My life is too absurd to be taken seriously.

とにかく楽しく美しく。

とやかく言う人もいるでしょうが、

そんな事気にしていられない!


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
Wed, August 29, 2018

人生完、そして。

テーマ:ブログ
人生で欲しいものが無くなってしまいました。
正確には、背負っていたものが何もなくなってしまいました。

息子は成人を迎え、大学生活をイキイキと過ごしている。
両親はようやく孫に会う決意をし、今や息子の大ファンだ。
親戚の家にも十数年ぶりに訪れて、息子の話をし受け入れて貰う楽しい時間を過ごしたばかり。
仕事も気付けば目指していた所にたどり着いている。
彼氏のアルとも順調、仲の良い友人達を招いたホームパーティを楽しんだりして、益々仲良くなったり。

なんだか重荷もトラブルも無く、静かな幸せしか今ここにはありません。

ずっと常に何かを抱え続けていた思春期からの20年。
今初めて穏やかであることに気が付き、一人の夜に号泣した。

大好きな仕事は今以上に邁進したいと努力し続けるし、
ここまで頑張って走り抜けて手にした現状を大事にするけど、
家族や大切な人たちを第一に愛し続けるのだけど。

重荷にと痛みに耐えて立たなきゃと、
周りに苦しみが見えないように、
背筋を伸ばして地に付けた足を踏ん張り、
張り裂けそうな悲愴を満面の笑顔で隠したり。

凄く沢山のエネルギーを湯水の様に長い間、
垂れ流すが如くふんだんに消費してきた。

誰も想像出来ないくらいの、膨大なフェラーリエンジンを、私はもう使うことが無いんです。

私はとても疲れたようです。
ここ一年近く、時間さえあれば眠り続ける日々を過ごしています。

混沌とした人生に贈ってもらった、フェラーリエンジン。
使わなきゃいけないです。

世界を救うことは出来ないけど、
新しい命を育てる事なら出来る。

私のフェラーリエンジンを思う存分に使って、新しい家族を全力で守って愛して育てる。
私は色々な力が強いから、小さくて弱い命を壊さないように優しくそっと抱いて。
無理強いもせず、自由に命が羽ばたけるように、私の持てる全てを捧げて見守る。

自然の流れ次第だけど、細やかながら私が今欲しい唯一の希望です。

Tue, October 03, 2017

泥酔姫

テーマ:ブログ
昨夜、銀座の行き付けバーの10周辺パーティに行った。
ジャズの生演奏に、ポールダンスショー。
お店からのシャンパン、ワイン、フードの大盤振る舞い。
同級生女子四人で、おおはしゃぎ。
元カレ達もいて、皆で更にヒートアップ。

パニック障害の薬と、大ハードな疲労で4時間程で私の電池がプツリと切れた。
お喋りしながら、パタンと倒れて寝たらしい。

ここからは、今朝皆からの連絡で得た情報。

当然、皆は私が死んだと思ったらしい。
大酒のみの私のそんな姿を、初めて見たもんだから大慌てよ。

騒ぎにならないように、皆が店に気を使い。
元カレが私を抱えてタクシーに乗せ。
付き添いの女子達に、私を家まで送り届ける軍資金と全員にタクチケを渡した。

自宅近辺で女子達は、充電器を買い、私の携帯を復活させ、マーに電話。
住所を聞いて、マンションに運んでくれた。

女子達の中で、元カレの好感度急上昇。
私に対してクレームどころか、眠り姫は美しかったとまで言ってくれる。

とりあえず、ご迷惑お掛けした皆に土下座メールをしたものの。
皆、笑って楽しかったねと返ってくる。

幸せだなぁと、身勝手な光悦感の波に襲われた。
私の廻りは、イイ奴らばかりだ。

嬉しくて嬉しくて、涙が出そう。
もっともっと、毎日を全力釈迦力に生きようと思うね。

醜態をさらしても、また優しくしてもらえるように。
本物の優しさを持った人達に囲まれるように。

人生の最後に、あぁ素晴らしい生涯だったと感謝出来るように。
Sun, August 06, 2017

ご新規様

テーマ:ブログ
不思議な人と出会いました。
無礼で、皆に嫌われる常識を越えたオトコ。

一度目のお食事は最悪。
その日はどうやって彼を家に帰そうか思案した。
結局、自宅に招いてなにもせず放流。

その後で、またお食事に。
何故ご一緒したのか・・・

たぶん、1回目の自宅訪問で塩らしく帰ったのが好印象だったのかも。

今となっては分からない。

ただ、1回目のお食事以降に彼がとても今までの印象からは想像がつかないくらい普通の人だった。

私が彼を巻くために紹介したバーに、常連になりたいと恐る恐る許可を求めてきた。
当然、お行儀よくするならどうぞと返信。
すると、彼は再訪しなかった。

たまたま又休みの日に焼肉にお誘いを受けた。
何で、こんなに常軌を逸した動向を見せるのか探る質問をした。

すると、今までの態度とは変わってこれまでの人生を生い立ちから話した。
普通の人のレールではない。
でも、正気を保とうとする1面がかいまみえた。
彼は孤独すぎて今の印象を駆使して生きてるんだと、尚且つかなりのIQを持ってる。
独学でプログラマーを経営している。
何故、彼がクレイジーなのか合点がいった。

誰にも共感し得ない特別な独創の世界で、どうしたら共感者が現れるのか、期待もせず生きている感じがした。

私が仲間だとわかったら、本当にお互いに不可欠な存在になれるのではないかと思った。

そうして、寄り添うようになって1ヶ月。
私達は、一緒に料理をし、散歩で夏を満喫し、お腹を抱えて笑い、sexをする。

今、クレイジーと言われ続けた私達は幸せだ。
ひとときの出来事かもしれないけど、また宝物の時間を頂戴しました。

彼の事が大好きで幸せです。


Tue, January 03, 2017

転機

テーマ:ブログ
息子と年末に食事をした。
大学受験の参考書を買い与え、焼肉を一緒に食べながらのひととき。
只それだけ。

彼はポツポツと親戚の近況を話す。
お祖母さんが、手術が必要。
でも、お祖母さんの年金を宛にして生活していたお姉さんが手術代の無心に親戚
中に愛想を振り撒いている。
お祖母さんの年金はどこにいったという愚痴。
高校3年生と思えない話題。

お願いだから、同じ様な人生を歩まないで。
自分の足で人生を歩いて、自分のために人生を作りなさい。

そう彼に伝えたら、彼が 言った。

その為に、今必死に勉強してるんだ。
僕に少しでもお母さんの遺伝子が入っていることを期待したいんだ。

こんなことが言える息子にした父親達に感謝。
共に、もっと彼の人生に携われればよかったという後悔が押し寄せた。

"大丈夫、貴方は私の息子だから"

それは、自負したわけではなく、彼を励ます精一杯の一言。

もし、もしも、彼が私を目標にしてくれるなら、今年は俄然誰よりも繁栄する人生を歩もうと思う。

僕のルーツにはこんな一面もあるんだと、誇りに思ってくれる人生に変えようと思う。

Mon, November 14, 2016

突然のブレイク

テーマ:ブログ
ミリオンヒットセラーです。
指名と契約が止まりません。

お客様にプランがヒットする。
今月と来月で5件の契約。
お客様窓口からの個人指名が止まらない。

息子は早稲田に受かろうと猛勉強。

素敵な彼と出会い、毎週ミシュラン巡りをしています。

突然のご褒美が、嵐のように押し寄せてきました。

情緒不安定になりそうです。
毎晩眠れません。
Sun, September 11, 2016

姫飲み

テーマ:ブログ
久々の女子とガールズナイト。
熟成肉を食べて、ボトルを空けて。

久々女子に、
君は凄い!
君は魅力的だ!
君は磁力だ!
世にでないのがもったいない!

そう、力説してもらった。
キラキラした瞳のその女子は、
いつだって幸せオーラで溢れてる。

嬉しい言葉を、純粋に力説する女子。

ここ久しく、純粋に誉めちぎられることなんて無かったワタクシ。

帰りの電車で、その言葉を大事に思い出して。
シアワセ気分が高ぶって、涙がポタポタ落ちてしまった。

私は、彼女が友人でとても幸せだ。
Wed, July 20, 2016

息子と私

テーマ:ブログ
この間、息子の誕生日当日に急遽休日を取ることが出来た。
テスト明けで、息子も午前のみの授業。

二人でららぽーとで待ち合わせ。

ジョニーファンの私の強い希望で、アリスインワンダーランドを観賞。

誕生日プレゼントに何が良いのか聞くと、志望大学の参考書がほしいと言う。

そうかそうかと、大量に買い与えた。

何が食べたいかと聞くと、お決まりの焼肉!

色々と話をしながら、食べる食べる食べる。
息子の胃袋はブラックホール。

ふと私の仕事の話になった。
つい最近、所属する事務所がテレビに出てた。
そこで紹介されていたのは、設計士がイチから全ての監理を行う上に、注文住宅という敷居の高さを排除するコスト意識に特化した経営スタイルという話。
それを見た息子の口から出たのは・・・

"それって、物理的に膨大な仕事量ってことだよね。母上の体は大丈夫なわけ?"

いやいやいや、驚いた。
働いたこともない息子があの番組を見て、カッコイイとかスゴイではなく、物理的な仕事量に着眼するとは。

我が息子はすこぶるいいオトコなのである。

親バカだろうか。

いや、そうではない。
Sat, August 22, 2015

網代温泉

テーマ:ブログ
底抜けの青空と、
キラキラ輝く海、
セミの合唱を背負った山々、
時折聞こえるヒグラシの声。

仕事に追われる都会を離れて温泉宿に来た。

檜木露天風呂に浸かりながら、
水平線と夏雲をぼんやり眺める。
湯船から出ている私の足を、
ジローがせっせと手入れをする。

泡立てた石鹸で、足指の間を丁寧にマッサージ。
かかとの角質は専用のヤスリで優しく擦りあげる。
丹念に温泉の湯を手で撫でるように掛けて仕上がり。
右足が終わると、同じ手順を左足にも。

うっとりと海と空を見ながら、寝そべるように温泉に浸かる私の足元で、ジローは黙々と私の足を30分ほど磨きあげた。

脳内が幸せドーパミンで満たされた。

今回の温泉旅行は全てジローの企画。
何て素敵なパートナー。

風呂上がりには、部屋のバルコニーでビールを飲みながら景色を眺めてお喋り。

大人のご褒美と夏休み。
Mon, July 13, 2015

ね、それプロポーズ?

テーマ:LOVE
ここ2ヶ月、ジローは単身赴任状態です。

ちゃんと一緒に生活しよう?
とか、
結婚したらね。
とか言うと。

"それってプロポーズ?"、と聞いてくる。

何で私から・・・・
そりゃ、一時期私からと思った時もありましたがね。

アンタ男でしょ?、と思う日々なのです。
Wed, July 01, 2015

友人

テーマ:ブログ
今日、友人になりたい人に出会いました。
年上だけど、凄くキラキラしてどの話をしても上を向いて大きく笑える。

彼女の魅力満載な時間についついオカワリでワインを4杯。

また会いたい。
また話したい。
友達になりたい。

凄く素敵な夜。

こんな夜を過ごせたのはジローのお陰でもあるかも。
素敵な愛をくれるジローに感謝。
昨晩からストレスまみれの私を、一晩中抱きしめてくれていた。
完璧な朝御飯とsexを与えて、家のメンテナンスを完璧にしてった。

今夜は、私にとって萌えオブイヤーナイトです。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス