006123.html

 

47 小学生時代③

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12383024463.html

 

48 小学生時代④

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12383254009.html

 

49 小学生時代⑤

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12383505324.html

 

50 小学生時代⑥

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12383762385.html

 

51 小学生時代⑦

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12386481661.html

 

52 小学生時代⑧

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12388729743.html

 

53 小学生時代⑨

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12389540540.html

 

54 小学生時代⑩

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12390116359.html

 

55 小学生時代11

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12390328289.html

 

56 小学生時代12

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12390729011.html

 

57 小学生時代13

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12391268684.html

 

58 小学生時代14

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12391493540.html

 

59 小学生時代15

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12392287655.html

 

60 小学生時代16

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12393073611.html

 

61 小学生時代17

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12394409231.html

 

62 小学生時代18

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12399181460.html

 

63 小学生時代19

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12400596612.html

01 病からの卒業

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12370148604.html

 

02 緊急入院!!

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12370424579.html

 

03 崖っぷちで気付いた

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12370657512.html

 

04 痛みが消えて、何をした?

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12370915748.html

 

05 検査結果は…

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12371166148.html

 

06 再び…

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12371514600.html

 

07 再入院

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12371709775.html

 

08 再会

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12372033704.html

 

09 思いやりあるメッセンジャー

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12372278924.html

 

10 サイン

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12372434144.html

 

11 病気は否定的な問題解決者

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12372767804.html

 

12 私の病気は何なの?

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12373048744.html

 

13 おみくじ

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12373209040.html

 

14 退院前後の心模様

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12373377791.html

 

15 診断①

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12373383703.html

 

16 オステオパシー

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12374049588.html

 

17 37歳、早発閉経?

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12374463573.html

 

18 副作用

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12374707909.html

 

19 頑張りやさんを手放すのは難しい

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12374724371.html

 

20 心療内科①

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12374953611.html

 

21 症状の声に耳を傾ける

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12375304034.html

 

22 心療内科②

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12375911741.html

 

23 教室の片隅で体育座り(アートセラピー個人セッション)

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12376221131.html

 

24 怒りの感情と向き合う

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12376384783.html

 

25 合宿にて

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12376399823.html

 

26 健康

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12376403502.html

 

27 金属アレルギー

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12377046716.html

 

28 金属アレルギーを教えてくれたのは…

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12377048274.html

 

29 歯科金属除去

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12377686593.html

 

30 たまねぎの皮

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12377988724.html

 

31 口内炎

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12378197991.html

 

32 不定愁訴?

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12378202876.html

 

33 慢性疲労症候群

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12378202876.html

 

34 体の声

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12378435777.html

 

35 歯の痛みの原因

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12378435777.html

 

36 次のステップ

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12379525166.html

 

37 赦すこと

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12379542941.html

 

38 医者である私を手放す

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12380028854.html

 

 

おはようございますドキドキ

 

半月ぶりのブログです。

あっという間に秋ですね〜〜。

 

秋雨前線の影響で雨や曇りの日が多いから、

カラッとした晴れの日は、

心からウキウキとしてしまいますね口笛

 

ライフストーリー(01〜15)まとめ記事

 

ライフストーリー(16〜26)まとめ記事

 

ライフストーリー(27〜38)まとめ記事

 

ライフストーリー(39〜50)まとめ記事

 

健康を取り戻す(☆1☆〜☆10☆)まとめ記事

 

健康を取り戻す(☆11☆〜☆20☆)まとめ記事

 

 

 

先週、夫の祖母が96歳で旅立ちました。

遠方に住んでいるので、

結婚して10年の間に、5回くらいしか

会っていませんあせる

認知症があり、私のことはもちろん、

孫である夫のことも忘れてしまいました。

 

 

今年の夏の暑さも影響して、食事量が減り、

食べたり飲んだりすることができなくなり、

一時的に点滴をして脱水を改善して、なんとか

夏を超えることができましたが、

徐々に座る時間が減り、ベッドに横たわる時間が増え、

食べられなくなる。

命の灯火が小さくなっていくのを感じていました。

 

 

祖母の最期の時間は、

在宅医をしている私にとって、

改めていろんなことを考えるきっかけになりました。

 

 

総合病院外来から在宅医療に切り替えるタイミング

在宅医療関係者の対応

家族の受け止め方(家族への対応)

旅立つ数日前に救急搬送

総合病院での対応

 

 

 

私ならこうするのに、という考えがあって

それと大きく乖離している現実があり、

心のざわつきが生まれました。

 

また、私たち在宅医療関係者が

一生懸命伝えている、啓蒙していることは、

ほんのわずかな限られた地域でしか

実行されていない現実を知り、

残念な気持ち、途方にくれる思い、

そして悲しくもなりましたえーん

 

 

最初に、緊急入院したと聞いた時

これらの湧き上がってきた気持ちを

今、学んでいるコネクション・プラクティスを用いて、

つながりのプロセスをすることにしました。

 

私が大事だったニーズは

「聞いてもらうこと」

 

そこからハート/脳・洞察から得た行動プランは

 

同居している家族が相談して決めたことで

納得している。

次、会うとき(お葬式)には、

私自身が穏やかに話を聞ける余裕を作っておくこと

 

でした。

 

 

緊急入院して4日後、旅立ったと連絡がありました。

 

 

一旦落ち着いていた気持ちが、

訃報を聞き、またザワザワとし始めました。

 

 

私の色々と出てくる考えから、

私の嘆きは

「死について話すことを忌み嫌い、

死の教育が十分になされていない現実」

に対してだということがわかりました。

 

そこをもう一度

コネクションプラクティス(NVC)を用いて、

自分とのつながりを取り戻すことにしました。

 

 

本当に私が大事にしたいこと(ニーズ)

 

命の祝福

 

これに気づいた瞬間、

胸いっぱいになり、

心臓から暖かさが溢れ出てくる感覚。

そして自然に流れる涙。

それまで気になっていた出来事に何も心がザワザワしなくなった。

(これが本当のニーズを見つけたときの私の反応)

 

 

命を大事に。

命の尊厳。

 

どんな状態であっても、

命があること、そのものが素晴らしい。

かけがえのないもの。

 

命のバトンを引き継いでいく。

 

息をひきとる瞬間まで生きている。

 

まさしく

生ききる

って言葉がふさわしいのかな。

 

 

命の祝福

 

 

本当に私が大事にしたかったものを感じて、

私はとても満たされて、心穏やかに、

感謝の気持ちで、

祖母を見送ることができました。

 

 

 

☆21☆ 取り組んだもの

テーマ:

おはようございます。

昨日は、台風21号で大荒れでしたあせる

皆様のところは大丈夫でしたか?

 

我が家は、駐車場の屋根が吹き飛びました。

飛ばされた3枚のうち2枚は回収できたのですが、

1枚はどこに行ったか分からないので、

何かを傷つけていないか心配です。

 

ライフストーリー(01〜15)まとめ記事

 

ライフストーリー(16〜26)まとめ記事

 

ライフストーリー(27〜38)まとめ記事

 

ライフストーリー(39〜50)まとめ記事

 

健康を取り戻す(☆1☆〜☆10☆)まとめ記事

 

健康を取り戻す(☆11☆〜☆20☆)まとめ記事

 

 

今日は、

実際に体調を崩し始めた3年前から

取り組んだものたちを挙げてみます。

 

 

~~~ 入院前 ~~~

飲み薬(痛み止め、胃腸薬など)

漢方薬(入江FT法を使って)

色彩治療

水泳

~~~ 入院 ~~~

点滴、飲み薬

~~~ 退院後 ~~~

飲み薬(途中で中止)

オステオパシー

アートセラピー

心療内科

NLP

ボディーワーク

鍼灸(入江FT法)

食事療法(玄米:金属アレルギーのため中止)

歯科金属除去→セラミック

歯科根幹治療

サイモントン療法

マインドフルネス瞑想

PCM(Process Communication model)

フラワーエッセンス

フラワーセラピー

チャネリング

数秘

オーラソーマ

ライフシール作成

こんにゃく湿布

ひまし油湿布

糸かけ曼荼羅

笑い文字

心書(筆文字)

大筆文字

数波

メタトロン

ボイススキャン

サプリメント

食事療法(よく噛んで食べる、食事構成、アミノ酸意識など)

抗真菌剤

キレーション治療

ドリームヘルパー

まなゆい

靈氣

傾聴

NVC

コネクションプラクティス

上咽頭擦過治療(EAT、Bスポット)

ハーバリウム

旅行(のんびり) 

 

 

 

今、思い出すだけでこのくらいかな。

もっとあるのかも。忘れちゃったわ(笑)

他にも何か試してみたかもしれない。

 

このように列記すると色々とあるけど、

1回だけ試して止めたものもあれば、

しばらく継続してみたものもある。

また、

どれかを同時に始めるということは避けていた。

追加する場合はある程度時間を置いてから。

(効果や副作用が分からないからね)

 

 

しかし、この中に

遊びじゃないの??

って思うものもあるよね。

 

だけど、何よりも

 

遊びは大事

 

遊びにより病気を忘れ、

喜びのエネルギーで充電することは、

回復にはとても大切なこと。

(皆に精一杯遊びなよ~と伝えたい)

 

 

 

患者体験をさせていただいている、と。

どれも興味をもって楽しみながら受けた照れ

 

逆に言えば、

どうもピンとこない、

ワクワクしない、

ものは、勧められてもしなかった。

 

例え、一般的に良いものといわれるものでも、

その時の体調によって、合わないものもある。

 

みんなに合う、

万能なものはないのかもしれない。

 

 

たくさんの面白い経験をさせていただけて

本当にありがたかった。

 

 

つづく

こんばんは。

 

更新がゆっくりになりましたが、

健康を取り戻す(☆11☆〜☆20☆)記事を纏めました。

 

健康を取り戻す(☆1☆〜☆10☆)まとめ記事

 

 

 

記事一覧はこちら下矢印下矢印

 

☆11☆ 睡眠障害

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12386670501.html

 

☆12☆ 病巣疾患

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12388375809.html

 

☆13☆ 機能性低血糖

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12388930392.html

 

☆14☆ 血糖ジェットコースター

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12389142865.html

 

☆15☆ 塩辛いものがお好き?

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12389755645.html

 

☆16☆ 質的栄養失調

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12390741546.html

 

☆17☆ 体調不良は栄養不足から?

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12395418430.html

 

☆18☆ 自分にとって良いもの

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12397299247.html

 

☆19☆ ミトコンドリア機能

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12399485739.html

 

☆20☆ 病気になってまで欲しかったものは?

https://ameblo.jp/mamimota/entry-12401499365.html

 

 

おはようございます。

8月も最終日ですねキラキラ

 

ライフストーリー(01〜15)まとめ記事

 

ライフストーリー(16〜26)まとめ記事

 

ライフストーリー(27〜38)まとめ記事

 

ライフストーリー(39〜50)まとめ記事

 

健康を取り戻す(☆1☆〜☆10☆)まとめ記事

 

 前回のブログはこちら右矢印☆19☆ ミトコンドリア機能

 

昨日は、勤務日。

最寄駅への通勤途中に、ふと

 

私が病気になってまで、

欲しかったものは何?

 

と考えが思い浮かんだ。

 

 

病気は自分が望むものを

否定的に解決してくれるもの。

11 病気は否定的な問題解決者

 

 

私は何を得たんだろう?

 

 

考えたら次から次へと浮かんで来て

歩くのが楽しくなった。

 

 

何と言っても先ずは

・休息

 ずっと休みなく、仕事以外もプライベートも

 飛び回っていた。

 睡眠不足。

 寝ても疲れが取れない(→副腎疲労だった)

 体力的に限界だった。

 

 

・仕事を断ること、

   仕事から離れること

 頼まれた仕事は睡眠時間を削ってでも

    こなさなければならない。

 NOと言ってはいけない。

 頼まれたら期待に応えなければならない。

 そのようにずっと思い込んでいたから。

 

・家族とゆっくり過ごす時間

 

・自然をゆっくり感じる時間

 

・当たり前だと思っていた日常が当たり前じゃないこと

  歩く、食べる、寝る、呼吸、話す、自由に動く手足、家族、友人、…

 

・自分を赦すこと37 赦すこと

→ 赦せなかったことを自然と赦すことができた

 腹を立てていた出来事も、

 「あなたが進もうとしている道は違うよ」と

 私の人生の悪役になってまで全力で阻止してくれたんだニヤリ

 何と有難いことだったのか、感謝が心から溢れるようになった。

 

・病気が治る、病気を癒すことについて知る

 新しい価値観が生まれた。

 無限の可能性に気づく

 

今、生きていること、生かされていること

 

まだまだ出てくる。

挙げ始めたらキリがないね音譜

 

これらを考えているとめちゃくちゃ楽しくて

エネルギーが湧いてきたハート

 

 

 

 

これからは病気を使わずに、

本当に望むものを手に入れるよドキドキ

 

病気は否定的に解決してくれるって分かったら、

肯定的に解決できそうなものに取り組む。

バランスよく調和を取りながら。

 

 

私の中の基準は

何か迷いがあったり、選択をしないといけない時。

 

今、突然、私の身に何かあったとき(入院した時のように03 崖っぷちで気付いた

 

後悔しない?

 

これをやっていて良かった!と思える?

(達成できたかに関わらず)

 

喜びから行動している?

 

自分に問うようにしている。

 

 

私が選んだ道、

希望に溢れた道、

丁寧に一歩一歩、

楽しみながら進んでいこうグッ

 

 

 つづく

おはようございます音譜

残暑厳しい8月最終週です。

洗濯物がよく乾いて、ありがたい限り。

 

ライフストーリー(01〜15)まとめ記事

 

ライフストーリー(16〜26)まとめ記事

 

ライフストーリー(27〜38)まとめ記事

 

ライフストーリー(39〜50)まとめ記事

 

健康を取り戻す(☆1☆〜☆10☆)まとめ記事

 

 

 

昨日は

共感コールの日でした。

 

共感コール????

 

今、学んでいる

・コネクションプラクティス

・NVC

・お金の講座

に関わる方々とペアを組み、

お互いに共感の練習をしています。

 

家にいながらオンラインで

顔を見ながら会話ができるんですよね。

 

 

最初はオンライン受講ってどんなの??

って思ってたけど、

スライドが共有できたり、

会場でセミナーを受けるのと変わらない。

いや、むしろ、気楽さが満たされる。

服は部屋着でいいし、

何ならすっぴんでもいいし。(←最初抵抗があったけど、いつの間にか慣れた。)

胡座かいても、何か飲みながら、つまみながら。

お風呂上がりに髪乾かしながら参加している人もいるグッ

私は、時々、エプソムソルトで足湯しながら参加してたりする。

もうそこは本当に自由なんだよね。

お子さんがいる人なら、

抱っこ紐に小さな赤ちゃんを抱っこしながら、

PCの後ろに小さな子供ちゃんが、ぴょんぴょん跳ねてたり。

それぞれのペースで受講できるのが、

私は素晴らしいなぁと思っています。

 

 

本当に、世の中便利になったものです。

 

いつの日か、仕事で、

出勤することが当たり前の世の中が変わるのかも。

業種によるだろうけど、時代は変わりゆく。

(今も在宅ワーク導入してるところありますよね。)

 

 

 

さて、話は戻って、

来年1月に私は、

コネクションプラクティスの認定コースを受け、

ラスール(コネクションプラクティスを伝える人)になるため、

日々プラクティスの日々を送っています。

(以前書いた記事はこちら→コネクションプラクティス

 

 

そのために、

定期的にサポートを受けることになり、

昨日がその日でしたウインク

 

 

最近、ざわっとした出来事をきっかけに

自分自身の今後の在り方、進む方向に

ちょっとした迷いが生じていました。

 

そこを丁寧にゆっくりワークをしてみました。

 

自分の感情

そして、ニーズ

表層的なニーズでなく、

その奥にある本当に欲しいニーズ。

それを見つけた途端、

心がすっと晴れやかにキラキラ

 

そしてそのニーズから、

クイックコヒーランスをして

洞察を得た。

 

もうその見えた景色が、

そして私の望む世界が、ありありと見え、

心が震えて。勝手に涙が流れた。

 

 

この景色をイメージしてたら、

何があっても、

私は動じずに自分の信じる道を進める気がした。

 

そして、パートナーの洞察も

脇目も振らず、実践者であれ!

でした。

 

 

もう、ワクワクが止まりませんね口笛

 

 

さて、今日も、まもなく

別のパートナーさんと

共感コールですキラキラ

楽しみ〜〜。

 

家にいながら、いろんなことができるって

本当に有難い。

 

そして何よりも、

こうやってパソコンを使うことができる

体に戻って本当に嬉しい。

 

 

つづく

63 小学生時代19

おはようございます。

8月も最終週になりました。

本当にあっという間だなぁニコ

 

 

ライフストーリー(01〜15)まとめ記事

 

ライフストーリー(16〜26)まとめ記事

 

ライフストーリー(27〜38)まとめ記事

 

ライフストーリー(39〜50)まとめ記事

 

健康を取り戻す(☆1☆〜☆10☆)まとめ記事

 

 

前回のブログ右矢印62 小学生時代18

 

 

小学生高学年の思い出といえば、

 

交換日記本

 

女の子同士でしたり、

両想いの友達を援護するため

男の子2人と女の子2人の4人で始めたり、

いろんな日記が存在していた爆  笑

 

小学5年生の時の交換日記本

女の子5〜6人くらいで回していた交換日記。

ある時、この交換日記が失くなったゲッソリ

 

担任が、私たちを皆んなの前に呼び、ノートを見せながら

「悪口を書くな」と怒った。

その日記は落としたりすることはなかったはずだったから

「どこでノートを拾ったのか?」と誰かが聞いたら、

「落ちていた」と答えた。

おそらく彼が机から取ったのではないか?

という憶測まで流れた、そうだ。

 

そうだ、と書いたのは、

どういうことかと言うと、

私にはほとんど記憶がなく、

一緒にいた友人が今でも鮮明に覚えていて、

最近、昔話として話題になったから。

(面白いよね、同じ出来事でも人によって覚えてたり、覚えてなかったり)

 

本当に落ちていたのか、

故意に取ったのか、分からないけど、

 

勝手に許可なく交換日記を読んで、

それについて怒るなんて許せない!

と皆で怒った、腹を立てた。

そして、そんな先生にがっかりした。

 

私たちとしては悪口を書いたつもりはなかったけど、

悪口認定されたのは心外だったのかな。

 

 

ところで悪口って何なんだろう?

調べてみた。

 

悪口 人を悪し様に言うこと

 

ついでによく使う他の言葉も

 

愚痴 言っても仕方のないことを嘆く

不満 物足りない。満足しないこと

不平 心が穏やかでないこと。不満に思うこと

文句 相手への抗議。不平不満の気持ち

 

 

今調べて見て、思うのは

文句を書いていたつもりが、

悪口もその中に含まれていたかもしれない、ということ。

 

 

 

今、私が学んでいるNVC(Nonviolent Communication)で、

悪口や非難など、

その背後にある気持ちとニーズを丁寧に見つめること。

私は練習しています。

 

例えば、先生が交換日記を読んで怒ったとき、

「先生が勝手に人の物を盗み見するなんて!!」と思った。

私は腹が立って、がっかりした。(感情)

それは、信頼、尊重、配慮、大事にする/される、誠実さ(ニーズ)

が大事だったから。

 

この瞬間、

これらのニーズが欲しかったのに、ないと思ったから、

これらの感情が生まれた。

 

でも、本当は、

自分にとって大事なものは何?

を気づかせてくれる出来事が、

ただ起こっただけ。

その大事なものは自分自身で満たすことができる。

 

 

逆に、先生は、交換日記を見たとき、どんな気持ちだったんだろう?

想像してみる。

腹が立った、悲しかった

何が大事だったんだろう?

尊敬、大事にする/される、受け入れてもらうこと。

だったのかな。

 

 

NVCを学び始めて、自分の感情を丁寧に扱うようになったら、

ネガティブな感情も受け入れることができるようになった。

そして自分にとって大事なもの(ニーズ)がわかったら、

めちゃくちゃ心が落ち着く。

(自己共感)

 

 

すると、相手に対しても共感してみようって気にもなり、

起こった出来事を

今までとは違うところから、

俯瞰してみることができるようになってきた拍手

 

まだまだ勉強中だけど、

心が穏やかになってきている。

 

心身の健やかさに繋がっているんだよなぁ。

 

 

つづく

 

☆19☆ ミトコンドリア機能

テーマ:

おはようございます音譜

 

昨日、高校野球が終わりましたね。

金足農業の優勝を期待していたのですが、

1人で連投はやはり厳しかったですね。

 

私の母校も数年前に

21世紀枠でセンバツに出場できて、

みんなで応援に行ったことを

テレビ観戦しながら思い出していました。

 

青春だよなぁ。

いつも球児たちの活躍を見ると、

諦めない心や

一生懸命に取り組むことなど

学ばされることばかりです。

 

 

ライフストーリー(01〜15)まとめ記事

 

ライフストーリー(16〜26)まとめ記事

 

ライフストーリー(27〜38)まとめ記事

 

ライフストーリー(39〜50)まとめ記事

 

健康を取り戻す(☆1☆〜☆10☆)まとめ記事

 

 

 

前回のブログはこちら右矢印☆18☆ 自分にとって良いもの

 

 

今日はミトコンドリアの話をしようと思う。

 

ミトコンドリアと聞くと、

ちょっと前に流行っていた

ユーグレナ(ミドリムシ)と間違う人がいるんだよね。

 

 

ミトコンドリアは

体内のエネルギー産生のほとんどを担っている。

 

 



 

 

ミトコンドリアは

細胞の中にあって、

各細胞の中に300ー数千個ある。

体全体では、その数、1京個だって!!

(1京って、1兆の1万倍)

 

 

 

エネルギーをATPという形でつくる。

 

1つのグルコースから

 

①解糖系 2ATP

  ↓

②TCA回路 2ATP

  ↓

③電子伝達系 34ATP

 

計38ATP作る

 

どれも酵素反応によってエネルギーを作っている

 

ミトコンドリアでエネルギー産生しているのは

②TCA回路

③電子伝達系 

 

ミトコンドリアで90%以上、

エネルギーを作っていることになる。

 

 

ミトコンドリアの多い場所

卵細胞

心臓

肝臓

筋肉

どれもエネルギーを必要としている場所。

 

 

 

副腎疲労さんは、このエネルギーを作る

ミトコンドリア機能が低下している。

 

 

副腎疲労を起こすまでに、

数年にわたるストレス期間があり、

その間に、全身の細胞が疲れ果て、

エネルギーを作る能力がすっかり落ちてしまう。

 

 

疲れやすい

ミトコンドリアの働きが悪い

 

 

エネルギー産生をするときの

酵素反応がうまくいっていない。

 

これらの酵素反応がうまくいっていない原因

 

・補酵素(ビタミン・ミネラル)が足りていない。

 

・酵素反応を阻害するものがある(活性酸素、化学物質、重金属)

 

・酵素代謝が悪い

 

 

 

ミトコンドリアがうまく働かなければ、

エネルギーが十分に作られず、

いろんな症状が出てくる。

 

逆に言えば、

ミトコンドリアをうまく働かせれば

症状が改善する。

 

 

お薬で対症療法をするだけでなく、

根本から改善していく取り組みが必要ウインク

 

 

 

つづく

62 小学生時代18

おはようございます。

 

気がつけばお盆が過ぎ、

8月も後半。

 

風が涼しく、

日差しも一時期の強烈な暑さも和らぎ、

秋の気配を感じるようになりましたね。

 

本当にあっという間に夏が過ぎ去っていきそうです。

 

 

 

ライフストーリー(01〜15)まとめ記事

 

ライフストーリー(16〜26)まとめ記事

 

ライフストーリー(27〜38)まとめ記事

 

ライフストーリー(39〜50)まとめ記事

 

健康を取り戻す(☆1☆〜☆10☆)まとめ記事

 

 

前回のブログはこちら右矢印61 小学生時代17

 

 

 

無事に退院をしたけど、しばらくは自宅安静口笛

家でのんびりできた嬉しかったな

 

そして半日だけ登校ができるようになった。

通学は親が車で送迎をしてくれた。

10分ほどの距離の徒歩通学ですら許可が出ない。

午前中の授業が終わったら、保健室に行き、

親が迎えに来てくれるのを待っていた。

 

それがどのくらい続いたのか分からないが、

少しずつ、登校時間が長くなっていった。

皆と給食が食べれるようになったルンルン

 

体を動かすことが大好きだったけど、

体育の授業も、もちろん参加不可えーん

見学だけだった。

体を動かすのが大好きな私は、

面白くなかった。

 

6年生になっても体育の参加は認められなかった。

 

運動が許可されたのは、秋頃だったような気がする。

病院への定期的な通院もその頃に終わった。

 

半年以上、生活に制限があったことになる。

 

6年生になると、

市内の小学生が集まって

水泳大会や陸上大会が開催される。

 

ものすごく楽しみにしていたのに

水泳大会は参加できず、応援。

 

やっと運動ができるようになった

秋の陸上大会は、

参加が叶わず。

 

流石に嘆いた、私。

母親に泣きながら、

辛い、出たいんだ!

と訴えた。

 

母が何を思ったのか、

担任に電話連絡を入れていた。

 

学校に行ったら、担任に呼び出され、

応接室のようなところで

個人的に面談が行われた。

 

私の気持ちや考えを聞いてくれて、

今の状態で大会に出たとしても

しばらく運動をしていないので、

結果を残せないだろうこと、など

 

ゆっくり丁寧に話をしてくれた。

 

話を聞いてもらえて、安心したのか

わだかまりなく、大会当日に

みんなの応援ができたように思う。

 

 

こうやって丁寧に話を聞いてくれる先生で、

私は嬉しかったし、

とても信頼していた。

 

今も、街で会うことがあったら、話もするし、

年賀状のやり取りもずっと続いている。

 

 

日常生活に制限が出るって、

本当に辛かったなぁショボーン

 

理解ある人が周りにたくさんいて、

支えられていたことに、

ブログを書きながら、改めて気付くことができた。

有り難いなぁ、幸せだなぁ。

 

 

つづく右矢印63 小学生時代19